コメンテータ
ランキング
HELP

新着あらすじ(1/20)

★3 人生はシネマティック!(2016/英)
第二次大戦下のロンドン。映画人の多くは出征しており、老人と女性しか業界には残されていなかった。そんな中、コピーライターのカトリン(ジェマ・アータートン)は情報省のバックリー(サム・クラフリン)に見いだされ、ダンケルク戦を描く戦意高揚映画の脚本家に任ぜられる。彼女に否やはなく、過去の戦闘で片足を傷めた夫エリス(ジャック・ヒューストン)を助けるべく仕事に身を投じた。だがその道のりは気楽なものではなく、些細な点に情報部のムーア(レイチェル・スターリング)よりのクレームを受けて脚本は二転三転する。いざ始まったロケにおいても、過去の栄光にすがる老優ヒリアード(ビル・ナイ)のダメ出しでカトリンは当惑するのだった。〔117分〕
水那岐 (2017年11月15日)
[投票]
★3 関ヶ原(2017/日)
天正2年。近江国の土豪の次男として生まれた佐吉(河城英之介)は秀吉(滝藤賢一)に仕官した父兄の縁で小姓として秀吉に取立てられる。長じて石田三成(岡田准一)と改名し信長なきあと天下人となった秀吉の台頭に乗じて武勲を挙げ覇権を拡大するのであった。そんななか、勇将の名高かった島左近(平岳大)を破格の知行で足下に置き、一方、伊賀のくノ一初芽(有村架純)の命を救って犬として飼う。慶長3年。秀吉が病没すると、勢力図は融解し始め、虎視眈々と機を伺う男がいた。徳川家康(役所広司)である…。原田眞人劇場映画監督第25作。
けにろん (2017年11月14日)
[投票]
★5 カリフォルニア ジェンマの復讐の用心棒(1977/伊=スペイン)
南北戦争終結の後、南軍捕虜解放の日。その日はどしゃぶりだった。その中に子猫を抱いて1人、マイケル・ランダム(ジュリアーノ・ジェンマ)は、居た。やがてマイケルは気のいい若者ウィリー(ミゲル・ボゼ)と同行するようになる。故郷への楽しい日々が続くが、政府に踊らされた南軍兵狩りの賞金稼ぎ達に襲われ、ウィリーは殺されてしまう。ウィリーの故郷に着いたマイケルは彼の両親と姉ヘレン(パオラ・ボゼ:実姉)に会い、名誉の戦死だったと伝える。畑等を手伝う内に、マイケルはヘレンと恋仲になっていくのだが・・・。マイケルが実は伝説のガンマン、カリフォルニアだったことが分かるのはもう少し先の事になる。97分。 [more]
KEI (2017年11月13日)
[投票]
★4 あしたは最高のはじまり(2016/仏)
南仏の海辺の町で観光ヨットの船長として、気ままな毎日を送るプレイボーイのサミュエル(オマール・シー)。ある日、彼のもとにクリスティンという女が訪ねてくる。生まれたばかりの女の子を「あなたの子よ」と告げ、置き去りにして去ってしまう。突然のことに、わずかな手がかりを基に、娘を連れロンドンへ向かうが、母親は見つからず、財布も無くしてしまい、言葉の通じない異国で途方に暮れる。偶然出会ったゲイのプロデューサーのベルキーの紹介で、スタントマンの仕事につき、彼の手も借りながら、娘を育てることに・・・。8年後、娘のグロリアは明るい少女に成長していた。幸せな日々を送る二人のもとに、母親から連絡が入る・・・。 [more]
プロキオン14 (2017年11月13日)
[投票]
★3 少女(1961/日)
秋田の農村に育ったカネ子(笹森礼子)は、気の強いのと文章力が自慢のじゃじゃ馬娘。母親や妹たちに見送られ、口減らしのため東京の親戚を頼って就職するべく汽車に乗った。従兄として彼女を迎えにきた由造(川地民夫)は、さっそく彼女にゾッコンになりながらも家族の待つバイク屋に連れてゆく。伯父夫妻(殿山泰司 / 初井言榮 )らは勤め先のアドバイスを始めるが、当のカネ子は尊敬する作家の草田(永井智雄)への弟子入りを心に決めていた。それでも草田に社会経験のなさを指摘され、ここで初めて実社会で研鑚を積むことを誓ったのだった。伯父の紹介で、カネ子は美容院に勤務先を決めたが、うまくはゆかない壁が待っていた。〔59分〕
