コメンテータ
ランキング
HELP

[POV: a Point of View]
● 監督たちの主として映画に対する発言集 
アンディ・ウォーホル 私が思うよい映画とは、ピントが合っていて、有名人が出てくる映画だ。

●映画監督たちの、映画(+人生)に関するコメントを集めてみました。その考え方は十人十色です。●その監督さんの代表作と思われる映画を、独断も入れつつ挙げてみました。●楽しみ方その1 あの監督さんらしい発言だなって思って下さい。●楽しみ方その2 この映画の監督は誰だったかなってクリックして答え合わせをして下さい。●楽しみ方その3  代表作はこっちの映画だろって、内心突っ込みを入れて下さい(笑) ●タイトル名で区分しました。■A ア行 ■B カ行 ■C サ行 ■D タ行 ■E ナ行 ■F ハ行 ■G マ行+ヤ行 ■H ラ行+ワ行 
A★5アメリ(2001/仏)ヌーヴェル・ヴァーグ以降の映画は、どれもキッチンでカップルが言い合いをしているだけのように見える。 [comment]
A★5A.I.(2001/米)いい素材に出会った時、身体の中からこれを映画にしろという声が聞こえる。 [comment]
A★5大いなる幻影(1937/仏)西欧人はいつも同じだ。監督に多くの裁量を与える。
A★5明日に向って撃て!(1969/米)←男たちは悪事を犯してはいるが、実際は極度に善良な人物だ。私が扱いたいのはこの種の人物たちである。 [comment]
A★5いとこ同志(1959/仏)私はコミュニストだが、だからといって麦の収穫について取り上げるわけではない。
A★5オール・ザット・ジャズ(1979/米)金などいらないという顔で仕事をし、誰も見ていないかのように踊れ。 [comment]
A★5男と女(1966/仏)映画は精子みたいなもの。万にひとつの確率だよ。 [comment]
A★5浮雲(1955/日)←人間を男と女の問題として取り上げていって、、その絶頂みたいなものを突きつめてみたかった。
A★5アンダルシアの犬(1928/仏)記憶のない人生は、もはや人生ではない。記憶をなくしたら、私たちは何者でもなくなってしまう! [comment]
A★5イントレランス(1916/米)俳優に力を持たせるな。実権と地位を握るのは監督だけでいい。
A★5アニー・ホール(1977/米)「どんなにヒドくても、(神様は)デキない男程度だよ。」(台詞)
A★5アポロンの地獄(1967/伊)私は信仰を持たない。だが信仰というものに郷愁は感じている。
A★5おとうと(1960/日)私は決まったテーマというのがない。ただ、好きなものを撮っているだけなんだ。
A★5アントニオ・ダス・モルテス(1969/仏=ブラジル)頭にアイディア、手にカメラ、それさえあれば映画は撮れる。
A★5雨月物語(1953/日)日本映画はリアリズム一点張りでしょう。それだから進歩しないんです。シュールな表現も大切です。
A★4赫い髪の女(1979/日)結果を気にせずに撮らせてもらえば、やる気もでる。
A★4美しき諍い女(1991/仏)コクトーは私に大きな影響を与えた人物だ。
A★4駅 STATION(1981/日)映画には文章と違って「接続詞」がない。観る人の人生がそこを埋める。
A★4汚名(1946/米)←「イングリッド、たかが映画じゃないか」(演技指導に於いて)
A★4赤い河(1948/米)私は臆病者だから、よい脚本家がみつかるまでは、映画を撮らない。
※おまけ 映画のコメントを調べていたら、人生訓もいいのを見つけたので書きまする。 ●黒澤明 「些細なことだといって、ひとつ妥協したら、将棋倒しにすべてがこわれてしまう。」「創造力とは記憶である。」 ●フランソワ・トリュフォー 「自分の才能は疑わねばならない。だが、自分の霊感を疑ってはならない。」 ●寺山修司 「さよならだけが人生ならば、またくる春はなんだろう。」  ●フェデリコ・フェリーニ 「終わりと言うものは無い。始まりと言うものも無い。人生には無限の情熱があるだけだ。始まりと思うのも自分。もう終わりだと思うのも自分。」 ●参考文献 「501 映画監督」って分厚い本。オマージュです♪。「20世紀の映画監督名鑑」、「映画史上べスト200シリーズ 日本映画編」も参考にしました。「映画術 ヒッチコック/トリュフォー」は映画的名言の宝庫です。あとネットの情報とかです。 ●このPOVは、徐々に拡大していきます。9/20
この映画が好きな人達

このPOVを気に入った人達 (18 人)浅草12階の幽霊 けにろん kiona づん 太陽と戦慄 ぱーこ ぽんしゅう 寒山 tkcrows 動物園のクマ 檸檬 uyo Santa Monica 濡れ鼠 Ribot シーチキン TOMIMORI chilidog