コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

独立愚連隊 (1959/)

[Action/War/Comedy]
製作田中友幸
監督岡本喜八
脚本岡本喜八
撮影逢沢譲
美術阿久根巌
音楽佐藤勝
出演佐藤允 / 雪村いづみ / 上原美佐 / 夏木陽介 / 中谷一郎 / 中丸忠雄 / 江原達怡 / 南道郎 / ミッキー・カーチス / 中北千枝子 / 横山道代 / 塩沢とき / 瀬良明 / 沢村いき雄 / 谷晃 / 山本廉 / 堺左千夫 / 中山豊 / 桐野洋雄 / 笠原健司 / 上村幸之 / 山田彰 / 岩本弘司 / 堤康久 / 三船敏郎 / 鶴田浩二
あらすじ従軍新聞記者・荒木(佐藤允)は、鼻つまみ連中ばかりがいる部隊・通称「独立愚連隊」と呼ばれる者達がいる最前線へと赴く。だが彼は軍の状況ではなく、数年前に発生した上官自殺事件に異常なまでに食いついていた。彼の行動を不審に思った軍幹部・橋本中尉(中丸忠雄)はすぐに彼の素性を調べあげ、ただの記者でないことを見抜く。やがて荒木は事件の真相を知るのだが……。 (荒馬大介)[投票]
Comments
全36 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5異色戦争物語?違うな。これも正しい戦争映画の作り方の一つだ!(久々に徹底的に書いてやりましたよ。レビューは長いです) [review] (甘崎庵)[投票(6)]
★5凄いぞ!日本の戦争アクション映画がここにある!岡本黒澤と違ってこの後もずっと我々観客のために映画を撮り続けてくれたのが嬉しい。 (sawa:38)[投票(5)]
★5みんな無法者に憧れた。オレの親父(兵学校)も憧れた。筒井康隆も憧れた。(本作ほか『戦争と人間』のネタバレもあります) [review] (水那岐)[投票(4)]
★5おもしれぇ!佐藤充の笑顔にしてやられた。愚連隊の面々も至極魅力的な連中で困ってしまう。日本の戦争映画のイメージ(暗くてじめじめしてる)を180度覆す傑作。 (マッツァ)[投票(4)]
★5佐藤允を追っかけたくなる気持ち、男の俺にも良く解る。あの笑顔にはそれだけの説得力があった。 (町田)[投票(4)]
★4乾いた空気がいい。人の死に際してもメソメソ、ベタベタは一切無し。人の命を軽くみているわけではない。あの不敵な笑みの裏側に哀切が潜んでいることが伝わってくるから。 [review] (緑雨)[投票(2)]
★4佐藤充雪村いずみの自信に満ちたちた笑顔。それは集団に個性が埋没する時代状況にあっても、自分という個を信じることが行動の起点になっていることの証し。なんと不敵ですがすがしいカップル。これがこの映画のキモであり岡本喜八の真骨頂。 (ぽんしゅう)[投票(2)]
★4燃えるぜィ、この熱いヒマツブシ野郎! [review] (あき♪)[投票(2)]
★4男くせえ!今の役者に同じ演技を要求しても出来ないんだろうなあ。 (Curryrice)[投票(2)]
★4何つったって愚連隊にスポットがあたる時間が短いのが惜しい。独立愚連隊という連続ドラマがあって、本作が「そもそもなぜ主人公が愚連隊に入ったのか?」という前日談だ、っていうならこれはもう最高のイントロダクションです。そんな感じ。 (おーい粗茶)[投票(1)]
★4佐藤充のコユいさわやかさを堪能する映画。 (もしもし)[投票(1)]
★4岡本喜八の西部劇好きが炸裂する! (ペペロンチーノ)[投票(1)]
★4佐藤允のスマイルが色んな意味に作用する顔芸映画。痛快ではあるが、当時の情勢を鑑みるとやや空気の読めてない感じも。『イングロリアスバスターズ』初見時の印象に似ている。悪い気はしないが。86/100 (たろ)[投票]
★4昔の日本人の気持ちがよく出ている。二つあり。一つは上に反抗している中谷が言う「命令だけは守りたいんだ」。この感覚というか気持ちは欧米人には分からないだろう。もう一つは大陸への憧れ。あの頃流行った“馬賊の歌”♪僕も行くから君も行け、狭い日本にゃ住みあきた♪ (KEI)[投票]
★3なんとまあ正しいミフネの使い方だ! [review] (はしぼそがらす)[投票(4)]
★3佐藤充牧瀬里穂にそっくりの笑顔(驚愕的)。 雪村いずみ深田恭子を見る。 [review] (トシ)[投票(3)]
★3なんと明るい日本軍人像。佐藤允は和製リチャード・ウィドマークと言われていたらしいが、僕はスティーブ・マックイーンと呼びたい。 (TOMIMORI)[投票(2)]
★3三船敏郎鶴田浩二の扱いに喜八監督のセンスは伺えるが、どうもそんなに面白いとは思えない。佐藤允は確かに良いが、『暗黒街の顔役』での不気味な怪演のほうがずっとハマっている。 (太陽と戦慄)[投票(2)]
★3西部劇風味やらミステリー仕立てやら取り入れて、まるでハリウッド戦争映画のような内容なんだか、そう単純にはいかないのが喜八流か。 [review] (シーチキン)[投票(2)]
★3人間の条件』の軟派版とはあらまほしき作品なのだが不満。全員が躁状態で踊り出さんばかりの喜劇演出が、テーマをヒステリックに叫ぶのを厭うばかりの照れ隠しに見え、この含羞を観る映画かとも思うが好まない。意外な中北千枝子がいい。 (寒山)[投票(1)]
★3このドライ感は他の戦争映画では味わえないものだし、これもまた戦争だと思う。けれども戦争というものをバックヤードとしてのみ扱っている感も否めない。 [review] (づん)[投票(1)]
★3中盤まではダルくて「期待し過ぎたか?」と思ったが、後半は痛快。佐藤允の飄々とした演技と、ギラギラした目が印象的だし、雪村いずみが、コケティッシュでカワイイ。脇役の中谷一郎中丸忠雄中北千枝子も好演だし、三船敏郎鶴田浩二の使い方が贅沢。['05.4.29京都みなみ会館] (直人)[投票(1)]
Ratings
5点16人****************
4点31人*******************************
3点28人****************************
2点0人
1点0人
75人平均 ★3.8(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
第二次世界大戦と映画 アジア編 (町田)[投票(14)]双葉十三郎が選ぶ日本映画100本 (AONI)[投票(10)]
次点の歴史 日本映画篇 (ナム太郎)[投票(7)]
Links
検索「独立愚連隊」[Google|Yahoo!(J)|goo]