コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 紙の月(2014/日)
- 更新順 (1/1) -

★3宮沢りえには幸せになって欲しいなぁと感じてしまう。 しかしながら、ホントに惚れた挙句の行動だったかというと疑問。 [review] (さず)[投票]
★4普通の主婦が道を踏み外し、堕ちて行く。そんな話かと思ったが、違っていた。 [review] (KEI)[投票(1)]
★4終盤に来て高利回り獲得。お局先輩さんとのトークバトル以降の高揚が、中盤過ぎまでのモヤモヤを吹っ飛ばした。 [review] (クワドラAS)[投票(3)]
★3おカッパ(宮沢りえ)の川流れ [review] (はしぼそがらす)[投票(2)]
★3Mac Performa! 時代を感じる(笑) [review] (Shrewd Fellow)[投票(2)]
★3作劇には惹き込まれるし、確信犯で身を踏み外していく過程を丁寧に演じあげた宮沢りえには感心する。が、主婦パートの銀行員が、いけない領域に足を踏み入れて後戻りできなくなる…に至った契機や過程に説得力をもたせるだけの描写が乏しい。 [review] (緑雨)[投票(2)]
★4宮沢りえさんだからちょっと味方したくなる。 (りゅうじん)[投票]
★3原作既読。原田知世主演のドラマ版も視聴済み。梨花(宮沢りえ)の友人関係などや光太との距離の縮まり方をバッサリ切ったり、ラストを大きく改変した点は賛否両論あろうが、俯瞰的・客観的でややもするとつまらないと感じる原作を梨花の主観にしドラマチック化した本作はそれなりに評価されるべき。あくまでそれなりに。ネタバレは原作との対比。 [review] (IN4MATION)[投票]
★3迫り来る痛々しさ。小林聡美はさすがです。 (あちこ)[投票]
★3ペイン&ゲイン』は観ていて気持ち良かったがこっちはイライラするだけ。 (パピヨン)[投票]
★5点数5は少し甘いな。と思いますが、どんな局面に追い込まれても、泣き言一つ言わない梨花のハートの強さにやられました。 [review] (ギスジ)[投票(2)]
★4境界を踏み越えてしまう女心が十全に描かれぬのは良しとしても、どうにもりえの疲弊が出すぎて痛々しい。だから単なるバカ女に見えてしまう。一方、相変わらず演出はキザで随所で小粋な画をみせるのは一応買うが、紙幣の数え方がド素人なのは致命的瑕疵。 (けにろん)[投票(3)]
★2贈与の主題は未消化で、あとは警視庁の啓発ビデオ程度。小林vs大島のほうがいっそ面白かったろうに。 [review] (寒山)[投票(2)]
★3八日目の蝉』との類似に見る角田光代の特性と吉田大八の消化不足に関する一考察 [review] (ペペロンチーノ)[投票(5)]
★4圧倒的描写力と動機の説明不足、というか小綺麗にまとめた印象で残念。小林聡美>石橋蓮司>宮沢りえ>>大島優子。 [review] (ぱーこ)[投票(2)]
★3なかなか良く出来た映画ではあるのだが、肝心なところで上手くいっていないと感じた。例えば、宮沢りえ池松壮亮が駅改札で再会した後の地下のホームのシーン。2人の視線の演出とモーションコントロール(宮沢の歩く後ろ姿の高速度撮影)、そして振り向く所作。 [review] (ゑぎ)[投票(4)]
★5腑抜けども(政治家全般)に 悲しみの愛?(年金を勝手に株式運用、意味のない衆議院解散)を見せられた 今日において タイムリーな企画となった 美魔女アート系エンターテイメント♪  [review] (いくけん)[投票]
★3演者の力で覆い隠されてはいるが、最初の不倫関係に入る部分の描写が急ぎすぎで唐突な感が否めなく、それがストーリー全体の説得力を弱めている。 [review] (Master)[投票(3)]
★3とても洗練された映画だと思いますが、全くもって共感できない。 [review] (K-Flex)[投票(1)]
★4お金がどこからきて、どこへいくのかを知りたいと世間の原理に従順な女(小林聡美)は言う。自分は行くべきところに行くだけだとも。一方、世間の事象を引き受けようとする梨花(宮沢りえ)は、少女時代からお金は誰のものでもないということに薄々気づいていたのだ。 [review] (ぽんしゅう)[投票(3)]
★4一人の女性の人格を3人の行員に分散させた捉え方がまず面白いと思った。 [review] (セント)[投票(3)]
★4与えること [review] (グラント・リー・バッファロー)[投票(4)]