コメンテータ
ランキング
HELP

新着あらすじ(19/20)

★3 アフターショック(2012/米=チリ)
南米チリ・サンチャゴ。長期休暇で訪れているアメリカ人観光客の“グリンゴ”は、地元のガイド・ポヨとアリエルの3人組で夜な夜なクラブ巡りを楽しんでいた。帰国も近づいてきたある日、同じくアメリカから旅行に来ていた3人の女性と下心ありありで仲良くなった3人は、締めくくりとばかりにクラブへ。だがそこで突然の大地震! 崩壊する建物、潰される人々、阿鼻叫喚の地獄絵図……しかしそれは、恐怖の始まりでしかなかった!
MSRkb (2016年09月24日)
[投票]
★4 不機嫌なママにメルシィ!(2013/仏=ベルギー)
俳優ギヨーム・ガリエンヌの自伝的一人芝居劇の映画化。パリの裕福な家庭の4人兄弟の三男ギヨーム少年(ギヨーム・ガリエンヌ)は、ママ(ギヨーム二役)から女の子のように扱われ育てられ、自分はすっかり女だと思い込んでいた。目標はいつも不機嫌だが、とてもエレガントなママのようになること。厳格な父(アンドレ・マルコン)は、彼の性格を変えようと寄宿舎制の男子校に入れるが「女の子」のギヨームにそんな生活が続くはずもなく、次に転向したイギリスの学校では男子生徒に恋をするしまつ。そんな様子を見て親戚一同、ママまでも彼はゲイだと思い込み、当人までもがその気になってしまうのだが・・・。ギヨームの自分探しは続く。(87分)
ぽんしゅう (2016年09月24日)
[投票]
★4 イーダ(2013/ポーランド=デンマーク=仏=英)
1960年初頭のポーランド。孤児として修道院で育てられたアンナは、院長から叔母ヴァンダの存在を知らされ、修道女の誓いをたてる前に会うように勧められる。叔母を訪ねると 「あなたはユダヤ人で本当の名前はイーダよ」と知らされる。叔母と共に両親の軌跡を求める中で、イーダは少女から女性へと大きく成長していく。
jollyjoker (2016年09月24日)
[投票]
★2 フレンチアルプスで起きたこと(2014/スウェーデン=仏=デンマーク=ノルウェー)
フレンチアルプスの高級リゾートにスキーバカンスに訪れたトマス一家。普段は仕事中毒のトマスも5日間の休暇中は、携帯にも出ず家族サービスに費やすのであった。ところが2日目の昼食時、一家を襲った思わぬハプニングとその時のトマスの振る舞いは、妻と二人の子どもに思わぬショックを与えた…そこで生まれた亀裂は、休暇中に知り合った奔放な女性、後から合流してきたバツイチの友人にまで余波を広げながら、妻とともに自身の「人間性」に直面する事態に、なるような、ならぬような・・・という話のシリアスコメディ。(118分)
シーチキン (2016年09月21日)
[投票]
★5 オーバー・フェンス(2016/日)
自分は平凡な人生を送るのだろう、と漠然と考えていた白岩(オダギリジョー)は、妻(優香)との離婚を経てその思いをかき消され、今は函館の職業訓練校に通っている。大工仕事の真似事の日々に、白岩は少しずつ自分が壊れてゆくことを自覚していった。そんなある日、彼は路上でダチョウの求愛行動を真似する聡(蒼井優)という女に興味を抱く。キャバクラで同級の代島(松田翔太)に改めてホステスとして紹介された彼女と、白岩はそのままベッドを共にする。しかし、聡は小さな不満から部屋より彼を叩き出した。白岩は来るべきソフトボール大会に向けての練習に没入しつつ、抑えきれぬ焦燥を噛み殺していた。佐藤泰志の「函館三部作」最終章。〔112分〕
水那岐 (2016年09月19日)
[投票]
★3 殺されたミンジュ(2014/韓国)
