コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

悪人 (2010/)

[Mystery/Drama]
製作総指揮市川南
製作仁平知世 / 島谷能成 / 北川直樹 / 堀義貴 / 島谷能成 / 大宮敏靖 / 喜多埜裕明 / 畠中達郎
監督李相日
脚本吉田修一 / 李相日
原作吉田修一
撮影笠松則通
美術杉本亮 / 種田陽平
音楽久石譲
衣装小川久美子
出演妻夫木聡 / 深津絵里 / 岡田将生 / 満島ひかり / 塩見三省 / 光石研 / 池内万作 / 井川比佐志 / 余貴美子 / 山田キヌヲ / 松尾スズキ / 韓英恵 / 宮崎美子 / 中村絢香 / 永山絢斗 / 樹木希林 / 柄本明
あらすじ祖父母の世話をしながら暮らす解体作業員の祐一(妻夫木聡)は、出会い系サイトで知りあった保険外交員の佳乃(満島ひかり)と殺伐とした交際を続けていた。ある朝、山深い峠で佳乃の他殺体が発見され、容疑者として大学生の圭吾(岡田将生)が浮かぶ。そんなおり、同じサイトの利用者で紳士服量販店の店員として味気ない日々を送る光代(深津絵里)から祐一にメールが届く。孤独な二人は引き寄せられるように寄り添い合い、祐一は「俺は人を殺した」と光代に告白するのだった。そのころ佳乃の父(柄本明)の激しい怒りは大学生の圭吾へ向けられ、祐一の祖母(樹木希林)はマスコミの格好の餌食となっていた。(139分) [more] (ぽんしゅう)[投票]
Comments
全56 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5今かろうじてその日を耐え、生きている人たち。底辺を支える肉体労働者の若者。叔父の経営する解体作業を黙々とこなす。家に帰れば離れたところにある風呂場へ寒いのに裸のままで移動するしょぼい家屋。そして、 [review] (セント)[投票(12)]
★5リ・サンイルの『愛の嵐』 [review] (ペペロンチーノ)[投票(5)]
★5誰が本当の悪人か、なんて陳腐なことはどうでもいい。ただ、 [review] (IN4MATION)[投票(4)]
★5うまく表現できないけど、今の日本をむしばみつつある「嫌な感じ」がそのまま映画になったような怖さがある。社会弱者を不法投棄してしまうような状況やそれを是としてしまう社会環境が恐ろしい。それを止められるものは私たち自身しかないのかと、そんなことを考えさせられる名画。妻夫木聡の演じる無口な男がリアルすぎて怖い。 (サイモン64)[投票(2)]
★4今のこの国に充満している負の空気を的確にフィルムに焼き付けている。冒頭から中盤まで、観ていて心がざわざわするような息苦しさに襲われ続けた。 [review] (緑雨)[投票(10)]
★4「俺、何でこんな人間なんやろ」。祐一君、それ、あんただけじゃない。みんな思ってる事だから。 [review] (青山実花)[投票(5)]
★4この映画の犯人探しをすると岡田将生満島ひかりの二人が『悪人』ということになりませんかね?(2011/03/05) [review] (chokobo)[投票(3)]
★4ツマブキくんには、すさんでヤサグレた天然エキスがどうあがいても無い。とにもかくにも主演ふたりの周りが素晴しい演者ばかりで固められ、うんと底上げされた映画。『悪人』って文学的タイトルにもっと踏み込んでほしかった。「世間で悪人って言われる人は実はそんなに悪人じゃないよ」って、これじゃ一言で終わっちゃうじゃない。 (worianne)[投票(2)]
★4(注意!)実際の出会い系サイトで満島ひかり深津絵里のような女性と連続して出会える確率は宝くじの1等に当選する確率よりも低いです。 [review] (TM(H19.1加入))[投票(2)]
★4見応えのある作品だった.☆4.5 [review] (ぱーこ)[投票(2)]
