コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

大統領の陰謀 (1976/)

All the President's Men

[Drama/Thriller]
製作ウォルター・コブレンツ
監督アラン・J・パクラ
脚本ウィリアム・ゴールドマン
原作カール・バーンスタイン / ボブ・ウッドワード
撮影ゴードン・ウィリス
美術ジョージ・ジェンキンス
音楽デヴィッド・シャイア
出演ロバート・レッドフォード / ダスティン・ホフマン / ジェイソン・ロバーズ / ジェーン・アレクサンダー / ジャック・ウォーデン / マーティン・バルサム / ハル・ホルブルック / メレディス・バクスター / ネッド・ビーティ
あらすじ1972年6月1日、民主党全国委員会本部に五人の男が侵入し逮捕され、犯人は共和党のニクソン大統領再選本部の対策員と判明した。ワシントン・ポスト紙のボブ・ウッドワード(ロバート・レッドフォード)とカール・バーンスタイン(ダスティン・ホフマン)は独自に追跡取材を始めた。二人の徹底的な取材の努力により、政府ぐるみの陰謀の事実が徐々に姿を現しはじめる・・・。(132分) [more] (AONI)[投票]
Comments
全62 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5ペンは剣よりも強しの典型。暗闇でレッドフォードに極秘情報を知らせる男の描写が恐ろしかった。最高のドキュメンタリー。ジェーソン・ロバーツが渋かった。 (takud-osaka)[投票(4)]
★5昔のハリウッド映画には、権力を恐れないパワーがあった。 (Orpheus)[投票(2)]
★5社会派といわれるアラン・J・パクラにしては娯楽作品としても一級品になっている。やっぱり脚本が素晴らしいんでしょうけど、緊迫した画面を緻密な構成でぐいぐい引き込まれる。 (トシ)[投票(2)]
★4この映画は面白い。それはストーリーなんて全然追いかけなくても面白い。だから、ウォーターゲート事件に関する基礎知識なんて全く不要。美術・音響・撮影・編集ともサスペンスを盛り上げるために結集しているからだ。元来良くできた映画とはそういうもんだ。ジェイソン・ロバーズの存在感。ゴードン・ウィリスの神業。 (ゑぎ)[投票(7)]
★4追いつめる者は、追いつめられる者となってこそ、真に核心に触れることができる。しかも、辛うじて。芸能レポーターもどきと化した、現代の自称ジャーナリストたちに捧ぐ。 (muffler&silencer[消音装置])[投票(5)]
★4プロフェッショナリズム [review] (ろびんますく)[投票(5)]
★4座り芝居で電話取材のレッドフォードのセクシーなこと。肉声肉筆と相まって、頭と体を駆使したスポーティーな仕草は、長回しでずっと見ていても魅了される。史実から時を置かずしての映画化だが、スパイス的なユーモア感覚も忘れない柔らかい肌触りも感じられる。 (shiono)[投票(4)]
★4一時の激情でなく,地道に正義感を抱き続けること。しかしそれでも時に誘惑があり,時に脅迫があり,そして疲労が蝕む。やはり全てのジャーナリストを目指す人たちへ。4.5点。 [review] (死ぬまでシネマ)[投票(3)]
★4矢継ぎばやな電話攻勢、カマを掛ける押しかけ取材、暗闇からのサゼッション、ブレーキとしての編集会議。話劇(わげき)とでも呼びたくなる言葉の洪水が推進力となって「点」を「線」で結び、おぼろげな「面」に迫るレッドフォードとホフマンの勢いサスペンス。 (ぽんしゅう)[投票(2)]
★4わーい、尺八尺八…え、男かよ? (黒魔羅)[投票(2)]
★4レッドフォードダスティン・ホフマンで歴史の勉強が出来るなんてこんな贅沢なことはない。 (町田)[投票(2)]
★4得心ゆくまで求められる事実による検証の厳しさを、見事というほかない編集部のセットの中、ネクタイを緩めシャツの袖をまくった名優たちが納得するしかない演技で見せていく。取材時の対象者との駆け引きの微妙さ。シーンごとに違う空気感を描き分けた撮影と照明が完璧だ。 (ジェリー)[投票(1)]
★3画面の視野が常に広くしかも固定されている。そんなスティルな風景の中でじりじり動くふたりの主人公は抑え気味で熱いという不思議。温度的にちょうどよいです。 (カフカのすあま)[投票(4)]
★3効果音やBGMも控えめで、事の発端となる事件の描かれ方さえ地味なのが、却って面白い。記者の仕事は、人から聞いて集めた些細な情報を繋ぎ合わせる地味な作業なのだと痛感。ディープスロートという超越的な存在によって初めてサスペンスとして成立している。 [review] (煽尼采)[投票(2)]
★3ウォーターゲート事件を詳しく知りたければ本作を見るよりググッた方が早い。取材に対して皆好意的ではないにせよ、取材者2名に対して大した政治的圧力がかかっている描写がない。後半それらしきシーンはあるが、それには深く触れずにエンディング。何だこりゃっ? 事実は凄いことだが映画になると面白みに欠ける展開。 (IN4MATION)[投票(1)]
★3ニクソンしか知らない身では展開を追っかけるのがタイヘン。でも、知らなかったから面白くなかったとか、知ってたらもっと面白かったとかいうことでもないかも。せっかくの共演なのに、レッドフォードとホフマンが演じるキャラクターにあまり違いがなかったのが一番の不満。 (緑雨)[投票(1)]
★3事実を淡々と綴りすぎて、作品の印象は薄い。 (ゆーこ and One thing)[投票(1)]
★32時間ずっと地道な取材続きではさすがに疲れます。 個人名を追いかけるだけで精一杯。 (たかやまひろふみ)[投票(1)]
★3この作品を見てジャーナリストを目指した者がどれだけ増えたことか。しかし、大きな勘違いも引き起こした。ペンは任務以上に凶悪な力をふるい、世論に構わず暴走しはじめた。 (sawa:38)[投票(1)]
★3こう言う物語に二枚目俳優を使ってしまうと、リアリティが下がってしまう気がする。 (サイモン64)[投票]
★2原作を読んでも同じことを思ったが、この程度の漠然とした匿名取材で権力者を追及してるつもりになるようではジャーナリストとしてイマイチ。田中角栄やニクソンを追い込んだのは、メディアではなく司法の努力である。 (これで最後)[投票(2)]
★2どでかい事件なのに地味過ぎる。レッドフォードが大好きだったから、なんとか最後まで観られた。 (KADAGIO)[投票(1)]
Ratings
5点22人***********
4点67人*********************************.
3点63人*******************************.
2点11人*****.
1点0人
163人平均 ★3.6(* = 2)

