コメンテータ
ランキング
HELP

新着あらすじ(2/20)

★4 ユー・エス・ゴー・ホーム(1994/仏)
ベトナム反戦運動が竹縄の頃のパリ近郊。14歳のマルチンは、米軍基地の近くの高層団地で育った。同級生に出遅れないよう、処女を失おうと躍起になっている。そんなある日、一足先に初体験を済ませたマルレンと一緒に、同じ年頃の男女ばかりが集まるパーティに招かれる。ところが会場に入ると、見掛けるのはダサい連中ばかり、流れる音楽もうんざりさせられる。なぜか親も姿を見せたので、尻尾を巻いて退散する。次に乗り込んだパーティで、マルレンの兄のアランと鉢合せになる。アランは妹が下心見え見えの野郎共といちゃつくのを喜ばない。他方で、どさくさに紛れてマルチンとキスしたりする。朝方に二人は帰途につくが、途上でエンストを起こして立ち往生するクールな米軍将校と出会う
濡れ鼠 (2018年06月29日)
[投票]
★4 バスターズ 悪い奴ほどよく眠る(2013/仏)
巨大タンカーの船長のマルコは、妹から一報を受けて、急遽デュバイで下船し、パリ行きの便に搭乗する。妹の夫でありマルコの親友でもあるジャックが拳銃自殺したのだ。さらに、妹夫妻の娘が不感無覚のまま全裸で深夜の路上を彷徨っているのを発見される。取り乱す妹の前で、マルコは義弟を追い詰めた者へ復讐を誓う。一か月後、マルコはパリの閑静な地区にある建物に入居する。そして玄関ホールで偶然を装って、幼い息子を伴う美しい婦人と面識を持つ。彼女は階下に子供と二人で暮らしているが、老紳士が人目を忍んで出入りするのが目撃される。マルコはその男がジャックの共同経営者であることを調べ上げていた。やがて彼は姪の強姦事件にも二人が関わっていたのではと疑うようになる
濡れ鼠 (2018年06月29日)
[投票]
★4 ナイト・スリーパーズ ダム爆破計画(2013/米)
環境運動家のジョシュとディナは、小型ボートを用意して元海兵隊員のハーモンと落ち合う。三人は大型スーパーで化学肥料を購入し、自家製の時限爆弾をこしらえる。山間のダムに夜闇に乗じてボートで侵入し、堤防に爆弾を仕掛けるというのが計画だった。三人は高台に避難して爆破を見届けた後、まんまと警察の検問をくぐり抜けて帰途につく。翌朝、ジョシュは何食わぬ顔をして同僚に合流し、共同農場での生活を再開する。数日後、ハーモンから電話があって、やっかいな事態が持ち上がったと告げられる。ダム決壊の際に起こった氾濫水に巻き込まれて、下流で行方不明者が出ていることは連日報道されていたが、罪悪感にかられたディナが、警察に自首すると言い出したのだ。
濡れ鼠 (2018年06月28日)
[投票]
★5 リバー・オブ・グラス(1994/米)
90年代のフロリダの田舎町。コージーは、欲求不満を抱えた30代の主婦だ。夫にも子供にも愛情を抱けないでいる。ある日、憂さ晴らしに地元の酒場へ出かける途中で、乱暴運転する車に轢かれそうになる。車から出てきたのはリーという名の風采のあがらない男。刑期を終えて表にでてきたばかりだ。お詫びに一杯おごると提案されて、コージーは快く承諾する。ほろ酔い加減になったコージーは、リーが温めていた押し込み強盗の話に、嫌な顔一つせずに、耳を傾ける。ところが現場まで随伴してみると、リーが道端で拾ったという拳銃が肝心な時に暴発してしまう。咄嗟に家主を射殺したと思い込む二人。かくして、それまでの人生を全て背後に残して、中年カップルのあてどもない逃避行が始まった
濡れ鼠 (2018年06月30日)
[投票]
★3 レディ・バード(2017/米)
クリスティン(シアーシャ・ローナン)は、自らを「レディバード」と呼ぶ高校生。地元サクラメントの事を退屈な町だと思い、優しい父は失業中、厳しい母( ローリー・メトカーフ)は自分のことを嫌っていると思っていた。ある日、親友のジェシーと共に訪ねた演劇クラブで、かっこいい男の子ダニーを見つけて恋をした。演劇クラブに参加した彼女はダニーと交際が始まる。演劇の発表会は成功したが、打ち上げパーティで、ある秘密を知ってしまい、ショックをうけるが・・・。
