コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

県警対組織暴力 (1975/)

監督深作欣二
脚本笠原和夫
撮影赤塚滋
美術井川徳道
音楽津島利章
出演菅原文太 / 松方弘樹 / 金子信雄 / 成田三樹夫 / 梅宮辰夫 / 佐野浅夫 / 池玲子 / 室田日出男 / 川谷拓三 / 小松方正 / 安部徹 / 中原早苗 / 藤岡重慶 / 鈴木瑞穂 / 山城新伍
あらすじ倉島署の刑事の久能(菅原文太)は6年前に大原組の広谷(松方弘樹)が殺人を犯して逃亡するのを見逃してから深い結びつきを持っている。倉島市では市会議員の友安(金子信雄)が後押しする川手(成田三樹夫)組と大原組が覇権を争って抗争を繰り返す中、県警からキャリアの警部補の海田(梅宮辰夫)が赴任して来て暴力団一掃を宣言。手始めに大原組の取り締まりを強化し始めた…。深作欣二が『仁義なき戦い』以降の模索期で放った実録路線では『仁義の墓場』に次いで世評が高い作。 (けにろん)[投票]
Comments
全28 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5善対悪の構図より重い、“情より理”対“理より情”の対立軸。仁義なきシリーズの余勢で視線を替えて作ったことが思わぬ功を奏した“図らずの傑作”。 [review] (G31)[投票(7)]
★5総長賭博』を越える、脚本家笠原和夫最高傑作。*2002年6月16:室田日出男さん、ご冥福をお祈りいたします。 [review] (町田)[投票(6)]
★5男達が各々の旗を掲げ繰り広げる狡猾な生き残り競争の中では、広谷(松方弘樹)のために旗を振る久能(菅原文太)の人情は、己に対するただの逃げにしかならなかった。敗戦の価値転覆を引きずりながら掲げるべき旗を見失った男が必死に演じた悲劇。 (ぽんしゅう)[投票(5)]
★5冒頭から飛ばすぜ文太、いかしてる!!監督・キャスティングは『仁義なき〜』とほぼ同一だが、ドラマ性・余韻の深さはこの映画がはるかに勝っていると思う。名場面続出。 [review] (worianne)[投票(5)]
★5「マイナス(菅原文太)とマイナス(松方弘樹)を掛けたらプラスになるところに、マイナス(梅宮辰夫)を注入したがために社会全体がマイナスに転じてしまった」をテンポの良い展開で映画化してしまったら、見てるこっちとしてはジャーナリストと映画人に無条件降伏です。 [review] (ジャイアント白田)[投票(3)]
★5情を通せば理が通らぬという、夏目漱石以来の構図である。それは日本が近代化に突き進む過程とそこで切り捨てられたものとの対立であり矛盾なのであった。 [review] (ハム)[投票(2)]
★4「県警vs組織暴力」ではなく「県警with組織暴力」といった手触りの開幕から次第に「vs」に至らしめるのは、「戦後的なるもの」を葬り去ろうとする「60年代」という「時代」。仁義も大義も時代の転換期に古びた言い訳と堕し、文太松方のブレた遠吠えは、「こんにちは赤ちゃん」の快哉にかき消される。ここでも男は時代に殺されたのである。 [review] (DSCH)[投票(3)]
★4センスの無いタイトルが見る気無くすが、『仁義なき戦い』より断然面白い。ヤクザ目線で描いた『仁義なき戦い』より、ヤクザに侵食され正悪入り混じってる刑事の目線で描く事によって、展開にもラストにも深みが出てる。['08.5.22DVD] [review] (直人)[投票(1)]
★4ひとりの大部屋俳優の生涯を決定づけた「取調べ室のシーン」。そしてそのシーンは多くの映画ファンを今でもトラウマとさせるに充分であった。 (sawa:38)[投票(1)]
★4流石にこれを「実録」と言ったら、各方面から苦情殺到だろう。 [review] (甘崎庵)[投票]
★4胡散臭いバランスで成り立った人間関係と胡散臭い友情の芽生え、そして胡散臭い警察の黒さが花開く。 (Bunge)[投票]
★4「あんた、バージン?」本作でも金子信雄金子信雄であった。 (赤い戦車)[投票]
★4すごく良いタイトル。新聞記事では県警対組織暴力という単純な構図でしか書かれないが、その水面下では二元論で理解できない混乱が存在するのだという逆説的なメッセージになっている。タイトルが作品に深みを与えている。 [review] (パグのしっぽ)[投票]
★4登場人物全員グレーゾーンなため、話がどう転ぶのか全く予想がつかない。『仁義なき戦い』に並ぶ暴力的なエネルギーは今見ても新鮮。 (すやすや)[投票]
★4象徴的な使われ方をしているダンヒルのライターに、菅原文太の深みのある人生が見えてくる。 [review] (シーチキン)[投票]
★3主人公たちに「悪事を働く覚悟」が足りないように見えるため、スクリーンの中に感情移入する対象が見つからない。「必要悪」って言葉の核は、「必要」ではなく「悪」の方にあるんです。もっと腹くくってかからんかい! [review] (Myurakz)[投票(5)]
★3ここで笠原が傑作をものせば世の中転覆していたかも知れないが、そうはならず暴対法へ至る。 [review] (寒山)[投票(2)]
★3取調室で菅原文太に裸に剥かれ、泣きを入れる寸前まではとにかく虚勢を張りまくった川谷拓三。立派でした。 (ペンクロフ)[投票(1)]
★3前半、広島弁がほとんど聞き取れなかった。菅原文太が貫く信念が、どこか曲がって見えてしまう。 (NAO)[投票]
★3モノでしかないというモノ化のシンボル刺青を背に走狗松方は泥酔することで己の旗を挿す土地という幻を目指し猪突猛進する。池玲子という豪快な女体舟を乗りこなし出航していった松方は社会の変遷に気づかず布団の上で漂流する。 (山ちゃん)[投票]
★3誰が何と言おうと、この映画の“目玉”は、文太vs.松方のバトルなんかではなく、松方アニキと池玲子の絡みである。後ろから「ドウ!ドウ!」・・・松方アニキ凄い! (AONI)[投票]
Ratings
5点15人***************
4点26人**************************
3点17人*****************
2点1人*
1点0人
59人平均 ★3.9(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
東映・実録ヤクザ路線とそのモデルたち (Myurakz)[投票(11)]死んだピラニアが残したものは・・・追悼・室田日出男 (ぽんしゅう)[投票(8)]
破滅のメカニズム 脚本家・笠原和夫の世界 (町田)[投票(6)]文太の「せ・な・か」! (worianne)[投票(2)]
アニメサブタイトル元ネタ集 (ユリノキマリ)[投票]
Links
検索「県警対組織暴力」[Google|Yahoo!(J)|goo]