コメンテータ
ランキング
HELP

新着あらすじ(7/20)

★4 アマンダと僕(2018/仏)
パリ。外国からの短期入居者の案内係で日銭を稼ぐダヴィッド(ヴァンサン・ラコスト)は、案内したレナ(ステイシー・マーティン)という女性を好きになる。デートに誘うことに成功し彼の平凡な日常も華やぐのであった。彼の姉サンドリーヌ(オフェリア・コルプ)は1人娘のアマンダ(イゾール・ミュルトリエ)を育てるシングルマザー。ダヴィッドはアマンダの送り迎えなど姉を助けている。姉弟の母は幼いころに男とロンドンへ放逐。母を憎むダヴィッドにサンドリーヌはウィンブルドン観戦にロンドン行きを提案した。そんなある日、テロ事件が発生するが…。2018年東京国際映画祭、東京グランプリ・最優秀脚本賞受賞。
けにろん (2019年12月25日)
[投票]
★3 チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛(2017/英=米)
チューリップ・バブルのころのオランダ。両親を亡くして修道院でシスタージュディ・デンチの下、孤児として育った主人公アリシア・ヴィキャンデルは、妻と子供に先立たれた豪商クリストフ・ヴァルツに金で買われて妻となる。豪商は子供がほしいが、なかなかできない。その家の女中ホリデイ・グレインジャーと恋仲になった出入りの魚屋ジャック・オコネルはチュウリップ投資に手を出した。豪商が肖像画を書かせるため雇った若き画家デイン・デハーンと主人公は恋に落ちる。
とっつぁん (2019年12月25日)
[投票]
★4 タリーと私の秘密の時間(2018/米=カナダ)
ロン・リビングストン、息子アッシャー・マイルズ・フォーリカ、娘リア・フランクランドと暮らす主人公シャーリーズ・セロンは3人目の子供を身ごもっていた。息子は、「調子外れ」で校長から学校を変わるように言われている。そんな中3人目が生まれると、主人公の裕福な兄マーク・デュプラスから夜間だけのシッターを勧められた。最初は断った主人公だが、3人の子供の面倒に振り回せれ疲弊し、シッターマッケンジー・デイヴィスを受け入れることにする。
とっつぁん (2019年12月25日)
[投票]
★4 スターウォーズ スカイウォーカーの夜明け(2019/米)
クレイトの撤退戦を経て満身創痍の反乱軍は、老レイアの元で再起を図るも劣勢に喘いでいた。絶望と諦めが蝕む中、とどめをさすかのような情報がもたらされる。「未知の星系から未確認の強力な敵艦隊が動きつつある。16時間後の攻撃開始前に叩かなければ全滅は必至である」と。レイは敵の出所を探るため、レイアを師とする修行を終えぬまま、とある遺物捜索に仲間達と動くが、カイロ・レンがレイを暗黒面に引き入れるべく再び追跡を開始し、彼女自身も、暗黒の玉座に自らが就く幻影に囚われていた。最悪の情報はもう一つ。黒幕は、かつて滅びたはずの最大の敵であるのだ、と・・・そして最後の号令が発せられる。遠い昔、遥か彼方の銀河系で、銀河の命運を賭けた最後の戦いが始まった。 [more]
DSCH (2019年12月25日)
[投票(1)]
★4 都会の叫び(1948/米)
キャンデラ警部補(ヴィクター・マチュア)は、幼なじみでありながら悪の道に走り、警官を殺し自らも重傷を負ったローム(リチャード・コンテ)を逮捕した。警部補は別の宝石強盗殺人にもロームは関係しているにらみ病床を密かに訪ねた謎の女ティーナ(デブラ・パジェット)を探し始める。ところが、ロームは病院を脱走。彼を宝石強盗の犯人に仕立てようとした悪徳弁護士(ベリー・クローガー)の元を訪ねる。さらにロームは警部補の追跡を逃れながら、弟(トミー・クック)や情婦のブレンダ(シェリー・ウィンタース)の手を借り、ついに故買商のやり手女(ホープ・エマーソン)の存在を突き止めるのだった。(95分/モノクロ)
ぽんしゅう (2019年12月24日)
[投票]
★5 マリッジ・ストーリー(2019/米)
女優のニコールスカーレット・ヨハンソンと夫で舞台監督のチャーリーアダム・ドライヴァーが離婚するにあたり、弁護士を立てたり子どもの親権について争う姿を描くヒューマンドラマ。ニューヨークに暮らす二人は一見クールでお互い理解しあてえいるようだが、実は長年の不満が溜まっていた・・・。
jollyjoker (2019年12月21日)
[投票]
★4 家族を想うとき(2019/英=仏=ベルギー)
