コメンテータ
ランキング
HELP

新着あらすじ(9/20)

★3 ニンフォマニアック Vol.1(2013/デンマーク=独=仏=ベルギー=英)
雪の夜、セリグマン(ステラン・スカルスゴール)は、アパートの中庭で倒れている女性を発見する。部屋に連れ帰り介抱すると、意識を取り戻した女性は自分をジョー(シャルロット・ゲンズブール)と名乗った。 彼女は自分の半生を語り始める。幼少時より性的なことにひとかどならぬ関心をもっていたジョー(ステイシー・マーティン)は思春期となり、とにかく初体験を済ませたく近所のあんちゃんジェローム(シャイア・ラブーフ)に処女を奪ってもらったのを皮切りに男遍歴を重ねるのであるが…。4時間に及ぶ8章からなる編年記の1〜5章を「第1部」として公開。
けにろん (2016年10月20日)
[投票]
★4 永い言い訳(2016/日)
小説家の幸夫(本木雅弘)は、倦怠期に陥った妻・夏子(深津絵里)を友人との旅行に送り出したその日、彼女が事故死したことを知る。だが、その知らせを編集者の福永(黒木華 )との不倫行為の最中に受けた幸夫にとっては、それはショックに涙するような事件ではなかった。葬儀が続く中、夏子とともに客死した親友ゆき(堀内敬子)の夫であるトラック運転手の陽一(竹原ピストル)が、悲嘆の果てに同じ境遇の幸夫に電話をかけてくる。マスコミの取材続きに疲弊していた幸夫が彼の家を訪ねると、そこには受験間近な息子の真平(藤田健心)と保育所に通う娘の灯(白鳥玉季)がいた。幸夫は多忙な陽一に代わっての子供の世話を引き受ける。〔124分〕
水那岐 (2016年10月20日)
[投票]
★4 メカニック ワールドミッション(2016/米)
前作で死んだと思われていた“メカニック”と呼ばれる凄腕の殺し屋ビショップ(ジェイソン・ステイサム)は、平穏な日々を送っていたが、突然彼の前に刺客が現われる。敵から逃れ、タイに身を隠すが、彼の前に訳ありで近づいてきた女ジーナ(ジェシカ・アルバ )とかかわるうちに、深い仲となる。しかし突然ジーナが何者かにさらわれる。それはかつてビショップと共に暗殺者として育てられたクレインという男の仕業だった。ビショップはジーナの命を救うために、クレインからの超危険で困難な「3つのミッション」に挑むことに・・・。 [more]
プロキオン14 (2016年10月18日)
[投票]
★4 お父さんと伊藤さん(2016/日)
34歳のコンビニのアルバイト店員・彩(上野樹里)は、同じ店員で54歳の冴えない男・伊藤さん(リリー・フランキー)と一緒に暮らしていた。始めは、人生の負け犬だろうと馬鹿にしていた彩だが、伊藤さんは金はないが生活を楽しむ知恵があり、二人きりの気ままな生活はとても心地よかった。ところがある日、彩はそんな事情を知らない兄(長谷川朝晴)から、兄夫婦と暮していたお父さん(藤竜也)を半年間だけでいいので預かって欲しいと懇願されてしまう。そして、戸惑う彩をよそにお父さんが二人のアパートに転がり込んできた。元小学校の教師で74歳。ひとりでは何も出来ないくせに、口うるさいお父さんとの厄介な共同生活が始まった。(119分)
ぽんしゅう (2016年10月17日)
[投票]
★5 BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント(2016/米)
ロンドン。孤児院で暮らす読書好きの少女ソフィー(ルビー・バーンヒル)は真夜中に起きているのが好きであった。その晩も夜中の3時ころベッドを抜け出すと窓辺に向かったが、なぜか胸騒ぎが。外を見ると巨人(マーク・ライランス)がいた。大きな手に掴まれたソフィーは遥か遥か遠くの巨人の国へと連れ去られるのであった。巨人の住処に着くと彼女は怯えまくるのだったが、巨人は存外に優しい。彼女は巨人をオ・ヤサシ巨人(BFG)と名付けた…。原作はロアルド・ダールの児童文学。スピルバーグの盟友メリッサ・マシスンの遺稿の映画化。