水那岐 (2017年11月13日)
[投票]
★3 ナラタージュ(2017/日)
大学生の泉(有村架純)は、母校である高校の演劇部の顧問・葉山(松本潤)よりの電話を受け、卒業公演への助力を求められる。かつて内気でいじめられっ子だった泉は、葉山が演劇部に居場所を作ってくれたおかげで生き甲斐を得ることができたのだ。懐かしい思い出にひたり同窓生や後輩と演劇活動に没入しながらも、泉はかつてない葉山との愛情に震える経験をする。だが彼を知るうちに妻・美雪(市川実日子)を棄てられない側面を見せつけられ、いつしかひたむきに愛してくれる小野(坂口健太郎)に心を移してゆくのだった。そして泉と葉山のあいだにぎこちない空気が漂うなか、後輩の柚子(神岡実希)の身に思いがけない事件が降りかかった。〔140分〕
水那岐 (2017年11月13日)
[投票]
★5 コロンバス(2017/米)
韓国系アメリカ人のジンは、著名な建築家の父が発作を起こして昏睡状態になったことで、父が入院中の中西部の町から身動きが取れなくなってしまう。図書館員のケーシーは、モダニズム建築の淵叢として知られるコロンバスの名所を残らず諳んじられるほどの<建築おたく>だったが、薬物中毒から更生中の母の面倒を見るために地元に留まるような親思いの娘だった。母の仕事の送迎の際にジンの姿を見掛けた彼女は、敬愛する建築家の肉親に違いないと直感し、声をかける。長年に渡って父と疎遠だったジンは建築の世界にも冷嘲的だったが、そんなジンに向かって市内の名所を案内することを申し出る。それは土地の記憶を留める建築群の遍歴であると同時に、二人の過去の再訪の旅に他ならない
濡れ鼠 (2017年11月16日)
[投票]
★4 襲われた幌馬車(1956/米)
1875年。アリゾナ準州。岩山、林の中を、馬もなくライフル一丁で逃げる男コマンチ・トッド。彼は白人とコマンチの血を引いていた。追っ手は、保安官ハーパーたち4人。トッドは3人を倒すが、弾が切れ、ハーパーに捕まってしまう。そこへ来たのは、ノーマンド大佐率いる幌馬車隊だった。これから先はアパッチの土地‘死の谷’という事で、同行することになるが、ハーパーのドットに対する虐待を見て、幌馬車隊の人々は非難の目を向ける。昼食時、少年ビリーがトッドにリンゴを与えたのに腹を立てたハーパーはおどしの為銃を向けるが、逆に皆から銃を向けられる始末。その後煙草を与えた青年クリントとハーパーが殴り合いになった時、(まだ続きます) [more]
KEI (2017年11月13日)
[投票]
★4 IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017/米)
小さな町デリーでは、子供が行方不明になる事件が相次いでいた。ビルの幼い弟も、ある雨の日に“それ”に出会ってしまい、忽然と姿を消してしまった。負け犬と呼ばれるビル達7人の少年少女は、昔からこの街で幼い子供たちが犠牲になる事件が相次いでいることを突き止めるが、彼らの前にも“それ”は、様々に姿を変えて現れ、襲いくる。果たして彼らは“それ”から逃れることができるのであろうか…。スティーブン・キング原作の人気ホラーの再映画化。 [more]
プロキオン14 (2017年11月11日)
[投票]
★4 彷徨える河(2015/コロンビア=ベネズエラ=アルゼンチン)
一族をコンロビア軍に皆殺しにされた祈祷師カラマカテは、1909年にT・K・グリューンベルク、1940年にR・E・シュルテスと、ゴムの木に寄生する伝説の薬草ヤクルナ求めてアマゾンの奥地に分け入った欧米人学者の案内を引き受けることを承諾する。前者は重度のマラリアに罹って喫緊の治療薬を必要としており、後者は植民地の主要財源であるゴムの木を襲った風土病に対して効果のある成分をT・K・Gの残した記録からヤクルナに期待していた。天涯孤独の身となってどこの居住地にも属さずにさすらいの人生を余儀なくされていたカラマカテは、客人の手助けをすることにより、密林の亡霊<シュラシャキ>となった自分の運命を逆転できるのではないかと閃きを受ける
