コメンテータ
ランキング
HELP

新着あらすじ(11/20)

★3 私、オルガ・ヘプナロヴァー(2016/チェコ=ポーランド=仏=スロバキア)
「私は一匹狼だ。私は、人生を破壊された女だ。人民によって人生を破壊された女だ。私には、ひとつの選択肢が残っている。自ら命を絶つか、他人の生を殺めるか。私は敵に仕返しすることに決めた。人知れず命を絶ってこの世に別れを告げるのは簡単すぎるからだ。社会はあまりに無関心なのだ。そして、それは、それで、いい。私の判決はこうだ;私、オルガ・ヘプナロヴァーは、人民の残虐な行いの犠牲者として、お前たちに死罪を言い渡す」1973年7月10日、プラハの新聞社宛てに声明文を投函した後、雑踏に軽トラックで突っ込んで十数名の死傷者を出した22歳のレズビアン、オルガ・ヘプナロヴァー。自ら死刑判決を望んだ現代チェコ史上最悪の大量殺人犯の半生を辿る。
濡れ鼠 (2019年01月13日)
[投票(1)]
★4 ゼイ・ルック・ライク・ピープル(原題)(2015/米)
恋人と別れてジム通いに精を出すようになったクリスチャンは、十年来音信が途絶えていた旧友にばったりと近所で再会する。風の便りで結婚するとは聞いていたが、婚約は破棄したと言い張るし、どうも言質が覚束ない。風采はホームレスみたいに薄汚く、特大のスポーツバッグを抱えて、案の定、今夜も夜露を凌ぐ場所がないという。その晩デートの約束があったが、仕方なく自分のアパートを開放する。宿主がシャワーを浴びるのを見計らって、ワイアットは建物の地下に忍び込み、隠し持ったナイフを作業台の裏にテープで張り付ける。翌朝、夜明け前に、ワイアットの携帯電話が鳴り、通話を傍受されないように直ちに地下室へ移れと何者かに警告される
濡れ鼠 (2019年01月13日)
[投票]
★4 スタリー・アイズ(原題)(2014/米=ベルギー)
サラは飲食店で働きながら演技のクラスに通う有像無像の女優の卵の一人。明日のスターを夢見てオーディションを重ねるが、バイト先の居丈高な店長や自堕落でひがみっぽい仲間たちに足を引っ張られていると感じている。ひそかに抜け毛症に苦しみ、自分に好意的なルームメイトや監督志望の青年に心を開けない。そんな彼女の将来の見通しに思いがけない光明が訪れる。偶々応募した曰くあり気なホラー映画の主役に抜擢されそうな感触を得られたのだ。ただし、回を重ねるごとに面接官の欲求が次第に常軌を逸したものになることに当惑を隠せない。どうやら女優の容貌や演技力よりも彼女個人の心の闇に潜むものに尋常ならざる関心を抱いているようなのだ
濡れ鼠 (2019年01月13日)
[投票]
★3 ストレンジャー(1995/米)
連続殺人犯ハリー・ディーン・スタントンの精神鑑定をしている精神科医レベッカ・デ・モーネイ。買い物中に見知らぬ男アントニオ・バンデラスに声をかけられ付き合い始める。その頃から、音信不通だった父レン・カリオーが訪ねてきたり、不審な贈り物が届いたりするようになる。
とっつぁん (2019年01月13日)
[投票]
★1 アラーニェの虫籠(2018/日)
太平洋戦争当時。寺久保医師(土師孝也)は、軍上層部の命により不死の兵士を生み出すための実験を行なった。だがその事実は闇に埋もれていった…。数十年ののち、大学生のりん(花澤香菜)は生活している巨大集合住宅のなか、不審な事故の連続に不安を募らせていた。首を不自然な角度に傾げたままでの女子高生の怪死。そんな噂のなか、りん自身も事故に遭い搬送される老婆の腕が膨らみ、そこから大きな虫が姿を明らかにするのを見る。りんはその秘密を探り、「心霊蟲」なる存在に行きあたる。その虫を見た者は変死を遂げるというのだ。怯える彼女の前に、その思いを搔き乱すように踊る少女、奈澄葉(白本彩奈)が現われ、謎の言葉を洩らすのだった。〔74分〕
水那岐 (2019年01月13日)
[投票(1)]
★5 みんなの学校(2014/日)
特別な支援が必要な児童も広く受け入れ、子供たち全員が同じ教室で学ぶ公立小学校の1年を追ったドキュメンタリー。大阪市立大空小学校は、校長の木村康子の「すべての子供を受け入れる」という方針のもと、約220人の児童のうち30人が発達障害や言動に問題がある特別支援教育の対象児童だ。ここへは他の学校から子供たちが居場所を求めて集まってくる。転校してきたセイシロウは校内で2時間過ごすのが限界。カズキは「あの子と同じ学校には通わせらえれない」と言われた問題児。ユズキはすぐにキレて暴力をふるうと申し送られ転校してきた。大空小では教職員、保護者、地域住民、そして児童たちが一丸となって「みんなの学校」づくりを目指す。(106分) [more]
