コメンテータ
ランキング
HELP

新着あらすじ(4/20)

★5 きみの鳥はうたえる(2018/日)
夏が終わろうとする函館。「僕」にはこの夏がいつまでも続くような気がしていた・・・。本屋のアルバイト店員の「僕」(柄本佑)は仕事に対してものぐさであまり評判がよくない。そんな「僕」が、ふとしたきっかけで店長(萩原聖人)と噂のある同僚の佐知子(石橋静河)と関係を持ってしまった。その日から佐知子は、「僕」と失業中の静雄(染谷将太)が同居するアパートを訪れるようになった。そして、3人は毎晩のように酒を飲み、ビリヤードをし、クラブで踊り刹那的に日々を過ごし続ける。屈託なく戯れるように遊びまわる3人だが、それぞれの心のなかには、それぞれの思いが芽生え始めていた。原作は佐藤泰志の同名小説。(106分)
ぽんしゅう (2018年09月19日)
[投票]
★4 リグレッション(2015/スペイン=カナダ)
1980年代アメリカで悪魔崇拝儀式が多数告発された。その中の一つの事件を題材に『アザーズ』のアレハンドロ・アメナーバルが映画化。1990年ミネソタ、教会に一人の17歳の少女エマ・ワトソンが逃げ込み、父親に虐待されたと訴えた。事件を担当した刑事イーサン・ホークは父親を取り調べる。彼は娘がそういうのならと有罪は認めたものの事件の記憶はないと供述した。刑事は心理学者の協力を得て封印された過去の記憶を催眠療法で呼び起こす「退行=リグレッション」を試みる。そこで語られたのはおぞましい儀式の一端であった…(106分)
シーチキン (2018年09月19日)
[投票]
★4 アントマン(2015/米)
仕事も家庭も失った刑務所帰りのスコットはある日、窃盗団に加わり豪邸に忍び込む。そこで盗んだスーツを着てみると身体が蟻のように小さくなった。スコットはこのスーツを開発したピムからある陰謀を阻止するよう言い渡される。愛する娘のため、スコットはアントマンとして協力することを誓うのだが......。
IN4MATION (2018年09月18日)
[投票]
★4 劇映画 沖縄(1970/日)
第一部「一坪たりともわたすまい」は昭和三十×年の米軍沖縄基地拡張による平川部落の土地強制接収と住民の離散を、第二部「怒りの島」は昭和四十×年の軍労働者ら住民の反米軍抗議活動を描く。間に「休憩」が入る二部形式。劇映画「沖縄」製作上映委員会製作。モノクロ・スタンダードサイズ。189分。
寒山 (2018年09月16日)
[投票]
★5 テル・ミー・ライズ(1968/英)
1968年、ロンドン。ベトナム戦争の悲惨に気づき、抗議の声を上げた若者(マーク・ジョーンズ)たちの葛藤を通じて、大衆デモや署名活動、反戦演劇や朗読会、英国の議員や米国の黒人活動家、焼身自殺で抗議する僧侶や民間人、徴兵拒否家族、脱走兵ほう助活動の実態をドキュメンタリーとして描きながら皮肉たっぷりの歌と芝居で挑発するフィクションパートで構成したセミドキュメンタリー。同年のカンヌ映画祭に出品されたが上映取消しに。一方、ヴェネツィア映画祭では審査員特別賞とルイス・ブニュエル審査員賞を受賞。英国、米国で限定的に公開されたのち本編が行方不明になるも2011年に発見された劇作家で映画監督のピーター・ブルックの問題作。(98分)
ぽんしゅう (2018年09月27日)
[投票]
★5 地の果てを行く(1935/仏)
