コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

バットマン・リターンズ (1992/)

Batman Returns

[Action/Comedy]
製作総指揮ジョン・ピータース / ピーター・グーバー / ベンジャミン・メルニカー / マイケル・E・ウスラン
製作デニーズ・ディ・ノービ / ティム・バートン
監督ティム・バートン
脚本ダニエル・ウォーターズ
撮影ステファン・チャプスキー
美術ボー・ウェルチ
音楽ダニー・エルフマン
衣装ボブ・リングウッド / メアリー・ヴォグト
出演マイケル・キートン / ダニー・デヴィート / ミシェル・ファイファー / クリストファー・ウォーケン / マイケル・ガフ / マイケル・マーフィ / クリスティ・コナウェイ / アンドリュー・ブリニアースキー / パット・ヒングル / ポール・ルーベンス / ダイアン・サリンジャー
あらすじジョーカー亡き後のゴッサム・シティー。ゴッサムの悪と戦うバットマン(マイケル・キートン)の活躍で平和の守られていたゴッサムだったが、社会への強い憎しみを抱く男ペンギン(ダニー・デビート)と彼を利用してゴッサムの支配をたくらむ実業家シュレック(クリストファー・ウォーケン)、黒いマスクと衣装に身を包み、夜の町に現れるキャットウーマン(ミシェル・ファイファー)らの登場によってゴッサムの平和は乱れ始める・・・。1作目に引き続き、監督ティム・バートンによるバットマンシリーズ2作目。 (HW)[投票]
Comments
全81 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5ティム・バートンのオタクならではのフリークスや弱者への愛情がめいっぱい感じ取れる映画。バットマン最高峰。 (水那岐)[投票(11)]
★5心と体がバラバラな、ペンギン、コウモリ、黒猫。まるで互いを癒すかのように戦う悲しい物語。 [review] (週一本)[投票(3)]
★4バートンワールドにもうただただ口がポカンで目が釘付け。画面から流れる黒い色がすでにバートン色で、他の黒い映画とは明らかに違う色。そこにますます黒い色を落とす愛すべきフリーク達が悲しくて、思わず抱きしめたくなります。ま、抱きしめたとしても引っ掻かれて鞭打たれるか、アンブレラでバババババ…だろうけど。 (づん)[投票(7)]
★4小道具を含め、美術がいちいち面白い。よくこんなこと思いつくなあと驚く着想が数多くあるし、何より端的に撮影が美しい。一方で、アクションやカーチェイスなど意外と何でも職人的にこなしうるバートンの演出技量にも大いに感心する。 [review] (3819695)[投票(5)]
★4後の作品も含めてバットマン・シリーズ最高峰。ティム・バートンの変態ワールド炸裂!! [review] (solid63)[投票(5)]
★4徹底的に弱くて卑怯なヒーロー [review] (あなぐま)[投票(4)]
★4前作がバットマンの映画化だったことに対して、この映画はティム・バートンのバットマンである。だが、それでいいんだ。バットマンなんてもんは歴史が深いしクリエイターの濃い感情移入があるほうが面白いに決まってる。 [review] (がちお)[投票(2)]
★3作り手のバートンが一番楽しんでいるのが分かりますね。その分まとまりが無い気もしますけど。 [review] (甘崎庵)[投票(3)]
★3つくづく思うけど、『バットマン』の映画の魅力ってほとんど悪役の魅力だよな。キャット・ウーマンとかイケ過ぎてて文句のつけようもございません。 [review] (きわ)[投票(2)]
★3「バットモービル」とペンギン男の「アヒル号」。どちらかくれるというなら迷わずアヒル号を選ぶ。 (らーふる当番)[投票(2)]
★3異形の者ペンギンが背負う運命の歪みと悲しみや、自分でも抑えきれない悪の噴出をかかえた憑依者たるネコ女の苦悩。これに比べればコウモリ男など所詮は人間のハイテクコスプレでしかない「ごっこ」なのだというティム・バートンの達観が舞台造形の随所に滲む。 (ぽんしゅう)[投票(1)]
★3ペンギンはもっと斜め〜横からのショットを! [review] (わさび)[投票(1)]
★3ごうんごうんと鐘が鳴るように寄っていくカメラ。おお、バートントン。「鉄門→屋敷とか墓」のインサートが『市民ケーン』に喧嘩売ってるようで、バカっぽくて楽しい。 (はしぼそがらす)[投票(1)]
★3闇世界で活躍するバットマンはやっぱり悲劇のヒーローと呼ぶべきなのか悩まされます。悪っぽいヒーローに正義感を与える脇役の振る舞いが、絶妙な角度で社会の貢献を湛えるのが印象的。全体が「黒」で暗い作品なのに不思議とこれが誉め言葉となる。 (かっきー)[投票(1)]
★3一作目の方がいいように思えるのは矢張り悪役(デビート)の格か。ぼくはキートンのあの人相の悪さがバットマンにはいいと思う。 (死ぬまでシネマ)[投票(1)]
★3ペンギンにひたすら同情する。 (ハミルトン)[投票(1)]
★3最終的にあんな顔になっちゃうウォーケンがやっぱり大好き。 (LUNA)[投票(1)]
★3美術的突出に対抗できるだけの強靭さを映画が獲得しえていない。ファイファーの二面性やデヴィートの悲哀、ウォーケンの黒幕ぶり、それぞれキャラは弱くないのだが、方向性がばらばらなので散漫に見えてしまう。 (赤い戦車)[投票]
★2ティム・バートンとは相性が悪いみたいだ。精神を病んでるキャラが多すぎる。原作がそうなの? よく知らんけど。特に欲求不満のゲスい猫女とはどう接するのが正解なのかよくわからん。蝙蝠男の上から目線も気に喰わんが。 [review] (IN4MATION)[投票]
★2前作のジョーカー(ジャック・ニコルソン)ほど、存在感のある悪役がいないため、どうもパンチ力不足という感じが否めなかった。不細工なペンギン(ダニー・デビート)では、ちょっと役不足。 (Pino☆)[投票]
★2前作よりエンターテイメント性は強まったが、やっぱり暗いなー。 (fiddler)[投票]
★2TVシリーズへの郷愁が、あり過ぎてしまうのか・・もっと、スカっとできないものか・・TVのバットマンへの思い入れが邪魔をして、全然、楽しめなかった。 (ガンダルフ)[投票]
★1映画館で見て寝てしまった。だからつまらなかったのだろう。 (あき♪)[投票]
Ratings
5点42人********..
4点114人**********************....
3点263人****************************************************...
2点88人*****************...
1点11人**.
518人平均 ★3.2(* = 5)