濡れ鼠 (2017年11月11日)
[投票]
★2 ザ・サークル(2017/米)
全世界で約30億人が登録、利用する超巨大SNS「サークル」はユーザーのすべての情報を登録しあらゆるサービスを一つのアカウントで提供できる。メイエマ・ワトソンは友人の薦めもありその運営企業に就職、革新的なオフィススタイル、充実した福利厚生、さらには難病を持つ父へのケアで、のめり込むように働く。そしてある事をきっかけにCEOのベイリートム・ハンクスの目にとまり新たなサービスの実験者となる。それは「隠し事は罪、すべてを共有すれば幸福になれる」の理念を掲げ超小型高性能カメラを自らに着け、24時間すべてをネット公開するというものだった。瞬く間に膨大なフォロワーを獲得するがやがて思わぬ事態も…(110分)
シーチキン (2017年11月11日)
[投票]
★4 立ち去った女(2016/フィリピン)
1997年。殺人罪で服役していた小学校教師ホラシア(チャロ・サントス・コンシオ)は冤罪が晴れて釈放された。すでに収監から30年がたち、夫は亡くなり息子は行方不明になっていた。ホラシアは彼女に罪を着せた元恋人のロドリゴ(マイケル・デ・メサ)への復讐を密かに決意。いまは成功者として彼が暮らす町で、野外食堂を開き、卵の行商人(ノニー・ブエンカミーノ)やホームレスの女、流れ者のゲイ(ジョン・ロイド・クルーズ)ら社会の底辺で暮らす人々と交流しながら復讐の機会をうかがうのだった。トルストイの短編「God Sees the Truth, But Waits」に着想を得た贖罪の物語。ヴェネチア国際映画祭金獅子賞。(228分/モノクロ)
ぽんしゅう (2017年11月11日)
[投票]
★4 ゲット・アウト(2017/米)
人気コメディアンジョーダン・ピールが初の監督・脚本・製作をしたホラー風サスペンス。NYの黒人青年クリスダニエル・カルーヤは付き合いだして4ヶ月の白人の恋人ローズアリソン・ウィリアムズの実家を訪問する事に。「パパはオバマの3期目があれば投票すると言ってるから大丈夫」とローズは話すが気は重い。ローズの実家は豪邸で両親や弟はとてもフレンドリー、だが庭師とメイドは黒人でビミョーな雰囲気でなんだかなあ…翌日は親睦会で親戚やごく親しい人たちが集まるが、いかにも裕福な白人ばかり…その中にやっと一人の黒人を見つけ思わずスマホで写真を撮ったのだが…(104分)
シーチキン (2017年11月11日)
[投票]
★5 ノクターナル・アニマルズ(2016/米)
世界的デザイナートム・フォードの監督2作目。スーザンエイミー・アダムスは裕福な家庭に生まれながら母親の反対を振り切り小説家志望のエドワードジェイク・ギレンホールと結婚。しかし彼の才能を信じられず捨てるように別れた。そしてアートデレクターとして成功はしたものの今の夫との関係は冷え切り、不眠に悩む。ある日、エドから「君に着想を得た」と「ノクターナル・アニマルズ(真夜中の獣)」と題する小説が送られてくる。スーザンへの献辞があるその小説は、妻と娘を暴漢らに襲われた男ジェイク・ギレンホールと刑事マイケル・シャノンの物語で、暴力的だが彼女は引き込まれるように読み進めていく…(116分) [more]
シーチキン (2017年11月09日)
[投票]
★4 今度の日曜日に(2009/日)
長野の大学に映像制作の勉強をするために留学した先輩への気持ちを胸に、追いかけ留学したソラ(ユンナ)。だが、先輩は実家の事情でソウルに帰ってしまっていた。茫然自失のソラは、ひょんなことから映像制作の課題の対象を大学に勤務する謎の用務員(市川染五郎)とすることにする…。日本映画プロデューサー協会最優秀新人監督賞受賞のけんもち聡監督の第三作。
