コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 赤い靴(1948/英)
- 更新順 (1/1) -

★5若いカップルの成功譚のはずなのに、冒頭の演奏会シーンから苛立たしい禍々しさが漂い続ける。スタンダード画面の限定された空間に、奥行きを意識して創りだされる造形や構図の魅惑的美しさは、モンスター団長の芸術至上主義が発散する毒気のせいだったのか。 [review] (ぽんしゅう)[投票(2)]
★4色覚の麻薬。カラー写真/映画を「総天然色」などと訳してウマいこと云ったった面していたのはいずこのどやつだ。こんな色彩の映画が創られるとは想像もしなかったのだろう。芸術の危険を描いて現実の枠組みを軽く跳び越えてしまった(それはダンスシーンのカッティングにも顕れるだろう)絶対危険映画。 (3819695)[投票(1)]
★4劇中劇「赤い靴」に痺れた。素晴らしい色彩感覚。 (赤い戦車)[投票]
★4中盤以降の狂的な心情描写に引き込まれる。 (わさび)[投票]
★4脚本上のやや性急な落ちの付け方も、節度に満ちた暗がりと思うさま美しい色彩を投じた明部の対比の鮮やかさももうとことん言い尽くされたであろうから、ここでは、役者達の立ち姿の美しさを指摘したい。バレエ映画にふさわしい演出家の見識と役者の研鑽ぶりである。 (ジェリー)[投票(1)]
★4父と名画座で見ました。父は画面がカラーで場内が明るいのを利用して、ドイツ語の勉強を始めてしまったのです。父はルートヴィヒに入れ込む余り、ドイツ語は医師会ツアーの通訳をするほどに上手だったのですが...どうにも気になって画面に集中できませんでした。 [review] (りかちゅ)[投票(1)]
★5Victoriaは勝利の名前。しかし芸術はそれ以上を要求する。愛も幸福も踏み躙り、めくるめく忘我へ、深淵へと赤い靴は誘う。濡れ場は全く無い。なのに激しく官能的。クスリをやったよう。 ()[投票(1)]
★3バレエ映画の傑作。当時のイギリス映画の総力をあげての映画ということは見ればわかる。美術・バレエの完成度は非常に高くて感動する。 [review] (たーー)[投票(1)]
★5そのつま先が刻むステップは未来だったのか。。 [review] (白いドア)[投票]
★4まるで熱病。出てくる人々が、ことごとく不可解な熱に浮かされているかのよう。まさに狂い咲きの傑作。 [review] (くたー)[投票(5)]
★4主演のモイラ=シアラーは2006'1'31に80歳で死去しました。しかし芸術とは古びません。50年以上も前に撮られた本作品が今もなお輝きを保っているのですから。 [review] (甘崎庵)[投票(1)]
★4画面狭しと踊るバレエの完璧な美。その美しさを超えて圧倒的ですらある色彩表現。でも、ただの芸術作品ではない。その中で繰り広げられる恋愛絵巻は現代でも十分に楽しめるものだ。パウエルプレスバーガーカーディフ、三位一体の極致的傑作。 (ナム太郎)[投票(1)]
★4うまく出来た話だ。感動した。プリマの足がもうちょっと細くて、もうちょっと身体が柔らかくて、もうちょっと踊りに色気があったら、きっともっと感動できた。2004.11.6 (鵜 白 舞)[投票]
★3初日の開演直前にパタンと譜面を閉じるクラスターにしびれた。 (黒魔羅)[投票]
★5パッション。 [review] (24)[投票(2)]
★5この映画自体が劇中のバレエ「赤い靴」だ。それは「踊らなければならないから踊る」という暗示的科白からもう始まっている。バレエ・シーンは悉く幻想の内に殺意が感じられると云っても良いほどの緊張感。この映画でのジャック・カーディフの色使いは確実に映画史的事件だろう。 (ゑぎ)[投票(8)]
★3一月四日くらいの深夜に放送するのが最も似合う映画。 [review] (hiroshi1)[投票]
★3バレエは宗教だ。映像操作も駆使したバレエ『赤い靴』のシーンが圧巻。 (熱田海之)[投票(3)]
★3赤い靴を作った職人さんの靴を差し出す時のアノ笑顔を、是非とも切り絵にしていただきたい! [review] (ボイス母)[投票(1)]
★5素敵にフェチでしかもぶっ飛ばした映像!ブラボー!! (浅草12階の幽霊)[投票(1)]
★4想像力と才気にみちた、せつなく妖しく美しい、威厳と風格を備えたB級メロドラマ(形容長すぎ)。 [review] (カフカのすあま)[投票(7)]
★4素晴らしい色彩、その映像美。バレエと愛のはざまで引き裂かれるラストは圧巻。しばし目眩。関係ないがモイラ・シアラーは名作バレエまんが「アラベスク」に出てくるらしい(友人談) [review] (は津美)[投票(2)]
★5バレエ映画がこんなに面白いなんて! [review] (ペペロンチーノ)[投票(2)]
★5はじめて観た時、衝撃を受けました。『黒水仙』『戦艦シュペー号』といい、パウエル、プレスバーガーのデザインセンスと悲劇性に圧倒されます。 (動物園のクマ)[投票]
★2私、バレエ習ってたりして好きなんだけど、これって面白い??ほんとに?? (YUKA)[投票]
★5イギリス人ってやっぱどこかおかしい。不思議の国のアリスの読み過ぎか。でもイギリス映画のそういうところ、大好き。 (tomcot)[投票(2)]
★5鮮やかな色彩映像,華やかな舞台に起こる,人間がゆえの悲劇 (死ぬまでシネマ)[投票(1)]
★4残酷で美しい、リアルなメルヘン。 (tredair)[投票]
★5すばらしい。モイラ・シアラーの魅力全開。彼女の赤毛がの美しさがこの作品を、大作でありながらのカルトにした。 (入江たか男)[投票(2)]