コメンテータ
ランキング
HELP

「記者」(死ぬまでシネマ)の映画ファンのコメント

スポットライト 世紀のスクープ(2015/米) インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア(1994/米) ニュースの天才(2003/米=カナダ) レッズ(1981/米) ラッカは静かに虐殺されている(2017/米) 誘拐報道(1982/日) 闇の子供たち(2008/日) 暴力の街(1950/日) ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書(2018/米) フロント・ページ(1974/米) 犯罪都市(1931/米) ヒズ・ガール・フライデー(1940/米) バハールの涙(2018/仏=ベルギー=グルジア=スイス) タクシー運転手 約束は海を越えて(2017/韓国) 戦場のジャーナリスト(2000/仏) 市民ケーン(1941/米) 地獄の英雄(1951/米) サルバドル 遥かなる日々(1986/米) ザ・ペーパー(1994/米) ザ・クリミナル 合衆国の陰謀(2008/米) 黒い潮(1954/日) クライマーズ・ハイ(2008/日) 共犯者たち(2017/韓国) ヴェロニカ・ゲリン(2003/米=アイルランド=英) 大統領の陰謀(1976/米) キリング・フィールド(1984/英=米) ウェルカム・トゥ・サラエボ(1997/英) シッピング・ニュース(2001/米) 事件記者 狙われた十代(1960/日) 事件記者 影なき侵入者(1962/日) 事件記者 姿なき狙撃者(1959/日) 事件記者 真昼の恐怖(1959/日) 新・事件記者 殺意の丘(1966/日) 新・事件記者 大都会の罠(1966/日) アフガン戦場の旅 記者たちは何を見たのか(2002/日) 事件記者 影なき男(1959/日) 事件記者 時限爆弾(1960/日) 事件記者 仮面の脅迫(1959/日) 極道記者2 馬券転生篇(1994/日) 事件記者 深夜の目撃者(1959/日) 事件記者 拳銃貸します(1962/日) 極道記者(1993/日) 記者たち 衝撃と畏怖の真実(2017/米) 事件記者(1959/日) 新聞記者(2019/日)が好きな人ファンを表示する

シーチキンのコメント************

★4スポットライト 世紀のスクープ(2015/米)前半は何が問題になっているのか、今一つわからないままで進むが、物語が進むにつれその核心が明らかになる作劇は上手い。 [review][投票(3)]
★4ニュースの天才(2003/米=カナダ)下手なサスペンスものよりもハラハラした。それにヘイデン・クリステンセンの情けなさぶりもリアルというか、本当にこういう人間がいそうな気がするほどだったが、それ以上に渋く、人間としての確かさまで演じきったピーター・サースガードがよい。 [review][投票(2)]
★4闇の子供たち(2008/日)「暗黒の映画」としか言いようがない。 [review][投票(3)]
★5ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書(2018/米)メリル・ストリープの会心の演技が良い。説得力というか、史実にふさわしいリアルさがある。それにしても史実の映画化なのに、今の我々から見れば「こうであるべきだ」と理想論を描いた物語に見えてしまうのは、実はとんでもない不幸ではないだろうか。 [review][投票(5)]
★4タクシー運転手 約束は海を越えて(2017/韓国)光州事件の暴圧が凄まじい。それを目の当たりにして「放っておけない」と感じ、行動していく、その心根が素直に伝わる良作。 [review][投票(2)]
★3市民ケーン(1941/米)私には、さっぱりわからなかった。 [review][投票]
★5サルバドル 遥かなる日々(1986/米)「モンロー主義」が現代のアメリカに脈々とつづいていることを、これだけリアルに、鋭く告発した映画があっただろうか? [review][投票(1)]
★4ヴェロニカ・ゲリン(2003/米=アイルランド=英)ケイト・ブランシェットがなにより魅力的であった。きりりとした雰囲気で映画全体を引き締め、実話ということのインパクトを上回るくらいに魅力的だったようにさえ思えた。 [review][投票(1)]
★3大統領の陰謀(1976/米)つい最近(2005年6月)、映画にも登場し、闇に覆われた駐車場で不気味な会見をしていた政府内部の情報提供者・「ディープ・スロート」の正体が明らかになり、そのことを踏まえてみると、中々に興味深い。 [review][投票]
★2ウェルカム・トゥ・サラエボ(1997/英)スプラッタなみの凄惨なシーンの繰り返しがやたらと目につく。人道的な暴力反対の訴えにしても、その訴えが暴力の「衝撃」に頼るようでは、はっきりいって映画としては、その「暴力」への敗北ではないだろうか。[投票]
★4記者たち 衝撃と畏怖の真実(2017/米)政府発表だから事実だとせず、自ら調べたことを真実として報道する。ジャーナリズムの鏡というべき姿を、正々堂々と描く気概は見上げたものだ。 [review][投票]
★4新聞記者(2019/日)時の政権下で起きた生々しい出来事を巧みにとり入れた、良くできたポリティカルサスペンス。最終盤での不安と緊張感を感じさせるシーンには見応えがあった。また 松坂桃李は好演している。 [review][投票(1)]