コメンテータ
ランキング
HELP

新着あらすじ(13/20)

★3 屋根(1990/チェコスロバキア)
天井から雨漏りしているのに気づいたパットとマット、屋根に上って悪戦苦闘する。[8分/カラー/スタンダード]
Yasu (2019年01月07日)
[投票]
★4 千年医師物語 ペルシアの彼方へ(2013/独)
11世紀のイングランド。長い間、医療行為は「神への冒涜」という理由で教会から迫害されたため、医学は発展せず、旅回りの「理髪屋」がごく簡単な治療を施すぐらいしか行われなかった。少年ロブは、母と幼い弟たちと暮らしていたが、ある日、母を「脇腹の病」で亡くす。彼は生きていくために、理髪師に弟子入りする。母の命を奪った病を治療するすべを学ぶために。時は流れ、ロブ(トム・ペイン)は立派な青年に成長。理髪師としての技術も習得するが、ある日出会ったユダヤ人が持つ高度な医術に驚く。ロブは、自らそれを学ぶために、遥かペルシアの医師イブン・シーナ(ベン・キングスレー)に会いに旅に出るのだった・・・
プロキオン14 (2019年01月07日)
[投票]
★3 鰻の男(2014/韓国)
中国青年チェン(パク・キウン)は、父の汚名を晴らすべく韓国に不法潜入した。彼の父が養殖し、韓国に輸出したウナギは、水銀汚染の疑いで廃棄されていたのだ。入国まもなく食品安全庁でミ室長(ハン・チェア)を銃で脅し、再検査を強いた彼ではあったが、ウナギの汚染という事実は覆されなかった。途方に暮れるチェンを、ミは「鉄の女」の異名にも似ず愛おしむ。だが韓国での暮らしの中、ミとともに入ったレストランの女給キル(イム・ファヨン)が中国娘と知ったチェンは、彼女に暴行を働く男を殴り飛ばした。そして中国製品を毛嫌いするミに「俺もメイド・イン・チャイナだ」と言い放つのだった。〔100分〕
水那岐 (2019年01月07日)
[投票]
★3 東京静脈(2003/日)
船に乗って日本橋川、神田川をゆるやかに進む。「普段見ることのない角度からの都市・東京」をコンセプトに作られた、そこから眺めるもうひとつの東京。押井守監修。---六本木ヒルズにて開催された「世界都市展」で、100インチプロジェクター3台を連動させたメイン画面と液晶ディスプレイ1台で構成されたものを上映。発売されたDVDではその4つの画面を疑似的に合成したものとなっている。(カラー/11分)
ガリガリ博士 (2019年01月07日)
[投票]
★3 東京スキャナー(2003/日)
上空からの「眼」によって捉えられる大都市・TOKYO。その表層を、構造を、住人を、日常をSCANする。押井守監修。---平成15年度、文化庁メディア芸術祭 アート部門、審査委員会推薦作品。六本木ヒルズにて開催された「世界都市展」でハイビジョン上映。その森ビルにてDVD入手可能。(カラー/20分)
ガリガリ博士 (2019年01月07日)
[投票]
★5 マドンナ・アンド・チャイルド(1996/フィリピン)
未婚で産んだ赤ん坊を教会に預け、家政婦として香港に渡るロエラ。7年後に戻った彼女はわが子を探し、孤児院で出会った少年をわが子と思いこむ。しかし・・・。フィリピンの子どもたちが置かれたさまざまな悲惨な状況が、ストーリーに沿って告発されていく。
ライナス (2019年01月06日)
[投票]
★2 マルガリータで乾杯を!(2014/インド)
インドに住むライラ(カルキ・ケクラン)は大学生。障害をものともせぬ若い欲求に生きる娘だ。バンド活動に燃える同級生のニマ(テンジン・ダラ)を愛する彼女は精一杯の思いを作詞にこめるが、彼にフラれてしまい落胆。そんなときライラにニューヨーク留学の話が舞い込んだ。反対する父を母(レーヴァティ)はとりなし、ライラはアメリカに旅立つ。充実した日々のなか、団体活動にいそしむ盲目の娘ハヌム(サヤーニー・グプター)との出会いが彼女を変えていった。初めての酒、iPad、そして女性との愛。自分にバイセクシュアルの素養があったことにとまどうライラは母にそれを告白する。嫌悪を見せながら娘を信じる母は、ある秘密を隠していた。〔100分〕
水那岐 (2019年01月06日)
[投票]
★3 いのちの山河 〜日本の青空II〜(2009/日)
日本国憲法をテーマにした『日本の青空』シリーズ2作目。一年の半分は雪に埋もれる豪雪の地・岩手県沢内村は貧困と病気に悩み、老人の自殺が多く1956年の1才児未満の乳児死亡は11/158人で全国最悪の水準だった。1957年に村長になった深澤晟雄は、憲法第25条をもとに医療・保健対策をすすめ、1961年に日本初の老人と赤ん坊の医療費無料化を実施。1962年には1歳未満の乳児死亡ゼロを全国の市町村で初めて達成した。深澤晟雄の半生を 長谷川初範主演で映画化。(120分)