ケン・ローチ監督が事実上の労働者ながら、個人事業主としてフランチャイズ契約に縛られ働かされている「宅配ドライバー」の過酷な労働を背景に描く。建設業で働いてきたリッキークリス・ヒッチェン は安い賃金と親方にこき使われるのに嫌気がさして、「自営業」として大手企業の宅配ドライバーの契約を結ぶ。自前の車を確保するためパートの介護士として働く妻アビーデビー・ハニーウッドの車を売って1日14時間は働いた。アビーはバスでの移動を余儀なくされ長時間の勤務で、二人は家族のために働いているはずなのに高校生の息子リス・ストーン、小学生の娘ケイティ・プロクターと語る時間はどんどん削られていく…(100分) [more]
シーチキン (2019年12月17日)
[投票(1)]
★2 カツベン!(2019/日)
サイレント映画華やかなりし時代。作品に命を吹き込む「活動弁士」はまぎれもないスターとして映画界に君臨し、人々の賞讃を一身に集めていた。そんな「カツベン」に憧れる俊太郎(成田凌)はフトコロ具合から映画鑑賞もままならぬ中、花形弁士の物真似に血道を上げ、その腕を磨いて初恋の梅子(黒島結菜)を喜ばすのだった。時は流れ、才能を磨いた俊太郎は、老舗の映画館・青木館に就職しようとする。主力の弁士山岡(永瀬正敏)は酒に溺れ、スター弁士の茂木(高良健吾)は対抗相手のタチバナ館に寝返ることを画策し、館主夫婦(竹中直人/渡辺えり)は途方に暮れていたのだ。そして俊太郎の才能が試される瞬間がやってくる。〔126分〕
水那岐 (2019年12月16日)
[投票]
★2 キング・オブ・エジプト(2016/米=豪)
神々と人間が共存していた古代のエジプト。民から敬愛されていた神の王・オシリスが王位を息子・ホルスに譲る儀式のさなか、王の弟・セトがオシリスを殺害、ホルスの両目を奪い王位を簒奪した。一方、人間の青年・ベックは奪われたホルスの片目を見つけるが恋人が命を落としてしまう。片目を返すかわりに死んだ恋人を生き返らせてほしいベック、ホルスは父の仇討ちと王座奪還のため、ふたりは共闘して過酷な冒険の旅へと繰り出す。
IN4MATION (2019年12月12日)
[投票]
★3 ドクター・スリープ(2019/米)
オーバールックホテルの惨劇から40年。難を脱したダニーだったが、その力「輝き」の強さ故、時を経てなお飢えた死霊に囚われ、また心の傷故、かつてホテルに呑まれた父と同様にアルコール中毒に冒されていた。力から逃避するように荒んだ生活を送る彼だったが、小さな街のホスピスで職を得て、とあるきっかけから「ドクター・スリープ」と呼ばれ親しまれるようになり、束の間の平穏を得る。しかし、そんな彼の前に、強い「輝き」を持つ少女アブラと、謎の狂信集団「トゥルー・ノット」が現れる。それは続発する少年・少女の失踪事件と時を同じくしていた。そして運命は、彼を、再びあのホテルへいざなっていく。「彼ら」が、再び目覚める・・・ [more]
DSCH (2019年12月11日)
[投票]
★4 幸福路のチー(2017/台湾)
祖母(ジワス・ジゴウ)の急逝を知った女性、チー(グイ・ルンメイ)は勤務地のアメリカから帰ってきた。彼女の実家がある「幸福路」というその街は、チーにとっては特別の思いを寄せた場所であった。博打に目のない父(チャン・ボージョン)と楽天的でタフな母(リャオ・ホイジェン)は、いずれは金を稼いで恩返しをしてもらうにしろ、少女チー(ベラ・ウー)をのびのびと天衣無縫な娘として育てた。チーにかまって貰いたいがためのいじめっ子や、不安を抱える金髪のハーフ少女とのやんちゃを重ねた日々。学生時代の権力との抗争を経て、憧れのウェン兄さん(ウェイ・ダーション)を追ってのアメリカ渡航。チーの思い出は広がる。〔111分〕
水那岐 (2019年12月09日)
[投票]
★3 恋のしずく(2018/日)
大学で醸造を学び、ワインが好きでフランス留学を志望している主人公川栄李奈。日本酒が苦手なのに、ゼミの先生津田寛治に研修先を酒蔵に決められ、拒否しようとするが、留学の前提になるために行かざるを得ない。心臓に持病を持つ蔵元大杉漣、後を継ぎたくない息子小野塚勇人、昔気質の杜氏小市慢太郎 、酒米農家の夫婦西田篤史/東ちづる、酒蔵で働いているその娘宮地真緒、別の酒蔵を経営する若き蔵元中村優一に囲まれ、トラブル続きの研修が始まる。
とっつぁん (2019年12月08日)
[投票]
★3 羊と鋼の森(2018/日)
戸村直人(山崎賢人)は高校生の時、学校のピアノの調律に来た調律師・板鳥(三浦友和)と出会う。ピアノ調律の奥深さに触れた戸村は、東京の調律学校を卒業後、北海道の楽器店に就職。先輩調律師・柳(鈴木亮平)らの指導を受けながら、調律師として歩み始める……。宮下奈都の小説を映画化。(134分)