ぽんしゅう (2019年01月12日)
[投票]
★2 コンプライアンス 服従の心理(2011/米)
大勢の客で混み合う週末のとあるファストフード店。警官のダニエルズと名乗る男から店に電話が入り、お宅の女店員に窃盗の嫌疑がかかっている、と告げられた女性店長のサンドラは思わずショックを受ける。早速彼女は、疑わしい女店員ベッキーを呼び出しその件を問い質すが、ベッキーは身に覚えがないと無実を訴える。それに対してダニエルズは、ベッキーを全裸にして身体検査を行うよう電話越しにサンドラに命じる……。 [more]
IN4MATION (2019年01月12日)
[投票]
★2 ランナウェイ・ブルース(2012/米)
幼くして両親を失ったジェリー(スティーヴン・ドーフ)とフランク(エミール・ハーシュ)は、固い絆で結びついた兄弟だ。事故によって片足を奪われ働くことのできないジェリーを助けるために、14の頃よりフランクはハーリー(クリス・クリストファーソン)という男の営む中古車店で働き続けた。だが、ある日ジェリーは事故でひとりの少年を轢き殺してしまう。自殺しようとして果たせなかった彼のために、フランクは大金を賭博でつくりともに逃避行に出る。それでも、自分のために青春をなげうとうとする弟に兄は一人で悩みを抱えるなと諭す。振り向けばフランクには昔の恋人アニー(ダコタ・ファニング)がいたが、ある理由が二人の間を隔てていた。〔85分〕
水那岐 (2019年01月12日)
[投票]
★3 新・三バカ大将 ザ・ムービー(2012/米)
孤児院の捨てられた赤ちゃん、モー&ラリー&カーリーは、当初シスター達の愛情を一杯に受けた子であったが、あっという間に最強のイタズラトリオに成長してしまった。里子の貰い手も見つからず大人になっても孤児院に居つくうち、彼等は財政難による孤児院の取壊しを知り、なんとかしようと立ち上がるのだが・・・ [more]
YO--CHAN (2019年01月12日)
[投票]
★0 白神の夢 −森と海に生きる−(2003/日)
世界自然遺産登録10周年を迎えた秋田県白神山地と、隣接する人口5,000人の八森町で暮らす人々の風景を淡々と描いたドキュメンタリー。語りは伊藤惣一。八森小学校6年生と白神山地から発見された酵母でパンを作っている東京のパン屋さんとの交流を聞き及んだ山下勉が、映画制作会社シグロの山上徹二郎の協力を得て制作に乗り出したという。200min./制作=白神の映画をつくる会/'05年度キネマ旬報文化映画4位。
死ぬまでシネマ (2019年01月11日)
[投票]
★0 闇を掘る(2001/日)
北海道に残された最後の炭鉱(ヤマ)、そこに生きた人々を描く長篇ドキュメンタリー。語りは小林三四郎。105min./カラー/16mm/芸術文化振興基金助成/配給=森の映画社/BOX OFFICE ◆ 第75回キネマ旬報文化映画第6位/'02年レティーナ映画祭(ハンガリー)準グランプリ
死ぬまでシネマ (2019年01月11日)
[投票]
★3 ある戦争(2015/デンマーク)
アフガン。タリバンと戦うデンマーク兵たちは、仲間の一兵士を地雷で失いパニック状態に陥っていた。駐留軍隊長クラウス(ピルー・アスベック)は、これを治めるために自身もパトロールに出ることを宣言する。本国の妻マリア(トゥヴァ・ノヴォトニー)との長距離電話で平静を保つ彼ではあったが、隊長として決して部下の士気を低下させる訳にはいかなかったのだ。その途上危険を訴える現地人を、敵兵の銃撃に晒し「殺してしまった」クラウスは後悔に打ちひしがれるが、部下ラッセ(ドゥルフィ・アル・ヤブーリ)までもが瀕死の重傷を負い、ついに援軍による砲撃を求める。ラッセの命は救われたが、クラウスは現地人殺害の汚名を着せられ、法廷に立たされる。〔115分〕
水那岐 (2019年01月11日)
[投票]
★0 月の輪古墳(1954/日)
岡山県勝田郡飯岡村(現・美咲町?柵原町?)の村民自身による月の輪古墳発掘運動の記録。'53年の発掘調査では、地元の人々を中心として全国からも学者・研究者・若者が集まり、のべ1万人が参加したと言う。この映画の文部省選定を、当時の荒木文部大臣が無理矢理撤回させ社会問題になったという。30min./白黒/16mm/製作=記録教育映画製作協議会 ◆ '54年キネマ旬報短篇映画第2位
