コメンテータ
ランキング
HELP

新着あらすじ(5/20)

★4 セイウチの話(1970/チェコスロバキア)
旅行から家に戻ってきた大きなクマと小さなクマだが、いつもの池に見慣れない生き物がいるのを見つける。それは、大西洋を越えてきたというセイウチだった。
Yasu (2018年04月09日)
[投票]
★4 祖谷物語 おくのひと(2013/日)
徳島県の祖谷。急峻な斜面に民家が点在する山里だ。その奥深い地で、鹿を撃ち、木を伐り、畑を耕し暮らす男(田中泯)がいた。男は冬の山中で事故に合い九死に一生を得た赤ん坊を拾う。その娘、春菜(武田梨奈)も今は高校生になり、男を「おじい」と慕い家事や畑仕事をこなし、電気もガスもない山奥の家から毎日急斜面を長時間歩いて町の学校に通う生活をしていた。そんな山奥に、東京から工藤(大西信満)が流れ着くようにやってきた。工藤は、おじいと春菜の暮らしをみて、自分も自給自足の生活を始める。しかし、地元の土木作業員で山の生活に見切りをつけようとしていた青年アキラ(村上仁史)は工藤に批判的な態度で接する。(169分)
ぽんしゅう (2018年04月09日)
[投票]
★3 ゼロの未来(2013/英=ルーマニア=仏=米)
近未来。コーエン・レスは破産した教会を買い取って住んでいる。彼はマンコムという巨大企業の分析官、といえばカッコいいが現実は、出社し、管理官の指示に従ってエンティティ(entity=実在、現状)分析をやらされている存在だ。本当は家に居て、或る電話を待たなくてはいけないのだが・・。休暇申請を却下され、トップのマネ―ジメントに会わせてくれと頼むと、管理官は囁く―明晩のパーティに来ることになっている。猥雑なパーティで、しつこく迫る女ベインズリ−を逃れて、2Fの暗い部屋に行くとマネ―ジメントがいた「君にあるプロジェクトを任したい」。それは今迄誰もがなしえなかったゼロの定理(原題=Zero Teorem)の証明だった。107分。
KEI (2018年04月08日)
[投票]
★4 一日だけの淑女(1933/米)
ギャングのボス、デーブが大取引きを前に「アニーは何処だ」と叫んでいる。この下町でアニーと言えばリンゴ売りの老女のことだ。そのリンゴを買うと、取引きがスムーズにいく、とはデーブのジンクスなのだ。そのアニーは、マーベリーホテルの従業員からホテル名付きの便せんを25セントで買っていた。彼女はそれでスペインの修道院にいる娘に手紙を書く。 ちょっとセレブな気分になって‘今日はパーティがあった’なんて書いてみる。彼女のささやかな秘かな楽しみだった。しかし、ある日その従業員が解雇されたと知る。えっ、娘から来る手紙もホテル気付けになっていて、彼からもらっていたのよ!(更に続きます) [more]
KEI (2018年04月08日)
[投票]
★4 トレイン・ミッション(2018/米)
元警官のマイケル(リーアム・ニーソン)は、毎朝毎晩、同じ列車に乗って通勤する生活を送っていた。顔なじみの乗客も多く、そんな生活を10年続けていた。ある日、勤務する保険会社を突然に解雇される。途方にくれるマイケル。帰宅の途につくが、その時に列車の向かいの席にジョアンナ(ヴェラ・ファーミガ)と名乗る謎の女が座る。女は彼に、大金と引き換えに、その列車の終点まで乗る「ある人物」を探すように依頼される。それは逃れられない恐ろしい陰謀の始まりに過ぎなかった・・・。 [more]
プロキオン14 (2018年04月08日)
[投票]
★3 スイッチバック(1997/米)
家族の帰りを待つベビーシッターが侵入者に殺害され、幼児が連れ去られる。保安官選挙の近いテキサス州アマリロのモーテルで、宿泊客の男とメードの女が猟奇的に殺害される。FBI捜査官のフランク(デニス・クエイド)は連続猟奇殺人犯を追いアマリロを訪れオルムステッド保安官(R・リー・アーメイ)と協力し捜査を進める。ソルトレイクに向かってヒッチハイク中の元研修医レイン(ジャレッド・レト)は、陽気な男ボブ(ダニー・グローバー)に救われ行動を共にする。殺人鬼は何処に、幼児は何処に。
NOM (2018年04月08日)
[投票]
★4 鉄西区(2002/中国)