ひと気のないソウルの夜の街。ひとりの女子高生が屈強な7人の男たちによって殺された。犯人たちは殺害の理由も知らされず、ただ上層部から命令されるままに少女を殺したのだった。その不可解な事件が闇に葬り去られようとしていたとき、容疑者の1人(キム・ヨンミン)が強面のリーダー(マ・ドンソク)が率いる謎の武装集団によって拉致され、拷問まがいの暴力でその夜の顛末を自白させられてしまう。謎の集団は次々に容疑者たちを捕えては自白させ、殺害を命じた黒幕へと迫り始める。その一方、集団の結束がゆらぎだしメンバーたちの意外な正体が明らかになっていく。ミンジュとは殺された女子高生の名でありハングルで民主の意味。(122分)
ぽんしゅう (2016年09月18日)
[投票]
★4 グッバイ、サマー(2015/仏)
14歳のダニエル(アンジュ・ダルジャン)は、小柄で女の子のように見えるため、みんなから「ミクロ」と呼ばれるのが気に食わない。思いを寄せるローラ(ディアーヌ・ベニエ)からもまるで相手にされない。母親(オドレイ・トトゥ)は過干渉で、兄のパンク仲間がたむろする家も鬱陶しい。そんなダニエルの前に、改造自転車を乗り回す目立ちたがり屋の転校生テオ(テオフィル・バケ)が現れた。クラスのはみ出し者同士、すぐに意気投合。中古のエンジンを手に入れた二人は、廃品を集めて車づくりに熱中しだす。そして夏休み、完成したポンコツ車で、二人は家族に内緒で旅に出た。ミシェル・ゴンドリーの自伝的ロードムービー。(104分)
ぽんしゅう (2016年09月17日)
[投票]
★0 リスボンに誘われて(2013/独=スイス=ポルトガル)
スイスの高校教師ライムント(ジェレミー・アイアンズ)は、通勤中ひとりの女性が投身自殺しようとしているのを見、救出してとりあえず学校に連れてゆく。だが彼女はコートを残して失踪、その上着のなかに「言葉の錬金術師」なるポルトガル語の書物を残した。ライムントは矢も楯もたまらず、授業を放り出して謎を追いリスボンゆきの列車に乗り込んだ。書物を著したのはアマデウ(ジャック・ヒューストン)という男だ。彼に興味をもちその妹アドリアーナ(シャーロット・ランプリング)のもとを訪れたライムントだったが、すでにアマデウはこの世を去り、書物は100冊しか印刷されなかった稀少本だとのことだった。パスカル・メルシエの小説を映画化。〔111分〕
水那岐 (2016年09月17日)
[投票]
★4 めぐり逢わせのお弁当(2013/インド=仏=独)
ムンバイの主婦イラ(ニムラト・カウル)は夫とは冷えた関係ながら、愛妻弁当を夫のオフィスに届けてもらう努力を惜しまなかった。この街の弁当配達人は正確さに定評があり、その仕事を疑う者もなかったが、ある日ミスが起こる。イラの弁当は夫にではなく、定年間近の会社員、サージャン(イルファン・カーン)のもとに届けられたのだ。近所の食堂に弁当を頼んでいたサージャンはイラの料理上手さに驚き、舐めるように平らげてイラに感謝を示すメモを送る。手紙のやり取りによるふたりの奇妙な関係はここから始まるが、サージャンは後任のシャイク(N・シッディーキー)への仕事引継ぎを第一義に考え、愛に発展しそうな事態を危ぶむのだった。〔115分〕
水那岐 (2016年09月16日)
[投票]
★4 マダム・イン・ニューヨーク(2012/インド)
アディル・フセインと二人の子供と暮らす専業主婦の主人公シュリデヴィ。家族の中でただ一人英語が話せない。娘にも学校に来てほしくないと思われてしまう。ニューヨークにいる姪の結婚式に家族でいくことになり、姪の母親で主人公の姉に頼まれ結婚式の準備のため、先に単身ニューヨークに行く。英語が話せずコーヒーを買うのにも戸惑っていた主人公の目に止まったのは、短期で習得できるという英語教室の広告。
とっつぁん (2016年09月15日)
[投票]
★3 Dear Friends −ディア フレンズ−(2007/日)
