コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

東京暮色 (1957/)

Tokyo Twilight

[Drama]
監督小津安二郎
脚本小津安二郎 / 野田高梧
撮影厚田雄春
美術浜田辰雄
音楽斎藤高順
衣装長島勇治
出演原節子 / 有馬稲子 / 笠智衆 / 山田五十鈴 / 杉村春子 / 中村伸郎 / 高橋貞二 / 須賀不二男 / 田中春男 / 浦辺粂子 / 長岡輝子 / 宮口精二 / 藤原釜足 / 菅原通済
あらすじ銀行の監査役・杉山(笠智衆)の家に、夫とうまくいかない長女・孝子(原節子)が出戻ってきた。心配になる杉山だが、次女・明子(有馬稲子)も何だか秘密を抱えているらしい。一方、明子のほうは遊び仲間から自分のことを良く知っている女性がいることを聞く。その女性が、昔家族を捨てて男と出奔した母・喜久子(山田五十鈴)であることを、明子と孝子は後になって知ることになるのだった。 [more] (Yasu)[投票(3)]
Comments
全39 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5闇に沈む東京の凄惨な美しさ。夜更けの喫茶店の深海のような雰囲気。一本でいいから、小津にチャンドラーやハメットの原作で犯罪映画を撮って欲しかった。傑作になっていたはずだ。 ()[投票(4)]
★5陰影に富んだ硬質の画面、そして有馬稲子の憂えた表情が美しい。有馬稲子の現代的な存在感は、むしろ笠智衆原節子に違和感を覚えるほど。 (コンタ)[投票(4)]
★5まるでホラー映画のようなローキーの画面。終始一貫して陰鬱な有馬稲子!後期小津作品らしい明朗さのない映画で、多くの小津ファンが幻滅するのも判るが、反面、人間洞察の冷厳な特質が現れている小津らしい作品だ。また画面造型の繊細さを楽しむスタンスに立てば抜群に面白い映画。『東京物語』『麦秋』級の傑作だと思う。 (ゑぎ)[投票(3)]
★5小津安二郎監督の演出する「東京」は、見た目より中身が苦しい。 [review] (chokobo)[投票(1)]
★5賛否両論はっきり出てくる作品であるとは思うが、通常の小津ラインとは異なった野心作として評価。 [review] (3WA.C)[投票(1)]
★4…をめぐる二通りの解釈 [review] (kiona)[投票(10)]
★4小津監督の「太陽族」映画としても見ることができるが、やはり、同じ「東京」のつくもう一つの傑作との対比で語りたくなる大作。 [review] (ジェリー)[投票(9)]
★4「随分と、寒くなってきましたねェ。」 [review] (町田)[投票(7)]
★4最後の黒。小津的構成美と、黒の作劇術。 [review] (煽尼采)[投票(5)]
★4愛と家族と。(母親喜久子と長女孝子との対比に注目したい。) [review] (ちわわ)[投票(4)]
★4これも確かに小津作品であり、やはり身じろぎもせずに家族というものを見つめている1本だと思う。 [review] (づん)[投票(3)]
★4すっかり御馴染みの男やもめ笠智衆だが、今回は妻と死に別れたのではない。それだけの違いが全ての発端で、安っぽいメロドラマに堕するすれすれのところでの格闘劇となる。 [review] (ミドリ公園)[投票(3)]
★4成功者かせいぜい無難に暮らす人々の心と生活の中に潜む溝を見つめてきた小津が、同じ手法で人生に失敗した者たちを描くと何と恐ろしい絶望感が漂うのだろう。父と姉妹の静かだが激しい没コミュニケーションぶりは、この作品の好き嫌いを越えて凄まじい。 (ぽんしゅう)[投票(3)]
★4早すぎた傑作。ケータイ小説なんかを映画化するくらいなら、本作を現代でリメイクしてはどうか。 [review] (ペペロンチーノ)[投票(2)]
★4小津作品はたいていユーモアとペーソスがミックスしているものだが、これにはペーソスしかない。その内容に合わせて画面も不自然なほどのローキー。[Video] [review] (Yasu)[投票(2)]
★4確かにくらい映画だけれど、有馬稲子は人形みたいにかわいくて、藤原釜足がおもしろすぎて、笠智衆がからっとしてて、それぞれに突き抜けてた。 [review] (tomcot)[投票(1)]
★3成瀬映画のヤルセナサを狙って真逆の収束。時代遅れの志賀直哉節。 [review] (寒山)[投票(1)]
★3斎藤高順の音楽がいつも通りの軽やかさ、であることが、本当のこの映画の意味なのでは。よく考えると、たいした事件は起こっていない。小津のいつも通り、だけれど、省略がうまくいっていない。沈鬱なのは、オサムちゃん、ミノルちゃんがいないせい。 (動物園のクマ)[投票]
★3備忘録:昭和32年(1957)の喪服は [review] (Aさの)[投票]
★3ちょっと暗すぎて自分の好みに合わなかった。 (赤い戦車)[投票]
★3「なにすんのさっ!」っていうシーンで思わず笑った。けんちゃんって昔風に言うとシスターボーイだったのか? (TOMIMORI)[投票]
★2もしこの作品の監督が小津じゃなければ、好きな映画になったのかも・・。他の作品の小津らしさが好きすぎて、この作品はあまり好きじゃない。 (あちこ)[投票]
Ratings
5点16人****************
4点41人*****************************************
3点16人****************
2点3人***
1点0人
76人平均 ★3.9(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
村上春樹と映画 (TOMIMORI)[投票(16)]小津安二郎[投票(2)]
とある邦画女優ベスト10 (寒山)[投票]
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「東京暮色」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Tokyo Twilight」[Google|Yahoo!]