コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 悲情城市(1989/台湾)
- 点数順 (1/1) -

★5あくまで家族の日常の生活、文化、行事、事件から綴る台湾の歴史。 [review] (くたー)[投票(3)]
★5あくまでもFIXにこだわるそのココロは…? [review] (立秋)[投票(3)]
★5ドラマ自体がおしまいになって、付け足しのようにふっと見のがしてしまいそうだけど、阿祿李天祿が何事もなかったように食事している。あのシーンが台湾の歴史だと思う。 (まご)[投票(2)]
★5当時の映画界を揺るがしたであろう巨大地震のような傑作だ。暗い青灰色を基調にした静謐な背景の中で女達の着衣や電飾看板の桃、朱、紅、橙が目にしみるように美しい。内容の凄惨さとの際立った対位法。アジア社会の家族崩壊の過程を描いた映画としてアメリカのコルレオーネ家のそれと拮抗しうる。 (ジェリー)[投票(1)]
★5「アンタ、ココノヒトカ」。これが、(乱暴なんだけど)本省人と外省人を見分ける決め手(きっと日本の植民地時代に、日本語が公用語であったことから)になっているという複雑さが痛々しい。 [review] (kazby)[投票(1)]
★5この映画があって本当によかった。ひとつ大きな見落としをするところだった。 [review] (tomcot)[投票(1)]
★5その運命の悲哀に酔いしれるだけではなく、いつか、背景もきっちり理解できるようになりたい。 (tredair)[投票(1)]
★5私たちは見ていることしかできません。しかしそれで大丈夫です。感じる前に見ているだけで 事足りているから。感情が起こる前の感覚で感じることができているからです。◎画面。 (寛田宗純)[投票]
★5台湾の歴史を意外と知らない私たち日本人には、隣国の人たちの涙、怒り、優しさ、そして何よりもたくましい愛を激動の映像を通して垣間見た。不思議な映画だ。 (セント)[投票]
★5やっぱり北京語がしゃべれないからなのか、トニー・レオン。 物語自体はアンゲロプロス的な歴史映画。重厚、かつ耽美的で、戦中・戦後の台湾 悲史を垣間見る。 (ハミルトン)[投票]
★5辛く哀しい歴史を扱った堂々たる巨編。 (丹下左膳)[投票]
★4兵士として戦地から帰還することなく、反乱分子として政府から弾圧され、ヤクザ者として利権対立の中で、障害者として負い目をいだき、家長として一家存続の危機の中、傷つき、果て続ける男たち。ここで描かれる敗北し続ける男たちとは正に台湾そのものなのだ。 [review] (ぽんしゅう)[投票(2)]
★4家族をとおして見つめられる、「今」につながる或る時代。 [review] (ちわわ)[投票(2)]
★4評価が決定的になった侯孝賢が己れの手法に絡め取られたような窮屈さを感じる。同じ構図で再三出てくる坂道のクドさや、いかにもオリエンタル情緒な立川直樹の過剰音楽がうざい。『恋恋風塵』と相似とは言え4男絡みの挿話の詩情は素晴らしい。 (けにろん)[投票(1)]
★4カメラを不必要に動かさず、一定の場所からの空間の切り取りに徹することで「出来事」そのものを観客に体感させる。いわゆる「映画的」な演出を無効化する演出。映画史が更新された瞬間の記録である。 (赤い戦車)[投票]
★4厳密な構図のロングテイクが濃密な時間を描き出し、突発するアクションシーンに物語が躍動する。そして「写真撮影」が映画を切断しつつ持続させる。「写真」の一点において、ここでホウ・シャオシェン小津の記憶を受け継ぎ、エドワード・ヤンと共鳴している。トニー・レオンの佇まいも忘れがたい。傑作。 (3819695)[投票]
★4非常に哀しい物語なのに、どこと無く悠然とした雰囲気となっているのはやはり民族性なのであろうか・・・・。 (TM(H19.1加入))[投票]
★4やや冗長。しかし心に染みる。 (ぽんた)[投票]
★4美しくも悲しみの漂う台湾の風景。 (K.T)[投票]
★3俺は退屈。ヨメは怒る。 [review] (ペペロンチーノ)[投票(3)]
★3短すぎる大河ドラマ、一家族の視線というオブラートに包んだ歴史の勉強では何も伝わらない。特に日本人には何も伝えられない・・・ [review] (sawa:38)[投票(1)]
★3非常に静かで慎ましやかな語り口で、台湾の一家族の力強さを描いている。 その静かさ加減が評価の別れどころか。 (chilidog)[投票]
★3ドグマみたいなんも好きじゃないけど、これはあまりに画面が単調すぎる。おまけに日本語のセリフに字幕が無いのには参った。 [review] (ハム)[投票]
★3台湾の人々が日本に対して寛容なのに驚いた。隣国の心情を知る良いきっかけとなる作品。 (死ぬまでシネマ)[投票]
★3自分がいかに台湾の歴史に無知だったかを思い知らされました。トニー・レオンの演技が光る。 (あすらん)[投票]
★3 太平洋戦争終結後の台湾。... [review] (hk)[投票]
★3宵の非情、明けては無情。 [review] (ゆの)[投票]
★2悲劇の舞台も現在は人気観光スポット。「芋圓」が有名、タロイモと小麦粉を練った団子入りデザート、おいしい〜おかわりぃ。。。あ、映画は1回でいいです。ごめん、レオン。 (KADAGIO)[投票]
★2日本の占領の影響を受ける台湾の家族。長すぎる・・・。 (しど)[投票]