コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

二十四時間の情事 (1959/)

Hiroshima, Mon Amour
ヒロシマモナムール

[Drama/Romance/War]
製作アナトール・ドーマン / サミー・アルフォン / 永田雅一
監督アラン・レネ
脚本マルグリット・デュラス
撮影サッシャ・ヴィエルニー / 高橋通夫
音楽ジョヴァンニ・フスコ / ジョルジュ・ドルリュー
出演エマニュエル・リヴァ / 岡田英次 / ベルナール・フレッソン / ピエール・バーバード
あらすじ広島に反戦映画の撮影に来ていたフランス人女優(エマニュエル・リバ)が、日本人の建築技師の男(岡田英次)と出会い、一夜の情事に身を委ねる。愛を覚えた男は一日限りで日本を発たねばならないという女の後を追い、ふたりは再び身を重ねあう。女は男と夜の広島を歩きながら、戦争の時代に経験したみずからの悲恋の記憶を物語りはじめる。(1959年カンヌ国際映画祭国際批評家連盟賞)〈91分〉 (ハイタカ)[投票]
Comments
全32 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5これは現実的映画なのだ。 [review] (ちわわ)[投票(6)]
★5アンガージュマンに映画が与えた1つの回答。声高に戦争反対を訴える映画だけが反戦映画ではない。しかも、この映画はそうした社会性を越えた精神的な高みにまで観るものを導いていく。 (若尾好き)[投票(1)]
★5ものすごく眠かった映画です。ずっとヒロシマが音楽のように流れる。そんな空間、時間、まだ幼かった私にはレネの洗礼はたゆたう心とともに映画の旅を今でもし続けることになる。 (セント)[投票]
★4旅のフランス女。 [review] (ハイタカ)[投票(6)]
★4「ヒロシマ」という記号、若しくは媒介。 [review] (くたー)[投票(5)]
★4間に座ったおばあちゃんがオイシイ。 [review] (sawa:38)[投票(4)]
★4忌まわしい過去に傷ついた心に突き刺さるヒロシマの街の風景がサッシャ・ヴィエルニのエッジの効いた映像で象徴化される。ここには原爆の意味を問う何ものも実のところ無い。あるのは個人と普遍が時間の流れを解体されて漂うパラレル世界の無限連鎖だ。 (けにろん)[投票(2)]
★4忘れることを悔い、思い出すことで痛む、前にも後ろにも進むことのできなくなった女(エマニュエル・リバ)と男(岡田英次)の逡巡。この明けない一夜の物語は、きっと永遠に続くことだろう。故郷を追われた女と、故郷を汚された男の意識せざる闇依存。 (ぽんしゅう)[投票(1)]
★4岡田英次の格好よさ、エマニュエル・リバの美しさや彼女が夜の広島を歩く移動撮影。カットを重ねた濃密な冒頭の15分等、表面的な素晴らしさだけをとってみてもその魅力は尽きない。自らを作家ではなく演出家と呼んだ若かりしレネの才気が光る。 (ナム太郎)[投票(1)]
★4この映画のコメントはバラバラで面白かったです。色んなことを考えさせられる映画なのかな。2003.8.11 [review] (鵜 白 舞)[投票(1)]
★4悲恋劇とヒロシマの悲劇を重ね合わせた間接的反戦映画。フランス映画でヒロシマでロケを敢行し、この映画が撮られたことに意義を感じる。 [review] (Keita)[投票(1)]
★3観念的平和主義者たちが大好きな街「ヒロシマ」は此処にはない。今もなお活動し、恋愛までもがリアルに人を呑み込む街「広島」があるだけだ。そしてその都市が男を表わすように、女がそこで燃え尽きてしまった街「ヌベール」と女は同意義となり得る。ふたりはふたつの街の具現化である。 [review] (水那岐)[投票(9)]
★3不倫も戦争も己の欲望を満たすということで類似しており、どちらも時間が経てばやがて忘却の彼方に追いやられる運命にあることを暗示する。完全に二人の世界に酔って観客そっちのけ(俺だけ?)な中盤はかなりダルいが、最初の15分は見る価値あり。 (TOMIMORI)[投票(1)]
★3最初の30分くらいまでは目が冴えてたけど、それ以降は一気に眠くなる。そして、20分くらい記憶がトンだ。どれだけ映画が素晴らしかろうと、眠い物は仕方ない、と。 2004年5月30日劇場鑑賞 [review] (ねこすけ)[投票(1)]
★3それでもいまいち納得できないことについて、だらだらと。(レビューは冒頭からラストについて言及) [review] (グラント・リー・バッファロー)[投票(1)]
★3わたしはこの映画からはヒロシマを理解できない・・・ (R62号)[投票(1)]
★3退屈でも印象には残る映画。喫茶店とか…。 (ドド)[投票(1)]
★3退屈。でも昔の広島が観れてちょっとおもしろい。 (chee)[投票(1)]
★3どうしてこの女は敵国(独、日)の男となると燃え上がるのだろう。単なる個人的相性の問題だろうか?一生に一度の恋だったヌヴェールの逢引きのシーンがとりわけ美しく、心に残る。 (KEI)[投票]
★3痕跡は、記憶ではない。知り得ない事を知り、想像できない事を想像する義務としてのヒロシマ。何者にも所有され得ないものとしての固有名詞。 [review] (煽尼采)[投票]
★2最初の20分だけでいい。残りは退屈過ぎる。「記憶」の問題を扱おうという姿勢はわかるのだが、映像にも台詞にもツヤがなさすぎて耐えられない。 (_)[投票]
★2途中で2回お休みをいれて見たよ。あと、目薬したくなるくらいの画像の悪さ。 [review] (ころ阿弥)[投票]
Ratings
5点9人*********
4点24人************************
3点29人*****************************
2点5人*****
1点1人*
68人平均 ★3.5(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
映画で俯瞰(ふかん)する世界史・人類史  (いくけん)[投票(16)]就職先、映画業界とりあえず希望 (ぽんしゅう)[投票(12)]
秒、分、時、日、週、月、年…めぐりあう時間たち (緑雨)[投票(11)]バイブル (けにろん)[投票(8)]
コメント (Lostie)[投票(4)]ヒロシマ・ナガサキ (死ぬまでシネマ)[投票(2)]
Les Inrocks誌によるフランス映画100選 (濡れ鼠)[投票(2)]タイム誌が選んだ年間ベスト10(60−70年代+α) (AKINDO)[投票(2)]
Links
IMDBThe Internet Movie Database
検索「二十四時間の情事」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Hiroshima, Mon Amour」[Google|Yahoo!]