死ぬまでシネマ (2019年01月10日)
[投票]
★3 やーさん ひーさん しからーさん 集団疎開学童の証言(2005/日)
ひもじくて(やーさん)、寒くて(ひーさん)、さびしかった(しからーさん)学童疎開。もうひとつの沖縄戦。それは、沖縄戦直前に帝国政府と日本軍の命令で制海権を奪われた危険な海を渡り、見ず知らずの九州や台湾に集団疎開させられた学童及び引率教師たちの戦いである。 米潜水艦ボーフィン号の魚雷攻撃で犠牲になった対馬丸の学童たちは700数十名。攻撃を逃れた学童たちの九州での疎開生活も、苦難の連続だった。… 沖縄県平和祈念資料館の依頼で製作。〔41分/シネマ沖縄〕◆ 2007年第81回キネマ旬報文化映画2位/映文連アワード2007(第1回)グランプリ [more]
死ぬまでシネマ (2019年01月10日)
[投票]
★0 今、有明海は 消えゆく漁撈習俗の記録(2006/日)
有明海で暮らす人々と、干潟漁や伝統漁法などの多彩な漁法を描くドキュメンタリー。解説は、常田富士男。佐賀県大村市の写真家=中尾勘悟氏が監修。製作=イワプロ〔カラー/90分〕◆ '06年第4回文化庁文化記録映画大賞/'06年キネマ旬報文化映画6位 ◆ 公式HP:www.iwapro.jp/new/tokusetu2.htm
死ぬまでシネマ (2019年01月10日)
[投票]
★0 有明海に生きて 100人に聞く、海と漁の歴史と証言(2007/日)
福岡・佐賀・長崎・熊本4県に跨がる、総面積約1700km、九州最大の湾、有明海。干満差が大きく大潮の干潮時には全国の干潟総面積のおよそ6分の1に相当する約8600haの干潟が現れ、独自の生物相を持つ特産物の宝庫であった。が 近年、環境汚染など様々な要因から水産資源は激減し、漁民の多くが撤退や休漁に追い込まれている。この作品は、環境変化で変わりゆく有明海沿岸住民の声をあつめた記録である。(因みに、諫早湾は有明海中央部西岸から南西側に入りこんだ湾を指す呼称) [more]
死ぬまでシネマ (2019年01月10日)
[投票]
★0 夢は時をこえて 津田梅子が紡いだ絆(2000/日)
津田塾大学の創立者であり女性運動の先駆者である津田梅子の足跡を辿る長篇ドキュメンタリー。監督は『ルイズ その旅立ち('97)』『伝説の舞姫 崔承喜('00)』の藤原智子。語りは青木裕子。90min./制作=日本映画新社 ◆ '00年度キネマ旬報文化映画第1位/第55回毎日映画コンクール記録文化映画賞/日本映画ペンクラブノンシアトリカル部門第1位
死ぬまでシネマ (2019年01月10日)
[投票]
★0 粥川風土記(2005/日)
郡上市美並町を舞台にした長編記録映画。 粥川は清流長良川の源流域南端部にある支流。本流よりも綺麗だという支流である粥川を民族文化研究所が7年に亘り記録し続けた。姫田忠義は同研究所所長。キャッチフレーズは「映像による風土記編纂の時代へ」◆ 162min./自主製作/文化庁支援/'05年度キネマ旬報文化映画2位
死ぬまでシネマ (2019年01月10日)
[投票]
★0 あの鷹巣町の その後(2005/日)
秋田県鷹巣町の、町政当局と町民の福祉への取り組みを描くドキュメンタリー。2003年の町長選挙で、町の福祉政策を牽引してきた町長は、町村合併を推進する対立候補に大敗した。'03年から'05年9月までを取材。◆『住民が選択した町の福祉』('97年)『問題はこれからです』('99年)に続く第三作。180min./製作=自由工房 ◆ 翌年には北秋田市(旧鷹巣町)市議選の様子を記録した続篇(56min)が製作された。 [more]
死ぬまでシネマ (2019年01月10日)
[投票]
★0 映像評伝 朝永振一郎(1995/日)
1965年に日本人として2人目のノーベル物理学賞受賞者となった朝永振一郎の業績と生涯を、関係者の証言などから紹介する伝記映画。朝永は現代物理学の基礎となる「くりこみ理論」を生み出し、最終的には“場の量子論”の矛盾を取り除く観点を発見した。語りは矢田耕司。60min./16mm/カラー/スタンダード/制作=朝永振一郎伝記映像製作委員会/山陽映画 [more]
死ぬまでシネマ (2019年01月10日)
[投票]