[この映画が好きな人]

POV
−別の俳優、監督が関わるはずだった映画− (kawa)[投票(40)]2000円のDVD(ワーナー) (YoshidaS)[投票(10)]
二枚目声優?野沢那智 (ルッコラ)[投票(9)]映画会社ロゴを編集して始まる映画 (アルシュ)[投票(8)]
タイム誌が選んだ年間ベスト10(80−90年代) (AKINDO)[投票(7)]もしあなたの恋人が人間でなかったら (mize)[投票(6)]
ゲーム化された映画、映画化されたゲーム (TOMIMORI)[投票(5)]ゴシックホラー (あまでうす)[投票(5)]
ヤバめ俳優のススメ (はしぼそがらす)[投票(4)]スーパーヒーロー烈伝 (アルシュ)[投票(3)]
次から次へと...アメコミの映画化 (リア)[投票(2)]成功した「2」/続編・好調 (YO--CHAN)[投票(1)]
にゃんにゃんにゃんこ (イライザー7)[投票(1)]建築科学生&建築ファン必見! (ボイス母)[投票(1)]
話題性で起用されたタレント声優が出演する映画 (HILO)[投票]かっこいい! (nsx)[投票]
再鑑賞の余地アリ (Ryu-Zen)[投票]さびしんぼーの背中 (あまでうす)[投票]
Links
IMDBThe Internet Movie Database
検索「バットマン・リターンズ」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Batman Returns」[Google|Yahoo!]