コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 摩天楼を夢みて(1992/米)
- 更新順 (1/1) -

★5新旧織り交ぜた役者たちの演技合戦は初っ端から最後まで間断するところがない。雨の夜の湿った空気が纏わり付き深海の底でのたうつような救いのないセールス。明日が来るのが怖いという絶望を味わった者にしかわからないリアリティ。身につまされるが傑作。 (けにろん)[投票]
★4「リオ・ランチョ!」「ミセス ナイボーグ!」 [review] (ありたかずひろ)[投票(1)]
★3カッコシブいハゲ達がよく出る映画(一部除く) 70/100 (たろ)[投票]
★3救いのないブルーズ。前半は降りしきる夜の雨、中盤からは日中の街の喧騒、そして最後はウェイン・ショーターのサックスがそれを彩る。 [review] (ぐるぐる)[投票(1)]
★2迫力のある、といえば聞こえはいいですがただ内容がそれに伴わなかった。設定が地味すぎるし盛り上がりに欠ける。演技しか評価できる点がない。まああれだけのメンツを集めれば演技には問題ないでしょうけど。 (deenity)[投票]
★4やはり雨の中での公衆電話。携帯じゃこの味は出せん。 (d999)[投票(1)]
★2あまり品の良い映画とは思えませんが、迫力はすごいですね。(2011/06/05) [review] (chokobo)[投票(1)]
★530年前は腐るほどあった洋画系名画座は2〜3本立てが当たり前で、その組合せも滅茶苦茶で面白かった。あの頃ならこの『摩天楼を夢みて』も『摩天楼〈ニューヨーク〉はバラ色に』と語呂合わせだけで併映されて、観客の感性を混乱させてくれただろう。 (カレルレン)[投票]
★3名優達の熱演に息を呑む・・・しかし、エンディングが物足りない。 (RED DANCER)[投票]
★3完全に舞台劇なのを、映画にした意味は?おそらく、すぐれた俳優同士のやり取りを見たかった、ってことだろうな。でも、会話の切り返しのシーンの台詞のかぶり具合とか、映画ではあまりに不自然で見ているのがつらかった。それぞの演技はものすごくて、あっという間に見終わってしまったけど・・。 (エピキュリアン)[投票]
★4雨降る夜の限定された空間と名優達のせめぎ合いが濃密な時間を作る。特にJ・レモンの指先に至るまでの演技は神業の域。 (ドド)[投票(1)]
★4人間、上手くいく奴といかない奴が出るのは当たり前。俳優としての一流どころが火花を散らしてダメ社員を演じるのに違和感があるかと思えば全くなし。ジャック・レモンの目の据わり具合は腹の底からダメさ加減を発散している。 [review] (torinoshield)[投票(1)]
★4ほぼワンシチュエーションドラマなのにここまで魅せる映画は少ない。アル・パチーノの節はもとより、ジャック・レモンの背中、ケビン・スペイシーの若さほとばしる演技は必見! [review] (billy-ze-kick)[投票(2)]
★4サラリーマンならではの辛い状況を見せられ、共感と同情でくぎづけ。これ見たら、やっぱりサラリーマンになりたくないって人は増えるだろうな。 (くっきん)[投票]
★4ネタ、ネタ、哀愁。 ジャック・レモン晩年の代表作。 (takasi)[投票]
★4できるやつっていいよな〜。それにしてもこんな職場はイヤだ〜! (Susie999)[投票]
★1ケビン・スペイシーなんて出てたの? すっごく眠い映画だった。 (ぱちーの)[投票]
★5ジェットコースタームービー。ある意味な。 (CTRL)[投票]
★4絶望的な絶望。う〜ん、お願いだから今日だけは悪態つかせてくれ!「男」として生きるのは、こんなにも辛く孤独なことなんだ、ということを・・・。そしてわかっていてくれ、世界中の女性たちよ・・・今日だけのお願いだから。 ()[投票(4)]