ダリア (2019年12月07日)
[投票]
★4 13時間 ベンガジの秘密の兵士(2015/米)
2011年の米仏英のリビア空爆により独裁者カダフィは排除されたが、民兵による武器強奪をめぐる内紛が勃発し、2012年当時、米国の外交拠点の中でもベンガジは世界有数の危険地帯であった。武器の流れを監視するCIA秘密基地の活動を支えるために雇われた元ネイビーシールズのジャック(ジョン・クラシンスキー)ら6人の元軍事工作員の精鋭たちの姿を追った実話に基づく問題作。 [more]
NOM (2019年12月06日)
[投票]
★5 殺しが静かにやって来る(1968/仏=伊)
冬の雪山。大雪原。馬でガンマンが行く。岩陰に待ち伏せる数個の銃口。一瞬、ガンマンの銃が火を噴く。殺したのは賞金稼ぎたち。彼はサイレントと呼ばれる殺し屋で、殺しを依頼したのはそこに姿を現した‘野盗たち’だった(?)。サイレントは、礼金をもらうと立ち去る。野盗の若者が云う「もう沢山だ。俺は無実だ。村へ帰る」そして母親の家へ帰って来ると、弁護士と別の男がいた。「きっと公正な裁判を受けさせる」。息子が安心した時、弁護士が銃を抜いて撃ち殺す。母親を無視して、偽弁護士は死体を外へ引きずって行く。「悪かったな」「いや、殺したのはあんただ。俺は別のを探すよ」。実は2人共賞金稼ぎで、別の男はロコと言った。(もう少し続く) [more]
KEI (2019年12月05日)
[投票]
★5 メキシコ万歳(1931/露)
映画成立の経緯を以下記す。1928年エイゼンシュテインは米国に招かれるが、製作側と意見が合わず、話は流れる。そこで彼は助監督グレゴリー・アレクサンドロフとカメラマンのエドゥアルド・ティッセと3人だけでメキシコに行き、映画を撮ることにする。米の‘メキシコ映画トラスト’が出資する。しかし資金が尽き、’32年にソ連に帰国。フィルムも米に留め置かれる。その後’72年にフィルムが返還され、それを基に、エイゼンシュテインは亡くなっていたので、グレゴリー・アレクサンドロフが編集し、音楽(ユーリ・ヤクシェフ)を付けて、’79年に発表したのが本作である。尚、ナレーターにセルゲイ・ポンダルチュクが参加している。 [more]
KEI (2019年12月03日)
[投票]
★4 わたしは光をにぎっている(2019/日)
早くに両親を失ったハタチの澪(松本穂香)は、民宿の女将を務める祖母(樫山文枝)に引き取られ、そこで手伝いに奮戦する日々を送っていたが、その祖母が病床に伏したことで迷惑をかけられなくなり、東京の下町に引っ越した。父の友人であった三沢(光石研 )は澪を経営する銭湯の空き部屋に住まわせ、ゆっくり仕事を探せ、と言ってくれる。周りの人々もみな優しく、程なくスーパーの店員の職を得た澪は、銭湯の常連である映画監督の銀次(渡辺大知)やOLの美琴(徳永えり)に祝ってもらうのだった。しかし、引っ込み思案で客の対応もままならない彼女はスーパーを辞め、銭湯の仕事を始める。銭湯はある危機に晒されていたのだったが…。〔96分〕
水那岐 (2019年12月03日)
[投票]
★3 ミッシング ID(2011/米)
ジェイソン・アイザックス、母マリア・ベロと暮らす主人公テイラー・ロートナーは幼馴染リリー・コリンズと学校の宿題で、失踪した子どもたちの情報を調べているときに自分とよく似た写真を見つける。
とっつぁん (2019年12月01日)
[投票]
★1 ブルーアワーにぶっ飛ばす(2019/日)
CMディレクターの砂田(夏帆)は、敏腕売れっ子Dと豪語しながらも日々出会う人々を罵倒して止まない荒み切った内情を隠し持つ女であった。彼女にとって、ひっきりなしに訪れる仕事や理解ある夫などは苛立ちを癒してくれるものには決してなってはくれなかった。あるとき、病身の祖母を見舞うべく砂田は嫌悪してやまない故郷へと向かう。道づれは彼女が心を許す数少ない友人の清浦(シム・ウンギョン)。しかし心強い味方を連れていても、故郷の人々のアクの強さに都会仕込みの理屈が通用する筈もなかった。砂田が強い女の仮面を剥がされる黄昏時…「ブルーアワー」。それは清浦との別れの時でもあった。〔92分〕
水那岐 (2019年11月30日)
[投票]
★3 十二人の死にたい子どもたち(2019/日)
主催者がネットのサイトで募集した自殺するための集いに参加した11人、主催者を入れて12人。しかし、会場には、もう一人の死体があった。
とっつぁん (2019年11月30日)
[投票]