裕福な家庭に育ち、完璧な容姿を持つ高橋リナ(北川景子)は夜毎渋谷に繰り出す読モJK。複数のセフレを持ち、「友達なんていらない、友達は利用するものだ」が口癖だ。ある日、クラブで倒れ入院した彼女を、小学生時代からの幼馴染・遠藤マキ(本仮屋ユイカ)が見舞いに来るが、リナはそんな彼女を邪険に扱う。原作はYOSHIのケータイ小説「Dear Friends リナ&マキ」。
IN4MATION (2016年09月14日)
[投票]
★3 忍びの卍(1968/日)
徳川将軍家光(菅貫太郎)は、子宝に恵まれず周囲は気をもんでいた。ある夜、家光と床を共にしていた女の下半身が、秘め事の最中に魚の鱗に変化してしまう怪事件が起き、家光は女性不信になってしまう。これは何者かが仕掛けた妖術「キララ肌」によるものだった。大奥の警護を固めるため柳生但馬守(大木実)に請われた門弟の浪人・刀馬(夏八木勲)は、伊賀、甲賀、根来から選抜した男女の精鋭忍者を任につけた。そのなかの、根来忍者・右陣(遠藤辰雄)の怪しい動きに気づいた刀馬は、女忍者で性的に興奮すると身体から毒気を発して相手の男を殺してしまう南蛮忍法の使い手、陽炎(桜町弘子)が率いる卍一族の存在に行き当たる。(89分)
ぽんしゅう (2016年09月12日)
[投票]
★3 フローズン・タイム(2006/英)
ベンは美大の4年生。ある日つき合っているスージーに、君を幸せにする自信がないと言ったら、彼女は突然怒り出す。そして破局。しかし時がたつにつれ、ベンはスージーの事ばかり考えるようになって来る。眠れない。眠れない。1日8時間の時間が増えた。余った時間にウンザリし、彼はスーパーの夜間スタッフになる。そして2週間たった頃、時間の観念―創造と現実、過去と現在―があいまいになり、意識で時間操作をしていた。つまり、世界をストップさせたのだ。停止したスーパーを歩く。目の前に買い物中の美人がいる。その美しさ!彼は筆を取りデッサンを始めていた。・・・そしてレジ係のシャロンの美しさにも気付くようになる。102分。 [more]
KEI (2016年09月12日)
[投票]
★5 君の名は。(2016/日)
1000年ぶりにティアマト彗星が地球に接近する1ヶ月前。飛騨、糸森町では女子高生の三葉(上白石萌音)の身に変異が訪れていた。週に何回か夢を見て記憶が喪失してしまうのだ。その間のおぼろなイメージは去来するが明確には思い出せない。三葉の家は地元を司る宮水神社の家系で古臭い式事もせねばならず鬱屈がたまる一方なのであった。一方、その頃、東京では、男子高校生の瀧(神木隆之介)も夢に悩まされていた…。作画監督に安藤雅司を擁して万全の布陣を張った新海誠劇場長篇映画監督第6作。
けにろん (2016年09月12日)
[投票]
★4 不良姐御伝 猪の鹿お蝶(1973/日)
幼い娘の目の前で刑事(殿山泰司)が暴漢一味に刺殺された。刑事の手には猪・鹿・蝶の三枚の花札が握られていた。娘の葛西杏子はスリの女親分(根岸明美)の養女として育てられ、猪の鹿お蝶(池玲子)と名のる女博徒として仲間から一目置かれる存在になっていた。金沢を旅していたお蝶は、稲村親分(遠藤辰雄)の賭場で八百長騒ぎに巻き込まれたあげく、政界の黒幕・黒川(河津清三郎)の命を狙うテロリストの柊(成瀬正孝)をかくまったことから、岩倉土建の社長(名和宏)や謎の英国人ギャンブラー・クリステチナ(クリスチナ・リンドバーグ)らの利権がうごめく闇のなかに巻き込まれていく。東映ポルノ。(88分/シネマスコープ)
ぽんしゅう (2016年09月11日)
[投票]
★3 ゴーストバスターズ(2016/米)
