コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

アデルの恋の物語 (1975/)

L'Histoire d'Adèle H.

[Drama]
監督フランソワ・トリュフォー
脚本フランソワ・トリュフォー / ジャン・グリュオー / シュザンヌ・シフマン
原作フランセス・V・ギル
撮影ネストール・アルメンドロス
美術ジャン・ピエール・コユ・スヴェルコ
音楽モーリス・ジョベール
出演イザベル・アジャーニ / ブルース・ロビンソン / ジョゼフ・ブラッチリー / シルヴィア・マリオット
あらすじ19世紀フランスの文豪ヴィクトル・ユゴーの次女アデル(イザベル・アジャーニ)は、一家で亡命中のガーンジー島で恋仲になったピンソン中尉(ブルース・ロビンソン)を追って、彼の赴任先であるカナダのハリファクスまで単身やってくる。しかし彼の心は既にアデルから離れていた。それでも初恋の相手を諦めきれないアデルの想いは・・・ ひたむきなアデルを熱演した当時20歳のアジャーニはこの作品で一躍国際的女優になった。 1時間37分 [more] (ルッコラ)[投票(3)]
Comments
全40 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5イザベル・アジャーニの美しさに降参。何気ない表情やしぐさをいつまでも記憶にとどめておきたい。物語の筋はどうでもいいと思えるくらい、彼女の一瞬一瞬の表情に惹きつけられた。 (ことは)[投票(5)]
★5イザベルアジャーニのベスト。愛にと言うか、憑き物に憑かれたと言うか狂ってしまうまでオトコを愛してしまうオンナを演じてしまう。相手は完全無視なのでほとんど一人相撲。そんな嫌なオンナを演じた。 (セント)[投票(2)]
★5簡素で清潔な画面。ロング・ショットは一切なし。作り物臭さのない美術(特にアデルの住む下宿や本屋) 大仰さを排して映像を邪魔しない音楽。いずれも「完璧」の一言。演出も素晴らしい。犬を情事の部屋から追い出すところや、男装でピンソン中尉を訪ねたアデルをワンカットで収める腕前など舌を巻くほかない出来栄え。 (ジェリー)[投票(1)]
★4手紙の映画。書きながら読み上げる声がオフで入っているシーンの途中で、いきなり喋りだしたりする。手紙を書く、書きながら心の中で読み上げる、また、声に出して読み上げる、そういった手紙を書くという行為のありとあらゆるバリエーションを表出した映画。 [review] (ゑぎ)[投票(13)]
★4イザベル・アジャーニは超可愛くて憧れていました(アデルの頃は・・) [review] (ルッコラ)[投票(5)]
★4技巧に走るのも女優を美しく撮るためなら許せる。これだけ綺麗だったら脱がなくても許せる。 (ハム)[投票(4)]
★4「情熱的な恋愛とその成就」と言う一人の才気ある娘が夢想した自己実現の物語は、「偉大過ぎる父親」と言う桎梏に暗に縛られ続け、遂に挫折する。娘はその名前を無言のまま鏡の表に指で描き込み直ぐに揉み消す。手紙が介したその「物語」の宛先にこそ、娘が拘り続けた本当の相手がいた、と言う物語。 (きめこめ)[投票(3)]
★4恋愛ターミネーター。イザベル・アジャーニには合ってる。 (dahlia)[投票(3)]
★4バルバドス島の迷路の街のように、彼女の心の迷路は抜け出すことが出来ない。いつまでも、いつまでも彷徨続ける彼女の姿に涙する。愛に殉じたこんな人生もあるんだ。 (KEI)[投票(2)]
★4この映画のイザベル・アジャーニは奇跡だ。恋する激情を知る人へ。 (ころ阿弥)[投票(2)]
★4今見るとストーカーものなのだが、昔は悲恋ものと言われていた。これも時代の移り変わりによるものか。しかし、この作品でのイザベル・アジャーニの美しさは半端じゃない。アルメンドロスの撮影も完璧だ。 (ナム太郎)[投票(2)]
★4恋と狂気は、見分けられないほど、似ている。あるいは、同じものかも。そして恋人がそういう激しい恋=狂気にとらわれていっても、そばにいて大事にし続けられるか、という次の問がベネックスの『ベティー・ブルー』なのかも。 (エピキュリアン)[投票(2)]
★3美しければ狂気も激しい愛ゆえの悲劇に。そうでなければビョ―キ扱いで喜劇に。気をつけよう。 (KADAGIO)[投票(4)]
★3人を不快に慣れさせないための、漸進的に亢進する病理が、映画の時空間を巻き込み、それを信用におけないものにしている。騎乗演習中のピンソンをストークするアジャーニの移動距離から、瞬間移動的な違和感は始まり、 [review] (disjunctive)[投票(2)]
★3イザベル・アジャーニの美しさだけでも観れる。そして、アジャーニ でなければ記憶に残らない。 (kaki)[投票(2)]
★3妄想・ストーカー、これは恋愛物と呼ぶにはちょっと…。 (紅麗)[投票(1)]
★3イザベール、イザベール、イザベール、愛しのイザベール。 (chokobo)[投票(1)]
★3ストーカーと言ってしまえばそれまでだが、そんな言葉さえ無かった時代の、一途な恋物語。 [review] (アメリ・プーラン)[投票]
★3いくら美人でも,いざこうなったら男は困ると思うよ.女性ストーカーは往々にして自ら崩壊してしまうから大変.そんな女性の壮絶な実話.もう誰にも止められん.ご愁傷様. (じぇる)[投票]
★3ワガママ女とアホ男のしょうもない話。オバサン好きのするTV番組の辛口コメンテーターに説教を受けてるような愛憎劇とさして変わりない。 [review] (tacsas)[投票]
★2どうみろというの・・・ (nori)[投票]
Ratings
5点14人**************
4点54人******************************************************
3点50人**************************************************
2点8人********
1点0人
126人平均 ★3.6(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
撮影監督ネストール・アルメンドロス (ルッコラ)[投票(16)]村上春樹と映画 (TOMIMORI)[投票(15)]
「恋」は使い邦題 (peacefullife)[投票(9)]エキセントリック☆アジャーニ (ルッコラ)[投票(8)]
女優の美しさに酔う (ことは)[投票(7)]私の好きな歴史映画 (ルクレ)[投票(2)]
原語字幕つきDVD (とっつぁん)[投票(2)]今後観てみたい作品をチェック中 (skmt)[投票(1)]
Links
IMDBThe Internet Movie Database
検索「アデルの恋の物語」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「L'Histoire d'Adèle H.」[Google|Yahoo!]