コメンテータ
ランキング
HELP

新着あらすじ(1/20)

★4 たかが世界の終わり(2016/カナダ=仏)
故郷を離れて以来一度も戻っていない実家に、劇作家として成功した34歳のルイ(ギャスパー・ウリエル)が帰ってきた。自身の死期が近いことを告げるための12年ぶりの帰省だった。迎えた家族たちはどこか態度がぎこちない。初老の母(ナタリー・バイ)は不釣合いな厚化粧と派手な衣装ではしゃぎ、ルイと過ごした記憶が少ない妹(レア・セドゥ)は兄への敬愛を上手く伝えられない。初対面の兄嫁(マリオン・コティヤール)は、そんな空気を察して拙い言葉でとりなすのだった。しかし、兄(ヴァンサン・カッセル)は、ルイがもたらす気まずい空気に苛立ち、みんなに激しく当たり散らすのだった。カンヌ国際映画祭グランプ受賞(99分)
ぽんしゅう (2017年02月21日)
[投票]
★3 実録外伝 大阪電撃作戦(1976/日)
昭和35年、大阪。南原(織本順吉)組と石村(小松方正)組と双竜会が覇権を競うミナミで抗争が勃発。神戸の川田組はこれを機に大阪進出を狙い切り込み隊長、山地(小林旭)を派遣した。山地は天王寺の大東(成田三樹夫)組と桜川の掛田(伊吹吾郎】)組を使い石村を懐柔する。南原は宮武(梅宮辰夫)、高山(渡瀬恒彦)を双竜会の安田(松方弘樹)と組ませて山地暗殺を謀るのであったが寸でのところで失敗した。結果、南原は山地の軍門に下り暗殺部隊は地下に潜るはめになるのだが…。中島貞夫監督第38作。
けにろん (2017年02月19日)
[投票]
★4 緋色の爪(1944/米)
ホームズとワトソンがオカルト学会に招待されてカナダに訪れている折に、同好の士のペンローズ卿は妻が封地のラ・モール・ルージュで殺害されたとの一報を受ける。二人が英国へ戻る前に、当のペンローズ夫人から手紙が届く。それは彼女が死ぬ前日に投函されたもので、夫人は自分の身の危険を案じて助けを乞ういていた。事件の調査を引き受けたホームズはワトソンを伴ってラ・モール・ルージュの村を訪れる。そこで二人が発見したのは村人たちの奇妙な迷信だった。伝説によれば、荒野に怪物が棲みついている。ペンローズ夫人の死を引き起こしたのもその怪物に違いないというのである。
ダイモーンプラストス (2017年02月19日)
[投票]
★4 猫とカナリヤ(1939/米)
億万長者サライス・ノーマンの死からきっかり10年後に、顧問弁護士コスビーは相続候補者の前で遺言状を開封するように命じられていた。当日、ニューオリンズの沼地の屋敷に六人の親族達が集められる。その結果、遺産相続人として選ばれたのは天真爛漫な娘のジョイスだった。しかし万が一の場合に備えて第二の遺言状が存在することも明らかになる。代々精神病の気のある一族の末裔が途絶えないように、相続人が発病した場合、別の親族を選ぶように指示されていたのだ。奇しくも召使いのミス・ルウが今夜集まったもののうち一人が死ぬと予言する。そして夜霧の中から男が現れて、危険な殺人狂が脱獄して付近を徘徊していると警告する
ダイモーンプラストス (2017年02月19日)
[投票]
★3 機動戦士ガンダム THE ORIGIN IV 運命の前夜(2016/日)
「暁の蜂起」事件はジオン共和国の国情を刺激し、戦争を望む声は大勢と化していた。その旗手であった責任をとり軍籍を離れたシャア(池田秀一)は地球に下り、そこで主人のギャンブルをおのれの「勘」で支える少女ララァ(早見沙織)と出会う。一方、連邦政府のもとでモビルスーツ計画を進めるテム・レイ(坂口候一)は、師であるミノフスキー博士の地球亡命を助けんがために月へと飛ぶが、それを阻むジオンMS部隊によって博士は悲運に散る。テムにとってその事実は新機軸MSの開発を促すものであった。風雲急を告げるジオンと連邦。その片隅にあって、英雄となるべきアムロ(古谷徹)は未だ惰眠を貪っていた。〔68分〕
