コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] ジャッキー・ブラウン(1997/米)
- 更新順 (1/3) -

★5元来私はタラの暴力的な所が好きではない。E・レナードはちょっといい話を書くので好きな作家、だった。レナードのいい小説にタラが見事な演出をしている―登場人物が皆な演技派だ。タラらしくない作品と言われるが、私にとれば、タラ色が濃いレナード作品だ。 [review] (KEI)[投票(3)]
★3忘却のマイナー役者を掘り起こし主役コンビに当てた周りを売れ線バリバリの連中で固め且つ徹底して予想を逆手に取った役をはめる。意図して基軸をずらせた感じが匂う。それなら、いっそ物語を語らない位がいいのだが時制反復の映画言語に耽溺する。自堕落だ。 (けにろん)[投票]
★5タランティーノ監督は三作目にして映画を作る目的を一通り果たしたのではないかとそんな気がした。それにしても、どんなに自信があるとしても私にはロバート・デ・ニーロをこんなに軽々しく扱うことなどできず、やはりこの監督は天才なんだろうなと思う。 [review] (サイモン64)[投票(2)]
★5誰が一番賢いかハッキリさせようぜってお話に加え、サイドストーリーに中年のロマンス… [review] (週一本)[投票(4)]
★4愛はまなざしで表現され、ファックはアホ行為として描かれる。これは実にしっくりくる。クライマックスのモールの場面なんかたいへんな面白さだけど、そこまでがいささか長い。味なんだろうけど。 (ペンクロフ)[投票(1)]
★4パム・グリアーロバート・フォースターの初対面時の切り返しにタランティーノのド本気を感じ、涙した。 (赤い戦車)[投票(1)]
★3ジャッキー・ブラウンの一世一代の大勝負!をみてても、全然ハラハラしなかった…。タランティーノの同時進行的で意図的に倒錯させた世界の中で、話の筋を追うのに懸命になり、キャラクターたちにきちんと目を向けてなかったせいかも。 (田邉 晴彦)[投票]
★4果敢に孤高を貫くジャッキー(パム・グリア)が時折り滲ませる孤独。ひと目で彼女に吸い寄せられるマックス(ロバート・フォスター)の想い。そして、腑抜けた殻の内側に凶暴性をこもらせたルイス(デ・ニーロ)。人生のボーダーラインを見た中年たちの逆襲と哀愁。 (ぽんしゅう)[投票(2)]
★3ヒロシ、せっかくのブロンド美女なんだからもっとガンバれよ。(ビッチだけど)64/100 (たろ)[投票]
★1基本的には『パルプ・フィクション』と同じ路線。ロバート・デ・ニーロ主演ならそれなりに様になったかもしれないが・・・。 (HILO)[投票]
★4レザボア・ドッグス』『パルプ・フィクション』より格段に撮影がよい。発砲の描き方もずっと気が利いているし、何よりパム・グリアーロバート・フォースターの間に流れる空気をフィルムに写し取る演出力に震えた。ラストカットも同じく。 [review] (3819695)[投票]
★4演技のレパートリーを拡大し続けるロバート・デ・ニーロの挑戦、今回は「存在感の薄いチンピラ」でした。 [review] (カレルレン)[投票]
★5神業レベルのキャスティング。「俳優」を「スター」として、「スター」を「俳優」として起用するタランティーノの妙技に敬服。 [review] (FreeSize)[投票]
★3ちょっとだけ小粋な雰囲気をもった、特にどうこういうことのない映画。 (シーチキン)[投票]
★4この粋な演出は只者の仕事じゃない。正直あまり好みではなかったタランティーノだが、この映画には驚いた。 [review] (ナム太郎)[投票(2)]
★4腰振り練り歩くジャッキー・ブラウン(パム・グリアー) が COOL!!!!!!! あの時の音楽を着メロにしたいんだけど〜、見当たらない! (リア)[投票]
★3原作に手を加えたタラ映画ならば、この作品は充分水準に達しているだろう。語り尽くされた陳腐なネタを補うのは後半の「計画実行」であり、その結末だ。番外編としか思えないデ・ニーロブリジット・フォンダのアホっぷりにも注目。 [review] (ナッシュ13)[投票]
★4突然の黒ガッパには馬鹿うけ。妙に可愛く見せるファッションもよい。さらに言えば純粋そうな瞳してるよ、サミュエル・L・ジャクソン・・・ (らーふる当番)[投票]
★3タラちゃん、スカ食ろた(><) (みかつう)[投票]
★4ジャッキー役パム・グリアーの演技が光っていたが、脇のブリジット・フォンダロバート・フォスターもなかなかいい演技だった。 (わっこ)[投票]
★3ファンキー。 [review] (グラント・リー・バッファロー)[投票(3)]
★4初見のときは完全に失敗作と思ったんだけど、何度か観てみるとタランティーノの引き出しの広さに驚く。しかし、初見ではパム・グリアーは20代に見えたんだけど、何度か見るとやはりおばハンだなあと思う。 (モン)[投票]
