コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] スリー・キングス(1999/米)
- 更新順 (1/3) -

★5チョイ悪野郎どもが欲を捨て立つ胡散臭さを認めつつ、しかし、妻を子を殺されたイラク男たちの想いは置き去りに能天気ガイは生き延びる。クールを越えブラックに至るアイロニー。朝鮮を中東に置き換えた『M・A・S・H』焼直し版はナウな視座に充ちている。 (けにろん)[投票]
★3コミカル風刺ハイコントラスト戦争映画。殴り書きメモみたいなメッセージの伝え方で上滑り感が強い。反省という言葉を知らぬ大国相手にこんな軽いジャブを打っても…。細部は面白いだけ残念。 (Ryu-Zen)[投票]
★3雰囲気のアップダウンはあるものの、一定した画質で戦争の乾燥した部分が巧く出ていた気がする。こういう反戦メッセージはわかりやすくて伝わってくるものがある。 (あちこ)[投票]
★3マイケル・ジャクソンの謎に答えてくれよ。 (黒魔羅)[投票]
★3はっはっは!『戦略大作戦』みたいで面白かった! (カレルレン)[投票]
★3婉曲的であったり露骨であったりするのが面白い。★3.5 (ドド)[投票]
★3中々奥の深い批判精神もあり、イラク人に対する配慮もあり、かなり異色な戦争映画だが、基本は娯楽とばかりに金塊強奪に開き直る(言い訳もしてるけど)、何とも困った映画である。3.7点。 [review] (死ぬまでシネマ)[投票]
★33.5点。鑑賞前の予想を良い意味で裏切ってくれた意外な見ごたえ。 (ころ阿弥)[投票]
★3何時の時代でも金は人と国を動かす原動力   [review] (オメガ)[投票]
★3戦争映画が反戦のメッセージたりうるとすれば、こういう一見無反省な映画だけだ。なんといってもジョージ・クルーニーのテキトーなノリが良いのです。 (ハム)[投票]
★2キングも糞もあるか! バカもーん。で、おわっとけ。 (スパルタのキツネ)[投票]
★3前半のポップな映像処理のままラストを迎えれば、良きにしろ悪きにしろスリー・キングスならではの地位を確立できたろう。しかし、途中からちょっと良い話も織り交ぜた平凡なアクション映画になってしまったのが残念。 (ノビ)[投票]
★4現実とシンクロしている。 [review] (chokobo)[投票]
★2見終わってから、しばらくポカーンとしていた・・・ (箸尾人)[投票]
★4個人主義バリバリだが、いざとなれば正義感も人一倍っていうのはアメリカ人の潜在的な自己理想像ですかね。バカな俺には、終始ドロドロ悩んでる『シン・レッド・ライン』とかより、こういう戦争映画の方が心に響く。コメディみたいに紹介されたのは不幸。 [review] (HW)[投票(3)]
★2戦略大作戦』の現代版を期待してみたのだけど、全然ちがっていた。期待と違ったことを除いて考えても、反戦映画にも娯楽映画にもなり切れてず中途半端。 (とっつぁん)[投票]
★4面白い作品です。だが中東の地に白人兵士が銃を持って立っている画に単純に違和感を覚える。お願いだから茶化さないでほしいんだ、今は。 (sawa:38)[投票]
★5凝りに凝ったカメラワーク!戦争のばかばかしさと無責任さを、この映画は映像で酔わせ、笑わせながら突きつける。 (ダリア)[投票(2)]
★3思ったよりも痛快なブラックの数々に笑いもした。している事は盗人そのもの。湾岸戦争の心の傷や後遺症は砂漠の轍のようには消えてくれない事実が、笑いの前にのしかかる。10年後にも評価できるかというと考えるが、とりあえずシニカルに徹した手法は評価。 [review] (chilidog)[投票]
★1戦争の後始末のドサクサまぎれという適当な奴らの話の割には真面目に描こうとしてる。題材選びの時点で失敗。 (----)[投票]
★4このテーマをこういうノリでやってもいーのだろうか。乾いた悲劇の数々。米軍兵士にとって戦争は「スリリングなゲーム」でしかない...というのが解った点でこの映画の手法は成功か。 (unreal)[投票]
★3動機が不純なだけに、いまひとつ話にのれなかった・・。 (youone)[投票]
★4銃で撃たれるシーンが、まるで時代劇の弓矢でうつシーンみたいで、「ホホー」と感心した。ラストは予期できたとは言え、やっぱり人間らしくてまっとうな態度で、すがすがしい感じがした。 [review] (シーチキン)[投票]