ピエール・ジリエト(ジャン・ギャバン)はパリで人を殺し、スペインのバルセロナへ逃げて来る。そして場末のフロアーダンスショーをやっているいかがわしい酒場で、身分証明書の入った財布を盗まれてしまう。警察へ届けもならず、結果2日間飲まず食わずの彼は、町の張り紙‘外人部隊募集。身分証明書不要。’を見て、飛びつく。合格した同期のミュロとはウマが合ったが、リュカという男とは「おごるぜ」と言われても嫌な感じが付きまとった。(まだ続きます) [more]
KEI (2018年09月11日)
[投票]
★5 たそがれの女心(1953/仏)
時は近世。貴族の社交界が、華やかなりし頃のパリ。浪費家の伯爵夫人ルイーズ(ダニエル・ダリュー)は借金の為夫の結婚祝いの首飾りを、こっそり出入りの宝石商レミーに売り払ってしまう。そして夜観劇中に「あら、無いわ。どこで落としたのかしら?」と夫伯爵(シャルル・ボワイエ)に言う。散々探すが、ある訳もなく、劇場側も‘探しておきます’となる。が、新聞に‘劇場で盗難事件’と記事が出る。それを見たレミーは、大事になってはいけないと、伯爵に注進に及ぶ、「実は・・・」。伯爵は、分かったと言って、その首飾りを買い戻す。そして妻に、何処かで無くしたのだ、諦めなさいと言うのだった。(まだ続きます) [more]
KEI (2018年09月11日)
[投票]
★3 TAXi4(2007/仏)
今回のサプライズVIPはジブリル・シセ。シセをオランピック・ドゥ・マルセイユのホームスタジアムに送り届けたタクシードライバー・ダニエルは、マルセイユ警察のエミリアンと共にサッカー場に子供たちのサッカー見学に出かけた。仕事に戻ったエミリアンには大きな仕事が待っていた。武装強盗53件、殺人の共謀122件、全欧州から指名手配されている「ベルギーの怪物」をジベール署長と共に引き取りに行くことになるのだが......。
IN4MATION (2018年09月11日)
[投票]
★4 判決、ふたつの希望(2017/レバノン=仏)
中東にあってキリスト教徒が国民の4割を占めるレバノン。自動車修理工場を営むトニー(アデル・カラム)はキリスト教系の急進政党の熱狂的支持者だ。一方、パレスチナ難民のヤーセル(カメル・エル・バシャ)は優れた知識を買われ建築会社の現場監督を任されていた。ヤーセルが市から委託された違法建築の補修事業で、パレスチナ人に反感を抱くトニーの家の補修作業をしたところ暴言を吐かれ妨害されてしまう。かっとなったヤーセルも悪態をついてしまった。そんな小さな諍いが法廷へと持ち込まれメディアの注目を集めるに至り、民族、宗教、内戦時代の禍根を巡る対立となって暴動へと発展してしまう。敵対する者の心に潜む深い傷とは・・(113分)
ぽんしゅう (2018年09月09日)
[投票]
★5 寝ても覚めても(2018/日)
朝子(唐田えりか)はある日ふと出会った不思議な魅力を持つ男、麦(ばく)(東出昌大)と恋に落ち夢のような愛の日々を過ごすが、麦は突然朝子の前から姿を消してしまう。それから二年、東京に移り住んだ朝子の前に麦と瓜二つの男亮平(東出昌大・二役)が現れる。とまどいながらも彼と再び恋に落ちた朝子は亮平との結婚を決意するが、その矢先ビルの広告に俳優となった麦の姿を見つけるのだった...柴崎友香の同名小説を濱口竜介監督が映画化。119分。
サイモン64 (2018年09月09日)
[投票]
★4 Bao(2018/米)
彼女(シンディ・ラウ)がせっせと中華饅頭を作って蒸籠で蒸していると中から鳴き声が聞こえてきた。おそるおそる中を覗くと饅頭に手足が生えて産声をあげてるのだ。抱え上げた彼女は抱っこして饅頭赤ちゃんを育て始めるのであった。饅頭はすくすくと育ちやんちゃ坊主となっていく。そんな饅頭を彼女は危険から守るため身を呈することも厭わないのであった。やがて、饅頭は思春期を迎え彼女に反抗するようになっていくが…。ディズニー/ピクサー初の女性監督作にして、初のアジア人監督作。『インクレディブル・ファミリー』併映の短篇。
