コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

殺人の追憶 (2003/韓国)

Salinui chueok
Memories of Murder

[Crime/Drama/Thriller]
製作チャ・スンジェ
監督ポン・ジュノ
脚本ポン・ジュノ / シム・ソンボ
撮影キム・ヒョング
美術ユ・ソンヒ
音楽岩代太郎
衣装キム・ユソン
出演ソン・ガンホ / キム・サンギョン / パク・ヘイル / キム・ルェハ / ソン・ジェホ / チョン・ミソン / パク・ノシク
あらすじ1986年から91年にかけてソウルから50キロ離れた農村で、実際に起きた猟奇的な女性連続暴行殺人事件(犯人は今も逮捕されておらず未解決)を題材にした映画。女性暴行殺人事件が発生し、パク刑事ソン・ガンホは捜査を開始するが有力な手がかりが得られないまま、二人目の犠牲者が生まれる。ソウルから応援にきたソ刑事キム・サンギョンも合流し、二人の刑事は時には反目しあいながらも、捜査を続ける。何人かの容疑者は浮上するが、決め手のないまま、犠牲者は増えていき、刑事たちは必死に犯人を探し続けるが。。。。。 (シーチキン)[投票(1)]
Comments
全82 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5捜査に携わる男たちの焦りが、何か大きなものに急き立てられる苛立ちへといつしか変わっていく。それは、やり残したことを抱えながら青春を終えなければならない少年のやるせなさに似ている。目に見えない「ある価値」の終焉が映画の根底に存在するからだ。 [review] (ぽんしゅう)[投票(23)]
★5創造主(かみ)の仕組み賜うた最も残酷な悪戯(ジョーク)。それは生きとし生きるもの全てに「殺人者」となる資質と資格を与えたことである。 [review] (町田)[投票(18)]
★5身構えて観ていたら、いい加減極まりない実地検分に唖然とし、さらにソン・ガンホの飛び蹴りに爆笑するはめに・・・。確信犯的なギャグ描写に監督の自信に満ちた実力を見る。 [review] (ジョー・チップ)[投票(12)]
★5犯人に敗北したというより、その当時の韓国(1986年〜1991年)を取り巻く空気に敗北した刑事達。その空気の醸成の仕方が絶妙に上手い。 (ゆーこ and One thing)[投票(11)]
★5終わってみると「あれ?」と思う細かい点はあるのだが、見ている時はそれらがいっさい気にならない、異様な迫力に満ちた映画。ともかく、映画の中に引きずり込まれてしまう。 [review] (シーチキン)[投票(10)]
★5犯人の謎解きよりも、狂気を内包しながらも淡々と流れていくこの社会の澱んだ空気に戦慄してしまう。 [review] (ざいあす)[投票(10)]
★4映画の冒頭に「未解決事件」であり、「実話」を題材としているとの表記が出る。その点を了解しての鑑賞だったはずが、いつの間にか事件の残虐性から「犯人逮捕」を期待してしまう自分がいた。冤罪とは早期解決を望む僕らの期待が生み出すものかもしれない。 [review] (IN4MATION)[投票(12)]
★4脳裏をよぎる時代。(レビューはラストに言及) [review] (グラント・リー・バッファロー)[投票(9)]
★4そして、捜査手法だけが洗練されていく。 [review] (G31)[投票(7)]
★4ヒューマニズムも勧善懲悪もカタルシスもない。人間の悲しい本質を見つめた視線が時代と国を越え深い余韻の痕を残す。そして事件は現代に繋がっているという事実。 [review] (新人王赤星)[投票(6)]
★4考えるよりも歩くことをモットーとするパク刑事ソン・ガンホと、考えた末に行動するソ刑事キム・サンギョン。捜査のアプローチ方法の相反する2人が、同じ壁にぶつかり、焦燥し、疲労困憊していく様子がスクリーンから滲み出てきます。 [review] (スパルタのキツネ)[投票(6)]
★4やっぱり「跳び蹴り」というのが断然面白い。跳び蹴りとは躊躇いを抱えたままであったり「つい、うっかり」といったもののはずみでは決して繰り出せない類の、つまり相手を傷つけるという確固たる意思に基づく暴力である。そんなものがさも当然のごとく唐突に飛び交ってしまうのが『殺人の追憶』の世界なのだ。 [review] (3819695)[投票(5)]
★4ある忌まわしい事件。人間である刑事は、結論を急ごうとして、早く旨い酒が呑みたくて事態に早急なピリオドを打たんとする。その結果彼らはその暴力を糾弾され、容疑者からは敵視される。これは韓国一国の物語ではないし、警察機構の腐敗のみを追ったストーリーでもない。我々もまた嫌な思いから逃げようとして、正しいことを進めようとするつもりが唾を吐きかけられる屈辱のみを手にするのだ。 (水那岐)[投票(4)]
★4犯人は明確に明かされていた。すでに観賞した方には自明のことだと思われるが、 [review] (kiona)[投票(4)]
★4地を這う虫の恨み。 [review] (おーい粗茶)[投票(3)]
★4凄さを説明しづらい映画だ。話だけ聞いても手垢にまみれた刑事映画にしか思えまいが、見飽きたジャンルもひたすらちゃんと作ることで莫大なエモーションが生まれる。途轍もない感情の振幅をもたらす。流れ作業のように量産される凡百の刑事映画とは基礎体力が全然違う。観れば判る。 (ペンクロフ)[投票(3)]
★3俺が韓国人だったら面白かったかもしれない [review] (ペペロンチーノ)[投票(15)]
★3さすがに自分の女の部分がつらかったのではないかと思います。 [review] (uyo)[投票(8)]
★3「三億円事件」「よど号ハイジャック」「浅間山荘事件」。私達の鼻に酸っぱさが混じるのは、アノ頃の「時代の匂い」を思いださせるから。実際の事件にオチを求めるのは酷ではあるが、韓国以外の客にとってはこの作品から「何か」を読み取る事は不可能だ。 (sawa:38)[投票(5)]
★3お願い、映画なら・・・ [review] (あちこ)[投票(2)]
★3「こいつこそ犯人か!?」と思わせてはガックリの繰り返し。まあ実話だから、と言っちゃあそれまでですが、(不謹慎かもしれないけど)劇映画にはある種のカタルシスを求めたい私には物足りなかった。 (takamari)[投票(2)]
★0ポスター左側の人が蛭子さんに見えて仕方有りません (佐保家)[投票(2)]
Ratings
5点50人*************************
4点87人*******************************************.
3点36人******************
2点2人*
1点1人.
176人平均 ★4.0(* = 2)

[この映画が好きな人]

POV
邦題と全然関係ない韓国映画の原題 (SUM)[投票(18)]映画で俯瞰(ふかん)する世界史・人類史  (いくけん)[投票(16)]
実際に起きた事件や犯罪、犯人をモチーフとした映画 (脚がグンバツの男)[投票(16)]アジアの片隅で…狂い酒飲み干せば… (けにろん)[投票(16)]
各国刑事・警察官事情 (ゆーこ and One thing)[投票(14)]海外実録犯罪映画 (町田)[投票(12)]
第2位の歴史 外国映画篇 (ナム太郎)[投票(4)]韓流の本流と傍流(?) (ぽんしゅう)[投票(3)]
あの人とこの人は....似てるかも? (にゃんこ)[投票(3)]CQNPOV vol.2 (町田)[投票(2)]
私の好きなオトコマエ♪ (にゃんこ)[投票(1)]
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「殺人の追憶」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Memories of Murder」[Google|Yahoo!]