コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

どん底 (1957/)

[Comedy/Drama]
製作黒澤明
監督黒澤明
脚本黒澤明 / 小国英雄
原作マキシム・ゴーリキー
撮影山崎市雄
美術村木与四郎
音楽佐藤勝
出演三船敏郎 / 山田五十鈴 / 香川京子 / 中村鴈治郎 / 千秋実 / 渡辺篤 / 三井弘次 / 藤原釜足 / 上田吉二郎 / 清川虹子
あらすじ江戸時代。崖の下に或る木賃宿にお遍路(左ト全)がやって来た。そこには明日の飯代にも事欠く連中が希望もなく滞在していた。鋳掛屋の留吉(東野英治郎)と女房のあさ(三好栄子)、夜鷹のおせん(根岸明美)、飴売りのお滝(清川虹子)、遊び人の喜三郎(三井弘次)、役者くずれ(藤原釜足)に御家人くずれ(千秋実)、桶屋(田中春男)に下駄屋(藤木悠)、駕籠かきの2人(渡辺篤藤田山)等である。そこに大家の六兵衛(中村鴈治郎)と女房のお杉(山田五十鈴)、お杉の妹のかよ(香川京子)、泥棒の捨吉(三船敏郎)が出入りして繰り広げられる人間模様…。ゴーリキーの戯曲を翻案した黒澤明の第18作。 (けにろん)[投票]
Comments
全50 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5崩れ長屋に繰り広げられる、豪華な演技合戦! [review] (いくけん)[投票(9)]
★5三井弘次の独壇場。(05・5・27) [review] (山本美容室)[投票(7)]
★5来る者、去る者、勝つ者、負ける者、生きる者、死ぬ者・・・この中に欠けているものが一つでもあるかね? [review] (kiona)[投票(7)]
★4香川京子のキャラクターの崩壊が余りに非道い。こんな事をやっていたから、黒澤は馬鹿にされるのだ。山田五十鈴はこゝでもこれだけ魅力的だというのに。 [review] (ゑぎ)[投票(7)]
★41957年のハイパーリアリズム、そして予言。 [review] (町田)[投票(5)]
★4俳優部の充実度は黒澤でも屈指。三船敏郎山田五十鈴のスーパースター対決はむろん見ものだが、脇役好きにもよだれが止まらない映画だ。田中春男三井弘次左卜全東野英治郎藤原釜足三好栄子上田吉二郎千秋実! そして映画俳優としてはまだ駆け出しながら既に面白すぎる中村鴈治郎!! [review] (3819695)[投票(4)]
★4素晴らしい演技を見せる役者達の中でも三井弘次が一番好き。あのちょっと甲高い声と堂に入った遊び人振り。只者じゃない。 (マッツァ)[投票(3)]
★4精緻を凝らしたセットに何人ものプロと素人をぎゅうぎゅうに詰め込み圧力釜で調理した料理のような息苦しさだが、しんどい位に長い各シークェンスのライブ感は黒澤の複数カメラ使用が最も成功した映画とも言えるかも知れない。 (けにろん)[投票(3)]
★4その演劇的演出との関連性から後期黒澤の諸作品へと繋がる、彼のフィルモグラフィを辿る上での重要作。 [review] (赤い戦車)[投票(2)]
★3トンチキと念仏。インテリの影を引きずる毒舌遊び人三井弘次と、柔和さの裏に地獄の凄味を漂わせる左卜全。正義の不実を察して世を捨てたニヒリストと、嘘ででも現状を容認するヒューマニストは最後まで交わらない。まわりの不逞どものテンションも圧巻。 (ぽんしゅう)[投票(3)]
★3見所は、どん底ゴスペラーズによる歌。「トントンちきめ とんちきめ コンコンちきしょう こんちくしょう 地獄の沙汰も金次第 トントンツクツク トントンツクツク 仏の慈悲も金次第 こちらはオケラだ スッテンテン 小判も雨でも降ればいい」…ハマリそう。 (Linus)[投票(3)]
★3貧すりゃ鈍す、と世間で言う。なるほど、例外もあるだろう。だが、妙に悟りきったコトバで貧民窟の和を保とうとする左卜全、あれは何もかも知り尽くした者の目、修羅場を渡ってきた者の目を持っている。 [review] (水那岐)[投票(3)]
★3豪華俳優陣がまるで国会中継のように自説を滔々と述べて交わらず化学反応は起きない。 [review] (寒山)[投票(2)]
★3日本にも、こんなにソウルフルなミュージカル映画(?)があったのか!トンチキのグルーヴ感。そして、踊り狂う貧民たちのギラギラした生命力溢れる表情!今の役者じゃ絶対あんな顔はできないよ。 (緑雨)[投票(2)]
★3最上質の舞台劇を淡々とフィルムで見せられる。過剰な演技と空疎な演出に眠くなってはいけない。主演(?)の左朴全のフォースを感じるだけでも意義はある。 (sawa:38)[投票(2)]
★3一人一人の顔が良いのだ、顔が。 (ジェリー)[投票(2)]
★3まあ『どですかでん』に比べたらずいぶんマトモだよな。[新文芸坐] (Yasu)[投票(1)]
★3湿度高そう。 (Curryrice)[投票(1)]
★3昔の人はこんな暮らししてたのかぁという印象。68/100 (たろ)[投票]
★2爽快感のカケラも無いわなぁ。 (ぱちーの)[投票(1)]
★2左ト全がものすごい偽善者に見えるのはクロサワの所為であってト全の所為ではない。ある意味クロサワの才能はすごい。 (オノエル)[投票]
★2セットにお金かかってない(?)ですねぇこれぞまさにグランドホテル形式。 [review] (TO−Y)[投票]
Ratings
5点14人**************
4点35人***********************************
3点59人***********************************************************
2点12人************
1点0人
120人平均 ★3.4(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
こんな英題で出ています(黒澤篇) (AKINDO)[投票(27)]”なりきり”の役者魂 (アルシュ)[投票(17)]
キネ旬ベスト10・最多ランクイン監督は誰だ!  (ぽんしゅう)[投票(7)]再考&最高 クロサワ映画 (chokobo)[投票(4)]
世界のクロサワ、私の黒澤 (Ryu-Zen)[投票(2)]お気に入り (fufu)[投票]
Links
検索「どん底」[Google|Yahoo!(J)|goo]