けにろん (2018年09月05日)
[投票]
★4 うたかたの戀(1936/仏)
19世紀の末。オーストリア=ハンガリー帝国の皇太子ルドルフ(シャルル・ボワイエ)は享楽に溺れる王室に反意を抱いて社会主義運動に身を投じたりしたが、宰相ターフェ(ジャン・ドビュクール)の策略でベルギー皇女と意に沿わぬ結婚をさせられる。失意から酒と女にのめりこむルドルフであったが、ある夜、憂さ晴らしに出かけた祭でマリー(ダニエル・ダリュー)という清楚な女性と知り合うのであった。彼女のことが忘れられないルドルフはオペラ観劇の席でその姿を見つけるのであったが…。世間を賑わせた一大皇室スキャンダル「マイヤーリング事件」を題材にしたクロード・アネの小説の映画化。
けにろん (2018年09月05日)
[投票]
★4 ビューティフル・デイ(2017/英)
戦争でトラウマを負ったジョー(ホアキン・フェニックス)は失踪少女の捜索請負稼業で日々を過ごしていた。母(ジュディス・ロバーツ)と2人暮らしの彼は世間との接触を断ち仲介役のエンジェル(フランク・パンド)とのみ連絡をとる。そんなある日、上院議員ヴォット(アレックス・マネット)から娘ニーナ(エカテリーナ・サムソノフ)の捜索依頼がくる。捜索を開始したジョーはほどなく少女買春組織で彼女が働いていることを突き止める。例によってホームセンターで購入したハンマーを手に彼は売春宿に潜入するのだが…。2017年カンヌ国際映画祭、男優賞・脚本賞受賞のリン・ラムジー6年ぶりの監督作。
けにろん (2018年09月01日)
[投票]
★4 歌うつぐみがおりました(1970/グルジア)
グルジア(2015年の国名変更により‘ジョージア’であるが、製作年を鑑みグルジアと表記する)の首都トビリシ郊外、野原で曲想を考えている主人公ギア。やがて街を歩き、女性に声をかけ、無視される。一方、オペラ劇場では楽団がワーグナー「ワルキューレの騎行」を演奏している。マネージャーがギアを探し回っている。彼はティンパニー奏者なのだ。劇場に着いた彼は、先程とは別の女性を連れており、衣装室に待たせ、上着をひっかけて、小口からひな壇へ。そして最後の小節に間に合う。(まだ続きます) [more]
KEI (2018年08月31日)
[投票]
★5 銀の靴(1951/英)
スコットランドのエジンバラで毎年開かれる芸術祭。色んな催し物の中に、ここマーキューリー劇場では、興行主のフロスト(シーザー・ロメロ)が米より招いた新しいブロードウェイダンスを上演していた。が、借金で首が回らない。そんな劇場のコーラスガールの1人がジャネット(ヴェラ・エレン)だった。ある日、彼女は遅刻しそうになって、アパートを飛び出ると、来た車を止める。「乗っけて」と厚かましく乗り込み、劇場まで送ってもらう。こっそり練習中の舞台に上がるが、フロストに見つかり叱られ、それなら辞めると舞台を下りる。その時、受付では先程の車の運転手が来ていた。(まだ続きます) [more]
KEI (2018年08月31日)
[投票]
★3 マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー(2018/米)
