コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

カサノバ (1976/)

Il Casanova Di Federico Fellini

[Drama]
製作アルベルト・グリマルディ
監督フェデリコ・フェリーニ
脚本フェデリコ・フェリーニ / ベルナルディーノ・ザッポーニ
原案フェデリコ・フェリーニ
撮影ジュゼッペ・ロトゥンノ
美術ダニーロ・ドナーティ
音楽ニーノ・ロータ
衣装ダニーロ・ドナーティ
出演ドナルド・サザーランド / ティナ・オーモン / マルガレート・クレメンティ
あらすじ18世紀半ばのベネチア、カーニバルの夜。カサノバ(ドナルド・サザーランド)は見知らぬ女からの呼び出しで近海の孤島サン・バルトロのフランス大使の別荘へ赴くと、件の女マッダレーナ(マルガレート・クレマンティ)は大使の情婦で尼僧であった。大使の要望でカサノバは自慢の性技をマッダレーナ相手に披露し大使を感嘆せしめた。意気揚々と小舟で帰るカサノバは嵐に見舞われ、しかも異端審問官にとっ捕まって留置場行きになるが、脱獄しパリに赴く…。76年アカデミー衣裳デザイン賞受賞のフェリーニの監督第18作(TV作品含む)。 (けにろん)[投票(1)]
Comments
全20 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5「瀉血だっっ!!」 [review] (ふかひれ)[投票(2)]
★4カサノバへの愛着や優しさを感じさせない突き放した作りはらしくないが、とにかく凝った美術&衣装、それが堪能出来る派手な宴、絶倫対決など印象的なシーンは多い。 [review] (ドド)[投票(2)]
★4あくまで人工的に作り上げられた美の心地よさ。それはセットに限らず登場人物それぞれに見出せる。機械仕掛けの彼ら一人一人の背中にネジがついていてジージーって音が聞こえてきそう。快楽のためというよりも辛い労働のごとく「いたす」カサノバさんには同情さえ感じる。出来は良いとは思えないがなぜか愛着のあるフェリーニ作品。 (モモ★ラッチ)[投票(2)]
★4カサノバの性的な満足と政治的な不満。 [review] (らむたら)[投票(2)]
★4頑張ってるときの表情がキュート (kei natsui)[投票]
★4悲哀に満ちている。 (とんとん)[投票]
★3だんだんとかつての鋭さがなくなってきたフェリーニ。カサノバの悲哀は、インスピレーションを失いつつあるフェリーニ自らの姿か? ただ、ニーノ・ロータの音楽は出色の出来だ。 (若尾好き)[投票(3)]
★3後半の老いた痛々しさが、作品全体をイメージづけてしまった。「種馬の悲哀」以上のものが見えてこない。 [review] (ざいあす)[投票(1)]
★3イタリアの種馬はどいつもこいつも生卵。 (黒魔羅)[投票]
★3華やかさの中に、滑稽さ・虚しさが入り混じっていて独特の映像世界が展開されています。(ちょっとグロテスクですが) [review] (TM(H19.1加入))[投票]
★3放蕩の果ての虚脱や狂乱が行き着く諦念といったフェリーニのお手盛りモチーフだが今更なので対象への無共感が滲み出る。サザーランドは原型を留めぬまでに上塗りされ、贅の限りのセット美術と人工世界の構築にのめりこむ。まるで年寄りのオナニーだ。 (けにろん)[投票]
★3ドナルド・サザーランドの『コールガール』でのクールなイメージが、ぐっと変わってしまいました。今に至る『スペース カウボーイ』もドンファン。 (k-nag)[投票]
★3 笑うに笑えません。カサノバさん目が血走ってるよ。でもお祭り場面とろうそくのシーンは好き。 (にくじゃが)[投票]
★3過剰な色事について描いているわけだけど、過剰な何かは何であれどこか滑稽である。夢中で食事していると突如そのことを恥ずかしく感じさせる力がこの映画にはある。 (ジェリー)[投票]
★3観ているうちに、あの海が、気にならなくなってしまった。人間は死ぬまぎわまで、欲望にとらわれて醜態をさらすということを、あきらめつつ暖かく見つめている監督と、その海のうねりが一致してる感じがして、なんだか、微笑ましくなってしまった。 (エピキュリアン)[投票]
★3フェリーニの作品の中で決して点数の高いものではないが、なぜかフェリーニとくるとまずこの作品のカサノヴァの姿を想い出してしまう。なんでやろ・・・・・。 (minus-zero)[投票]
★2性豪としての実力のほどを、覗き見という、映画的な欲望の許に晒すカサノバ。彼の性交のBGMを奏でるのがオルゴール=機械仕掛けというのがまた映画の暗喩を思わせる。彼の最後の愛人は、紛れもない真の愛人ということだろう。 [review] (煽尼采)[投票(1)]
★2どんなアダルトビデオを見ても、あんな腰使いをする男優は見たことがない。 (ボヤッキイ)[投票]
★2またしてもフェリーニの分厚い壁に跳ね返された。ついていけない。 (24)[投票]
★2中学生の時に見たせいか、ただスケベオヤジとしか思えなかった。 (めぐちゃ)[投票]
Ratings
5点4人****
4点20人********************
3点25人*************************
2点8人********
1点0人
57人平均 ★3.4(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
映画で俯瞰(ふかん)する世界史・人類史  (いくけん)[投票(16)]「空耳アワー」な映画たち (荒馬大介)[投票(10)]
ヴィスコンティとフェリーニ (モモ★ラッチ)[投票(10)]イタリアの至宝ニーノ・ロータ (ルッコラ)[投票(9)]
蓮實重彥ベスト141 (寒山)[投票(5)]−アカデミー賞脚本・脚色賞ノミネート作品(70年代後半)− (kawa)[投票(2)]
Links
IMDBThe Internet Movie Database
検索「カサノバ」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Il Casanova Di Federico Fellini」[Google|Yahoo!]