コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] パーマネント野ばら(2010/日)
- 更新順 (1/1) -

★4管野美穂の年齢不詳なアイドル映画への堕落がうれしいやら気味が悪いやらで混乱するのである。江口に対する嬌態が気持ち悪いというのはある。かつ、アイドル映画になってしまうと性愛の問題提起も無効になりかねない。 [review] (disjunctive)[投票(1)]
★4録画していたビデオを期待もせずに観たのだが、切なさにジーンときた。けど、光も見える。緩い展開に騙されてはいけません。気がつくと伏線がいっぱいで、エンドロールが流れる中でいろいろ繋がって、そんでもって後に引きます。 (うたかた)[投票]
★3全編に漂う緩さと活きのいいパンチパーマのおばちゃん達は堪能できるが、お伽噺に徹しきれていないところが残念 (irodori)[投票]
★5個性豊かなキャラクター達の中でどこか心地のよさを感じていた。世界観に引き込まれていた。そしたらいきなりひっくり返された。 [review] (deenity)[投票]
★3漁港の風景描写がとても優れており、デフォルメされた風俗も楽しいが後半地味。『お引越し』を超える世界を奥寺佐渡子は描けなかったなあという空回り感が残る。三度ある車のアクションも地味。 (寒山)[投票]
★3回想や夢想のシーン、映画内に於けるその本来的不安定さは、映画の中の「現実」のあやうさをこそ示している。小津ゴダールをつい想起してしまうような画面の連鎖が、それでいてよくも悪しくも人間の物語にしっかり着地する。〔3.5〕 [review] (ハイタカ)[投票]
★4恐ろしくもあり、優しさにも溢れてもいる女の世界。 [review] (Soul Driver)[投票]
★5活劇の傑作。自転車に乗ったり歩いたり立ち上がったりといった運動=アクションが物語を先導している。だから勢いが緩まないし、更にそれをオリヴェイラのように美しい照明で包んでいるので、つまらないわけがない。娘を見送るカット、ピント送るかと思ったが送らない、いい映画です。 [review] (赤い戦車)[投票]
★3物語がない。こういう状況ですという説明に終わっている(というか原作がそういう漫画なんだ)。ここは面白いぞ、そら笑えというシーンが多く、鼻につく。イグアナ娘(菅野)はどこか異様で昔から嫌い。もっとも彼女以外は良くラスト20分は面白い。実力派本田博太郎の役は酷過ぎる。 (KEI)[投票]
★4チンコチンコと連呼するハチキンと『女の子ものがたり』の隙間に『アレ』が隠されていた。 [review] (IN4MATION)[投票]
★2泣きも笑えもしなかった。 (アリ探し)[投票]
★3漁村の雰囲気がいいですね。 (ぱちーの)[投票]
★4 どんなに苦しくても、どんなに辛くても、どんなに寂しくても人生は死なない限り続いていくわけですから、タフに生きていくことが一番なんだと思いますね。 [review] (TM(H19.1加入))[投票]
★4夏木マリの使い方が勿体無い気もするけど、これは良い作品かも。菅野美穂に期待してなかったぶん、グッときたなぁ。 (あちこ)[投票]
★4相変わらず西原の作品はろくでもない男しか出てこない。まあ、それに対して絶対勝てそうな気がしないおばちゃんを配しているからバランスは取れているのだろうケド。この作品、やんわりとしてどーでもいい展開の前半に対し、後半で一気に固めてくる。そこに乗れるかどうかだろう。自分はというと、ちょっとヤラれた。 (tkcrows)[投票(2)]
★3ある瞬間をさかいに作品の評価がぐるっと変わったものの、終わってみれば、うむ平凡だなと思えてしまう不思議。期待よりは面白くて満足した。 [review] (モロッコ)[投票]
★4原作者の私小説としての演出が見事。「なぜうちこんなに寂しいんやろ」と電話ボックスで泣き崩れるシーンはすごい。(2011/02/19) [review] (chokobo)[投票(3)]
★4不運を不幸にしないすべを知っている、いや、そう見えないように振舞うすべが身についてしまった女たちの話である。幼なじみの三人や、野ばらの女主人と常連のオバハンたちが、もしも強く逞しく見えたとしたら、それはため込まれた「切なさ」の逆照射のせいなのだ。 (ぽんしゅう)[投票(3)]
★2無色透明女子代表・菅野美穂と、女ヒョウ・小池栄子は素晴らしいのに… [review] (田邉 晴彦)[投票]
★5今年(2010年)一番泣けた。 [review] (solid63)[投票(1)]
★3この監督は、いつも「ハジけた題材」を扱うくせに、凡庸な結果しか出せていないように思えるのは俺だけか? (ペペロンチーノ)[投票]
★3「パーマネント野ばら」という題名の響きをそのまま映像化したような世界。そのあっけらかんとした響きの中に含まれる、繊細な脆さと生命力。 [review] (煽尼采)[投票(3)]
★4菅野美穂小池栄子池脇千鶴、この三人のアンサンブルを観よ!以上!! [review] (Master)[投票(1)]
★4何か話が似ているなあと思ったらやはり西原理恵子原作もの。『女の子ものがたり』に設定がほとんど同じ。そしてテーマはさびれた町唯一の社交場であるパーマ屋での女性たちによる「男の品定め」である。 [review] (セント)[投票(1)]
★5儚げ且つずしりと重い生命力。原作の良さなのかもしれないが(未読)、ゆったりして軽妙な音楽、絶妙な撮影、不幸なくせにカラリとした脚本が素晴らしい。菅野の可憐さ、小池の巧さ、池脇の体当たり、美容院に集う魔女ら(失礼)のパワーに惹き込まれる。 [review] (chilidog)[投票(1)]
★4男に恵まれぬ呪いをかけられたかのようなこの町の女たちを描く、その不思議な明るさは西原原作の大前提であろうが、それをコミックからフィルムに移す仕事に最も貢献したのが、奥寺佐渡子の軽妙な脚本であろう。ヒロインの友人達の軽く流すような、それでいて熱のこもった演技も忘れ難い。 [review] (水那岐)[投票(2)]