けにろん (2016年10月11日)
[投票]
★5 彼は秘密の女ともだち(2014/仏)
主婦クレール(アナイス・ドゥムースティエ)の青春は、まさに親友ローラ(イジルド・ル・ベスコ)とともにあった。幼時より笑うも泣くも一緒だった親友との日々は、他ならぬローラの急死とともに幕を引かれ、クレールは激しく落ち込む。そんな彼女に、夫のジル(ラファエル・ペルソナ)はローラを失った家を訪ねることを勧める。もとよりローラの遺児リュシー、そしてローラのかけがえのない伴侶だったダヴィッド(ロマン・デュリス)のサポーターとなることを決意していたクレールは、疑うことなく足を運ぶ。だが、ローラの家で彼女が見たものは、女装してわが子に授乳するダヴィッドの姿だった。衝撃を受けるクレールに、ダヴィッドはその理由を語る。〔102分〕
水那岐 (2016年10月10日)
[投票]
★5 少女(2016/日)
湊かなえの同名小説を三島有紀子監督が映画化。親友同士の二人の少女本田翼山本美月は、ある日、転校してきた少女から「私、親友の死体を見たの」と告げられる。「死体なんてただの物体じゃない。死って現象だと思う」〜そして二人の少女は人の死ぬ瞬間が見たい、見れば何かが変わると信じて夏休みを迎える。二人は互いに黙って、一人は老人ホームで、一人は難病の子どもたちが長く入院する小児病棟へ、それぞれボランティアへ出かけるのであった…(119分)
シーチキン (2016年10月09日)
[投票]
★4 ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ(2015/英)
妻子より愛されながら、報いてやれぬパーキンズ(コリン・ファース)の生業は書籍編集者だ。彼は無名の作家たちの労作を発掘する才能をもち、ヘミングウェイやフィッツジェラルドをスターダムに伸し上げた。そんな彼の前に現れた作家ウルフ(ジュード・ロウ)は、出版社を盥回しにされたという小説『天使よ故郷を見よ』を売り込んで来る。興味を覚えたパーキンズは寸暇を惜しんで熟読、惚れ込んだあげくに出版を目指し添削を行う。できあがった作品は読書界に旋風を巻き起こし、次回作に向けてふたりの蜜月期が始まった。だが、それはウルフを愛するアリーン(ニコール・キッドマン)、パーキンズの妻ルイーズ(ローラ・リニー)を焦燥に導くのだった。〔104分〕
水那岐 (2016年10月08日)
[投票]
★2 わたし出すわ(2009/日)
矢吹摩耶(小雪)は久しぶりに高校時代を過ごした北海道に戻ってきた。魚住サキ・道上保・川上孝・平場さくら・保利満ら、かつての旧友たちと会うのだが、彼女は彼らの「目的」に必要なお金をポンと払う不思議な女性だった。摩耶からお金を貰った旧友たちとその周囲の人間たちは明らかに人生が変わっていく...。
IN4MATION (2016年10月06日)
[投票]
★3 SCOOP!(2016/日)
大根仁監督が1985年の映画『盗写 1/250秒』を基に脚本をつくり、主演の福山雅治が汚れ役の中年パパラッチを演じる。写真週刊誌「SCOOP!」は部数減を食い止めるために、かつて副編の定子吉田羊と組んで数々のスクープをモノにしながら、今はフリーでスキャンダル専門のパパラッチとなった静福山雅治と専属契約を結ぶ。定子は新人記者・野火二階堂ふみを静と組ませ、静は親友でもあるネタ屋のチャラ源リリー・フランキーの情報でスキャンダル写真で部数増に貢献。そして芸能スキャンダルだけでなく「事件モノ」でもスクープを狙うが…(120分)
