コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

空気人形 (2009/)

Air Doll

[Drama/Fantasy]
製作浦谷年良
監督是枝裕和
脚本是枝裕和
原作業田良家
撮影リー・ピンビン
美術種田陽平
音楽world’s end girlfriend
衣装伊藤佐智子
特撮原口智生
出演ペ・ドゥナ / ARATA / 板尾創路 / 高橋昌也 / 余貴美子 / 岩松了 / 星野真里 / 丸山智己 / 奈良木未羽 / 柄本佑 / 寺島進 / オダギリジョー / 富司純子
あらすじうだつの上がらない中年ファミレス店員の男(板尾創路)の家には、一体の人形がある。男は毎日その人形に話しかけ、人形を風呂に入れ、そして夜は人形を抱く。人形は、何も言わず、表情を変えることもない。そんなある日、その人形が「心」を持ってしまう。男が仕事に出かけると、心を持った人形(ペ・ドゥナ)は自分の脚で街へと歩み出て行く。一日中歩き回り、キラキラと電飾の輝くビデオレンタル店で純一(ARATA)と出会う。やがてその店でアルバイトを始めた人形の「心」は、純一に惹かれてゆくが……。[カラー/116分] (林田乃丞)[投票]
Comments
全50 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5持ってはいけない心で眺めた世界は、綺麗で汚くて、フワフワで重たくて、楽しくて辛い。 [review] (青山実花)[投票(14)]
★5人形が心を持ち人間になる話しだど思っていた。違っていた。人形は人間のような「もの」になるだけだ。そして、人間のような「者」たちの狭間で嬉々として、生に憧れ、愛を模索する。「されること」と「してあげること」。燃えないゴミと、燃えるゴミの交歓が切ない。 [review] (ぽんしゅう)[投票(13)]
★5「行ってきます」。ペ・ドゥナの三度の「誕生」をこの台詞の変奏が示している。寓意の驚愕の密度。圧倒的な聖性。「生」の「浮力」と「重力」の映画。もっとも観たかった「ピノキオ」の再解釈。※長いです。この映画難しいよ・・・ [review] (DSCH)[投票(8)]
★5映画の要所要所で脇役である余貴美子富司純子高橋昌也が屹立している。秀作の証(あか)し。 見ること、触れること、発音すること、動くこと、存在すること、記憶すること、伝えること、観ること。様々な醍醐味に溢れた、『空気人形』。 [review] (いくけん)[投票(6)]
★4フワフワとした肌触りの観念論として一本通してしまっているのはこれはこれで凄いかも。 [review] (おーい粗茶)[投票(11)]
★4ダッチワイフはオンリー・ワンの夢を見るか? [review] (ペペロンチーノ)[投票(11)]
★4是枝が演出するダッチワイフのペ・ドゥナさんをリー・ピンビンが撮る――スタッフィング・キャスティングも含めた総合的な企画力で勝負するという現代日本映画のひとつの指針。アジア圏一位のカメラマンの招聘はやはり決定的であり、その仕事は圧倒的だ。このような東京の撮られ方は『珈琲時光』以来の事件だろう。 [review] (3819695)[投票(10)]
★4<私>を心で満たすのは、私自身ではなく、<他者>によってでしかない。 2009年9月26日劇場鑑賞 [review] (ねこすけ)[投票(9)]
★4抜群のロケーションと手練のカメラで見せる、約束事のない白昼夢のクリップ集。しかしこれは、いったい誰の夢なのだ? [review] (林田乃丞)[投票(8)]
★4誤解してはいけない。われわれは「心を持ってしまった人形」ではない。(2011.8.8) [review] (HW)[投票(6)]
★4ペ・ドゥナ演じる空気人形が、生まれたての赤ん坊のように捉える世界。彼女の身体性がリー・ピンビンの撮影と相俟って醸し出す「空気」。空虚かつ充満した、透明なものとしての心。 [review] (煽尼采)[投票(5)]
★4人形が心を持つこと。精神を持つというのではない。物質が心を持つということ、、。その反面、人間が心を捨てるということ。心を所有しないということ、、。 [review] (セント)[投票(5)]
★3人の目線で描かれた映画かと思ったら、天使目線で描かれた映画だった。 [review] (ロープブレーク)[投票(6)]
★3高い批判性と映像の希少性とが無理なく共存した作品。人間と同じ心を持った無生物という設定の論理的な帰結として身体感覚の欠如した主人公の起こした悲劇を通じて、同じ身体感覚を有するはずの人間同士がまともに他者理解できなくなっている寒々とした現実を逆照射する。 [review] (ジェリー)[投票(5)]
★3敢えて言えば、今更、なんだ。みんながみんな「空っぽ」だ、なんて。でもほんとうのほんとうにそうなのか? その先の物語は語られないのか? この一見美しい寓話に仕立てあげられた自己完結した物語に感じるのは、そういう欲求不満だった。しかしペ・ドゥナさんのダッチワイフぶりには参った。〔3.5〕 [review] (ハイタカ)[投票(4)]
★3人形の哀しみ、人間の悲しみ。「孤独」と「性欲処理」のプリミティブな関係を赤裸々に描く敢闘精神は買いたい。 [review] (緑雨)[投票(2)]
★3鉄砲洲あたり?と思って見てたが、新大橋や両国橋に近いのだとするともちっと北方か。話を考えると不思議なのだが、詩情ある映画でした。 [review] (G31)[投票(2)]
★3きみ知るや、悲しき愛玩具の心を。☆3.8点。 [review] (死ぬまでシネマ)[投票(2)]
★3日活ロマンポルノの切なさから泥臭さを取り除いたげな印象。この撮影がいいとは思えない。侘しさが伝わってこない。往年の姫田真佐久の凄さが判る。 [review] (寒山)[投票(1)]
★2例えどれ程人間の心が空洞化していたとしても、表現の世界において、ダッチワイフの人間化を完遂することは可能なのか? [review] (かねぼう)[投票(1)]
★2自虐的なユーモアを絡ませて調理すれば美味となるであろう題材をマジにやってしまってはしらけるだけです。登場人物のすべてが手垢のついた類型的なものばかりなのも辟易。なんでこんなに評価が高いのかわかりません。 (minus-zero)[投票]
Ratings
5点17人*****************
4点37人*************************************
3点32人********************************
2点9人*********
1点0人
95人平均 ★3.7(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
● 監督たちの主として映画に対する発言集  (いくけん)[投票(18)]その後のキネ旬ベスト10・最多ランクイン監督は誰だ! (ぽんしゅう)[投票(12)]
ネオン(虚色)が映える (いくけん)[投票(7)]脱いじゃったと言えば脱いじゃった (IN4MATION)[投票(6)]
映画芸術ワーストワン一覧 (寒山)[投票(3)]
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「空気人形」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Air Doll」[Google|Yahoo!]