コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

盲獣 (1969/)

[Drama/Thriller]
監督増村保造
脚本白坂依志夫
原作江戸川乱歩
撮影小林節雄
美術間野重雄
音楽林光
出演船越英二 / 緑魔子 / 千石規子
あらすじファッション・モデルのアキ(緑魔子)はある画廊で、自分の彫刻を撫でまわして悦楽に浸る盲目の男(船越英二)を見て胸騒ぎを覚える。数日後、仕事でクタクタになったアキのもとへ例のあの男がマッサージ師として訪れ、彼女を麻酔薬をかがせたうえで誘拐する。アキが連れて来られた場所は倉庫のような大密室。目、鼻、唇、乳房など体の一部がオブジェとなり羅列された異様な空間。彼によるとそこはアトリエで、監禁した理由は彼女にモデルになって欲しいからだと言う。最初は抵抗して逃げ出そうと試みたアキだったが男の母親(千石規子)に見つかり失敗。やがてアキに心の変化が…近年再評価されている増村保造監督が独自の解釈で江戸川乱歩の変態世界へあなたを誘う。...[more] (モモ★ラッチ)[投票(2)]
Comments
全38 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5得てして軟派なコスチュームプレイに陥りがちな江戸川乱歩映画化作品の中にあって唯一、普遍的文学性を獲得するに至った増村ならではの傑作。緑魔子が放つ悪魔的魅力はあの変態箱庭に勝るとも劣らない。シュゴイ! [review] (町田)[投票(3)]
★5交尾の後、雌カマキリは雄カマキリを食べるというが、まさに船越英二と緑魔子の様。究極のサディズムとマゾヒズムの果ての果て。天才増村保造の業はここまで深いのか・・・。 ()[投票(3)]
★5俳優が全ていい!像の感触を確かめる船越英二・逃げ回る緑魔子が 恐いながらも爆笑を誘う。 ()[投票(2)]
★4船越英二緑魔子千石規子も皆キチガイバンザイスバラシイ。変態舞台芸術もスクリーンで見られてうっとり幸せ。なのにあぁ、何かが足りない、満たされない!→ [review] (picolax)[投票(5)]
★4今観ると演技の古臭さやミスマッチとも思えるBGMが笑いを誘うが、作品自体は面白いと思う。乱歩の原作とあるが、実際はインスパイアされた作品。でも上手い。ヨーロッパあたりで上映したらウケるのでは。 [review] (BRAVO30000W!)[投票(4)]
★4この映画は、触覚でしか得られぬエクスタシーを、視覚でしか共有できない観客へ伝播させるという矛盾をはらんでいる。 ポイントは緑魔子の身体の曲線にそって男が這わせる指の動きと、それに抗う女の肉体のせめぎ合いの淫靡さの表出であり、充分に成功している。 (ぽんしゅう)[投票(3)]
★4壁に広がる口耳手足目鼻胸… [review] (ピロちゃんきゅ〜)[投票(3)]
★4every parts of love&her [review] (ボイス母)[投票(3)]
★4触覚美の極致という話は乱歩の賜物だが、原作にとらわれずアイディアだけをイマジネーションで膨らませて映画化したその力量は評価されるべきだ。 [review] (モモ★ラッチ)[投票(3)]
★4リアリティを追求すべく作られたものではなく、怪奇幻想譚として考えると正しく思える。あ、まさに乱歩だ! [review] (づん)[投票(2)]
★4良いねぇ緑魔子。期待以上。 [review] (くたー)[投票(1)]
★4これは「人」ではなく、生物としての「ヒト」を描いた作品か。暗闇の中で「昆虫」化する「ヒト」のおぞましさよ。こういった作品が公然と存在する「日本」という国家の「表現の自由」の度合いに今更ながら驚いたりもする。 (sawa:38)[投票(1)]
★4凄い狭い世界に独自の絵。この映画のテーマに反する映像インパクト(笑)母親の部分の定義ではもうちょっと踏み込めたような気がするけど・・・・ [review] (----)[投票(1)]
★3三角関係における心理の交錯、軋轢にはドキドキさせられたが、その解消後は、取り残された。ナレーションによってすっ飛ばされたが、その後が本当に描くべきは、蹂躙されながらも隷属してしまう過程の心理ではなかったか。それが無くてのSM大会は、コントにしか見えなかった。 (kiona)[投票(3)]
★3触覚のみに悦びを見い出す唯美主義は、所詮視覚芸術としての映画とは相容れない。この時が旬であった緑魔子がラストまで美しかったことは、この作品の「盲目のリアリズム」への明らかな敗北を意味していた。 [review] (水那岐)[投票(3)]
★3なんだか妙に説得力を感じてしまった。 [review] (緑雨)[投票(3)]
★3表層的な上辺だけ掬ったような乱歩映画化とは気合いの入れ方が一味違う!が・・・ [review] (マッツァ)[投票(3)]
★3世に江戸川乱歩を映画化した作品は多々あれど、成功したといえるのはこの作品くらいじゃないか。緑魔子船越英二の演技もさることながら、この映画が成功した理由は増村のフェティシズムが濃厚なあのセットにある。 (若尾好き)[投票(3)]
★3アングラ劇タッチは愉しく俳優単位では素晴らしい作品。最初から逝っちゃっている抜群の船越英二を彩る緑魔子の抑揚素晴らしく、千石規子さんのガラッパチばあさんもさすが。 [review] (寒山)[投票(2)]
★3巨大パンツは許せるが、傷ひとつつかない肉体は許せない。 [review] (はしぼそがらす)[投票(1)]
★2あんたら、不要なのは目でしょ、目! [review] (G31)[投票(4)]
★2江戸川乱歩原理主義者としては、この映画のお上品なハイセンス、骨抜きフニャチンぶりは実に腹立たしい。ここには酸鼻を極めた猟奇も、欲望追求の限界突破もありはしない。ただの気の利いたソフトコアだ。特に美術にはガッカリした。 (ペンクロフ)[投票(1)]
Ratings
5点8人********
4点33人*********************************
3点21人*********************
2点6人******
1点0人
68人平均 ★3.6(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
密室 (モモ★ラッチ)[投票(12)]船越英二〜存在のこたえられない軽さ (若尾好き)[投票(6)]
谷崎潤一郎VS江戸川乱歩 (町田)[投票(4)]映像のカリスマ増村保造 ()[投票(4)]
マザコン映画 (ボイス母)[投票(3)]盲目 (Lostie)[投票(2)]
邦画嫌いが選んだ邦画 (BRAVO30000W!)[投票(1)]
Links
検索「盲獣」[Google|Yahoo!(J)|goo]