コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] ラウンダーズ(1998/米)
- 更新順 (1/2) -

★3マット・デイモン、この役あんまり合わないんじゃないかなー。。はっきり言って地味! (あちこ)[投票]
★4好きな作品はあらためて観ても、ホント楽しめる。何が良いって、キャスティングが奇跡的に良いんだと思いますね。 [review] (HAL9000)[投票]
★5己のすべてを一つの道を極めることに費やす、ということには、やはり憧れを感じる。そしてそこに漂う、渋い緊張感に酔いしれる。 (シーチキン)[投票]
★3凄味の無いギャンブル映画 [review] (トシ)[投票]
★3マルコピッチはいい。麻雀放浪記に負けてる。 (これで最後)[投票]
★3これだけの俳優を揃えて、この印象のなさ…。かなりもったいない。 [review] (mimiうさぎ)[投票]
★3この映画でのマット・デイモンの生き方に憧れる。人生にリセットがきくならこんな風に自分も生きたい・・・ (白羽の矢)[投票]
★3ポーカーはゲーム。金賭けポーカーは博打。この両者の境界線が曖昧な前半がキツい。矛盾を感じることも。しかし徐々に、マイクの熱い決意表明のような展開に自分も熱くならざるを得ない。ワームの存在をもっと大きく描いていたら最高だった。 [review] (ナッシュ13)[投票]
★4エドワード・ノートンっていい役者でね!マット・デイモンっていいかもしれないが、至って普通かも... [review] (ゆ〜ゆ〜)[投票]
★2カタにハメられちまうマット・デイモン!…そんな緊迫感を<これっぽっちも>伝えてくれない演出。ポーカーの達人なら凄腕だが、映画の演出としては素人と言わざる得ない。クセモノの脇にかっさわれる。その意味ではグルでダマされた?? (chilidog)[投票]
★3相手の表情や仕草をうかがい、心理を読む。まさに駆け引き。奥が深そう。ポーカー知らない人間としてはチトツラかったが、豪華な顔ぶれで主役を喰ってる共演陣に★3。 (JKF)[投票]
★3裏『グッドウィルハンティング』。 ()[投票(1)]
★3「勝っても地獄、負けても地獄…」ギャンブルの真理ですなぁ〜。 (LUNA)[投票]
★4マット・デイモンは泣いても笑っても悔しがっても怒ってみても、ぜーんぶおんなじ表情、おんなじ顔。だから、脇が際立ってしまう。 (ゆかわりょう)[投票(2)]
★3このシナリオに、これだけの曲者(主役は除く)揃えといてこの出来かよ!監督が力量不足、または手を抜いたと言わざるを得ない作品。 (ごう)[投票]
★3ジョン・マルコビッチのきれたところが感動した (ミシェルYO)[投票]
★3マット・デイモンのナレーターが緊迫感を削いでしまうし、また彼のお坊ちゃまな立振舞いが「スゴ腕のポーカープレイヤー」の設定と噛み合っていない。『シンシナティ・キッド』のように、カードの達人=人生の達人であって然るべき。共演陣が見もの。 [review] (ガブリエルアン・カットグラ)[投票(3)]
★3人生もギャンブルに似ているかもしれない。自分の行動で凶と出るか吉と出るか・・・常日頃、意識し咎めておきたいと痛感した。ただ、映画に関してはインパクトが弱いです。エドワードの演技には目を疑うものを感じました。大物俳優になって欲しいなぁ。 (かっきー)[投票(1)]
★4限り無く名作に近い凡作。限り無くホームランに近いファール。ファールライン上をいったりきたりするのが、魅力だったりするのもこれまた不思議。 (goo-chan)[投票]
★3もっと堕ちろもっと堕ちろ。心の地獄を観た、という所まで踏み込んで欲しい。ギャンブルには底無しの魔力があるんだから。 (ADRENALINE of Adrenaline Queen)[投票(1)]
★3「友達は良く考えて選べ」映画。 それにしてもマルコビッチ、 [review] (AONI)[投票(2)]
★4エドワード・ノートンのあの顔! たまんねっ! ()[投票]