中国東北部の都市・瀋陽は、かつて大規模な工場群を抱える重工業都市として繁栄していた。しかし、1990年代に入って産業が斜陽化するのに伴い、工場は一つまた一つと閉鎖され、労働者たちは少しづつ街から消えていった。ドキュメンタリー作家ワン・ビンは、DVカメラを手にこの街に入り、1999年から2000年にかけて街の移り変わる様をカメラに収めた。300時間に及ぶ映像素材から、最終的に「第1部・工場(240分)」「第2部・街(175分)」「第3部・鉄路(130分)」の3部構成にまとめあげられた、瀋陽の工場地帯「鉄西区」の記録。2003年山形国際ドキュメンタリー映画祭大賞受賞。[545分/カラー/スタンダード]
Yasu (2018年04月05日)
[投票]
★3 お魚の話(1965/チェコスロバキア)
連れ立って釣りに出かけた大きいクマと小さいクマだが、魚が釣れたのは小さいクマのほうだけ。大きいクマは「その魚はお姫様の変身した姿だよ」と言って食べさせまいとするが…。
Yasu (2018年04月04日)
[投票]
★4 ガリヴァー旅行記(1939/米)
船乗りガリヴァーの南太平洋での真実の物語。1699年11月5日。南緯30度2分の海上で突然、大きな嵐に見舞われ・・・、とある海岸にガリヴァーは打ち上げられる。お城勤めの下男ギャビーは、その時海岸の家路を急いでいた。と、巨大な手を発見。「おお、大男だー」。一方お城ではリリパット国のリトル王のグローリー姫とブレフスキュ国バンボー王のデイビット王子の婚約の儀が行われていた。婚約書、花束、大ケーキの披露・・・。(更に続きます) [more]
KEI (2018年04月04日)
[投票]
★4 バラバ(1961/伊=米)
エルサレム。ピラト総督が民衆を前に話している「イエスは死刑に処せられる」。民衆の中から1人が進み出「風習で、祝祭日には1人に恩赦が与えられます」。ピラトが言う、それは皆が王と呼ぶイエスか、それとも盗賊で人殺しのバラバか。人々が叫ぶ、イエスだ、いやバラバだー。その男バラバは牢獄に居た。やがて兵士が来て、釈放だ、民はお前を選んだ。(続きます) [more]
KEI (2018年04月04日)
[投票]
★3 若草物語(1933/米)
米、南北戦争時代。父は従軍牧師で出征。銃後の4人の娘と母と女中の中産階級のマーチ家。キリスト教団体の慈善活動をする母親。4人姉妹[長女マーガレット(メグ)、次女ジョセフィン(ジョー:K.ヘプバーン)、三女エリザベス(ベス)、四女エイミー]もそれぞれの立場で活動をしている。ジョーはお金持ちの伯母さんに本を読んでやっていた。その伯母さんから皆にと言って4$もらう。何に使おうかとはしゃぐ4人だったが、結局ママにプレゼントしようという事になる。香水、手袋、ハンカチ―喜ぶ母親。食事もいつもより豪華だった。ソーセージ、パン―。しかし母親が言う、とてもお腹を空かせている子供たちがいるの・・・。(更に続きます) [more]
KEI (2018年04月04日)
[投票]
★3 ひばり捕物帖 自雷也小判(1958/日)
江戸。夜半。南町番所与力の渡辺宅を御高祖頭巾<おこそずきん>、振り袖姿の岡っ引き阿部川町のお七が訪ねる。大塩(平八郎)騒動の残党を取り調べたい、と云う。この夜更けに、と思ったが、お七が実は老中 阿部伊予守(尾上)の実妹妙姫であることを知っていた渡辺は、伝馬町の牢に案内する。二人を見送った奥方は、路上に懐紙に包まれた、立派な散らし小判の彫り物がある小柄<=小刀>を見つける。(まだ続きます) [more]
KEI (2018年04月04日)
[投票]
★3 ブレードランナー ブラックアウト 2022(2017/日)
ブレードランナー』から3年後の2022年の世界が舞台。『ブレードランナー 2049』までの「空白の30年」を描く三部作の一編にして唯一のブレードランナー製作スタジオAlcon Entertainment 公認短編アニメーションフィルム。
ロープブレーク (2018年04月04日)
[投票]
★4 2048:ノーウェア・トゥ・ラン(2017/米)
ブレードランナー』の舞台となった2019年から『ブレードランナー2049』までの30年の間に何があったのかを描く短編3部作の第3弾。監督は前作『2036』と同じくリドリー・スコットの息子ルーク・スコット。
ロープブレーク (2018年04月04日)
[投票]
★4 2036:ネクサス・ドーン(2017/米)