[この映画が好きな人]

POV
実在の人物を演じる俳優達 (mimiうさぎ)[投票(22)]図書館 (minoru)[投票(18)]
●アメリカン・ニューシネマに愛を込めて  (いくけん)[投票(17)]映画で俯瞰(ふかん)する世界史・人類史  (いくけん)[投票(16)]
読んでから見るか、見てから読むか。 (シーチキン)[投票(14)]ジョジョの奇妙な冒険 (verbal)[投票(13)]
広川太一郎吹替え作品 (バーンズ)[投票(12)]米脚本家組合が選んだ「映画脚本ベスト101」 (アルシュ)[投票(10)]
キネマ旬報増刊 映画史上ベスト200シリーズ掲載作品一覧 (寒山)[投票(10)]2000円のDVD(ワーナー) (YoshidaS)[投票(10)]
二枚目声優?野沢那智 (ルッコラ)[投票(9)]正義と真実を求めて叫べ! (死ぬまでシネマ)[投票(5)]
タイム誌が選んだ年間ベスト10(60−70年代+α) (AKINDO)[投票(2)]−アカデミー賞脚本・脚色賞ノミネート作品(70年代後半)− (kawa)[投票(2)]
勝手にサンダンス映画祭 (nobue-i)[投票(1)]記者 (死ぬまでシネマ)[投票]
図書館で借りたビデオ (ツチノコ)[投票]
Links
IMDBThe Internet Movie Database
検索「大統領の陰謀」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「All the President's Men」[Google|Yahoo!]