コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

第9地区 (2009/ニュージーランド)

District 9

[Action/SciFi/Thriller]
製作総指揮ビル・ブロック / ケン・カミンズ
製作キャロリン・カニンガム / ピーター・ジャクソン
監督ニール・ブロムカンプ
脚本ニール・ブロムカンプ / テリー・タッチェル
撮影トレント・オパロック
美術フィリップ・アイヴィ
音楽クリントン・ショーター
衣装ディアナ・シリアーズ
出演シャルト・コプリー / デヴィッド・ジェームズ / ヴァネッサ・ヘイウッド / ジェイソン・コープ / ナタリー・ボルト / シルヴェイン・ストライク / ジョン・サムナー / ウィリアム・アレン・ヤング
あらすじ正体不明の巨大宇宙船が突然南アフリカ共和国に飛来。それに乗船していたのは栄養失調気味のエイリアン。彼らは難民としてヨハネスブルグにある第9地区の仮設住宅に住まわせることになった。それから28年の月日が流れ、野蛮で不衛生な彼らが住みついたそこはスラムと化していった。そこで市内の第9地区から郊外の第10地区に彼らを移送することになり、平凡な社員ヴィカスが現場責任者に指名された。ヴィカスはエイリアンたちに立ち退きの通達をして回るうちにとんでもないものを目の当たりにする。彼らはなぜ28年もそこに留まっているのか、ヴィカスの運命は。 (guriguri)[投票]
Comments
全79 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5寓意と示唆に富んだ傑作SF。『2001年宇宙の旅』が「映像」ならば、「物語」は本作、と言ってよいと思う。「21世紀のSF映画の金字塔」と言ってもよいのではないか。その始まりから結末にいたるまで、思考をとことん刺激された。 [review] (シーチキン)[投票(4)]
★5とにかくずっと汚い作品。だからこそいい。 [review] (HAL9000)[投票(4)]
★5この完成イメージを持って撮りきった監督に軍配。どんな容姿でも子供だと認識すれば感情移入できるもんだな・・ [review] (pinkmoon)[投票(3)]
★5アカデミー賞(作品賞)なんて獲れるわけがない。選考本数が10本に拡大されていなければノミネートすらされていなかっただろう。違うのだから、住む世界が、住む星が。美麗(醜悪?)なCGやアイロニーに騙されそうになるが、しょせん性根はB級なのだから。 [review] (Lostie)[投票(3)]
★5シャルト・コプリーが汚物にまみれながら全力で連発する"Fuck!"を全力で支持する。アラはこの際関係ない。ところでコプリーの台詞がほとんどアドリブって本当なのか? [review] (DSCH)[投票(2)]
★4ブロムカンプ監督の演出力には圧倒される。終盤の戦闘シーンでクリシェに陥るものの、テーマが屹立するラストの余韻は奥深い。SF好きの観客ならば、劇中で流れる72時間の背景に、数万年規模のタイムスケールの存在を感じるだろう(エイリアンと人類の関係について追記しました)。 [review] (shiono)[投票(10)]
★4押しつけがましくない程度に社会派っぽい。この映画のエイリアンの醜悪さは、人間の醜悪さの裏返し。 [review] (Walden)[投票(8)]
★4甲殻類のような古臭い形態を与えられ、地球人の言語も理解すれば親子関係まで地球人に類似してしまっているこの異星生物のキャラクター設定上の通俗性をどう読むか。私は、斬新さの真の意味を理解した優秀な映画作家のキャリアのスタートラインの正しい立ち方として理解した。 [review] (ジェリー)[投票(7)]
★4気に入ったのは、主人公が強くも正しくもないフツーの奴ってところ。 [review] (緑雨)[投票(7)]
★4既視感が新しい。見たことがある奴らだからこその、見たことのない風景。 [review] (林田乃丞)[投票(7)]
★4もっと「クソ喰らえ!」でもよかったんじゃない? [review] (おーい粗茶)[投票(6)]
★4エイリアンVS民間企業VSギャングVS主人公 って構図。111分飽きるはずがない! [review] (guriguri)[投票(6)]
★4「この、手の施しようがないほど膿み爛れた世界で、皮か、心か」という物語の果てに咲いた一輪の屑鉄の花。 [review] (kiona)[投票(4)]
★4バーホーベンの後継者かなと思ったのだけど、笑いは殆ど無し。ただ怒りは画面に解き放たれている。いろんな正義を表現したいんだろう。でも正義こそ怖いんだよ。悪が怖くないって言ってるんじゃないけどさ。 [review] (t3b)[投票(3)]
★4多少のストーリーの穴は易々と突っ切るだけの推進力がある。その割り切りが非常に心地よい。 [review] (Master)[投票(3)]
★3「幼年期の終り」遥か遠く [review] (ペペロンチーノ)[投票(14)]
★3もっと野心的な作品かと期待してたんだけど存外普通な映画だった。 [review] (佐保家)[投票(7)]
★3末永く人々に語られ続けるであろう佳作。地下施設で衝撃を受け棒立ちになる宇宙人の美しさ。あの時、我々は画に頼ることなく勝手に彼の感情を読みとっているわけで、つくづく映画は観客の脳内で完成するのだと思う。 (ペンクロフ)[投票(6)]
★3我が国の公開順で云えば『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』『ダレン・シャン』の後を承け、さらに『ウルフマン』『タイタンの戦い』へと続く「半人」の映画。アメリカ映画に拘らなければ『渇き』も列せられる。【分類の観点】(1)半人化の原因(先天的か後天的か) (2)性質・能力・外見上のヒトとの相違 [review] (3819695)[投票(6)]
★3身軽さが身上の今更Bテイスト企画が重装備され切れを欠き笑いきれない。『マーズ・アタック!』程には才覚が無く『プラネットテラー』程にはゴア描写に徹しきれないもどかしさ。終盤の行ってこい的サバケ方も友情や家族愛テイストが凡庸な在り様に引き戻す。 (けにろん)[投票(6)]
★3設定が魅力的だったが、結局その設定を社会風刺として高められなかったのが残念。これなら、別に舞台がヨハネスブルグである必要はない。(2010.05.01.) [review] (Keita)[投票(5)]
★2☆2.49という感じか。冒頭の社会派ドキュメント風の作りが非常に面白く、それだけに一転主人公にズームアップしすぎた後半が非常に残念。終盤の演出も「ハラハラ」ではなく間延びしすぎて「イライラ」になっていた。 [review] (サイモン64)[投票(4)]
★1監督がこの企画の意味を解ってなかった。そういう悲劇 (pori)[投票]
Ratings
5点40人********************
4点92人**********************************************
3点54人***************************
2点9人****.
1点2人*
197人平均 ★3.8(* = 2)

[この映画が好きな人]

POV
いいかこれがSFというものだ。 (死ぬまでシネマ)[投票(9)]てめえらの血はなに色だーーーっ!! (DSCH)[投票(6)]
喰わせろ。 (DSCH)[投票(3)]お気に入りのSF映画(4点以上) (TS)[投票(2)]
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「第9地区」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「District 9」[Google|Yahoo!]