コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

カプリコン1 (1978/)

Capricorn One

[SciFi/Thriller]
製作ポール・N・ラザルス3世
監督ピーター・ハイアムズ
脚本ピーター・ハイアムズ
撮影ビル・バトラー
美術アルバート・ブレナー
音楽ジェリー・ゴールドスミス
衣装パトリシア・ノリス
出演エリオット・グールド / ジェームズ・ブローリン / サム・ウォーターストン / O・J・シンプソン / ブレンダ・ヴァッカロ / ハル・ホルブルック / デヴィッド・ハドルストン / ロバート・ウォルデン / デニーズ・ニコラス / ジム・シッキング / ジョン・セダー / ジェームズ・カレン / アラン・ファッジ / カレン・ブラック / テリー・サヴァラス
あらすじNASAの有人火星探査ロケットが今まさに発射されようとした時、搭乗するはずの乗組員3名は全く別のところにいた。失敗を恐れたNASA上層部の策略により、彼らは火星探査のでっちあげに荷担されてしまったのだ。やむなく協力することとなった3名は1年半に及ぶ嘘の大計画を成し遂げて、今まさに地球に帰らんとしていた。が……! (荒馬大介)[投票]
Comments
全67 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5名作にして問題作.SFにしてサスペンス.人間ドラマにしてアクション.あらゆる意味でアメリカのパワーを感じずにいられない.「カプリコン1」は今や代名詞としても使われます.意味がわからない人はとりあえず見るべし.決して損はさせません. (じぇる)[投票(10)]
★5お釣りが来る面白さ。昔のアクション映画のほうが確実に頭を使っている分、時代の流れに負けない。 (モモ★ラッチ)[投票(7)]
★5ややもすれば重くなりがちな題材を飄々とした感のあるエリオット・グールドが軽い物にしている。テリー・サバラスの役柄は意外。 [review] (kawa)[投票(5)]
★4要所要所が本気で恐い [review] (Myurakz)[投票(8)]
★4発想がその他モロモロの事ををねじ伏せてしまうような面白さ。テンポの加速度も手伝い、この力技にはグウの音も出ませんでした。参った! [review] (くたー)[投票(7)]
★4未だ陰謀説も敷衍せぬ時代にこのアイデアがあれば前半はもって当たり前なのだが、後半になり展開がSF色を脱色されても全くダレないのが驚嘆。ローアングル主観カースタントや眼前ヘリ浮上の望遠近接効果。ハイアムズ始祖のアクション演出は少なくない。 (けにろん)[投票(5)]
★4まあ日本の報道は毎日カプリコン1とも言えるが。あ、ネタバレ!? [review] (torinoshield)[投票(4)]
★4「人類、月に立つ」これは20世紀の10大ニュースどころじゃない、人類史上最大級の事件だった。未来永劫語り継がれる偉業を成し遂げた国の映画人が、設定は火星とはいえそれを肴に斯様な大胆極まりない傑作エンターテインメントを作ったことに仰天。なんちゅう国だよ! (ペンクロフ)[投票(4)]
★4発想の勝利。公開時、まさに他の製作者はやられたと思ったに違いない。しかも内容はいたってシンプル。だからアクションシーンも乗れる。最近は小難しい理屈束ねないとアイディアが成立しない映画が多いよなあ、と逆に痛感できる作品でもある。 (tkcrows)[投票(4)]
★4政府は信用ならないと言う映画であり、映像は信用ならないと言う映像でもある。いずれにせよ、本当らしい虚構は人々を楽しませる、という真実の例証のような映画。『2001年宇宙の旅』の対極にある作品。 [review] (煽尼采)[投票(3)]
★4こんな突飛な話、思い付く人って尊敬しちゃう。奇想天外を大真面目にやってるところが楽しい。 (mal)[投票(3)]
★4ジェット機、ヘリ、複葉機。宇宙物と思いきや実は空飛ぶ乗り物が楽しめる作品。後半の空中戦は今観ても見事な出来栄え。 (おーい粗茶)[投票(3)]
★4宇宙開発、予算の問題、政府の威信、メディアの嘘、過剰な農薬散布、そして誰も聞いてないのに口からだだ漏れるジョークが止まらない男…と現代アメリカの内包する課題を余すところなく詰め込んだ意欲作。ってことでいいのだべか。 [review] (はしぼそがらす)[投票(2)]
★4前半の「静」から後半の「動」へ切り替わる快感。 [review] (ジョー・チップ)[投票(2)]
★3発想、着眼点はおもしろいし、演技だってわるくない。しかし、記者にしても、NASAにしてもあの3人にしても全てが中途半端に終わっている気がする。 [review] (kazya-f)[投票(2)]
★3「現実と虚構」「メタ映画」のテーマを掘り下げる道もあったろうが、それは中途で振り捨ててアクション映画に舵を切ったのはハイアムズの構築力の程度を鑑みれば正解だろう。頑張って航空映画をやっている。テリー・サヴァラスのようなキャラクタを登場させるのも好感が持てる。 [review] (3819695)[投票(1)]
★3冗談を言っている時ではないのに冗談を言うことしか考えていない主役が笑える。 (丹下左膳)[投票(1)]
★3ブレンダ・ヴァッカロカレン・ブラックエリオット・グールドテリー・サヴァラスと並ぶと、米国映画のある一時代を感じられて、なんか懐かしく再見。崖に映る機体の影が効果的な後半のチェイスはなかなか。 (動物園のクマ)[投票]
★3アイデア先行でディテールが甘すぎて、SFとしてもサスペンスとしてもドラマとしてもイマイチ。ただし、後半のアクションはイケてる。 [review] (ぐるぐる)[投票]
★3着想は良いものの、演出と脚本がイマイチでもったいない。 (脚がグンバツの男)[投票]
★3今更言うまでもなく、アイデアは特筆もの。ただもう少し宇宙飛行士達の人物の掘り下げがあれば&陰謀側にもう少し関わっている人達の規模の大きさを感じさせてくれれば、もっと盛り上がったかも。惜しい。 (takamari)[投票]
★2これはトンデモってやつんだな。[2002/4/27] [review] (onomon)[投票(1)]
★2国家犯罪ものがつまらないのは、国家が犯罪を犯すという当たり前の事実に制作側も、見る側も少しも自分の居場所を崩すことなく安易によっかかって怠惰に映画にかかわってしまうという、情けない需要者ー供給者の共犯関係が露呈されることが多いからだろう。まあ、それが映画というものだが。 (ジェリー)[投票]
Ratings
5点25人************.
4点100人**************************************************
3点60人******************************
2点11人*****.
1点0人
196人平均 ★3.7(* = 2)

[この映画が好きな人]

POV
ブッシュ・アメリカ・映画 (新人王赤星)[投票(20)]我が偏愛的ミステリ・サスペンス・スリラー映画 (モモ★ラッチ)[投票(19)]
協力できません! (ジョー・チップ)[投票(16)]次点の歴史 外国映画篇 (ナム太郎)[投票(8)]
ひょっとして、本当に好きな映画? (シーチキン)[投票(4)]一度は見るべき映画? ()[投票(1)]
SF映画(3点以下) (TS)[投票]
Links
IMDBThe Internet Movie Database
検索「カプリコン1」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Capricorn One」[Google|Yahoo!]