プロキオン14 (2018年06月26日)
[投票]
★4 ぼくらと、ぼくらの闇(2017/米)
ザックとジョシュは物心がついた頃からの親友だ。親の目を盗んで大麻を吸っては、気になる女の子の噂話に興じたりする。嫌がらせをしてくる不良集団もいたが、概ね平穏な毎日だった。ある日、スーパーの店先で、小学校のときの知人にばったり出会う。久しぶりに見るダリルは、言葉遣いが下品で乱暴粗略なところがあり、ジョシュは強い反感を抱く。しかしザックがまんざらでもない様子なので、週末を一緒に過ごす約束をする。ダリルは、ジョシュの家で、従軍中の兄が所有する日本刀を見せられて有頂天になる。ダリルが食い下がるので、ジョシュは試し切りするのを承諾する。四人は格好の場所を探しに野山へ繰り出すが、復路を辿る頃には後戻りできない地点を既に乗り越えてしまっていた
濡れ鼠 (2018年07月01日)
[投票]
★4 笑う窓の家(1976/伊)
その筋で名を知られたステファノは、フレスコ画の修復を依頼されて、北イタリアの寒村を訪れる。それは聖セバスチャンの殉教を題材にしたもので、破損の著しい教会の内壁に残されていた。ステファノは、画家の姉妹がかつて住んでいた古屋敷に腰を据えて、本格的に仕事に取り掛かる。美人の小学校教師とも昵懇になり、滑り出しは順調に見えた。しかし、間を置かずして、嫌がらせの電話を受けるようになる。教会の壁画は呪われているので関わり合いになるなというのだ。同じ頃、村人の口の端に上る奇妙な噂が耳に飛び込んでくる。何でも殉教画の作者は、悪魔と契りを交わしており、作品の完成のために姉妹の助けを借りて人身御供を行っていたというのだ。そして、最初の殺人が起こる
濡れ鼠 (2018年06月26日)
[投票]
★5 三人の仲間(1938/米)
第一次世界大戦の終戦間もないベルリン。生死の境を共にした三人の戦友が共同出資して、自動車の修理工場を立ち上げようとする。しかし、失業率がうなぎ登りの不況にあって、見通しは明るくない。夜な夜な三人は、戦火の爪痕が生々しい首都の通りをそぞろ歩いては、場末のキャバレーで酒を酌み交わし、新たな時代の夜明けの戯れ歌に敗戦の痛みを洗い流そうとする。血よりも濃い絆で結ばれていることを自負する仲間だったが、じきに、別の、よりやっかいな情熱も共有することになる。幸か不幸か、三人もろとも、同じ一人の歌姫と恋に落ちてしまったのだ。
濡れ鼠 (2018年06月26日)
[投票]
★4 魔界からの招待状(1972/英=米)
互いに面識のない5人の男女が、ツアーグループに参加して地下墓所を訪れる。とば口に入る前に、途中で洞窟が枝分かれしているので気をつけるようにと警告されるが、すぐに他の団体客からはぐれて道に迷ってしまう。どうやら袋小路に突き当たったらしい。奥の開けた場所に、5人の到来を待ち構えたようにして、謎めいた風貌の老人の姿があった。そして、厳かな口ぶりで告げるに、各々の死に様が手に取るようにわかるのだという。かくして、良心に恥じるところがある5人の罪と罰の物語が、恐るべき委細を尽くして明らかにされる。ECコミックの恐怖漫画を原作にした全5作品のオムニバス。
濡れ鼠 (2018年06月25日)
[投票]
★4 焼肉ドラゴン(2018/日)
万博開催の日が迫る大阪。ここに空港の騒音に晒された在日韓国人の集落がある。そのなかで料理人・龍吉(キム・サンホ)の構える店「焼肉ドラゴン」は毎日男たちのたむろする名物店となっていた。切り盛りする妻の英順(イ・ジョンウン)のもと、美人三姉妹の静花(真木よう子)、梨花(井上真央)、美花(桜庭ななみ)が客を呼び、中学生の末息子・時生(大江晋平)をも抱える騒がしさの絶えない店だ。常連のひとり哲男(大泉洋)は梨花を嫁にもらおうとするが、些細なことで彼女との喧嘩が続く。そのくせ彼は静花に言い寄る大樹(ハン・ドンギュ)に反感を露わにするのだった。そんな店に、経済成長の大波が忍び寄ってくる。〔128分〕
