コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

母なる証明 (2009/韓国)

Madeo
Mother

[Crime/Drama/Mystery/Thriller]
製作総指揮ミッキー・リー
製作ムン・ヤングォン
監督ポン・ジュノ
脚本パク・ウンギョ / ポン・ジュノ
原案ポン・ジュノ
撮影ホン・ギョンピョ
美術リュ・ソンヒ
音楽イ・ビョンウ
衣装チェ・ソヨン
出演キム・ヘジャ / ウォンビン / チン・グ / ユン・ジェムン / チョン・ミソン
あらすじヘジャ(キム・ヘジャ)とトジュン(ウォンビン)は、二人静かに暮らす親子である。ヘジャは早くに夫を亡くして以来、読み書きの出来ないトジュンを女手一つで育ててきた。ある日、町で女子高生が殺害される事件が発生する。トジュンは第一容疑者として、警察に逮捕される。弁護士も警察も信用できないヘジャは、一人で真相の究明に乗り出した… (牛乳瓶)[投票]
Comments
全42 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5場を丸ごと切り取る事での状況への臨場性は今村的でもあり、遍き不穏な空気の内在は黒沢清的でもあり、その最高ランクでの融合がボン・ジュノだという事を確認。そして、曖昧な混沌ではなく物語にケリをつける事での越境への決意も。弩級の傑作。 (けにろん)[投票(10)]
★5不快ゾーンを超え感傷的な情緒を排除したら、見えてきたのはヒッチコック級の手練手管。映画の醍醐味を堪能した。 [review] (ペペロンチーノ)[投票(8)]
★5いや、間違いない。母親であるということは狂人だということだ。 [review] (カズヒコ)[投票(5)]
★5母乳ってのは血からできてるんだぜ、という話。肉体が変形し、食い物の好みさえ意志とは関係なく変わってしまうような、母親という生き物の、その呪いの話。 (movableinferno)[投票(4)]
★5ポン・ジュノはブレない。信念(母性)を嘲笑う息子(運命)。「笑い」について。『殺人の追憶』、『グエムル』を経て続く無常的運命論第3章。(左記二作とレビュー内容が一部重複し、重大なネタバレを含みます) [review] (DSCH)[投票(3)]
★5人を襲う熊は子連れの母熊の場合がほとんどだそうです。 [review] (Soul Driver)[投票(2)]
★5 ポン・ジュノのいい意味での「趣味の悪さ」が存分に発揮されている。立小便のシーンでさえ意味深だ。全くもって気が抜けない。この映画を復帰作に選んだウォン・ビンは、なかなか骨のある奴だと感心した。 (地球発)[投票(2)]
★4まさに映画的な映画ですね。映画の持つ素材を極限にまで活用し自分の映画世界を構築しようとしている。そのテクはそれほど斬新でもない。しかし、こういう撮り方は最近なかったかなあ。 [review] (セント)[投票(10)]
★4どう、凄いでしょ? 巧いでしょ? とでも云いたげなこれ見よがしな演出から、ポン・ジュノの厭らしいしたり顔が透けて見えて少々うんざり。キム・ヘジャの舞踊で幕を開ける構成にしても、ペットボトルの水がこぼれるサスペンスにしても、最終カットの処理の仕方にしても、それはもう至るところで。 [review] (3819695)[投票(9)]
★4ひたすら不穏な映画である。何もこの母(キム・ヘジャ)に限ったことではなく、息子に対する母親の愛情には、平時には見えない不穏さが確かに潜んでいる。その不穏さの正体は、男にとって自身の存在を左右し、そこから絶対に逃れられないという恐怖だ。 [review] (ぽんしゅう)[投票(9)]
★4子を案ずる母に野良猫ロックを。 [review] (おーい粗茶)[投票(6)]
★4血を流していたのは誰か? [review] (パグのしっぽ)[投票(6)]
★4「〈母性〉の牢獄」とかいくらでもそれっぽいキーワードで語れそうなのだが、しかしそんな安易なキャッチコピーは口に出した瞬間に陳腐化する。それだけの強度を持つ映画。 [review] (MSRkb)[投票(5)]
★4胸が動悸動悸 [review] (ペンクロフ)[投票(5)]
★4技巧に走り過ぎたきらいはあるが、現時点でのポン・ジュノ演出の極み。特に裁断機や車の衝突事故にかかる「よそ見」演出は、分かっていてもその巧さに感心。キム・ヘジャは言うまでもなく、受けるウォンビンの成熟に感嘆。ラストの陽光にも唸る。 (ナム太郎)[投票(4)]
★4良くも悪くも理が勝ちすぎているきらいはあるが、反面、これまで以上に堅牢なエンタメをやろうとしているところにポンさんの別の意味での覚悟が窺える。変な例えかもしらんが、北野武のフィルモグラフィで言うところの『ソナチネ』のような、ポンさんが追求してきたスタイルの、一つの完成形であることには違いない。 [review] (のらぞんざい)[投票(3)]
★4気持ちよくもてあそばれた。好きか嫌いかは別にしてチョイ役にいたるまで説得力を持つキャスティング・演出をしている事に驚嘆した。 [review] (Master)[投票(3)]
★4オープニングは、「母親」の無様なダンスから始まる。微笑を浮かべることもなく、ただ無表情に踊り続けるキム・ヘジャ。その姿からは明朗さはいささかも感じ取れず、ただ必死に生きる宿命を甘受する諦念すら漂ってくる。彼女はウォンビンのためにしか笑わない。 [review] (水那岐)[投票(3)]
★3いいのかそれで・・・。あのバスは、変人様御一行にしか見えなかった。 [review] (クワドラAS)[投票(3)]
★3見応えは凄い。だが、見応えだけに執心した作品であるようにも思える。 [review] (緑雨)[投票(2)]
★3「映画」を創ろうとしているのは解る。前半は期待に中々映画が追いつかずイライラし、後半は追い上げたものの及ばなかった。☆3.7点。 [review] (死ぬまでシネマ)[投票(2)]
★2理性のかけらもない連中のドラマは喜劇になる事はよくわかった。が、生理的に受けつけない。それでも2時間飽きずに観られるのだから、映画作りが巧いということは認めましょう。 [review] (Lacan,J)[投票(1)]
★1踊りで始まり踊りで終わる照応が、母親であることとは踊り続けることであるという主張にも受け止められる。誰も救わなかったこの映画制作者の姿勢は、この映画が扱った現実以上に救いようがなく不快。事件の真相を一時的に覆い隠す重要な夜の闇を描けてもいない。 (ジェリー)[投票(1)]
Ratings
5点31人*******************************
4点53人*****************************************************
3点13人*************
2点3人***
1点2人**
102人平均 ★4.1(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
邦題と全然関係ない韓国映画の原題 (SUM)[投票(18)]第2位の歴史 外国映画篇 (ナム太郎)[投票(4)]
結末がどんでん返し!な映画 (脚がグンバツの男)[投票(3)]パパ・ママ 家族映画 (IN4MATION)[投票(2)]
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「母なる証明」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Mother」[Google|Yahoo!]