エーゲ海。母ドナ(メリル・ストリープ)の夢を受け継いだ娘ソフィ(アマンダ・サイフリッド)は、この地にホテルを開いた。だがその一方で、ソフィの夫スカイ(ドミニク・クーパー)は彼女に都会で働こうと持ち掛ける。いまだ迷いのなかにあるソフィは、かつて母ドナはどう行動していったかを考えるのだった。過去のドナ(リリー・ジェームス)は大学卒業後、親友たち(アレクサンドラ・デイヴィーズ /ジェシカ・キーナン・ウィン )の激励を受けつつ理想を追っていた。そしてエーゲ海への旅のなかで、彼女はその後自分の生活を左右する3人の男たちに出会うのだった。2008年の正編に続く、ABBAのナンバーに彩られたミュージカル。〔114分〕
水那岐 (2018年08月31日)
[投票]
★1 祈りの幕が下りる時(2018/日)
明治座に幼馴染みの演出家を訪ねた女性が「越川睦夫」という謎の男の家で遺体で発見された。捜査を担当する松宮は、5km離れた河川敷で焼死体で発見された男との関連を疑い、その遺品の中から日本橋を囲む12の橋の名前が書き込まれたカレンダーを発見する。そのことを従兄弟である加賀恭一郎に伝えたところ、加賀も同じ情報を握っていた。ただ、その情報源は死んだ自身の母の遺品の中からだった。ここに、加賀が日本橋に「新参者」としてやってきた謎が明かされる。
IN4MATION (2018年08月27日)
[投票]
★3 検察側の罪人(2018/日)
雫井脩介の同名小説を木村拓哉二宮和也共演で映画化。若手検事・沖野二宮和也は東京地検に配属となり心酔するエリート検事最上木村拓哉と共に老夫婦強盗殺害事件の初動捜査から立ち会うことに。そしてその事件の重要参考人の中に最上はかつて時効になった女子高生殺害事件の最有力参考人・松倉の名前を見つける。その事件の警察側の責任者は過去の事件にも関わっており捜査本部は松倉を今度こそと意気込むが、その動きを沖野の補佐事務官橘吉高由里子は「冤罪では」と危ぶみ、沖野も不安に思う。しかし最上は松倉を今度こそ裁くと・・・(123分)
シーチキン (2018年08月26日)
[投票]
★5 センセイ君主(2018/日)
「彼氏が欲しい!」恋にあこがれる16歳の"佐丸あゆは"(浜辺美波)は、想えど実らぬ失恋街道まっしぐら。でも突如現れたイケメン担任教師 弘光由貴(竹内涼真)に「絶対落として見せます」宣言からの「芸術祭の夜キスをして永遠に結ばれる」ため、友人 中村葵(川栄李奈)とその恋人アオちゃん(矢本悠馬)の応援も得て奮闘努力の日々なのだが、弘光には柴門秋香(新川優愛)、"あゆは" には澤田虎竹(佐藤大樹)という幼なじみがそれぞれいて、胸に秘めたまなざしを向けていた。"あゆは" の恋の行方は、そして弘光の夢とは... 幸田もも子同名漫画の実写映画。劇中歌の "Over Drive", エンディングの "I want you back" がみずみずしい花を添える。
サイモン64 (2018年08月26日)
[投票]
★4 劇場版 はいからさんが通る 前編 〜紅緒、花の17歳〜(2017/日)
大正の世。士族の家に育まれた花村紅緒(早見沙織)は自由主義に則った恋を夢見るじゃじゃ馬娘だった。そんな彼女の危機を、ひとりの若い目元涼やかな将校が救う。彼こそは伊集院少尉(宮野真守)、紅緒の許婚者として決められた男だった。認められるものかと、紅緒は自分を慕う幼馴染みの蘭丸(梶裕貴)と駆け落ちに走るが未遂に終わる。それでも彼女を諦めない少尉に愛想を尽かさせよう、と伊集院家に向かい狼藉の限りを尽くす紅緒だったが、いつしか彼への恋心を隠せない自分に気づいていた。だが、ロシアとの紛争が勃発、少尉はシベリアへの出兵が決まる。大和和紀の原作連載40周年記念映画。〔97分〕
水那岐 (2018年08月26日)
[投票]