コメンテータ
ランキング
HELP

週一本さんのお気に入りコメント(1/18)

大統領の陰謀(1976/米)★4 矢継ぎばやな電話攻勢、カマを掛ける押しかけ取材、暗闇からのサゼッション、ブレーキとしての編集会議。話劇(わげき)とでも呼びたくなる言葉の洪水が推進力となって「点」を「線」で結び、おぼろげな「面」に迫るレッドフォードとホフマンの勢いサスペンス。 (ぽんしゅう)[投票(2)]
大統領の陰謀(1976/米)★4 この映画は面白い。それはストーリーなんて全然追いかけなくても面白い。だから、ウォーターゲート事件に関する基礎知識なんて全く不要。美術・音響・撮影・編集ともサスペンスを盛り上げるために結集しているからだ。元来良くできた映画とはそういうもんだ。ジェイソン・ロバーズの存在感。ゴードン・ウィリスの神業。 (ゑぎ)[投票(7)]
チャイナタウン(1974/米)★4 ジャック・ニコルソンは映画界の江夏豊だ。彼は作品に恵まれているのか?それとも作品を押し上げているのか? [review] (ペペロンチーノ)[投票(9)]
フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017/米)★5 ポップな意匠の数々は明らかにゴダールの影響下にあり、ウィンドウにナプキン叩きつけるブリア・ビネイトの不敵さもまたアンナ・カリーナの発展形。加える小娘の投入に確固たるオリジナリティがある。 [review] (寒山)[投票(3)]
フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017/米)★4 作品でことさら社会批判するのではなく、現実を現実として映し取るショーン・ベイカーの目は、キャストそれぞれの隠された一面を捉える。そのやり場のない悲しみを、パステルカラーの背景に添えて。 [review] (jollyjoker)[投票(4)]
8 1/2(1963/伊)★5 心の底に沈殿した邪心と不誠実さがイメージとして具現化され、沸々と湧き上がってくる様が、不気味でもあり、美しくもあり、滑稽でもある。映画が撮れないというテーマで、これだけ純度の高い映画を撮ってしまうフェリー二の真摯で清廉な精神には感服する。 (ぽんしゅう)[投票(2)]
バルタザール どこへ行く(1964/仏=スウェーデン)★5 この映画を観ることは、まるで神話を聴くかのような体験。 (浅草12階の幽霊)[投票(1)]
バルタザール どこへ行く(1964/仏=スウェーデン)★5 素晴らしいね。ロバを神にしてる。みんな知らないで苛めたり、一方生き様を見られてる。生きることの哀しみ、人の営み、愛。神は無知な人間に殺されるのか。それでも、許してくれるんだよね。いやー秀作。 (セント)[投票(3)]
バルタザール どこへ行く(1964/仏=スウェーデン)★5 なんのギミックもない物語と映像にこんなに心を動かされることは少ない。真に「ヤバい」映画とはこういうものだ。 (dahlia)[投票(2)]
マッドマックス2(1981/豪)★4 「こんな世界でも、どんな生でも、生は承認される。生きたいように生き、死にたいように死ね。だが生まれたからには、いのちを燃やし尽くせ」。場違いな「Happy birthday to you」がイロニーでなく、福音であるというジョージ・ミラー流の生のアジテーション。『地獄でなぜ悪い』。 [review] (DSCH)[投票(3)]
ペイルライダー(1985/米)★4 得体の知れない謎の男の持つ凄み,渋み。プリーチャー(牧師)とは仮の名だ。その実体は… [review] (もーちゃん)[投票(1)]
ストレンジャー・ザン・パラダイス(1984/独=米)★5 こいつらきっとB型かO型だ。 (カレルレン)[投票(1)]
ストレンジャー・ザン・パラダイス(1984/独=米)★5 切り返しナシ固定カメラによるダウナーボンクラ観察記。彼らは下らない理由で喧嘩してはすぐ忘れる。小金がありゃ競馬につぎこむ。寒けりゃ暖かい所へ行く。何気にお洒落には気を使ってる。そしてフレームを介して彼らと会話してる俺がいる。究極の切り返し。 (crossage)[投票(7)]
ストレンジャー・ザン・パラダイス(1984/独=米)★3 なんの工夫もなく、直球勝負の映画。こういう映画は好きだ。 (kazya-f)[投票(1)]
ストレンジャー・ザン・パラダイス(1984/独=米)★5 友人と最前列で見た。手は届きそうで届かなかった。 (町田)[投票(8)]
ストレンジャー・ザン・パラダイス(1984/独=米)★4 たとえば同じフロリダへ行く映画でも『真夜中のカーボーイ』と比べると隔世。 (さなぎ)[投票(2)]
ストレンジャー・ザン・パラダイス(1984/独=米)★3 じつは、これが普通に面白い映画なのではないか、と思っている。週末とかに、ひとりでぽつんと見に行って、ふーん、俺も旅にでるかなー、なんて気分になって帰ってきて寝る、なんてのにちょうど良い。マイアミは私が言ったときも冷夏だった。 (エピキュリアン)[投票(4)]
ストレンジャー・ザン・パラダイス(1984/独=米)★5 見終わった後、だらしなく顔が歪む。だからといって面白さに嫌味があるわけではない。 [review] (そね)[投票(6)]
ストレンジャー・ザン・パラダイス(1984/独=米)★5 見た後で,前よりもちょっとだけ人にやさしくなれる。自分を信じられる。 (デンスケ)[投票(1)]
トップガン(1986/米)★4 物語は定型の紋切型でも、こまやかな描写=演出は卒なくしかし確かに映画を映画に仕立てあげるかに見える。僚友の死に際し、相貌を飽くまで鏡越に捉えるに留まる構図、激励を飽くまで逆接として語るに留める台詞、そのさりげない節度。青年の「帰還」と「帰属」の物語としての細部と挿話の反復的な配置。空中戦はさすがに錯綜的だが、見分けのつくかぎり筋書も見て取れる。素直に面白い。 (ハイタカ)[投票(1)]