シーチキン (2019年01月06日)
[投票]
★0 嗚呼 満蒙開拓団(2008/日)
1931年の満州事変以後、30万とも言われる日本人が国策によって新天地「満蒙(満州・内蒙古)」の地に送り込まれた。満州とは現・中国東北部。その満蒙開拓団に訪れた悲劇。1945年8月9日のソ連参戦と満州進駐によって、難民となった約8万数千人が内地に帰国する事なく亡くなった。2002年に始まった中国残留孤児の国家賠償請求訴訟を通じ、中国周 恩来首相の指示で満州開拓民の遺骨を納めた「方正(ほうまさ)地区日本人公墓」が方正県政府により建立されていた事を知った羽田澄子監督により企画された。監督自身が満州からの引揚者である。◆ 2009年6月13日〜7月31日迄、東京の岩波ホールで公開。以後全国巡回中。〔120分/自由工房〕 [more]
死ぬまでシネマ (2019年01月06日)
[投票]
★4 アニマルズ 愛のケダモノ(2016/豪)
父と離婚調停中の身で郊外の貸家に移ってきた母と一緒に暮らさなくてはならないヴィキーは不満たらたらの高校生。ある晩、母の目を盗んでパーティ会場へ向かう途中で、車で徘徊中の中年カップルに声を掛けられる。妙に愛想のいい女から極上の大麻が手に入ったので都合をつけてやると誘われ、最初は躊躇うものの、二人の家まで赴くことを承諾する。男が家の中でブツを探している間にポーチでお酒を勧められて世間話に興じるが、自分のグラスに薬物が混入されていることに気づいたときにはすでに手遅れだった。翌朝、密室のベッドに手錠で繫がれて目を覚ました彼女は、家出した旨を伝えるために両親に一筆したためるように強要される
濡れ鼠 (2019年01月06日)
[投票]
★4 キリング・グラウンド(2016/豪)
ヴィッキーとサムは二人きりで新年を祝うために湖畔のキャンプ場へ向かう。緑深い林道の終わりには、しかし先客があった。設営済みのファミリーテントに人影はなく、日没後も戻って来る様子がない。一方地元の猟師のジャーマンは大晦日の夜を過ごしに相棒と近場の酒場へ行く。二人組の女の子と知り合って上機嫌のチュークはスマホで記念写真を撮るのに夢中になり、後で兄貴分から叱責を受ける。というのも、不用心にも犯罪現場の記録を保存していたからだ。酔いに任せて唇を奪おうとして拒絶されたチュークは翌朝憂さ晴らしにキャンプ場へ戻る。ちょうどその時、ヴィッキーとサムは、枝道で満身創痍の赤ん坊を見つけてパニクっていた。救援を求める二人に対してチュークは一つの提案をする
濡れ鼠 (2019年01月06日)
[投票]
★3 ボーン・レガシー(2012/米)
定期的に2種類の薬を服用し採血しながら山中で一人訓練を続けるCIAエージェントジェレミー・レナー。同じ薬ケースを持ち番号で呼ばれる被験者の血液など体調検査を受け持つ研究員レイチェル・ワイズ。「ジェイソン・ボーン」の記事が出るという情報をえたCIA長官スコット・グレンは他の作戦への影響を危惧し、USAFの局員エドワード・ノートンに作戦の「中止」対策を依頼する。マット・デイモンは書類の写真のみ登場。
とっつぁん (2019年01月06日)
[投票]
★3 アンダー・ザ・シルバーレイク(2018/米)
ロサンゼルスの「シルバーレイク」に住む青年サム(アンドリュー・ガーフィールド)は、おなじアパートに住むサラ(ライリー・キーオ)に一目惚れ。デートの約束をするが、翌日部屋を訪ねると、部屋はもぬけの殻。彼女は忽然と姿を消した。サラを探すために、残された痕跡を追うが、謎が謎を呼び、探せば探すほど、彼の周りで、不思議な事件が起きてゆく。果たして彼はシルバーレイクで再びサラに逢うことができるのだろうか・・・。
プロキオン14 (2019年01月05日)
[投票]
★4 恐怖を乗り越えて(2008/中国)
就学経験を持たない青年トゥンドゥプ・ワンチェンは、友人の僧侶ゴロク・ジグメの協力を得て、北京五輪開催を目前に控えたチベットの人々の現在の声を聴こうと考え、フィルムを廻した。五輪を素直に喜べない人々の中国政府への憤り、そして自由の希求と教父ダライ・ラマ14世の帰還を待ち望む声をマイクは拾う。このフィルムの発表後、二人は中国警察に逮捕され、ゴロクは監視を受けながらの釈放が認められたものの、トゥンドゥプの現状は知らされていない。〔24分/カラー/ハンディカム〕
水那岐 (2019年01月05日)
[投票]
★2 HELL(2011/独=スイス)
舞台は2016年。太陽の異常活動により地上は強烈な太陽光により干上がり、人類文明は崩壊した。荒廃した荒野をくたびれた自動車で移動する男と行きずりの若い姉妹が、ガソリンや水・食料を漁り探す生活でその日その日を凌いでいた。そんな彼らは複数の無法集団に襲われ捉えられてしまう。一体彼らの運命はどうなってしまうのだろうか?
