コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

風立ちぬ (2013/)

[Animation/Drama]
製作鈴木敏夫
監督宮崎駿
脚本宮崎駿
原作宮崎駿
撮影奥井敦
美術武重洋二
音楽久石譲
出演庵野秀明 / 瀧本美織 / 西島秀俊 / 西村雅彦 / スティーブン・アルパート / 風間杜夫 / 竹下景子 / 志田未来 / 國村隼 / 大竹しのぶ / 野村萬斎
あらすじ「堀越二郎と堀辰雄に敬意を表して」 少年時代から飛行機にあこがれていた堀越二郎。しかし近眼の彼は飛行機を操縦することができない。ある日、夢の中で、憧れの航空設計士・イタリアのカプローニと出会い、美しい飛行機を造りたいという夢に進む決意をする。大人になった二郎は、列車の中で少女・菜穂子と出会うが、関東大震災に遭遇。混乱の中、二郎は菜穂子を家族の下に送り、そのまま立ち去った・・・。二郎は名古屋の飛行機工場に就職するが、日本は戦争への道を進んでいった。夢に描いていたような飛行機をなかなか造れないでいた二郎は、軽井沢で美しく成長した菜穂子と再会する・・・。 [more] (プロキオン14)[投票]
Comments
全57 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5泣いた。なので、自分は感動したのだろうと思うが、何に感動したのか非常に感想に書きづらい。愛だの時代だのの陳腐な切り口の先にあるものを「風」以上の言葉で書き連ねることが難しい。「泣いたから★5」では馬鹿だよな、俺。 [review] (ロープブレーク)[投票(12)]
★5実際のところ、監督は世界を滅ぼしたいのだろうと思っていた。最後に何か撮るなら、タタリ神として、終わる世界を描いて欲しいと思っていた。だってすごく面白そうだから。でも、今、業を見据えて、翼が呪いから解放される日、未来を確信する「風」を描いた映画を託してくれたことが嬉しい。それも掛け値なしの本当の言葉で。『ナウシカ』のあの日のように「風」は止まないのだ。最高傑作と思う。(原作未読) [review] (DSCH)[投票(11)]
★5不思議な映画です。でもいい映画です。かつて宮崎駿監督は「戦争に勝ってもいいことはあまりないけど、戦争映画だけは作りやすくなる。敗戦国は屈折に屈折を重ねて作るしかない」と皮肉交じりに語っていましたが、不思議とこの映画に屈折は感じませんでした。 [review] (イリューダ)[投票(9)]
★5ここで「生きる」とは「誠実に生きる」ことである。何故誠実に生きなければならないか?人間の人生は有限だからだ。人生の有限性を否応にも実感させられる年齢にならなければこれは伝わらないだろう。その意味でR-40指定。 [review] (緑雨)[投票(7)]
★5この時代の為の夢いっぱいな映画。 [review] (steeling)[投票(7)]
★5恋も仕事も限定期間の最も美味しい部分のみを抽出し、人の一切の邪心・悪意は隠蔽される。水彩画のように儚い今際の際の美しいだけの思い出は、それでも黄泉の国と隣接し境界は融解してる。出会いと再会の場に於ける風の突発的な表現は鮮やかというしかない。 (けにろん)[投票(6)]
★4二郎は美という呪いに囚われた、永遠の奴隷だ。それでも懲りない、懲りないのが凄い。 [review] (ペンクロフ)[投票(13)]
★4「風立ちぬ、いざ生きめやも」という日本語訳の適否には諸説あるそうだけれども、ともかく、常識的な認識の枠組み内では何らの関係も持たないはずの「風」と「生きること」に何らかの連絡を見出だせずにはおれない感受性において、ポール・ヴァレリー堀辰雄宮崎駿は一直線に連なるのだろうかしらん。 [review] (3819695)[投票(7)]
★4好きなものをなぜ好きなのか、そんなのわからないんだ、ということをようやくぶちまけたのだろう。どこかにある「生きている線」を追い求めるアニメ作家宮崎駿の渾身の風の表現は、現時点で人類が到達した最高峰。ぜひ劇場での鑑賞をお薦めします。 [review] (おーい粗茶)[投票(7)]
★4おそらく、思想的な感情の表出を最低限にとどめ、さらにプロット展開も極めて直線的なものとし、映画らしい画面の躍動に純化しようとしたのだ。この志向は実に好ましいと思う。 [review] (ゑぎ)[投票(7)]
★4本作は凄まじく中途半端な作品だ。でもそれこそが本作の素晴らしさでもある。好き放題映画作る楽しさに溢れてる。 [review] (甘崎庵)[投票(5)]
★4心が洗われるような映画であることは相変わらず。 [review] (モロッコ)[投票(5)]
★4スペックを上げていくという事 [review] (torinoshield)[投票(4)]
★4微細な表現や映画的にあろうとする工夫は相変わらず見事。しかし相変わらず舌足らずな宮崎 駿。☆3.9点。 [review] (死ぬまでシネマ)[投票(4)]
★3震災の折に低く鳴る地響き、俄雨に低く流れる黒雲、紙飛行機の放り合いと、素晴らしいシークエンスが続く。擁護したくてあれこれ考えたが、上手くいかなかった。 [review] (寒山)[投票(8)]
★3偏執的とでも言いたくなる「風」の描写に対するこだわりなど、技術的な完成度の高さばかり印象に残り、観終わって2週間以上経つのに感想が定まらない。どうにも得体のつかめない映画だ。この夢想物語の語り手が、思考や主張することを放棄してるからだと思う。 [review] (ぽんしゅう)[投票(6)]
★3「違う」映画。 [review] (プロキオン14)[投票(4)]
★3無邪気な映画である。夢のシーンが頻出するのも、歴史的現実を題材にしながらも奔放なイマジネーションの推進力だけで飛翔していくこの映画の無邪気さの免罪符、とまでは言わなくとも、無邪気さの純粋さと残酷さと無倫理性の証しだとは言える。 [review] (煽尼采)[投票(3)]
★3多くの子どもの心を掴む作品ではない。それは時代背景が古いとか、対象年齢が高いとかではなく、単に何を伝えたいかがわからないからだ。 [review] (kazooJTR)[投票(2)]
★3画面はキレイ。美術がよい。昔の建物の質感が懐かしい。話はエピソードの羅列でつまらない。ドラマはない。ひこうき雲も名曲だが、紙ヒコーキの方が映画に合ったのでは。それにしてもラストにかかるだけの曲に大騒ぎすることもあるまい。まあ普通のジブリ映画でありました。 (ぱーこ)[投票(2)]
★2二人の実在の人物の話を融合するというアイデアは悪くはなかったが、宮崎駿のストーリーテリング能力がそれを生かし切れているのかは、制作者側がもっとシビアに見るべきである。 [review] (Master)[投票(7)]
★2二郎の声は完全にミスキャストだと思う。 [review] (ガチャピン)[投票(1)]
Ratings
5点36人************************************
4点52人****************************************************
3点41人*****************************************
2点8人********
1点3人***
140人平均 ★3.8(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
検索「風立ちぬ」[Google|Yahoo!(J)|goo]