コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

ヘイトフル・エイト (2015/)

The Hateful Eight

[Western/Crime/Drama/Mystery]
製作総指揮ボブ・ワインスタイン / ハーヴェイ・ワインスタイン / ジョージア・カカンデス
製作リチャード・N・グラッドスタイン / ステイシー・シェア / シャノン・マッキントッシュ
監督クエンティン・タランティーノ
脚本クエンティン・タランティーノ
撮影ロバート・リチャードソン
美術種田陽平
音楽エンニオ・モリコーネ
衣装コートニー・ホフマン
出演サミュエル・L・ジャクソン / カート・ラッセル / ジェニファー・ジェイソン・リー / ウォルトン・ゴギンズ / デミアン・ビチル / ティム・ロス / マイケル・マドセン / ブルース・ダーン / ジェームズ・パークス / ゾーイ・ベル / リー・ホースリー / チャニング・テイタム
あらすじタランティーノ監督の西部劇。雪山で賞金稼ぎサミュエル・L・ジャクソンが駅馬車に「乗せてくれ」と乞う。「生死問わず」の賞金首も生捕にする「首吊り人」の異名を持つ賞金稼ぎカート・ラッセルが1万ドルの賞金首ジェニファー・ジェイソン・リーを乗せ貸し切っていた。さらにもう一人ウォルトン・ゴギンズ「乗せてくれ」と頼む自称「保安官」が現れ、もしや女賞金首の仲間?と用心するが…そして馬車は猛吹雪で「ミニーの店」に足止めされるがそこに4人の男がデミアン・ビチルティム・ロスマイケル・マドセンブルース・ダーンがいた…(168分) [more] (シーチキン)[投票]
Comments
全20 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5裏『フォレスト・ガンプ』とでも言うべき“ザ・アメリカン”な映画。なんならグルっと回って『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』。めっちゃ楽しい。 [review] (ペペロンチーノ)[投票(8)]
★5タランテーノ健在。カンヌ映画祭のインタビューが抜群に面白かった。映画はもっとおもしろい。トランプが何で人気があるかよくわかった。 [review] (ぱーこ)[投票(4)]
★5凄いぞ、この濃密さ。観る者の心をざわめかせるタイトルバックは、映画至上最も不穏と言ってよいのでは。 [review] (緑雨)[投票(1)]
★5キル・ビル』から殺戮のロマンティシズムを『レザボア』から土壇場のダンディズムを継承したイズムの結晶。ワンパターンなのに飽きないっす。人種と性別についての糞コードを蹂躙し遣り放題の挙句に人としての信義則を提示。それも小粋でシャレた遣り方で。 (けにろん)[投票(1)]
★5公式HPには"密室ミステリー"ってあったけど…個人的にはミステリーってよりも、"タランティーノ"ってカテゴリがしっくりきた。 (狸の尻尾)[投票]
★4圧倒的な雪の西部劇。雪の質量はコルブッチの『殺しが静かにやって来る』を目指したものだろう。それは冒頭の、超遠景から始まる馬車の"待ちポジション"でも明らかだ。本作も、走る駅馬車の撮り方は俯瞰ショットも並走ショットもちょっと今まで他で見たことのない画面だし、或いは馬の扱い、馬車を御する技術への言及が心憎い。 [review] (ゑぎ)[投票(6)]
★4劇中の現象は貧乏くさいのに画面はリッチ、時間は豊穣でレオーネ級の満腹感。セリフが多いほど光るサミュエル・L・ジャクソンは黒い丹波哲郎だ。キャラクターメーカー、タランティーノの腕の冴え。 (ペンクロフ)[投票(3)]
★4実にヘイトフル。歴史に沈潜した憎悪に作用され、疑心と殺意が濃縮されゆく会話劇の「言葉の暴力」が、行くとこまで行った感があって凄まじい。白も黒も、嘘と赤い血に沈む上でしか和音を奏でることはしないという、ピアノの鍵盤と不協和音混じりの「聖しこの夜」が示唆する恐るべき「アメリカ的」帰結。文学的な前のめり感がかなり強いが、相応の旨みと凄みが出た。にしてもタラ先生の最近の荒ぶり方は一体何なのだろう。 [review] (DSCH)[投票(3)]
★4ジェニファーの始末に躊躇すればするほど、作劇の作為は露呈してしまう。ミステリーよりも過去の野蛮をオカズにして現代文明の肯定をやる社会小説にますます傾注しているために、作為を隠そうとする意思がない。 [review] (disjunctive)[投票(2)]
★4負のエネルギーが織りなす極上のエンターテインメント。起爆剤は、リンカーンの友人になれなかった輩ども、すなわち「正義」と「制度」の意味や秩序が理解できない者たちの、強欲と打算、偏見と侮蔑、差別と憎悪だ。 しばし、理性という面倒から解放される快感。 [review] (ぽんしゅう)[投票(2)]
★4ジェニファー・ジェイソン・リーの笑い顔を夢に見そう。 [review] (もがみがわ)[投票(2)]
★4ブシェミとハーヴェイも出てたらなぁ。82/100 (たろ)[投票(1)]
★42時間もの間続く1章〜4章の会話の数々は退屈に尽きる。これらの会話が退屈なのはそれが知的で論理的でもっともらしいがために人物の行動・暴力を抑制し続けているからである。この点は『ジャンゴ 繋がれざる者』にも見られた傾向をそのまま踏襲しており全く好きになれない。しかしそれだけに残りの5章&最終章は感動的だ。やはりクエンティン・タランティーノは文学や政治の人である前に紛れもない映画人なのだ。 [review] (Sigenoriyuki)[投票(1)]
★4かなり長いので、正直疲れたが、なかなか引き込まれる作品でした。そしてあいかわらずグロい。しかし、ずーっとずーっと、見ながら「気になること」が・・・ [review] (プロキオン14)[投票(1)]
★4なんだこの退屈な映画。1-4章まで半分くらい寝ちゃったよ。種明かしもあんなに詳細にやる必要あんの?と、思いつつじわじわーっともう一回見たくなってくる魅力はなんだ? (サイモン64)[投票]
★4よくもまあこれだけの内容で3時間近くも退屈させないでくれるよな。 [review] (K-Flex)[投票]
★3Because we love making movies!なのはわかる。だけどタランティーノ、相当、裏切りとかしがらみにしばられて生きにくさも感じてるんだろうな〜。 [review] (jollyjoker)[投票(2)]
★3監督の醸し出す偽悪っぷりがどうにも合わない。 [review] (甘崎庵)[投票(1)]
★34人の悪党が馬車から降りる足のカットから店に乗り込むブーツのカットへの流れなど映画を活気づかせる画面もちゃんと用意できるのに、あえてそれらを抑制しているような不可解さを覚える。店の外部を人物が行き来して出入場によるメリハリをつけたりオフスクリーンを想像させる余地が無い分、デビュー作より退化しているではないか。サスペンス醸成の手腕に関してはこれまでで最低だと思う。5,6章だけ可。 (赤い戦車)[投票(1)]
★3なるほど、ここまで血肉飛び散る強烈な映画では「R18+」も納得。吹雪で閉じ込められた小屋での密室殺人ミステリー西部劇みたいなくそのような前宣伝しかやりようがないのかもしれん。『レザボア・ドッグス』のタランティーノ監督かと思い起こさせる一本。 [review] (シーチキン)[投票]
Ratings
5点10人**********
4点18人******************
3点17人*****************
2点0人
1点0人
45人平均 ★3.8(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「ヘイトフル・エイト」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「The Hateful Eight」[Google|Yahoo!]