考古黒Gr (2019年01月05日)
[投票]
★2 ル・コルビュジエとアイリーン 追憶のヴィラ(2014/ベルギー=アイルランド)
1920年代。家具のデザイナーとして成功していたアイリーン・グレイ(オーラ・ブラディ)は、恋人のジャンの勧めで建築を手がけることに。「二人で住む家」として作られた、南仏の海辺に建てられたヴィラ「E.1027」。ジャンの友人でもあった近代建築の巨匠として後に知られることになるル・コルビュジェ(ヴァンサン・ペレーズ)も、絶賛するものの、自分が提唱する近代建築の五箇条をも超える作品に、心穏やかではなかった。やがて嫉妬は憎しみへ変わり、そして「事件」が起きる・・・。 [more]
プロキオン14 (2019年01月05日)
[投票]
★3 COMET コメット(2014/米)
LAの公園。彗星落下の天体ショーを見ようと集まった人の列でデル(ジャスティン・ロング)はキンバリー(エミー・ロッサム)と出会った。彼氏と2人で来ていたキンバリーをデルは強引に口説く。最初は拒否反応を示していたキンバリーだが公園内の各所で波状攻撃的に仕掛けられるデルの猛攻に徐々に心を開くのであった。そんな2人の別れてはまたくっつく6年間の変遷を幾つかの場面を錯綜させながら描いていくのだが…。サム・エスメイルの長篇劇場映画デビュー作。
けにろん (2019年01月05日)
[投票]
★2 トマトのしずく(2012/日)
美容院の店長さくら(小西真奈美)は、年下の従業員・真(吉沢悠)との結婚を控えてアツアツの関係だが、なぜかそのことを伝えるべき父親の辰夫(石橋蓮司)のことについて頑なに口をつぐんでいた。明るい性格に似ず、父のことを訊くたびに頬を強張らせるさくらには内緒で、真は辰夫のもとに結婚式の案内状を郵送する。真の知らない過去、さくら(田邉歩 / 杉山優奈)は口下手な父(三浦誠己)と彼をフォローする優しい母(中村優子)に囲まれて日々を送っていた。だが、母は病のため若くして倒れ、さくらの愛する自家製のトマトを遺して逝ったのだ。そして父は、母のいない家庭菜園から苗を根こそぎ引き抜くという行動に出た。〔91分〕 [more]
水那岐 (2019年01月04日)
[投票]
★5 マニラ・光る爪(1975/フィリピン)
地元の有力者クルス夫人の推薦で、天真爛漫な村の娘リガジャは、家族と友人を後に残して、首都のマニラへ働きに出る。その婚約者で漁師のフリオは、程なく消息不明になった恋人の身の上を案じて後を追うように上京する。初めての大都会で一介のお上りさんを待ち受けていたのは経済不振に苦しむ国の過酷な現実だった。当座を凌ぐために最下辺の仕事を転々とするうちに青年の希望は無残に砕けてゆく。執念深い探索の果てに、ついに恋人の身に何が起こったのか発見した時、フリオにはもうひとつの選択肢しか残されていなかった。
濡れ鼠 (2019年01月04日)
[投票]
★4 垂直のまま(2016/仏)
狼の生態に興味を抱いてロゼール県の高原を訪れていた脚本家のレオは、羊飼いのマリと出会い、直ちに惹かれ合う。マリは父親の牧場に居候しながら、女手一つで二人の子供を育てていた。レオは牧場に住み着き、じきにマリはレオの子を身籠る。出産後マリはレオの愛情に自信を失い、赤子を牧場に預けたまま町で人生をやり直そうとする。一方、レオはあてどないドライブの最中に目をつけた美少年のことが忘れられないでいた。一向に捗らない執筆と男一人の子育てのジレンマに引き裂かれながら、レオの性生活とキャリアが試練に晒される。大自然の懐に抱かれて境界がぼやけてゆく性の遍歴を、シュールレアルに綴った自虐コメディの異色作
濡れ鼠 (2019年01月04日)
[投票]