コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

田園に死す (1974/)

製作九條映子 / ユミ・ゴヴァース / 寺山修司
監督寺山修司
脚本寺山修司
原作寺山修司
撮影鈴木達夫
美術粟津潔
音楽J・A・シーザー
出演菅貫太郎 / 高野浩幸 / 八千草薫 / 斎藤正治 / 春川ますみ / 新高恵子 / 三上寛 / 原泉 / 原田芳雄
あらすじ奇才(これは本物)・寺山修司の詩集「田園に死す」をモチーフとした異常・異形な映像群。母・後妻・柱時計・恐山・イタコ・空気女・駆落ち・てて無し子・そして、20年前の過去の自分との対話という、その異常な時間軸の中で改めて己を母を存在を考える。圧倒的なイメージングの集大成に驚きを隠せない作品。←作品という響きが似合う映画。余談だが、某大手レンタル屋の「有名人が推す1本」の企画で、あの庵野監督が推してた1本。この映画からどう影響を受ければエヴァが出来あがるのか真剣に検討中。回答望む。それにしても、この映画のあらすじはコメントを書くより遥かに難しかった。 (ピロちゃんきゅ〜)[投票(11)]
Comments
全69 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5恐ろしい。映像が、才能が。 [review] (torinoshield)[投票(17)]
★5時計仕掛けの俺んち。知覚の襖。胸に響くは、「母さん、私をもう一度妊娠して下さい。」 [review] (町田)[投票(11)]
★5みちのくの 黒き太陽に 紅(べに)が映え 哀切な“つげ義春”に 魂吸われむ (いくけん)[投票(8)]
★5演劇の舞台装置、すなわち架空の構造物と色彩による空間の一回性と、映画の特質、すなわち時間コントロールによる時の多層化、そして短歌、すなわち古典的の固定様式性。以上が奇跡的に融合した傑作。突如、雛段飾りが流れてきた時には、私は完全に居場所を失った。 (ぽんしゅう)[投票(7)]
★54月13日 東京都中央区銀座字恐山    [review] (新町 華終)[投票(6)]
★5青森県人だった人間からみれば普通の風景。ちょっと走れば恐山。家の窓から手を伸ばせばリンゴが採れる。雪焼けの蒼白な顔。ばあちゃん達は皆イタコになって毎夜毎夜、霊を呼ぶ。汽車に乗るのは命がけだ。 [review] (ピロちゃんきゅ〜)[投票(6)]
★5赤子の“赤”、肌襦袢の“赤”、血の“赤”。とにかく「赤」という色がとても効果的かつ威圧的。 [review] (peaceful*evening)[投票(5)]
★4時空を超えた自伝映画。 [review] (マッツァ)[投票(12)]
★4日本人なら田園で死ね! [review] (ボイス母)[投票(12)]
★4NHKで深夜にやってる60年・70年代の農村を舞台にしたドキュメントをみてると、あまりの閉塞感から恐怖を覚えて眠れなくなる。この映画をみた感覚はまさしくソレだった。 [review] (バーンズ)[投票(8)]
★4千と千尋の神隠し』はコレの裏バージョンであるらしい。(ウソ) [review] (はしぼそがらす)[投票(7)]
★4うん、三上寛だけでも観る価値はあるね! (太陽と戦慄)[投票(2)]
★4母の呪縛の恐怖。 [review] (水那岐)[投票(2)]
★4目が離せなかった。子供の頃に持っていた、良く分からないものに対するイメージが、目の前ではっきり形になっていた。ああ、びっくりした。そして、怖かった。 (kazby)[投票(2)]
★4寺山門下生時代の三上博史を期待して見たら三上寛だった・・・・。 (tomcot)[投票(2)]
★3←この点数、正直自分でも驚いています。 [review] (レディ・スターダスト)[投票(4)]
★3いつもこんな恐ろしいことばっかり考えてたら、心の安まるときがないでしょうねえ。私は明るく清潔な世界に生まれてきて良かった。 (華崎)[投票(2)]
