コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

軽蔑 (1963/)

Le Mépris
Contempt

[Drama]
監督ジャン・リュック・ゴダール
脚本ジャン・リュック・ゴダール
原作アルベルト・モラヴィア
撮影ラウール・クタール
音楽ジョルジュ・ドルリュー
出演ミシェル・ピコリ / ブリジット・バルドー / ジャック・パランス / フリッツ・ラング / ジョルジア・モル
あらすじ脚本家のポールと妻カミーユは、何も考えず愛を交わし歓喜に酔いしれていた。自然の高まりとめくるめく空白の時間を共有する二人。役者&出資者のジュリーに呼び出されたポールは撮影所に向う。イタリア映画は不況で全員解雇になり、撮影所は静まり返っていた。景気回復のため傑作を製作したい社長ラングはポールに脚本の書き直しの依頼をする。のち待ち合わせ場所に訪れたカミーユをポールはジュリー車に乗せ二人だけで先に彼の自宅へ向かわせた。夫不在の空白の一時間を悩むカミーユの態度が急変する。彼女の脳裏には「私を傷つけた、今度は私の番。」妻が去るのを破滅と思うポールはどういう態度にでるのか?またカミーユは今、何を願うのか? (かっきー)[投票]
Comments
全42 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5今回の作品は、ちょいとミステリー仕立て。 [review] (uyo)[投票(5)]
★5ストーリィ良し、演出良し、配役良し、建築良し! [review] (ボイス母)[投票(4)]
★5芸術家には敵わない。(05・6・29) [review] (山本美容室)[投票(3)]
★5失恋したゴダールの心情を投影した私小説的傑作。うざったい引用も少なくて安心。 [review] (赤い戦車)[投票(1)]
★5何だこの美人は? この映画を見た男達の第一印象は、みんなこうだっただろう。 [review] (たーー)[投票]
★4そこまで軽蔑せんでも・・・。 [review] (くたー)[投票(4)]
★4タイトルに当てはまったスッキリする作品。妻の嘘を見抜く夫の愛が忘れられない。でも言葉選びの復讐は想像を絶する苦痛と哀しみの結晶みたい。綺麗でもあるけど儚くも感じる。愛って気分屋で危ない生き物なんだね。 (かっきー)[投票(3)]
★4センチメンタルなんだけど、映像が全然センチメンタルじゃない。セクシャルなんだけど、全然勃起させてくれない。ゴダール恐るべし。 ()[投票(2)]
★4「美しさと格好よさはゴダールでも随一」とはこれを以ても云い切れないのだからゴダさんの才能は破格だ。海辺に場を移した後半はむろん、前半チネチッタのシーンもバッキバキにキメまくる。試写室から外に出てきたフリッツ・ラングが煙草を喫むカット! 女性通訳が自転車で街セットをすいすい走るカット! [review] (3819695)[投票(1)]
★4メインストーリーよりフリッツ・ラング氏のうんちく話の方が面白かった。 (ジョー・チップ)[投票(1)]
★4ゴダールの映画でずっと男性の立場にに共感し、理解してきた私が、これほど女性の立場に共感できたことはないと思ったのに、それがつらいほどリアルすぎた。痛い。自分が逃げ道としてきた問題の答えと、愚かさを突き付けられた感じ。痛い・・・。 (エクスプレス)[投票(1)]
★4今まで観たゴダールの中では最も共感できた。特に唐突に間に入って仕事を下りると言いだすところ。そりゃあんだけ美人の奥さんに色目つかわれたらきれるよね普通。もちろん建築と家具の美しさも最高。 (kaki)[投票]
★4収束しない時期に行く前の,バランスの良い映画。 (intheair)[投票]
★3彫像、幾何学的な建物、海の簡潔な美。ブリジット・バルドーの肉体の、天衣無縫な豊かさ。通訳によって反復されることで意味からずれ、片言の言葉によって意味から剥がれ落ちそうになる声。神話や芸術から遊離して、資本との猥褻な関係へと傾斜する映像。 [review] (煽尼采)[投票(2)]
★3アルベルト・モラビアの原作は男女の深層心理の襞を精細に書き尽くした傑作。並の監督ならストーリーをなぞるだけで終わってしまうだろう。ゴダールはそれを象徴的なシーンで処理しようとする。女と海とフリッツ・ラング。 (若尾好き)[投票(2)]
★3海や彫像の自然色とインテリアや衣装の人工色。通訳を介して交わされる状況説明と意志。神話をめぐる愛と憎悪の解釈。理性の具現化である言葉と心象を象徴化する映像。そして、ポールの先が見越せない優柔とカミューの何も見ようとしない先鋭。すべてがずれる映画。 (ぽんしゅう)[投票(1)]
★3悪くないんだけど、ゴダール映画はもうちょっと破綻していてほしい。 (太陽と戦慄)[投票(1)]
★3プリプリ映画!(タイトル(Mepris)と舞台のカプリ島(Capri)) ついでにブリジット・バルドーもプリプリ! (crossage)[投票(1)]
★3英語コンプレックスが無能や醜形といった軽蔑の具体的要因を集約していてわかりやすく、また劣等感に対する語り手の自覚も看取できて、そこに好感を覚える。どんなに格好をつけてもキモさが増幅されるばかりだから苛立ちが少ないのである。 [review] (disjunctive)[投票]
★3この女性、というか突然の感覚は好き [review] (いちたすに)[投票]
★2愛する人を愛せなくなったとき心は不快感でいっぱい。気持ち悪くなるんです。よく女性が「私に触らないで!」と言ってしまうのはそのせいです。 (KADAGIO)[投票(1)]
★1だめだ、こういうの。退屈でしかなかった。 (ユージ)[投票]
Ratings
5点27人***************************
4点47人***********************************************
3点43人*******************************************
2点6人******
1点1人*
124人平均 ★3.8(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
渚にまつわるエトセトラ (けにろん)[投票(8)]バイブル (けにろん)[投票(7)]
ドイツ映画史と映画で観るドイツ史 (町田)[投票(5)]インテリアがいけている映画 (エクスプレス)[投票(4)]
映画の中のクルマたち (立秋)[投票(2)]私的フランス映画 (ハイズ)[投票(2)]
シンプル・イズ・ベスト…か? (ユリノキマリ)[投票(1)]建築科学生&建築ファン必見! (ボイス母)[投票(1)]
ジャン・リュック・ゴダール[投票]
Links
IMDBThe Internet Movie Database
検索「軽蔑」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Contempt」[Google|Yahoo!]