コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

黄金の七人 (1965/)

Sette uomini d'oro
Seven Golden Men

[Comedy/Action]
監督マルコ・ヴィカリオ
脚本マルコ・ヴィカリオ / マリアノ・オゾレス
撮影エンニオ・グァルニエリ
音楽アルマンド・トロヴァヨーリ
出演フィリップ・ルロワ / ロッサナ・ポデスタ / ガストーネ・モスキン / ガブリエル・ティンティ / ホセ・スアレス
あらすじ 平凡な朝、スイスのとある大銀行前のありふれた道路工事。  しかしそれは、銀行の金塊を盗むべく周到に準備された計画だった。  高級ホテルからモニターと無線で指揮する沈着冷静な英国人のリーダー(フィリップ・ルロワ)、終始真面目なドイツ人の現場監督(ガストーネ・モスキン)、どこかのんびりとしたポルトガル人のガス管工、若さが取り柄のイタリア人・・・そしてあまり必要性もなく脱いでるリーダーの愛人(フランスかな?ロッサナ・ポデスタ)などなど、欧州各国の性格を背負った選りすぐりのドロボーたち・・・  白昼堂々と人知れず道路工事に偽装して金庫への地下道侵入作戦が進む。果たして彼等は金塊を盗み出し、...[more] (YO--CHAN)[投票(2)]
Comments
全52 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5後に『ルパン三世』シリーズに相当パクられている泥棒映画の傑作。テーマ曲とともにイタリア映画はなんて軽妙洒脱、そして粋なんだと感心させられた。何よりも登場人物全てが個性的。米国では絶対に作れないと断言。最近TVで見掛けなくなって寂しいが、放映していたら是非。 (tkcrows)[投票(7)]
★5大作、名作でも忘れちゃうのがあるけど、これは忘れないね。小気味よいテンポがすンばらしい。 (べーたん)[投票(5)]
★5面白くて、格好良くて、ファッショナブルで、ワクワクドキドキで、ロッサナ・ポデスタはsexyでもう言うことなし。二重丸◎で、五つ★で、太鼓判■の、大変良くできました印をあげたい。イタリアって凄いなあ。 [review] (パッチ)[投票(5)]
★4綿密なようでいて行き当たりばったりみたいな感じが楽しい。必然性のまったくないロッサナ・ポデスタのお色直しは必見です。 (わさび)[投票(4)]
★490年代以降トロバヨーリの音楽のおかげで確実に観られ方が変わった映画。 音楽に合わせた華やかなカット繋ぎのテンポ感からしてゾクゾクする。監督の細君脱がせまくりもイイ!自己満足でも許す。まんまと続編も観たくなる終わり方も秀逸。蛇足→ [review] (マッツァ)[投票(3)]
★4そんな役に立ってないのに、色っぽくてキュートってだけで一番印象に残ってる紅一点。ほとんど喋らないのがまた小悪魔的で謎めいていて…この峰不二子!映画自体がモンドの教科書。 (mize)[投票(3)]
★4無茶な盗み方とか大量の金塊とか、現実ではまずあり得ないからこそ楽しい。ロッサナ・ポデスタのウィンクにはクラクラした。 (ドド)[投票(3)]
★4何度も危機的状況に陥りながらも冷静に金塊強奪の指示を送る教授役のフィリップ・ルロワが非常にかっこいい。 [review] (わっこ)[投票(2)]
★4何十年か前に観た。ロッサナ・ポデスタの妖艶さにしびれ、教授のカッコ良さに憧れた。が、今(2012.8.2)観ると彼女はちょっときれいな女に過ぎず、教授も普通の男に見えた。私は歳を重ねたが、映画は歳を取らないんですね。でも昔のようにたっぷり面白かった。 (KEI)[投票(1)]
★4こんなに真剣に教授の幸福を祈っているというのに、このムッツリめ。教授の挙動への心理的接近を裏切るそのオプティミズムは、やがて受け手の女性嫌悪を糾弾し始める。 (disjunctive)[投票(1)]
★4教授がどこまで信用に足る人物かが一番の見所。しかし、サイレント作戦とは名ばかりで、特にセンサーの音が異常にうるさい点が笑えた。教授のパソコン(?)の無意味なボタンとくるくる回るアンテナとが古めかしい近未来感でニヤニヤ。峰不二子キャラは世界共通なんだねw 登場する車がどれも可愛いところも高得点のポイント。 (IN4MATION)[投票(1)]
★4なかなか面白かった。最近のこの手の映画ルーツなのだろうな、きっと。 (tomomi)[投票(1)]
★4テレビアニメのルパン3世シリーズが好きだった人は、間違いなくニヤニヤできるでしょう。まんまおんなじ話があったような錯覚までする、盗みの手口と小道具、そして不二子ちゃん。銭形のとっつぁんはいないけど。 [review] (shaw)[投票(1)]
★3りかちゅはイタリア人嫌いなんだけど(ミラノに行った際、東洋人には言葉が通じないと思った原住民に、「姐ちゃん幾らだ?」「黄色いサル」と面と向かって言われたから。)こういう映画を見ると、大学で習ったイタリア語がさして鈍ってないので安心します。 [review] (りかちゅ)[投票(3)]
★3「教授」の醒めた眼差しに宿る深い倦怠。スマートに、機知を利かせた強奪計画。音楽も、ヒロインも空疎でゴージャス。クソ真面目は避けなければならない。大事なのは「遊び」なのだ。 ()[投票(3)]
★3お話の展開よりもロッサナ・ポデスタの意味のないお色直しの方がずっと印象に残ります。彼女を見てるだけで娯楽映画として成功してる気さえします。どうせだったら「黄金のロッサナ/お着替え大作戦」とかの続編を作って欲しかったです。 (takamari)[投票(3)]
★3ロッサナ・ポデスタの「裸体主義者なの」という台詞だけでうれしい一本。あと、ラストも洒落てたし。 (シーチキン)[投票(3)]
★3下水管をリアルに描いたら「黄金の」タイトル通りになったのに。 (黒魔羅)[投票(3)]
★3この映画、フリとか無くいきなり銀行強盗だもん。驚いた。展開が速い速い。それがおかしさなんだろうなぁ、終始ふざけてるし(笑)。 (しど)[投票(3)]
★3封切り時に観た時は小学生。それ以来、むちゃくちゃ面白かった記憶を 40 年弱持ち続けてきたが、久しぶりに観てみると、小気味よいものの、それほど素ん晴らしいというほどの面白さではなかった。年を取って心が曇ったせいだろうか? (ノビ)[投票(2)]
★380年代以降生まれた人なら、ピチカートファイブ聞きながら音を消して鑑賞してはどうでしょうか。こういう映画こそとにかく細部まで楽しみたい。 (ジェリー)[投票(2)]
★2友情や絆のない希薄な人間関係は嫌い。ルパン一味の方がずっと魅力的。 (FreeSize)[投票]
Ratings
5点18人******************
4点57人*********************************************************
3点45人*********************************************
2点2人**
1点0人
122人平均 ★3.7(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
シネマ・ワールドカップ開幕!? (茅ヶ崎まゆ子)[投票(5)]−何がなんでも盗み出す!− (kawa)[投票(5)]
たのむからもう笑わさないでくれ (ALPACA)[投票(2)]広川太一郎・主演の作品 (YO--CHAN)[投票]
個人的なDVDコレクション100 (中世・日根野荘園)[投票]
Links
IMDBThe Internet Movie Database
検索「黄金の七人」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Seven Golden Men」[Google|Yahoo!]