コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 砂漠の流れ者(1970/米)
- 更新順 (1/1) -

★3善悪の概念が消滅した暴力集団の混沌を描いた『ワイルド・バンチ』。閉鎖集団の人心の奥底に巣食う暴力の噴出を描く『わらの犬』。その狭間の本作の“平穏”は祈りでもあり諦観にもみえる。2作との違いは「時の流れ」という人智や欲望を超越した超暴力の存在。 (ぽんしゅう)[投票]
★5ちょっといい映画。何年か後に、優しい男が砂漠で水を見つけ・・・どうしたんだっけ?と思い出しそうな(思い出していない!)作品。銀行の頭取がエラかった(遊び半分だったのかも?)という事と、友の偽牧師の生き方に憧れる。生き方は人それぞれだ、とつくづく思う。 (KEI)[投票(1)]
★4せめて映画の中ぐらい、ぼんくら男がカッコつけたっていいじゃんか。そのためにあの大切な女優さんが、裸で走らなきゃいかんかったのだとしても。 (G31)[投票]
★5これをペキンパーが撮ったという意外性を差し引いても問題なく傑作と呼べる作品。 [review] (ナム太郎)[投票(1)]
★4サム・ペキンパーの中で一番温かくて、可笑しくて、哀切に満ちた映画。 (パピヨン)[投票]
★4ケーブル・スプリングはあくまでも中継所。つかの間のオアシス。すべての出会いが夢だったかのように、指の間から滑り落ちる砂のように消えていくだけ。「バカは死ななきゃ治らない。だが治った時は手遅れだ」...まったく悪い冗談だよ、ペキンパー。 ()[投票(1)]
★4ペキンパー作品にあるまじき「優しさ」に満ち溢れた映画。傑作。 (赤い戦車)[投票]
★5「西部劇」が終わる時代、砂漠に生きたひとりの男の生き様がささやかな伝説のように語られる。嘘のように幸福な時間と、その結末。「西部」への鎮魂歌「ケーブル・ホーグのバラード」。 [review] (3819695)[投票(1)]
★5マジで泣ける。バラードというよりブルースだ。つまり「アンジー」じゃなくて「ラブ・イン・ヴェイン」なのだ。 (のらぞんざい)[投票]
★4娼婦も牧師も流れ者も、生き方が違うだけさと呟くだけのケーブル・ホーグ。善人でもないが悪人でもない。哀愁漂う良い映画だと思います。 (FreeSize)[投票]
★5人には上もなく下もなく砂漠のように平らにある。そういうことをこの男から教わった気がする。 [review] (おーい粗茶)[投票(2)]
★4天涯孤独の復讐鬼が荒野で癒されていくのが娼婦と牧師という2葎相反な触媒によるという図式的構図はハマるが、結局、全ては時代の移ろいに押し流されちまうんじゃズルいと思う反面ペキンパーの思いが行きつくのは最後はそこしかないらしいのが泣ける。 (けにろん)[投票(4)]
★4おとぎ話的味わい。 (coma)[投票(1)]
★4最後の西部劇作家と呼ばれるサム=ペキンパー監督。監督お得意のバイオレンス色を排してさえ、これだけ質の高い作品を作ることが出来たという事実に、素直に賞賛を送りたい。 [review] (甘崎庵)[投票(5)]
★3みんなでベッドを運ぶシーンが好き。そこまで行って、彼がどんな人なのか、この映画のテイストがどんなものなのか、やっと理解した気がする。というか実は私がぎりぎりそこまで掴めていなかったってだけのこと。私はかなり鈍感らしい。 (mal)[投票(2)]
★4いいかみんな。一瞬たりとも気を抜くな。ステラ・スティーブンスのビーチクを拝めるチャンスはたったの、たったの1秒だからな。気合い入れていけ! (黒魔羅)[投票(2)]
★5“復讐”を忘れそうになります、でもそこがたまらなく好き。 ()[投票(1)]
★3とかげくん迷わず成仏してください。 [review] (24)[投票]
★3滅び行く男達に捧ぐ鎮魂歌…てな渋い映画かと期待していたら、こりゃコメディではないですか。 (たかやまひろふみ)[投票(1)]
★5まさにバラッド。気難しい頑固者だったペキンパー監督…そんなオヤジが背中を向ける時にだけちらりと見せる優しさ…それがここにある。ヴァイオレンスな作風ゆえに彼を毛嫌いしている方にこそ、鑑賞をお薦めしたい。 (ガブリエルアン・カットグラ)[投票(1)]
★5個人的にペキンパー一番の作品。これが本物のバラードだ! (frank bullitt)[投票(2)]
★5ミュージカル風に歌も入り、心が和む。とかげとか蛇は嫌だが、それ以外は大推薦 (ジークフリート)[投票]
★5ペキさんの一生の不覚だと思う。これを出してしまったのは。 [review] (さなぎ)[投票]
★4あのテーブル、いいよね。 (tredair)[投票(1)]
★5今更「ケーブル・ホーグのバラード」って言われてもなぁ。そりゃ、その方がカッコはイイけど。 (cinecine団)[投票(1)]
★5再生と鎮魂の物語。涙が止まらなかった。 (uyo)[投票(1)]
★4西部劇の死。消えゆく砂漠へ捧げるバラード。 (crossage)[投票(1)]
★4西部劇の成立要件が消えつつあるときに現われた男を主人公とする西部劇。 (丹下左膳)[投票(2)]
★5じわじわくる感動が良い。バイオレンス作家サム・ペキンパーの叙情詩。 (ハム)[投票(1)]