★3ジョージ・クルーニーの存在感。へタレ男優だと持っていたが見直したよ。 (beatak)[投票]
★3スリー・キングスを日本語訳すると「三人の賢者」。結局、最後まで誰と誰と誰が賢者だったのかあいまいだった。 (ウェズレイ)[投票]
★4このフシギな映像感覚はなんじゃらホイ?そしたら全然意味ナシの内臓どアップ。ぎゃはは、オレこういうの大好きだ。 (ゼロゼロUFO)[投票(1)]
★3「尻」から生まれた陰の湾岸戦争。ノリとは別にシビアで訴えるものは多い。が、微妙にそれが中途半端な消化不良状態に。 (らーふる当番)[投票]
★4クルーニーの余りにあざといヒーローぶりの不快感というのもよく判るのだが、アクション演出の設計の良さは充分評価できる。 [review] (ゑぎ)[投票(2)]
★4宝探しバカムービーかと思ったら、戦う男たちの骨太なドラマが待っていた。どんなアホでも戦闘の中ではヒューマニストになってしまうものなんだ。 (ゆかわりょう)[投票]
★3画像処理のセンスにまず拍手。このザラザラとした画質が映像の向こう側に連れて行ってくれる。見ていると喉が無性に渇いてくる感覚は砂漠が舞台の映画でもついぞ経験したことはなかった。まとまりには欠けるものの戦争の殺伐さ、命の値段の低さが良く出ていた。 (tkcrows)[投票(4)]
★4光と空に凝った陶酔系映像に、とぼけた台詞、とぼけた音楽。そこへ持ってきて、アリーmyラブ的小技の数々。このセンス気に入った。ストーリーの飛躍はさておき、指摘しにくいことを含み笑いに紛れて案外ずばっと。 [review] (mal)[投票(3)]
★5お気楽映画かと思ってたら、真正面からの反戦映画だったのは、ちょっとびっくり。こういうやり方を見つけた、監督の才能に星五つ。 (Carol Anne)[投票(1)]
★3映像も音楽がかなり凝った作りでブラックなユーモアにも思わずニヤリとさせられたり、意外とリアルでダークホース的存在な戦争映画だった。ただ個人的にはもう少しコメディー寄りの方が良かった。 (ADRENALINE of Adrenaline Queen)[投票(2)]
★4思ったより真面目な映画だった。 (ミシェルYO)[投票]
★2展開がドタバタしてるわりに、コメディの要素は薄い。 (りかちゅ)[投票]
★3ブラックのブラック!他国の人が怪訝するじょ〜。戦争=無意味、最初から衝撃を与えてしまっては気持ちが一気に半減してしまいます。傷口をリアルに見せるのはどういう意味?まさかこれをコメディだと受け取れ!なんて言わないでしょうね・・・。 (かっきー)[投票]
★2ノリノリを期待したのがイケナイのかもしれんが、アメリカ人わけわかめ〜 (peacefullife)[投票(1)]
★4思ったより普通だった。とにかく普通だった。何て言えばいいのだろう、この感じ。 (prick)[投票]
★3パーフェクトストームでもそうだった。気をつけろ!ジョージ・クルーニーの口車に乗るととんでもないめにあってしまうぞ! (大魔人)[投票(5)]
★4思ったより良かった。つーか普通におもしれー!! (クリープ)[投票]
★3後半、テキパキと応急手当を施すジョージ・クルーニー。さすが昔とった杵柄! (木魚のおと)[投票(2)]
★2面白いとは思うが、全てが中途半端。特に、なんとなくカッコつけてみました的映像がところどころに見られる。 (ミジンコ33)[投票]
★4ケツから地図が発見されるなんて,絶対これはコメディーだと思っていたが... [review] (じぇる)[投票]
★4予告編が予告に留まったから助かった。期待してなかった割りにかなりのカッコよさ! (starchild)[投票]
★3痛し痒し、アメリカの偽善。 (バカイチ)[投票]
★3センスは悪くない。でも展開がありがちで。 (は津美)[投票]
★2緊張感のないのは退屈だよ、こういう作品で。 (クワドラAS)[投票]
★1一生懸命この映画のおもしろさを探したんだけど見つけきらなかった。 (ヨロヨロ元帥)[投票]
★3アイス・キューブって、どうもジャイアンとかぶる。 (ぴち)[投票]
★4コメディのような序盤から男たちのドラマまでに昇華する娯楽大作。でも、娯楽大作の割には門戸が狭いかもしれない。 (海苔)[投票]