コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

キートンの蒸気船 (1928/)

Steamboat Bill Jr.
キートンの船長

[Comedy/Romance/Family]
製作総指揮ジョセフ・M・シェンク
監督チャールズ・ライズナー / バスター・キートン
原案カール・ハルボー
撮影バート・ヘインズ / デブロー・ジェニングス
出演バスター・キートン / アーネスト・トレンス / トム・ルイス / トム・マグワイア / マリオン・バイロン
あらすじ青年ウィリー(バスター・キートン)は長らく生き別れになっていたミシシッピーの父親ビルの元へ帰る。そこで彼はかつての恋人キティと再会するが、彼女は地元財閥キング氏の令嬢だった。キング氏は近年船舶会社を創設したのだが、そのおかげで父・ビルが営む昔気質の蒸気船会社は今や風前の灯。居場所が無く困り果てたウィリーだったが、キング氏の策略で父親の会社が営業停止に追い込まれたことを知った彼は、何とか父を助けようと孤軍奮闘する。そこへアメリカ南部を史上最大規模のハリケーンが襲ってきて、街は大変なことに……。 (荒馬大介)[投票]
Comments
全26 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5他のキートンの映画のコメントでも書いたと思いますが、、ジャッキー・チェンが尊敬する俳優としてキートンを挙げているのに納得です。キートンほど体を酷使して、体を張って演技した人って僕は知りません。 火薬とか全然使わないで、このアクションって、、それに、あのポーカーフェイス、、、独特の世界だけど引き込まれます。 [review] (ガンダルフ)[投票(2)]
★5災害時だけ普通に歩ける人、という典型を画面に定着させた驚異的な傑作。CG映画は本作を超えることができないと予め定められている。 (寒山)[投票(1)]
★5台風のシーンは全キートン作品の中でも白眉です。[Video] (Yasu)[投票(1)]
★5キートンのアクションによって、以後アクションの映画は必要なくなった。 (いちたすに)[投票]
★5僕にとってのキートンデビュー作品。最初の印象は「ずいぶんと繊細な音楽を使うんだなぁ」ってことでした。キートンの哀し気な表情と同じく、無駄に賑やかしくしないことが笑いの部分の激しさを際立たせてくれています。 [review] (Myurakz)[投票]
★5女の子もかわいい。 (アリ探し)[投票]
★4皆さん「爆笑した」と書いておられる嵐のクライマックスですが、私はあれを観ていてひたすら恐ろしかった。あんなことをやってしまう人間がいること、そしてあんなことを人間にさせてしまう「映画」の理不尽なまでの凶暴さに。 [review] (赤い戦車)[投票(2)]
★4恐ろしい風の映画。風が吹くまでは、正直とても退屈な部分もある。しかし風が吹いてからは圧倒的な映像の、演出の力を感じる。まさに奇跡的。 (ゑぎ)[投票(2)]
★4後々の大規模ギャグの原点を全部映像化してしまっている。凄いこと……。 (荒馬大介)[投票(2)]
★4延々と続く父親との掛け合の、いわば狭くて小さい笑いによって溜め込まれたフラストレーションから一気に大きな笑いへ転調する強風ネタの凄まじさ。背景や舞台そのものが崩壊し、寄って立つ場が揺らぐ大胆な仕掛けの連打。「呆れ」が引き起こす爆笑の解放感。 (ぽんしゅう)[投票(1)]
★4〈あらゆる映画作家の系図を遡ればルイ・リュミエールジョルジュ・メリエスのいずれかの始祖に辿り着く〉というのは真偽判定に値する命題というより「思考の遊戯」とでも呼ぶべきものだが、キートンが映画史初期におけるリュミエール-メリエスの偉大な結節点であったことに異を挟む者は少ないだろう。 [review] (3819695)[投票(1)]
★4キートン全作品の中でもストーリー展開が一番しっかりしている。加えて次々と現れる迫真のシーン‐壁が次から次へと倒壊、暴風雨が吹き荒れる・・・、喜劇というより大スペクタクル映画だ。 (KEI)[投票(1)]
★4決して湿った方向へ行かないのがキートンの美点だ。シュールなぶち壊しは「悲しい」という感情の彼流の表現なのではないか。豪快ロマンティシズム。突き抜けっぷりが素晴らしい。 ()[投票(1)]
★4実は破綻こそ映画の一つの正しい道筋。嵐の破綻が全てを相殺し笑いに変える。すごいです。 (のらぞんざい)[投票(1)]
★4それにしても、こんなに危険なことばっかりしているバスター・キートンの無表情な顔は何だか怖いな。 (黒魔羅)[投票(1)]
★4まさに命懸け!88/100 (たろ)[投票]
★4あくまで帽子にこだわり続ける、このキートンの伊達男ぶりはどうだ! (はしぼそがらす)[投票]
★3ちと厳しいが息子への愛情たっぷりの父親。しかも生き別れた父親という設定が確実に切なさを醸し出す。更にその切なさが作品の大半を覆うのだ。ラストでは珍しくイイ奴すぎるキートン。ギャグに★10を捧げても本来の作品らしからぬ出来。 [review] (ナッシュ13)[投票(2)]
★3度肝を抜かれるとは、これ。 [review] (G31)[投票(1)]
★3スタント芸の矜持が後世に残るハイライトとしてあることだけは確かなSO-SO作品 [review] (junojuna)[投票]
★3キートン体丈夫過ぎ!カッコ良い。 (X68turbo)[投票]
Ratings
5点13人*************
4点25人*************************
3点8人********
2点0人
1点0人
46人平均 ★4.1(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
無表情の喜劇王 バスター・キートン (ナッシュ13)[投票(10)]蓮實重彥ベスト141 (寒山)[投票(3)]
無声映画の世界 (Yasu)[投票(1)]〜風〜 (chilidog)[投票]
Links
IMDBThe Internet Movie Database
検索「キートンの蒸気船」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Steamboat Bill Jr.」[Google|Yahoo!]