★3アフロアメリカンの年増女の魅力が存分に発揮されている。パム・グリアーの気持ち歪んだ顔がひどくコケテイッシュでスパルタン、やはり貴重な女優だと言わずばなるまい。しかし、デ・ニーロをクズみたいに使い捨てにするタランティーノ、果たして大物なんだかバカなんだか…(いや、答えは既に出ているんだけどね)。 [review] (水那岐)[投票]
★3タランティーノらしからぬ映画。タランティーノファンには受けないだろうが、彼にもこういう映画が撮れるんだと、私はむしろ見直した。 (ノビ)[投票]
★4過小評価された作品と言われているが、何と無く過小評価された理由もわかる気もするが、やはりそれでも十分「面白い!」と思える映画に出来てるので全く問題ない 2003年10月3日ビデオ鑑賞 [review] (ねこすけ)[投票(1)]
★4俳優の中の人間を見る事が出来るからこそパム・グリアーロバート・デ・ニーロをこういう使い方ができるのか。この洞察力にはまいる。 [review] (torinoshield)[投票(5)]
★4パム・グリアーの顔、顔、顔。クセのある変化球で追い込んだ後にタランティーノが放ったのはど真ん中への渾身の直球だった。決して速くはないが、ずっしり球威あります。三球三振。 [review] (ろびんますく)[投票(8)]
★3もっと毒を、もっと無駄を! (LUNA)[投票]
★1デニーロ好きな俺としては、あそこまで馬鹿やられてしまうと見るに耐えないよ〜!って感じでした。 (Heine)[投票]
★430分の余韻。(2003/01) [review] (秦野さくら)[投票(7)]
★4「恋愛は、妥協と打算と騙しあい」だとか。これってサスペンスの醍醐味でもあったのね…。ピュアで突っ走って涙で男を落とそうなんざ、10代のオネエちゃんがやるこった。ジャッキーの「あたしが怖い?」って台詞に痺れました。一度、言ってみたいかも。 (Linus)[投票(7)]
★5そうは問屋がおろさない女、ジャッキー・ブラウン。 (ゲロッパ)[投票]
★5パム・グリアーの大胆不敵さと女らしさの両極。どうしようもなくいい加減な登場人物たち。きっと彼らの中に反省や後悔という言葉はない。とにかくかっこいいにつきる。観ていてわくわくしてしようがなかった。 (buzz)[投票]
★5少々とっつきにくい所はあるが、現在タランティーノ作で一番。彼の熱狂的信奉者ならずとも、溢れ出るタランティーノテイスト&ロマンスが最高に心地良い超傑作。時にはニヤリとさせられ、時には胸を打たれた。 [review] (HW)[投票(2)]
★3僕がタランティーノに期待したのは爆発力だったんです。ガソリンタンクに引火したような。でも彼が撮りたかったのはそんなもんじゃなかったみたい。こればっかりはもう仕様がないよね。監督で作品を選ぶとこれがあるから危ない。 (Myurakz)[投票(1)]
★4オデールむかつくなぁー(^^)  デニーロのしょぼさといい・・・・役者の誇りを感じる。 きっとタランティーノの映画にでるのは気持ちいいんだろうな。 (黒犬)[投票]
★4タランティーノが(やや)一般向けに作った印象。私は好き。 (カルヤ)[投票]
★5音楽が良いねぇ。。。 (ベルファスト・カウボーイ)[投票]
★3タランティーノ・ファンではないので単なるB級映画に見えたが・・・ [review] (RED DANCER)[投票]
★5オープニングは映画の顔。歩くパム・グリアーの横顔が長く長く続く。シンプルだけど釘付けになった。パム・グリアーへのタランティーノの思いは相当深いのだろうな、と思わずにいられない。 [review] (半熟たまこ)[投票(1)]
★5バイオレンスとブリジット・フォンダのエロスに期待してたから、期待は裏切られたけど、音楽とデパートでの交錯シーンで満足♪ (ぱちーの)[投票]
★5パルプ・フィクション』のテクニカルな作りと違う。 [review] (t3b)[投票(1)]
★3登場キャラの饒舌な会話に突発的な行動。E・レナードの原作世界は確かにタランティーノ向き。ヒロイン設定を黒人に変えてまでパム・グリアーを起用しただけあって、彼女へのリスペクト、愛情は十分に伝わる。 (AONI)[投票(1)]
★4過去の2作よりも人物が絞られた“豪華共演歌舞伎”となっている。人物像形も深くなっているし、それぞれの人生が重なり合うデパートのシーンは特に秀逸。 (タモリ)[投票(1)]
★5非常に繊細かつ悠々たる描きぶり。ロバート・フォスターのアップカットに時間を定着させる術は見事だ。これは紛れもない映画。 (ゑぎ)[投票(1)]
★5あのメジャー配給会社が完全支配する現代のアメリカで、このような滋味な作品を製作・完成させたこと自体に星5つ。 (浅草12階の幽霊)[投票]
★4相変らずサントラに外れがないのは素晴らしい。でも話のほうは過去の作品のようなパワーが感じられず。 (ごう)[投票]
★4監督でなく、登場人物が好みの音楽をかけるのがクール!観れば観るほど味わい深い映画です。 (靴下)[投票(1)]
★4スチュワーデスの制服の中にスイカが入っているのかと思った。あぁ、おっぱいか・・・ (ゆかわりょう)[投票]
★5デブとグラマーの境界線。 [review] (mimiうさぎ)[投票(1)]