シーチキン (2016年10月05日)
[投票]
★4 リザとキツネと恋する死者たち(2014/ハンガリー)
1970年代の共産主義のはずだがそう見えない架空のブダペスト。日本のハンガリー大使未亡人の住み込み看護人リザ(モーニカ・ヴァルシャイ)は、恋に恋する30歳の内気な乙女。そんな彼女は日本が大好き。古い日本の小説を読み、部屋には歌謡曲が流れている。そしてリザには、すでに亡くなった日本人歌手トミー谷(デヴィッド・サクライ)の幽霊が見えるのだった。忽然と現れた彼は、歌い踊って孤独なリザをいつも励ましてくれる。ところが、リザに思いを寄せた男たちが次々と謎の死を遂げてしまう。それもそのはず、トミーの正体は死神だったのだ。九尾の狐伝説に着想したウッイ・メーサロシュ・カーロイ監督のファンタジック・コメディ。(98分)
ぽんしゅう (2016年10月01日)
[投票]
★4 捨てがたき人々(2012/日)
生きることに飽きたとうそぶく狸穴勇介(大森南朋)は、かつて捨てた海辺の故郷に舞い戻ってきた。仕事もせず無気力に日々を過ごす勇介は、美しいが顔に大きなアザのある京子(三輪ひとみ)と出会う。京子は新興宗教の熱心な信者で、他人を愛することでコンプレックスを克服したのだといい、無愛想な勇介にも笑顔で接するのだった。京子の叔母あかね(美保純)は、粗暴な勇介に近づかないように忠告するが、案の定勇介は強姦まがいに京子と関係を結んでしまう。京子はずるずると関係を続け、勇介に教団幹部の吉丸(田口トモロヲ)が経営する工場に就職の世話までするのだった。ジョージ秋山の原作を息子の秋山命が脚本化。(123分)
ぽんしゅう (2016年10月01日)
[投票]
★5 映画 聲の形(2016/日)
小学校のときの行き過ぎたいじめ行為により、周囲から孤立したまま高校3年になった石田将也は、身辺整理の後どこかで死のうと考えていた。 将也は最後に自分がいじめた同級生に謝罪してから死のう決め、その被害者であり聴覚障害を持つ元同級生西宮硝子と再会する。はじめは将也以上に当惑する硝子。しかしこの再会こそが、将也と硝子それぞれの閉じた世界を動かし始める。
てれぐのしす (2016年09月30日)
[投票]
★4 ハドソン川の奇跡(2016/米)
2009年1月NYで離陸直後の155人を乗せた旅客機が鳥の群れと衝突し低高度で左右両エンジン停止というトラブルに見舞われたものの、チェズレイ・“サリー”・サレンバーガー機長の判断と操縦技術でハドソン川に不時着水し、全員生還した「ハドソン川の奇跡」と呼ばれた事件を、クリント・イーストウッド監督、トム・ハンクス主演で映画化。副操縦士のジェフアーロン・エッカートとともに奇跡的な判断と操縦で乗員全員の命を救った機長のサリートム・ハンクスは「英雄」と世間から称賛されるが、事故調査委員会は鳥と衝突後も近くの空港に着陸は可能であり、乗員の命を危険にさらした判断ではなかったかと指摘する…(96分)
シーチキン (2016年09月29日)
[投票]
★3 監視者たち(2013/韓国)
運行中の地下鉄車内。入り口横に立ってる女性はそれとなく車内に目を配っていた。居眠りしていた中年男性が立ち上がって降車する。追う女性。街中を歩いた男がレストランに入った。離れた席で様子を伺う彼女に男が席を立って近づく。「どうして俺を尾ける?」「何のこと?」「ばっかもーん!」…。男は韓国警察特殊犯罪課(SCU)班長のファン(ソル・ギョング)、女は刑事ユンジュ(ハン・ヒョジュ)。監視専門部署の登用試験なのであった。一方、市内のビルの屋上で眼下の銀行に目を光らせる男がいた…。2007年の香港映画『天使の眼、野獣の街』のリメイク。
