コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

ダークナイト (2008/)

The Dark Knight

[Action/Crime/Drama/Mystery/Thriller]
製作総指揮ベンジャミン・メルニカー / マイケル・E・ウスラン / ケヴィン・デ・ラ・ノイ / トーマス・タル
製作チャールズ・ローブン / エマ・トーマス / クリストファー・ノーラン
監督クリストファー・ノーラン
脚本クリストファー・ノーラン / ジョナサン・ノーラン
原作ボブ・ケイン
原案クリストファー・ノーラン / デビッド・S・ゴイヤー
撮影ウォリー・フィスター
美術ネイサン・クローリー
音楽ハンス・ジマー / ジェームズ・ニュートン・ハワード
衣装リンディ・ヘミング
出演クリスチャン・ベール / ヒース・レジャー / アーロン・エッカート / マイケル・ケイン / マギー・ギレンホール / ゲイリー・オールドマン / モーガン・フリーマン / モニーク・ガブリエラ・カーネン / ロン・ディーン / キリアン・マーフィ / チン・ハン / ネスター・カーボネル / エリック・ロバーツ / リッチー・コスター / アンソニー・マイケル・ホール / キース・ザラバッカ / コリン・マクファーレン / ジョシュア・ハート / メリンダ・マクグロー / ネイサン・ギャンブル / マイケル・ヴィオー / マイケル・ジェイ・ホワイト / ウィリアム・フィクナー / エディソン・チャン
あらすじハーベイ・デント地方検事(アーロン・エッカート)の活躍により街を救う"バットマン"としての自分の立場に悩み始めるブルース(クリスチャン・ベール)。そんな折、ジョーカー(ヒース・レジャー)と名乗る凶悪な謎の犯罪者の台頭により、ゴッサムシティは大規模な混乱へと包まれていく・・・ 『バットマン ビギンズ』に続く新生バットマンシリーズの2作目。 ダークでシリアスな作り、練り込まれたプロット、2008年1月に急逝したヒース・レジャーを始めとする役者陣の演技力等が評価され アメリカで史上最短3億ドル突破など多数の新記録を樹立している。 (奈美)[投票]
Comments
全105 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5ハリウッド大作の最良の成果だ。一貫した企画の元に、脚本や演出やキャラクタリゼーションが総結集している。細部を大胆に切り取り、押し付けがましさも無い。何度も変奏されて登場する悪夢のような究極の選択ゲームには終始目のくらむ思いをするはずだ。 [review] (ジェリー)[投票(22)]
★5ジョーカーさん、最近はガソリン高いんですよ・・・ [review] (炭酸飲料)[投票(18)]
★5まったく見所を持っていないではないにせよアルチザンともアーティストとも云いがたい平凡な二流監督、などとノーランを侮っていたのは私ひとりではあるまいが、ここはもう率直かつ地に頭をこすりつけて謝りたい。ほんとごめんなさい。完全に打ちのめされた。まったく驚異的な画面造型力であり話術だ。 [review] (3819695)[投票(16)]
★5旧来型の道徳的正義は、仮面をつけることの特権性と欺瞞性に苦悩する。そして、支配ではなく君臨に意義を見出す絶対悪は、二者択一の無意味さと危うさに酔いしれる。クリストファー・ノーランが描く容赦なき暴力と破壊の連鎖に、今日的価値の混乱と倒錯がみえる。 [review] (ぽんしゅう)[投票(14)]
★5●●ちゃえばよかったんだ! [review] (もりっしー)[投票(11)]
★5Reviewというか、物語が巨大すぎて箇条書きのメモしかできない。長文。ついでに私は「『バットマン・ビギンズ』」を未だみてません…。[080901 rara] [review] (浅草12階の幽霊)[投票(11)]
★5凄まじい…! “究極の選択”を提示し続ける物語、破壊すら容赦ないアクション、そして不気味すぎるジョーカー。鬼気迫る要素がすべて重なった結果、『バットマン』を超越した映画が生まれた。(2008.08.10.) [review] (Keita)[投票(7)]
★5ことによったらゴッドファーザーに比肩する傑作。 [review] (月魚)[投票(7)]
★4バットマンマニアもそうでない人も、とにかく全方位をねじ伏せてやろうという志の高さ。 [review] (Myurakz)[投票(26)]
★4コスチュームヒーローやヒールたちの世界と現実の社会、どちらにも簡単に行き来できるようになったのだな。そういう世界観をここまでよく作り上げた。狂騒が花火の乱れ打ちのように連発される終盤の描き方は圧巻。 [review] (おーい粗茶)[投票(21)]
★4インフレと統制 [review] (のらぞんざい)[投票(16)]
★4物語全てが二択で。こんな物語は確かに初めてです。 [review] (甘崎庵)[投票(16)]
★4バットマンさえ出てこなければ5点付けてもいい。ホント、このセレブ野郎大嫌いだ。余裕の無い時代の映画。 [review] (ペペロンチーノ)[投票(11)]
★4能天気ダークヒーローに大逆襲された気分。 [review] (づん)[投票(10)]
★4「正義」に不信を隠しえない時代の「暗闇の騎士」の背中には、所詮現代にその立脚点を持つことのできない道化の悲哀がにじみ出でる。 [review] (水那岐)[投票(10)]
★4バットマンは全作劇場で観ているが、今回の高評価には正直驚いている。ジョーカーの正義とは何だ?!との問いかけは重い。 [review] (CRIMSON)[投票(6)]
★4アクションよりもむしろ”世界を描く”ことに注力している志向が見て取れる。そこが凡百のハリウッド大作との分界点なのだろう。 [review] (緑雨)[投票(4)]
★3「ダーティ・ヒロイズム宣言」がどこにもない [review] (ペンクロフ)[投票(18)]
★34人の主軸が織りなす「正義」貫徹の為の「暴力」介在への葛藤には、映画はあやふやな回答しか呈示し得ていない。究極悪ジョーカーに対しバットマンも検事も警部も軸がぶれすぎなのだ。部分的には冴えた演出も長尺を綴じる力には欠ける。 (けにろん)[投票(13)]
★3これ別にバットマンである必要ないのでは? だからタイトルにバットマンが入ってないんだよ。 じゃ、なんだって前作はビギンズを名乗ったのさ! [review] (ロープブレーク)[投票(7)]
★3クリストファー・ノーランとクリスチャン・ベールが創造した21世紀のバットマンに愛着はある。『ブラックレイン』や『クロウ−飛翔伝説−』のごとく伝説的なオーラを纏った作品だということも理解できる。だがそれにしても不満はつのるばかりだ。 [review] (shiono)[投票(7)]
★3殺されてもいいと思ってる奴相手の「轢く轢かない」が「押す押さない」と機軸をなしているので、バットマンの選択は作劇上正しい。問題は彼自体に“こいつならその選択をする”という説得力がない。たとえば若いころ暴漢極まりなかった山のフドウの前に立ちはだかった幼き日のユリアには非暴力の説得力があったと思うんだ。 (kiona)[投票(4)]
★2やはり、アクション映画嫌いが見に行く映画ではなかったのです。 [review] (Ribot)[投票]
Ratings
5点104人****************************************************
4点116人**********************************************************
3点58人*****************************
2点6人***
1点1人.
285人平均 ★4.1(* = 2)

[この映画が好きな人]

POV
● 監督たちの主として映画に対する発言集  (いくけん)[投票(16)]ひょっとして、本当に好きな映画? (シーチキン)[投票(4)]
かっこいい悪役の出る映画 かっこ悪い悪役の出る映画 (がちお)[投票(1)]
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「ダークナイト」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「The Dark Knight」[Google|Yahoo!]