★4もうまともに「オレオ」を食えなくなった どうしてくれるんだー [review] (starchild)[投票]
★3なんだか淡々としてて、少し退屈。悪くはないけど目立った見所が無い。平凡なストーリーだけに、役者の豪華さに目が行ってしまう。主人公と脇役の俳優の格の差を感じた。エドワード・ノートンはここでも良い。 (Ryu-Zen)[投票]
★3渋めのギャンブル映画。淡々と進めるあたりがプロっぽいけど、映画としては盛り上がりに欠けてると思う。ギャンブル好きにはいい映画。 (くっきん)[投票]
★4ギャンブルの底を中々渋く描けている映画。兄さん背中が煤けてるぜぃ。 (あき♪)[投票]
★3素材とキャラ設定はおもろいンやけど。ちょっと教科書通りに作りすぎと違う?せやから先が読まれて意外性にかけたラストになったンやと思う。作りようによっては傑作かもしれへんよ? (ふ〜け)[投票]
★2勝負の世界が好きなので期待して見ていたが、期待ハズレだった。最後のヤマ場となる因縁の相手との大勝負に至っては、ぜんぜん見せ場もなく終わってしまった。ポーカーならではの心理戦、駆け引き、手に汗にぎる緊張感を演出すればもっと面白くできたはずのなのに、ちょっともったいない映画。 (haruo)[投票]
★4目立ったところは無いけど全体的によくできた秀作ドラマ風。 (shak)[投票]
★2脇役が豪華すぎる、しかも彼らが引き立てている相手がマットとは。なぜにあんなにおいしい目にあうの? (KADAGIO)[投票]
★3マルコヴィッチのつたない英会話がよかった。 (てべす)[投票]
★3マルコビッチとは勝負したくないな (TOMIMORI)[投票]
★3何だか博打の考え方が阿佐田哲也に似ている。博打打ちは世界共通なんだろうか? (billy-ze-kick)[投票]
★3マルコビッチかっくいいな、 (マツーラ)[投票]
★3ノートン、タトゥーロ、マルコビッチを楽しもう。ホロ苦いと思わせつつもやっぱ丸くおさめちゃってる。 (ざいあす)[投票(1)]
★3ポーカーのルールを知ってから見ればもう少し楽しめたかもね。オレオクッキーがいい味だしているけど、マット・ディモンはもうちょっと役の幅をひろげなさい!! (チャオチャオ)[投票]
★3マット・デイモンエドワード・ノートンも、何か伸び伸び演じ切れてなかったような気がするのは気のせいかなぁ〜〜? (sangfroid)[投票]
★3脇に食われっぱなしのマット・デイモン。女性の使い方がイマイチ。 (ズブロッカ)[投票]
★3所詮は物語と割り切っていても、悩める天才の胡散臭さは既に異臭の香が混ざっている。 (jun5kano)[投票]
★2最初劇場にいこうとおもってました。忙しくて、結局ビデオ化されてからみたんですけど・・・よかった。ビデオで。マットデイモンより、エドワートノートンのほうがよかったな。 (kazya-f)[投票]
★2マルコビッチの赤ジャージ姿が好き。でも、何かの天才的な 才能のある若者像をこの映画でも見せられるのはもううんざり [review] (grey)[投票]
★3それなりに面白く見れた。最後の賭けはギャンブル好きなら楽しく見れる。でもちょっと平坦すぎ。 (tomomi)[投票]
★2マット・デイモンは何をやってもお坊ちゃん役者のイメージが・・・ (つね)[投票]
★3まとまりのある作品。ポーカーのルールを知ってれば尚楽しめたと思う。 (わわ)[投票]
★4エドワード・ノートンの目がエロイ (ヒコ一キグモ)[投票]
★4デイモンのナレーションが心地よく、話に入って行き易い。話自体も 深さこそ無いが安心して楽しめる仕上がりとなっている。またさり気に 豪華な俳優達の演技も良い感じだ。 [review] (ヴォーヌ・ロマネ)[投票]
★4いい人生経験になったってことだね。もっととんでもない事が起こったらよかたのに・・・。 (123)[投票]
★3ジャージ最高。 (ペンネンネンネンネネム)[投票]
★2ジョン・タトゥーロの堅実さだけが唯一の救い。これしきのお話、2時間以内で描き切れないのか? (黒魔羅)[投票]
★4気持ちよく観れるけど、まとまりすぎかも。 (cnt)[投票]