けにろん (2016年09月29日)
[投票]
★3 ハムレット(1990/米)
中世デンマーク国。王が亡くなり、王子ハムレット(メル・ギブソン)は悲しみの為葬儀場を早々に立ち去る。しばらくして、王の弟クローディアス(アラン・ベイツ)が義姉(ハムレットの母)ガートルード(グレン・クローズ)を妻に迎え、即位する。「本来は国中で喪に服すべきだが、分別が感情に打ち勝って本分を果たすべき・・・」とその経緯、心情を述べる。ハムレットは「2ケ月もしない内に・・・」。ある日、親友ホレーショが訪ねて来る。実は見張りの兵士から異なことを聞き、自らも確認した事として、先王の幽霊を見たというのだ!(続きます) [more]
KEI (2016年09月27日)
[投票]
★2 名前のない女たち(2010/日)
母娘で暮らす地味で目立たないOL・小倉純子が渋谷でスカウトされ、アダルト女優・桜沢ルルとなる。当初は複数の女優で1本の作品を構成する企画モノに出演する「企画女優」だった彼女は、NGをなくすことで次第に人気が出て「単体女優」になるののが次第に失っていくものに気づかされる。新人・安井紀絵佐久間麻由と共にヘア丸出しの体当たり演技で臨んだ一本。
IN4MATION (2016年09月27日)
[投票]
★4 三姉妹〜雲南の子(2012/香港=仏)
中国の寒村の幼い三姉妹を追ったドキュメンタリー。雲南省の標高3千メートル超の山間。10歳のインイン、6歳のチェンチェン、4歳のフェンフェンは、子供だけで暮らしている。母は家出し、父親は出稼ぎに出ているのだ。インインは幼い妹たちの世話をしながら伯母の家畜の世話や畑仕事を手伝っている。ぼろぼろの布団、穴の開いた長靴、泥が染み付いた服、風呂にも入らず、腹が減ったら芋をかじる。そんな生活でも3人に屈託はない。そしてお父さんが戻って来た。満面の笑みで甘える3人。しかし団欒も束の間、父は下の2人を連れてまた町へ行ってしまう。残されたインインの足元には、土産に貰った新品の靴が輝いていた。そして赤貧生活は続く。(153分) [more]
ぽんしゅう (2016年09月26日)
[投票]
★4 シャギー・ドッグ(2006/米)
ティベットの山奥に300歳を超すという犬がいた。あくどい製薬会社グラント&スクリクトランドは、その犬をかっさらって来る。そして、その遺伝子をウィルス化して血清を造り、ヘビに注射すると死にかけが元気になり、何と・・・!ある日犬は研究者たちのスキをついて脱出する。その時製薬会社の動物実験反対運動をしていた高校2年の娘カ−リーはボーイフレンドと証拠集めに会社に潜入し、犬とハチ合わせ。犬を連れて逃げ去る。名札も何もなく、証拠にならないと分かったが、とりあえずカーリーの家に。実はカーリーの父デイブはあの製薬会社の雇われ弁護士で、・・・(もう少し続きます) [more]
KEI (2016年09月25日)
[投票]
★4 怒り(2016/日)
東京郊外の住宅で夫婦が惨殺された。現場に“怒”の血文字を残し犯人は顔を整形し行方をくらませた。一年後、千葉・東京・沖縄に、それぞれ過去を隠した謎の男が現れる。千葉の港町。家出先から連れ戻された愛子(宮崎あおい)は、ふらりと現れ父(渡辺謙)のもとで働き始めた田代(松山ケンイチ)に惹かれていく。東京。ゲイ仲間と享楽的に過ごす会社員の優馬(妻夫木聡)は、クラブで知り合った暗い影のある直人(綾野剛)を家に連れて帰る。沖縄の離島。東京から移ってきた高校生の泉(広瀬すず)は、無人島に潜むように暮らす田中(森山未來)と知り合い興味を抱く。信じることと疑うことが交錯するヒューマン・サスペンス。(141分)
ぽんしゅう (2016年09月24日)
[投票]