★3イメージの煥発に才気は宿るが、あまりにも映画からかけ離れた画面の佇まいには真に迫る情動がなくSO-SO [review] (junojuna)[投票(1)]
★3これまでなかなか機会がなくて見ていなかった作品。感想。う〜ん想像よりストーリーがあった。もっと訳わからない映像満載なのかと思っていたから。ストーリーをとるか映像美ってとこで見るか・・・総合するのが微妙。期待以上でなっかたので★3かな。 [review] (megkero)[投票(1)]
★3開始5分のその霊威には度肝を抜かれたが、後は安いイメージの羅列にしか思えず。雛壇とか印象的なシーンもあるんだけどもう一つ煮え切らない。 [review] (ドド)[投票]
★2挿入される短歌が寺山の自意識過剰を無闇にPRしてその度に感興を削がれる。嫌悪すべき母の描写が中途半端なため、母へのトラウマに苦しむ様は「へえ大変ね。俺は母ちゃん大好き」レベルの他人事。恐山の異次元的イメージは映画的に創られたものではなく有りの儘だからスクリーン上では驚く事もない。色彩感も一辺倒。同時代的に目の当たりにした方の驚きは分かる気もするが、この「田園」で死ぬ気にはならない。 (DSCH)[投票(1)]
★2自身の内面への省察を映像化、にしては仕掛けが安すぎるのか、時代が過ぎ色褪せてしまったのか、迫ってくるものがない。タイムパラドックスのくだりにしても、もっともらしい説明を加えるが、結局のところ何も言っていないに等しい。こう見せればみんな驚くだろという意図が透けて見え、全体的に薄っぺらく感じた。ただ、あの不気味な短歌だけ頭にこびりつく。(★2.5) (グラント・リー・バッファロー)[投票(1)]
★1「奇才」とはなんと都合の良いうたい文句だろう。観るに堪えない「映像美」はクソの役にもたちはしない。知識人ぶる事よりも素直になる事が大事ではないだろうか。 (教祖)[投票(2)]
Ratings
5点49人*************************************************
4点53人*****************************************************
3点31人*******************************
2点9人*********
1点4人****
146人平均 ★3.9(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
地平線に舞い降りる一枚の「ことのは」 (muffler&silencer[消音装置])[投票(40)]● 監督たちの主として映画に対する発言集  (いくけん)[投票(18)]
映画で俯瞰(ふかん)する世界史・人類史  (いくけん)[投票(16)]オンナの夢だ!痛快「男尻映画」 (はしぼそがらす)[投票(16)]
ATG映画の奥は深いぞ (町田)[投票(13)]就職先、映画業界とりあえず希望 (ぽんしゅう)[投票(12)]
最後のアウトロー 追悼、原田芳雄 (ぽんしゅう)[投票(11)]キネマ旬報増刊 映画史上ベスト200シリーズ掲載作品一覧 (寒山)[投票(10)]
マボロシの世界〜サーカスのある風景 (町田)[投票(8)]時代の痕跡ーATG公開作品(70年代日本映画篇) (ぽんしゅう)[投票(5)]
Visualism 1 ()[投票(5)]カルト・ムービー集成! (いくけん)[投票(4)]
「私小説」ならぬ「私映画」(自伝的映画)のススメ (いくけん)[投票(4)]ニューロックの夜明け (リーダー)[投票(4)]
ブルーリボン賞助演男優賞 受賞者一覧 (寒山)[投票(3)]マザコン映画 (ボイス母)[投票(3)]
厳選・私の“びっくり映画”15本の巻 (ぽんしゅう)[投票(3)]―モラトリアム人間は汽車に乗り込む― (町田)[投票(2)]
(ボイス母)[投票]
Links
検索「田園に死す」[Google|Yahoo!(J)|goo]