水那岐 (2017年02月19日)
[投票]
★4 アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男(2015/独)
1960年イスラエルはナチス戦犯アイヒマンを南米で拘束し裁判にかけた。同国諜報部モサドによるアイヒマン拘束の影には西ドイツでナチス戦犯追及に執念を燃やしたバウアー検事の協力があった。彼の死後、明らかにされた史実を踏まえた映画化。1950年代後半の西ドイツで経済復興が進みナチスの戦争犯罪は過去の事とされつつある中、戦犯を追及するバウアー検事ブルクハルト・クラウスナー。しかし刑事局が政治的中立を盾に協力しないなどナチス残党による妨害工作にあい、検事局での協力者は若いカール検事ロナルト・ツェアフェルトだけだった…(105分)
シーチキン (2017年02月19日)
[投票]
★5 顔のないヒトラーたち(2014/独)
1963〜65年にかけて、ドイツ人が自らの手で「ホロコースト」に関わったナチス党員をさばいた「フランクフルト・アウシュビッツ裁判」を描いた映画。1958年、経済復興が進み戦争の記憶が薄れつつあるフランクフルトでジャーナリストのグニルカはアウシュビッツ収容所の元看守が小学校教員をしていると告発するが、地方検察庁はじめドイツ政府の対応は極めて鈍いものであった。それに対し若く正義感に燃える駆け出しのラドマン検事は、アウシュビッツにおける犯罪を裁くべきだと主張し捜査を始めるが、それは想像だにしない困難に直面する…(123分) [more]
シーチキン (2017年02月18日)
[投票]
★4 ヒトラーの忘れもの(2015/デンマーク=独)
第二次大戦直後のデンマークでナチスが海岸線に埋めた膨大な地雷を、捕虜としたドイツ少年兵らに撤去させていたという史実を映画化。ドイツ兵に激しい憎悪を持つラスムスン軍曹ローランド・ムーラーは、海岸線一角の地雷撤去の任務にあたるが、彼の元に送られてきたのはあどけなさの残る9人のドイツ少年兵ばかりだった。彼は「地雷をすべて撤去すれば家へ帰してやる」と言い渡し、少年兵にろくに食事も与えず容赦なく働かせる。しかし危険で過酷な地雷撤去で犠牲者が出る中で…(101分)
シーチキン (2017年02月18日)
[投票]
★3 アイヒマン・ショー 歴史を映した男たち(2015/英)
1960年、ヒトラー政権下でユダヤ人絶滅計画の最先鋒であった元ナチ親衛隊将校アドルフ・アイヒマン(バイドタス・マルティナイティス)が潜伏先のブエノスアイレスでイスラエル諜報機関によって拘束された。護送されたアイヒマンはエルサレムの法廷で裁かれることになった。TVプロデューサーのフルックマン(マーティン・フリーマン)は裁判のTV中継を世界配信する企画に邁進する。そしてアメリカの監督フルヴィッツ(アンソニー・ラパグリア)に声をかける。彼は赤狩りのリストに挙げられ仕事を干されていたのだが…。強制収容所解放70周年記念作品。
けにろん (2017年02月18日)
[投票]
★3 コロニア(2015/独=仏=ルクセンブルク)
実在した、1973年チリ軍事クーデターで秘密警察と一体となり拷問など不法工作を行ったカルト教団コロニー。創設者で「教皇」と呼ばれたシェーファーはナチ残党と言われている。そのコロニーの姿を『ジョン・ラーベ〜南京のシンドラー〜』のフロリアン・ガレンベルガー監督がエマ・ワトソン主演で映画化。チリでアジェンデ支援ポスターを制作したドイツ人活動家ダニエルダニエル・ブリュールは、ルフトハンザ航空CAの恋人レナエマ・ワトソンと一緒にいたがクーデターが勃発し、秘密警察に連行された。連行先が「コロニア・ディグニダ」と突き止めたレナは危険をかえりみず単身、人里離れたコロニアに偽って入信するが…(110分)
シーチキン (2017年02月18日)
