コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 柳生一族の陰謀(1978/日)
- 更新順 (1/1) -

★2大河ドラマ程度の撮影とJACの面々の下らない殺陣から成る空疎な剣豪漫画。萬屋の見事なラストを引き立たせるための周到をまるで志向しない怠慢。見処は金子成田中谷の三馬鹿公家。丹波哲郎の遅刻がマヌケ。 (寒山)[投票]
★4当時テレビの予告編でバンバン流していたシーンってラストシーンだったんだね、ていう驚き! [review] (おーい粗茶)[投票(2)]
★3萬屋錦之介の芝居が臭すぎて見てられない。スター俳優を多く起用したためそれぞれに見せ場を作らねばならなくなり、結果として映画の速度は減衰していく一方である。『仁義なき戦い』のように俳優の使い捨てができていない。ただ、ラストに対してだけは喝采を送ろう。やってくれる。 (赤い戦車)[投票]
★4錦ちゃんの一人舞台で、「柳生但馬守錦之介一人の陰謀」。 [review] (KEI)[投票(1)]
★4悪事は露見する。 [review] (G31)[投票(1)]
★4台詞がよかった。「女は去れ 女を斬る剣は持たぬ。」とか「この家光 今日からそなた達と地獄に堕ちよう」とかカッコよかった。見応え充分で大満足。しかし成田三樹夫さんの出番が もっと多い方がよかった。 (ルクレ)[投票]
★1支離滅裂でアホな映画だと思いました。 [review] (chokobo)[投票]
★4この年の深作欣二監督は当たり年でしたね。『宇宙からのメッセージ』と言い、邦画界に一石を投じた重要な監督です。 [review] (甘崎庵)[投票(2)]
★4史実を捻じ曲げすぎだけど文句なしに面白いから許せる。 (TOMIMORI)[投票]
★4もう、ごった煮寄せ鍋状態でラストまで突き進むが、それぞれの具がオイシイのなんの。70年代特有の豪華オールスターキャストエンターテイメント活劇としてトップランクの面白さ。このテンションの持続ぶりは半端じゃない。監督の演出もそうだが、やっぱこの多士済々とした70年代の顔ぶれがたまらなく好き。 (クワドラAS)[投票]
★5これだけ多くの登場人物のキャラを際立たせ、かつ怒涛の娯楽大作にまとめあげた脚本は絶品。さらに錦之介が歌舞伎芝居で叛旗を揚げるならと、それを「実録風」で撮っちゃう深作も意地を見せる。こんなガチンコ勝負、見た事ない! (sawa:38)[投票(3)]
★4大風呂敷はこう広げろ!大風呂敷はこう畳め! [review] (町田)[投票(9)]
★4約10年ぶりに再見したら、凄く良くてビックリ。['03.12.3高槻松竹セントラル] [review] (直人)[投票(3)]
★5久々に濃ゆい世界に連れてってもらった。最初、萬屋さんだけ舞台調で浮いてるな〜と思って観てたけど、ラストは怒涛の如くシェイクスピア級の悲劇にまとめ上げてくれましたね。東映好きとしてはウケルつぼも満載。わたしの場合は室田サン! (worianne)[投票(3)]
★3普通の芝居をする人達の中で1人大芝居を貫く錦之介に拮抗し得るのはバカ熱い千葉のみで、この父子の相克に収斂するラストは正に傑作。時代劇であろうがナレーションとスチルで相変わらずの『仁義なき』演出を展開する深作節も愛おしい。 (けにろん)[投票(9)]
★3次々に登場する豪華出演陣の個性は殺さず、見せ場が終わると惜しげもなくその役は殺してしまう。これぞ「捨てる技術」の極意。この手のごちゃごちゃ劇を、手際よくエンターテインメントにまとめ上げるのが深作欣二は本当に上手い。 (ぽんしゅう)[投票(5)]
★3いかにも東映・深作作品らしい、「重み」のない時代劇。だがハッタリ、ケレン味満載で笑える。 [review] (ざいあす)[投票(2)]
★4「ゆ、夢じゃ!これは夢でござる!」あの流行語にもなった(?)セリフをいかなるシチュエーションで萬屋が口にするかを楽しみに観ていた。結果…まだ歴史改竄アナーキー時代劇の完成までは数年を要したか。 [review] (水那岐)[投票(6)]
★4ハッタリとケレンは、最後まで裏切られない。 史実に忠実なばかりが、映画じゃないぞ! [蛇足→] [review] (木魚のおと)[投票]
★4無理を通せば道理が引っ込む! [review] (ごう)[投票(4)]
★4襖越しに、ズバッと切りかかる柳生十兵衛。それをかわした小笠原玄心斎の居合い一閃。 [review] (シーチキン)[投票(6)]
★5これほどの大風呂敷を広げ、かつ纏め上げた手腕は見事。昨今上映されて何かと話題の豪華スター競演記念作品と比較しても、もっと評価されてしかるべき。 (夏炉冬扇)[投票(3)]
★4常にクールだった錦之介が最後に見せる驚愕の表情が最高。強烈なキャラ揃いだが、マイ・ベストは成田三樹夫でおじゃりまするー。 (AONI)[投票(8)]
★5このキャストの多さと凄さ。今こんなの作れないだろうね。 (荒馬大介)[投票(1)]
★4なんたる豪華キャストだ。タイトルからして面白そうだ。そして期待を裏切られることはなかった。 (ハム)[投票(1)]
★4久々に見た。やっぱり好き。こういう造りの映画は出てこなくなった。さみしい。 (Lunch)[投票(1)]