水那岐 (2018年07月11日)
[投票]
★3 アトラクション 制圧(2017/露)
モスクワ。女子高生ユリア(イリーナ・スタルシェンバウム)は友人スヴェタ(ダリヤ・ラドノク)や恋人チョーマ(リナル・ムカメトフ)と一緒に隕石群を見に行こうとして父親で軍高官のレベデフ( オレグ・メンシコフ)から叱責を受ける。父娘2人暮らしの鬱屈はユリアを反抗気分に駆り立てこっそり家を出るのであった。その頃、フィンランド上空に未確認飛行物体が飛来。レデベフは国家防衛管理センターに急行するが、為す術なく予定ではモスクワに墜落しそう。一方、スヴェタに部屋を借りてチョーマと何してたユリアは衝撃にさらされる。そして、屋上で1人流星を眺めていたスヴェタを物体が直撃した…。ロシア製SF大作。
けにろん (2018年06月24日)
[投票]
★4 30年後の同窓会(2017/米)
2003年。しがないバーを営む酒浸りの独身男サル(ブライアン・クランストン)の店にベトナム従軍時代の戦友ドク(スティーヴ・カレル)がひょっこり現れた。さらにドクはサルを誘い、牧師になった黒人兵のミューラー(ローレンス・フィッシュバーン)のもとを訪ねる。そこでドクは、イラクで戦死した一人息子の遺体の引き取りと埋葬に立ち会って欲しいと2人に頼むのだった。1年前にも妻に先立たれ孤独のどん底にいるドグ。理不尽な体験から軍の権威主義を嫌うサル。女好きで暴れん坊だったが、今は神の教えを説き良識に生きるミューラー。30年の時が生んだ溝を互いに感じつつも3人の小旅行は後悔と笑いと輝きに包まれるのだった。(125分)
ぽんしゅう (2018年06月24日)
[投票]
★4 戦火(1958/米)
ブランドン大尉は、米軍の航空輸送隊に属するベテラン飛行士だ。中国全土で拡大中の抗日ゲリラに向けて空からの物資支援を指揮する。部下と一緒に基地にいないときは、大抵場末の外人バーに入り浸っていた。或る晩、酒気を帯びて表へ出ると、一人の老人が手ぐすね引いて待っていた。娘を身売りしたいのだという。大尉は軽い気持ちで話に応じるが、純朴そうな娘の顔を見るなり心変わりする。翌朝寝室で目を覚ますと神妙な顔をした乙女が傍らに控えていた。ブランドンは雑役の少年に命じてただちに追い払おうとする。しかし、中国滞在の長い友人のケイルン牧師によって、娘が内戦で没落した旧家の出であること、既に支払われた三か月の契約期間を終えるまで親元に戻れない事情を説明される
濡れ鼠 (2018年07月11日)
[投票]
★4 怪しい彼女(2014/韓国)
70歳のマルスン婆さんは、生まれは良かったものの若くして夫と死別して極貧に転落し、女手ひとつで息子を育ててきた。今や息子は国立大学の教授にまでなり、かわいい孫にも恵まれた。けれど叩き上げで身についてしまった毒舌と生き抜くための苦労で恨みを買った相手も多く、もとの奉公人のパクを除いて皆に嫌われている。ある日、マルスンの毒舌に耐えかねて息子の嫁が自殺を図る。居場所を無くしたマルスンは、家を出て、ふと目に入った写真館で遺影にと写真を撮ってもらう。写真館を出たマルスンは、何と20歳に若返った自分に気づくのだった…。多部未華子が主役を演じた日本版の他、中国、タイ、ベトナムでリメイク版が公開され、いずれもスマッシュヒットとなった。インドネシア、インド、ハリウッドなどでもリメイクが計画されている。
ロープブレーク (2018年06月23日)
[投票]
★4 ディシジョン・アット・サンダウン(1957/米)