[投票]
★3 拳銃無宿(1947/米)
トゥームストーン(OK牧場)の決闘でクラントン一家と戦ったカート・エヴァンス(J・ウェイン)はその後行く先々で悪事を働き、更に有名になっていた。ある日悪党同士の撃ち合いの末、カートは傷を受けほうほうのていで逃げ、途中落馬し気を失ってしまう。そこへ通りかかったのが、クェーカー教徒の父と娘。教えに従って2人は彼を助ける。悪党と知りながらも、カートの看病をする娘ペニー(G・ラッセル)はいつしか彼に魅かれていく。カートの方も満更ではなかった。が、土地の件でもめていた悪党ラレド一味が彼の行方を追って迫っていた。100分。 [more]
KEI (2017年02月18日)
[投票]
★3 ジュリエッタ(2016/スペイン)
マドリードで1人暮らしをするジュリエッタ(エマ・スアレス)は恋人ロレンソ(ダリオ・グランディネッティ)とポルトガル移住を決めていたが、街中で12年前に失踪した1人娘アンティア(プリシージャ・デルガド)の友人ベア(ミシェル・ジェネール)に声をかけられる。彼女はイタリアでアンティアを見かけたと言うのだ。急遽、ポルトガル行きをキャンセルし娘への手紙をしたためるジュリエッタであったが、そんな彼女の脳裏に若いころの自分(アドリアーナ・ウガルテ)の姿が去来し始める…。ノーベル賞作家アリス・マンロー原作の映画化。ペドロ・アルモドバル長篇劇場映画監督第21作。
けにろん (2017年02月16日)
[投票]
★3 ジャック・リーチャー NEVER GO BACK(2016/米)
リー・チャイルド原作のベストセラー「ジャック・リーチャー」シリーズのトム・クルーズ主演による映画化で『アウトロー』に続く第二弾。今回はシリーズ18作目の同名小説を映画化。元は凄腕の陸軍憲兵ながら除隊後は流浪の旅を続け己の正義を貫くリーチャートム・クルーズは、かつての事件で知遇を得た陸軍内部調査部のターナー少佐コビー・スマルダーズを訪ねる。しかし彼女は国家への反逆行為で拘束されていた。陰謀の臭いを察知したリーチャーは少佐と共に陸軍基地から脱出する。反乱容疑で指名手配される中、汚名を晴らし陰謀を暴くためにリーチャーの闘いが始まる・・・(118分)
シーチキン (2017年02月16日)
[投票]
★3 ぼくのおじさん(2016/日)
僕、春山雪男(大西利空)の家には、叔父さん(松田龍平)が居候している。叔父さんは大学の哲学講師なんだけど、授業のない日の方が多くていつも万年床でゴロゴロしている。自力で生活して欲しお父さん(宮藤官九郎)とお母さん(寺島しのぶ)をよそに、叔父さんはマイペース。そこで、おじさんに見合い話を持ちかけたんだ。乗り気じゃなかた叔父さんだけど、相手のハワイの日系四世エリー(真木よう子)にひと目ぼれ。でもエリーさんは、コーヒー園を継ぐためにハワイに帰っちゃんだ。それからの叔父さんの落ち込みようったら・・・叔父さんは心機一転ハワイに行くための作戦をたてるんだけど・・・。原作は北杜夫の児童文学(110分)
ぽんしゅう (2017年02月16日)
[投票]
★3 続・深夜食堂(2016/日)
繁華街の裏路地の深夜食堂にはマスター(小林薫)の人柄に惹かれて人々が集まるのであった。●「焼肉定食」文芸誌の編集者、範子(河井青葉)はストレス発散に喪服で街を彷徨う。そんな彼女が深夜食堂のカウンターで男(佐藤浩市)と知り合ったが…。●「焼うどん」蕎麦屋の1人息子、清太(池松壮亮)は年上の恋人さおり(小島聖)のことを母(キムラ緑子)に打ち明けられずにいたが…。●「豚汁定食」息子からの電話で九州から上京した夕起子(渡辺美佐子)は大金を騙し取られてしまう。そんな彼女をみちる(多部未華子)は何かと面倒をみるのだが…。テレビドラマの映画化第2作。
けにろん (2017年02月15日)
[投票]