ブレードランナー』の舞台となった2019年から『ブレードランナー2049』までの30年の間に何があったのかを描く短編3部作の第2弾。短編第1弾の『ブレードランナー ブラックアウト2022』で描かれた世界を継承して描かれる本作の監督は、リドリー・スコットの息子ルーク・スコットだ。
ロープブレーク (2018年04月04日)
[投票]
★2 人の善意を骨の髄まで吸い尽くす女(2009/日)
売れない女優を続けるダンナ持ちの真歩(山田真歩)は、外面はよいが内心は利己主義の塊であり、出会った者を怒らせる天才と評される女だった。彼女は動画サイトで成功を得た知り合いの話を聞き、ネットドラマで注目を得ようと心を決める。夫の誠(石川誠)の興味がゲームに情熱を燃やす親友のみに向いているなか、真歩は相棒の牧野(牧野琢也)とともに、ドラマ撮影のため地方の街に向かう。ヌーベルバーグは知らずとも映画への有り余る情熱を抱きかかえる真歩は、映画祭主催者に気に入られ撮影は順調に進む。だが、彼女の本性をやがて牧野も思い知らされる時が来るのだった。〔61分〕
水那岐 (2018年04月04日)
[投票]
★4 BPM ビート・パー・ミニット(2017/仏)
1990年代初頭のパリ。エイズがまだ死の病だった時代。HIV感染者や予防への政府や製薬会社の対応の遅さ、さらに世間の根強い偏見に抗議する市民団体アクト・アップが結成された。感染者やその家族ら参加者は、疑似家族的な結束で結びつき活動は民主的に運営されていた。そんななかでもショーン(ナウエル・ペレーズ・ビスカヤート)の実力行使も辞さない行動は世間の注目を集めるが、その過激さに批判的な仲間たちもいた。やがてショーンは陰性の活動仲間ナタン(アーノード・ヴァロワ)と愛し合うようになる。抗議や啓蒙活動を通してHIV感染者たちの葛藤を描く群像劇。BPMとは心拍数や音楽のテンポを表す単位。カンヌ国際映画祭グランプリ(143分)
ぽんしゅう (2018年04月03日)
[投票]
★4 ラッキー(2017/米)
アメリカ南部の田舎町。90歳で一人暮らしのラッキー(ハリー・ディーン・スタントン)の一日が始まる。ベッドを出てラジオをつけてタバコを一服。ヨガの後はジョー(バリー・シャバカ・ヘンリー)の食堂でパズルをして時間をつぶし、牛乳を買ってお気に入りのTV番組に間に合うように帰宅。夜はいつもの酒場で顔なじみたちと過ごす。これがラッキーの日課だ。ところが、ある朝異変に襲われる。それ以来、判で押したような生活に小さな出来事が続き、ついに友人(デヴィッド・リンチ)の遺言の相談にのっていた弁護士(ロン・リビングストン)と口論になってしまう。俳優ジョン・キャロル・リンチの初監督作でH・D・スタントンの遺作。(88分)
ぽんしゅう (2018年04月03日)
[投票]
★3 続・さすらいの一匹狼(1965/伊)
西部。谷の森を行くブレント(G.ジェンマ)。その前に牛の群れと昔馴染みのジル(N・パッツァフィーニ)が現れる。「競売で手に入れた牛だが、お前になら安く売るぜ」。調べると良い牛だ。書類を受け取り、金を渡す。牛を連れて町へやって来ると、牧場主スタンが奥さんと通りかかる。「おおっ、私の牛だ。お前が盗んだのだな!」「言いがかりは止せ。買った書類を見ろ」。さっと目を通すと、「お粗末な偽造書類だ」と破り捨てる。そして、「さっさと返せ。牛泥棒は殺してもいいんだぞ」と銃を抜く。(まだ続きます) [more]
KEI (2018年04月03日)
[投票]
★5 ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男(2017/英)
第二次大戦初期、イギリス議会は混沌のさなかにあった。ドイツ・イタリアとの宥和政策を巡る対立の結果、「嫌われ者」ウィンストン・チャーチルが首相に任命された。ダンケルクに追い詰められた英陸軍30万人の命は風前の灯火、和平か徹底抗戦か、チャーチルの心も揺れる... 日本人メークアップアーティスト辻一弘の特殊メイクを得てチャーチルに扮したゲイリー・オールドマンの渾身の演技が光る。二人はそれぞれ第90回アカデミー賞のメイクアップ&ヘアスタイリング賞、主演男優賞を獲得した。125分。
サイモン64 (2018年04月03日)
[投票]