遠路はるばる駅馬車で旅してきた男が丘の麓で仲間と落ち合う。男の名はバート・アリソン。一足先に偵察中の友人サムから、3年間血眼になって行方を捜していた相手が西部の田舎町にいるとの確認をとったのだ。その男、テート・ブリスブローは、一帯で飛ぶ鳥を落とす勢いの名士として知れ渡っている。さらにアリソンにとって腹立たしいことに、町一番の資産家の娘との挙式が翌日に迫っていた。実は二人の間の因縁は一人の女に端を発していたのだ。バートは通りすがりの者を装い、サムが準備した馬に跨って土煙が舞い上がる町へ乗り込む。すぐにアリソンは、ブリスブローが金にものをいわせて町の保安官を篭絡しており、お抱えの無頼漢どもが通りで睨みを利かしていることを知る
濡れ鼠 (2018年06月30日)
[投票]
★3 シャドーマン(1974/仏)
中世の秘密結社の研究家として名高いボレゴ伯爵は、金に目が眩んだ使用人に裏切られて、真紅の覆面の怪人の訪問を受ける。自分もそのメンバーであるテンプル騎士団の財宝が、おとぎ話でなく実在することを嗅ぎつけられたのだ。その謎の男は、欲しいものを手にするためには手段を選ばない犯罪組織の頭領で、狂気の天才科学者の協力を得て死霊の暗殺部隊を編成しようとしていた。覆面の男の脅迫を拒んだ結果、ボレゴ伯爵は帰らぬ人となる。叔父の不幸を知って急遽帰国した甥のポールは、恋人のマルチンの紹介でアマチュア探偵のセラフィンを雇って真相に迫ろうとする。一方、同志の一人を失ったテンプル騎士団は緊急の集会を開き、血で血を洗う復讐を誓う
濡れ鼠 (2018年06月23日)
[投票]
★3 愛の化石(1970/日)
羽田空港。ベトナム帰りのカメラマン日比野(高橋悦史)は、ふと見上げた建物に赤裸々な感情を露わにする女を見つけ、その顔を連写した。日比野を迎えた恋人の雑誌記者ジュン子(渚まゆみ)は、さっそく彼に懸案の仕事を持ってくる。今をときめくトップデザイナー、沢由紀(浅丘ルリ子)に一週間密着し、その素顔を撮ってゆく仕事だ。日比野は由紀と対面し、彼女が空港で見た女であると知るが、雑誌掲載する前に写真を確認させよと条件をつけられて鼻白む思いをする。日比野の前にいる由紀は自然な顔を欠いていたのだ。一方、由紀はスポンサーの原田(田宮二郎)に「碧川」という男を忘れよと助言されるが、彼女の頭はその男でいっぱいになっていた。〔99分〕
水那岐 (2018年06月22日)
[投票]
★3 沈黙の断崖(1997/米)
親友が死んだ。同職の環境保護庁の調査官、ジャック・タガート(S.S)は親友が調査中事故死したと聞かされる。友は、有害産業廃棄物を閉鎖炭鉱に不法投棄しているらしいとの情報を調べていた。ジャックは調査を引き継ぎ、早速ケンタッキーの田舎町ジャクソンに、飛ぶ。具体的な投棄場所と犯人をつきとめ、証人を探す為だ。(まだ続きます) [more]
KEI (2018年06月21日)
[投票]
★4 泥棒役者(2017/日)
少年院を卒業し、はじめ(関ジャニ∞:丸山隆平)は溶接工として真面目に働いていた。彼女(美沙:高畑充希)も出来た。そんなある日、昔の泥棒のアニキ則夫(宮川大輔)が目の前に。‘昔の事をバラされたくなかったら、仕事を手伝え’。そして、二人が忍び込んだのは、絵本作家の前田(市村正親)の豪邸だった。玄関のカギが開いていて、そのまま入った2人だったが、物色中に突然、前田が現われる。(もう少し続きます) [more]
KEI (2018年06月21日)
[投票]
★5 それから(2017/韓国)
小さな出版社の社長で文芸評論家のボンワン(クォン・ヘヒョ)は、妻(チョ・ユニ)から浮気を疑われていた。そんなボンワン社長の会社に職を得た小説家志望の若い女性アルム(キム・ミニ)が初出勤してきた。一気に距離を縮めようとする社長に、少し戸惑を覚えるアルム。その日の午後、浮気の証拠をつかんで乗り込んできた社長の妻に、彼女は愛人と間違われいきなり殴られてしまった。その夜、お詫びのために社長がアルムを誘った酒席に、元社員で本当の不倫相手のチャンスク(キム・セビョク)が現れる。それから・・・・。夏目漱石の代表作に題名を借りたポン・サンス監督、脚本のダメ男の不倫ドラマ。(モノクロ/91分)
ぽんしゅう (2018年06月21日)
[投票]