★3 ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK The Touring Years(2016/英)
1950年代後半にジョン・レノンポール・マッカートニーの出会いによって結成されたバンドは数回のメンバーの入れ替わりを経て1961年に「ザ・ビートルズ」としてイギリスでデビュー、1963年にはヨーロッパツアーを成功させ1964年に米TV「エド・サリヴァン・ショー」への出演を機に世界的大ブームを巻き起こす。そして同年15ヶ国80都市での166の公演をこなすツアーが始まった…。その過酷なツアーの内部で何が変容していったかを解き明かそうとする。果たして新たな事実はあったのか…。ロン・ハワード長篇劇場映画監督第25作。
けにろん (2017年02月15日)
[投票]
★5 オケ老人!(2016/日)
梅が岡高校に赴任した千鶴は地元のアマチュアオーケストラの演奏会で大感激し、再びバイオリンを弾きたい、自分も楽団に入りたいと熱望。早速ネットで探して入団希望のメールを送るが、千鶴が連絡したのは「梅響」で指揮者の野々村笹野高史をはじめ老人ばかりでしかも音楽は大好きだけど演奏はからきしだった。実は千鶴が感激したコンサートは「梅フィル」のものでそれは野々村と因縁浅からぬ大沢光石研率いる実力第一のエリート楽団だった。老人ばかりの「梅響」で歓迎会まで開いてもらい勘違いを言い出せないまま千鶴は、病気で倒れた野々村から指揮者を託されてしまって・・・(119分)
シーチキン (2017年02月15日)
[投票]
★3 海月姫(2014/日)
お姫様に憧れて、何の間違いかクラゲオタクとなった娘、月海(能年玲奈)。今は古アパート「天水館」で趣味に生き、男を近づけない歴戦のオタク女子たちの後輩として毎日をおくっていた。そんな月海が近所のペットショップから追い出されたとき、救ってくれたのが背の高いオシャレ女子…とは真っ赤な偽り、じつは女装家の蔵之介(菅田将暉)だった!天水館が気にいり入り浸る彼は、月海のダサいファッションを見かねて自宅の豪邸に誘う。蔵之介は大物政治家の次男だったのだ。彼にドレスアップされた月海は、蔵之介の兄である修(長谷川博己)の心を奪ってしまう。月海も彼との恋に堕ちるが、修を狙う地上げ屋の翔子(片瀬那奈)がそれを阻むのだった。〔126分〕
水那岐 (2017年02月15日)
[投票]
★3 ミュージアム(2016/日)
死体が残虐極まりない私刑ののち晒される連続猟奇事件が発生していた。そして、何故か事件は雨の日にばかり起こるのであった。捜査を担当する沢村(小栗旬)と西野(野村周平)は残されたメッセージの解読に奔走する。犯人は自らをカエル男。アーティストと名乗るっていた。沢村は事件被害者の関連性を調べるうちに、彼らが皆ある事件の裁判員をつとめた事実に突き当たる。そして、別居中の沢村の妻、遥(尾野真千子)もまたその事件の裁判員であった…。巴亮介の大ヒットコミックの映画化。大友啓史劇場映画監督第7作。
けにろん (2017年02月15日)
[投票]
★3 こつまなんきん(1960/日)
“こつまなんきん”とは大阪の河内地方特産のかぼちゃのこと。小ぶりで赤黒いが食べると甘くて美味いところから、小柄で色黒のぽっちゃりした女性のことをいう。−盆踊りの夜、達吉(藤山寛美)に無理やり体を奪われたお市(瑳峨三智子)は強引に達吉の嫁に納まってしまう。お市の財産と屋敷に目をつけた達吉の父・永之助(花菱アチャコ)は、お市を教祖に仕立て怪しげな占い商売を始めたところ大繁盛。お市の霊感で大もうけした株屋の多吉(曽我廼家明蝶)は教団に多額の寄付を申し出る。一方、料理屋の若旦那・小五郎(安井昌二)はお市の妖艶な色気に目がくらんでしまう。河内女の流転を描いた半生記。原作は今東光(カラー/90分)
ぽんしゅう (2017年02月15日)
[投票]