★4エンディングテーマの「BLUE SKY」が心に染みる。 (赤目)[投票]
★3ケビン・スペイシー!、僕にも面白いネタをくれ、ネタを! [review] (AONI)[投票(1)]
★4最前線で戦っている営業マンが、外回りをしない事務屋を軽く見るのは万国共通なんですな。 (黒魔羅)[投票(4)]
★2アル・パチーノがもったいない。 (UTERO)[投票]
★5昔の営業体験を思い出して凹む。アル・パチーノの演じる凄腕営業マン見て上司を思いだし凹む、ジャック・レモンエド・ハリス見て自分とダブらせ凹む。資本主義社会で生きるって大変なんだよ! (斎藤勘解由)[投票(1)]
★4これだけ地味な話なのにここまで面白いってすごい。ぎりぎりの哀愁背負って生きてる人たちかと思うとその辺のおっさんたちが愛しくなる。 (mal)[投票(1)]
★3よくもまぁ、こんなにも演技派俳優がそろったもんだ。30年後の自分が「しがみつく側」になってなければいいけど・・・。 (shaw)[投票(1)]
★3内容忘れたからもう一回観ます (レノ)[投票]
★4惨めな男しか出ない映画に、この超豪華キャスト!最初は豪華すぎてビビってしまいましたが…。色々こなす器用なマメットだけど、やはり絶望を描かせたら一番。彼の絶望感は味わい深い。 (mize)[投票(2)]
★5この豪華俳優の顔ぶれだけで鳥肌が立つ。時間を忘れるほどのめり込み、そして”絶滅する最後の男達”に共感してしまった。最も光っていたジャック・レモンの悲惨ぶりと姑息さが非常に印象的。アル・パチーノは喋るだけで見る者を惹き付ける。脚本・撮影・演出も抜群。 (Ryu-Zen)[投票(1)]
★4観客であるはずのこちら側も身の置き場に困るくらいの罵りあい。個人自営業の僕でさえヘコむ。「ネタをくれ!ネタを!」 (chilidog)[投票]
★4豪華キャストの芝居を見る映画かな。ジャック・レモンのダメぶり、はまるなぁ。 (マッツァ)[投票]
★5超面白かった。どの役者も皆良いけど、やはりジャックレモンがお気に入り。地味なネタだけど一気に魅せる力あり。 (あき♪)[投票]
★4「ブービー賞な男たち」から「生贄」が生まれる朝。 (muffler&silencer[消音装置])[投票(2)]
★2あまりに?すぎて、返すの忘れて延滞料払いました。あなたも気をつけて (高橋慶彦)[投票]
★4舞台好きならぜったいオススメ。強烈に降りつづける雨がイイ。 (カフカのすあま)[投票(1)]
★5ジョナサン・プライスが一番凄いリアリティ出してたと思う。 (えすもし君)[投票]
★3愚痴、愚痴、愚痴のオンパレード。 (流星)[投票]
★3僕もジャックレモンに1票。あまりにセリフが多い・・・。 [review] (ざいあす)[投票]
★3ジャック・レモンの演技が光る作品。パチーノの抑えた演技がそれを一層引き立てている。特にラストのレモンには哀愁が漂っている。が、罵りあいが延々と続くので観ていて疲れてしまうのも確か。 [review] (ヴォーヌ・ロマネ)[投票]
★4英語、というかアメリカ語って、「罵る」には最適の言語みたい。日本語じゃ、あの迫力は無理だろうなあ。仕事関連で落ち込んでる人は見ない方がいいと思います。 (hakaida)[投票(3)]
★4舞台劇ですから、こんなもんですかね。それぞれの役者の、競演には、圧倒されます。ケヴィン・スペイシーが霞んでるもん。ストーリーより、演出より、それぞれの演技見るだけで、十分楽しかったぞ! (Sungoo)[投票]
★4もうひとひねりで5点。この映画はアル・パチーノより、エド・ハリスより、ジャック・レモンの老いぼれぶりが目立つ。この映画の役者の演技こそが「魅せる演技」だ! (バーボンボンバー)[投票(1)]
★3あまりの毒舌に観ているこっちがヘコむ (shoppe)[投票]
★2この豪華キャストでよくもこんな不完全燃焼な映画作ってくれたな、て感じです。 (ハム)[投票]