物理学者のエリン(クリステン・ウィグ)は、コロンビア大学の教壇に立てるチャンスを得るが、学生時代に書いた、ゴーストに関する本が大学に問題視される。エリンは、かつての親友で共同著者のアビー(メリッサ・マッカーシー)に、WEBでの販売をやめさせるために、久しぶりに彼女のもとを訪れるが、アビーは、仲間のホルツマン( ケイト・マッキノン)とともに、科学的にゴーストの存在を実証するために、いろいろな道具・機械を開発していた。そんなころ、NYにはゴースト騒動が多発。地下鉄職員のパティを合わせた4人でゴースト退治専門の「ゴーストバスターズ」を結成するが・・・ [more]
プロキオン14 (2016年09月11日)
[投票]
★3 銀座カンカン娘(1949/日)
引退した落語家新笑(5代目志ん生)の家は、ブツブツ文句たれの妻おだい(浦辺)と孫娘のひよこ、甥の武助(灰田)の他に、2階に居候が2人―元主人家の遺児お秋(高峰)と友だちのお春(笠置)が住んでいた。秋は画家の、春は声学家の夢を持っていたが、とにかく金がない。新笑の家も金に困っている。秋が職探しに外出しようとすると、おだいに、犬を飼う余裕がない、ポチを捨てて来てくれと押し付けられる。・・・置き去りにすると追っかけて来てなかなか捨てれない。公園に行くと映画撮影をやっていて・・・(もう少し続きます) [more]
KEI (2016年09月11日)
[投票]
★3 トム・アット・ザ・ファーム(2013/カナダ=仏)
恋人の男ギヨームを失った青年トム(グザヴィエ・ドラン)は、葬式に出席すべく彼の故郷へ向かう。ギヨームの母アガット(リズ・ロワ)は落胆をあらわにしながらもトムの訪問を喜んでくれたが、その夜屈強な男がトムに詰め寄り、アガットに変なことを教えずギヨームの友人として演技しろと強要する。彼はギヨームの兄フランシス(ピエール=イヴ・カルディナル)であり、命令に従わないトムに容赦なく暴力をふるうが、アガットを哀れに思うトムは敢えてフランシスの元を去らなかった。だがフランシスの専横は度を越してゆき、弟の架空の「恋人」である娘の来訪を求める。トムは女友達サラ(エヴリーヌ・ブロシュ)を呼び恋人の演技をさせるのだった。〔102分〕
水那岐 (2016年09月10日)
[投票]
★3 超高速!参勤交代 リターンズ(2016/日)
超高速!参勤交代』の続編。無理な日程で江戸への参勤を命じられた貧乏藩主佐々木蔵之介は6人の家臣と一丸となってやりとげ、悪老中陣内孝則の企みを打ち破った。(前作あらすじ)江戸へ参勤したからには帰国せねばならぬ、が、すっかり安心した一行は路銀をちまちま稼ぎながら、牛久宿で新たに迎えた側室深田恭子との祝言もあげて…ところが!復活した悪老中は「今度は本気じゃ」とスケールアップした悪巧み!国許で一揆が起こり、前回4日かかった道程を今度は二日で磐城国へ帰るという再び「超高速!大名行列」へ。しかし幕閣は一揆発生の咎により早々と改易し、帰るべき城は尾張柳生家の所領に…(119分)
シーチキン (2016年09月10日)
[投票]
★4 サイの季節(2012/イラク=トルコ)
革命後のイラン。反体制的な詩の執筆で30年投獄された詩人、サヘル(ベヘルーズ・ヴォスギー)が出獄してきた。彼は先に刑期を終えた妻ミナ(モニカ・ベルッチ)の影を追い、彼女のいるトルコに車を走らせる。革命前、サヘル(カネル・シンドルク)はミナと仲睦まじく暮らしていた。だが、運転手のアクバル(ユルマズ・エルドガン)はミナの美しさに我を見失い、彼女に愛を告白して家を放逐された。なおも執念を燃やすアクバルは革命軍幹部となり、虚偽の密告で夫婦を訴えたのだ。サヘルは若い娼婦(ベレン・サート)たちに案内されながら、ミナの街を巡り続ける。その胸に熱情を隠して。祖国を追われたバフマン・ゴバディ監督の心情を語る一作。〔93分〕
水那岐 (2016年09月10日)
[投票]