★4石橋佳男(柄本明)と石橋佳乃(満島ひかり)の雨中のシーンだけでも5の評価に値する作品だと思う。だが、このシーンが鮮烈であるということは主役2人が食われているということでもあり、その意味で評価を下げざるを得ない。 [review] (Master)[投票(2)]
★4悪人が、悪人に見えない。誰が悪人なの?と思うということは、それは原作者でもあり台本を担当した吉田修一の手中に落ちたということだなあ。罪を犯した男とめくるめく恋愛に陥る女。そこにあったのは肉体の密接なつながりしかないわけで、たったそれだけでも愛に飢えていた女は男と逃げようと思うのだなあ。ほんとうに。 [review] (カフカのすあま)[投票(1)]
★4排他的に個人主義な満島岡田の世代と対峙する旧世代柄本樹木。そして、両者から排除される妻夫木深津がいるわけだが、やはりこれは『パレード』のように並立配置されるべき。力作だが閉じた世界の逃避行劇では惜しい題材。 (けにろん)[投票(1)]
★4李相日監督は前作『フラガール』に続き、日本の田舎を舞台にまたもや日本映画として誇れる映画を作ってくれた。そして、本作は小説を原作を忠実に映像化する際のお手本のような作品でもある。(2010.10.03.) [review] (Keita)[投票(1)]
★3私にしてもこのような地方の閉塞感をまったく知らないではない。とても誠実に「現実」の光景をなぞった映画だ。それはまた志だけで実現できるものでもない。技術が伴っていなければ不可能な仕事である。しかし、と思う。映画において誠実さは必ずしも面白さの味方をしない。映画らしい飛躍がもっとほしい。 [review] (3819695)[投票(8)]
★3孤独(な人)プラス孤独(な人)が幸せにならないのが人間なのである。 しばし孤独でなくなったと錯覚しても、渇望する一体感は、なくなることはないのだ。 [review] (jollyjoker)[投票(4)]
★3肝心なところで映画としての面白さに欠けていたと思う [review] (アーマージャック)[投票(4)]
★3渋い役者をそろえ、精確に抑えられた演出に力のある構図。時間を感じさせない、ハイレベルな映画に仕上がっているとは思うが、突き抜けるものがない。 [review] (シーチキン)[投票(4)]
★3車と携帯が可視化する「距離」。本作の主題を端的に表しているのは、灯台よりもむしろ、餃子の臭い。 [review] (煽尼采)[投票(3)]
★3和解ではなく破壊を選択してしまう男の話しである。警察署の前で葛藤する二人を打つ豪雨。父娘の再会を濡らす冷たい雨。笠松則通が写す人を分かつ雨が美しく切ない。現代の閉塞と酷薄を精緻、かつ直裁に編んだ脚本も好いが、生真面目さがいささか堅苦しくもある。 [review] (ぽんしゅう)[投票(3)]
★2本当の犯人は満島ひかりの同僚の女ふたりである。推理物の出だしで、途中で犯人が独白するなど、いかにも物語が破綻していて、きっと裏があるに違いないと思わざるを得ない。その辺りは裁判を扱う続編で明かされるのであろう。 (寒山)[投票]
★2いちいち衝動が激し過ぎて共感できませんでした… (ユウジ)[投票]
★1殺人という大きな問題に対して、釣り合わない要素で構成された罪な作品。 [review] (テトラ)[投票]
Ratings
5点19人*******************
4点55人*******************************************************
3点33人*********************************
2点6人******
1点2人**
115人平均 ★3.7(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
脱いじゃったと言えば脱いじゃった (IN4MATION)[投票(6)]国際映画賞を受賞した日本人俳優  (寒山)[投票(6)]
キネマ旬報ベスト・テン脚本賞一覧 (寒山)[投票(5)]むかし殿山、いま柄本。 (ぽんしゅう)[投票(4)]
Links
検索「悪人」[Google|Yahoo!(J)|goo]