ロープブレーク (2017年11月06日)
[投票]
★3 牢獄(1949/スウェーデン)
映画監督のマッティン(ハッセ・エクマン)は恩師ポール(アンドレ・ヘンリクソン)の突然の訪問を受け彼の地獄をテーマのアイデアを効かされる。仕方なく脚本家のトーマス(ビルイェル・マルムステーン)に相談すると、彼も地獄をテーマのアイデアを考えてると言う。それは、売春婦ビルギッタ(ドーリス・スベードルンド)と情夫ペーテル(スティグ・オーリン)の物語であった。が、しかし、彼も仕事に行き詰まり妻ソフィ(エヴァ・ヘニング)と心中を考えていた…。イングマール・ベルイマン監督第6作。
けにろん (2017年11月05日)
[投票]
★4 彼女がその名を知らない鳥たち(2017/日)
十和子(蒼井優)は言い知れぬ欲求不満を抱え、毎日を過ごしていた。同居人の陣治(阿部サダヲ)が不潔で無能な男であり、稼いでくる給金を除けば何の役にも立たないからだ。十和子は彼と同居するまでに恋仲であった黒崎(竹野内豊)のことを思い出しては、いっそうの焦燥に駆られるのだった。そんな中、十和子のもとに彼女がクレームをつけていたデパートの従業員・水島(松坂桃李)が詫びの品を持参する。若く精悍な水島の予期せぬ口づけを受け、十和子は恋に堕ちた。それ以来家を空けるばかりの十和子を心配して姉の美鈴(赤澤ムック)が訪れるが、陣治は徹底して十和子をかばうのだった。一方、黒崎が失踪して数年が経つことを十和子は知る。〔123分〕
水那岐 (2017年11月01日)
[投票]
★3 ハード・ソルジャー 炎の奪還(2012/米)
人身売買被害者である少年少女の救出を裏稼業としている元傭兵ゴール(ジャン・クロード・ヴァン・ダム)は、単身で拉致現場に潜入し被害者を救出する凄腕だが、ある事件で少年を救出し、現場を壊滅した際に、囚われ隠されていた被害少女を巻き添えにしてしまう。自責の念に駆られゴールは足を洗い、酒に溺れつつ家業の肉屋を営んでいた。そこへ過去を知る人物の紹介で少女救出の依頼がくる。当初は拒みつつも、少女の父親(ジョー・フラニガン)の執念と、自身の贖罪の念から引き受ける。
NOM (2017年11月01日)
[投票]
★3 あゝ、荒野 後編(2017/日)
堀口(ユースケ・サンタマリア)のボクシングジムで兄弟のように過ごし、プロデビューした新宿新次(菅田将暉)とバリカン建二(ヤン・イクチュン)。着々と戦績を重ねた新次は、かつて仲間を裏ぎり今はホープとして注目を集めている裕二(山田裕貴)との対戦が決まり殺気立つ。一方、才能を持ちながら伸び悩む建二は、逃げるように別のジムへ移籍していった。建二の父(モロ師岡)と、自殺した夫の運命的な関係に気づく新次の母(木村多江)。新次の恋人(木下あかり)が福島の被災地に残してきた母親(河井青葉)の存在。建二と学生活動家の元恋人(今野杏南)の出会い。様々な人間模様が明らかになっていく。(147分)
ぽんしゅう (2017年10月29日)
[投票]
★4 あゝ、荒野 前篇(2017/日)
大震災から10年、東京五輪も終わった2021年。介護士と自衛官不足に窮し提案された徴兵制のような法案に反対するデモが広がり、増加する自殺を実力で撲滅しようとする急進的な学生団体も現れ社会は閉塞感に包まれていた。そんな時代、母に捨てられた少年院帰りの新次(菅田将暉)と、韓国人の母を亡くし元自衛官の父(モロ師岡)の暴力を受けて育った健二(ヤン・イクチュン)は、堀口(ユースケ・サンタマリア)の場末のジムでボクシングを始める。すべてを怒りに換える新次と、相手を殴ることすらためらう建二。新次は仲間を裏切った裕二(山田裕貴)への復讐が、極度の吃音に苦しむ建二は社会とつながることが目的だった。(157分)
ぽんしゅう (2017年10月30日)
[投票]