コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

欲望の翼 (1990/香港)

Days of Being Wild
A Fei jing juen

[Drama]
製作総指揮アラン・タン
製作ローヴァー・タン
監督ウォン・カーウァイ
脚本ウォン・カーウァイ
撮影クリストファー・ドイル
美術ウィリアム・チャン
出演レスリー・チャン / カリーナ・ラウ / アンディ・ラウ / マギー・チャン / ジャッキー・チュン / トニー・レオン
あらすじ二人は親友、時には姉妹のような絆を持っている。スー(マギー・チャン)は真面目で過去にこだわるタイプ。ミミ(カリ―ナ・ラウ)は明るくて未来を見つめるタイプ。徹底的に違う二人だが・・・。ある日ミミはバーラウンジへ訪れ、サブ(ジャッキー・チョン)にキツイ仕打ちを与える。サブはミミの事が好きでたまらない。それを知っているミミは彼が口走らないうちにとどめを刺す。ミミは思い通りに生きてきたがヨディ(レスリー・チャン)に出会い、初めての感覚に内震える。フィリピンに行った彼を追いたいミミ。そんな時スーは車を売ってお金をミミに渡す。冷静なスー。でも彼女にも「男」で許せない事を苦悩する自分がいた・・・。 (かっきー)[投票(2)][全 2 件]
Comments
全55 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5扇風機がかき回す空気。列車の窓を流れる、熱帯雨林。なぜか肌に訴える映画。 (breadcrumb)[投票(5)]
★5「男」と「女」のラブゲーム [review] ()[投票(5)]
★5ウォン・カーウァイは女を綺麗に撮る。 [review] (きわ)[投票(2)]
★5時々笑い顔が赤ん坊のようになるレスリー。それは、その顔をやろうと思ってやるのか、うっかり笑ってしまうのか。この冷たい男にたいそう不似合いだった、そのかわいらしい笑い顔がいつまでも気になってしまう。 [review] (kazby)[投票(2)]
★4英題がカッコイイ!「Days of Being Wild」って荒ぶる日々とでも訳せば良いんだろうか?南国のムワッ!とした空気が伝わってきました。 (evergreen)[投票(3)]
★4豪華キャストで見せる新感覚の香港映画。最後のトニー・レオンのカットはどういう意味があるのだろうか? (丹下左膳)[投票(3)]
★4ただ流されるようにのみ生きている男は、しかし、(03.06.02@動物園前シネ・フェスタ) [review] (movableinferno)[投票(2)]
★4サヨナラだけが人生だ、とばかりに出会い、別れてゆく人間たち。それはまるで、私たちの人生そのもの。 [review] (ピカレスク)[投票(1)]
★4結末が幸福であろうが、不幸であろうが、男と女の関係には流れた「時」の重さが関与するものだ。頻繁に映し出される時計は、意味を失い日常の流れと切り離される。ヨディ(レスリー・チャン)の周りに流れる「時」はすでに死んでしまっているのだ。 (ぽんしゅう)[投票(1)]
★4体温、脈拍、気温、湿度。寡黙さにシビレる。 (ズブロッカ)[投票(1)]
★4けだるい退廃的な熱帯夜のしじまに交錯するそれぞれの想い。汗と雨が脳裏に残る。そして音楽が。 (maya)[投票(1)]
★3制作から28年後の今観ると豪華キャストが楽しい。そして今観てもウォン・カーウァイは映画が下手。 [review] (ペペロンチーノ)[投票(2)]
★3レスリー・チャンは好きなんだけど.... [review] (にゃんこ)[投票(1)]
★3ウォン・カーウァイの作品のなかで一番ストーリーに酔った。 (カノリ)[投票(1)]
★3後の作品を先に観てしまったため、どうにもぎこちない印象が残る。カーテンや鏡の使い方にカーウァイ的イメージの萌芽が感じられて嬉しい。 (赤い戦車)[投票]
★3こりゃちょっと反則気味の感想だけど、予告編が素晴らしくかっこよかったので少し本編が冗長に(!)思えてしまった。 [review] (MSRkb)[投票]
★3そういう気分の時に見るとそれなりに効くけれども、ふいに見せられて響く作品ではないと思う。しかしながら、これ以降の流れを作り出した作品と思うとその価値は高い。 ()[投票]
★3車窓、熱帯雨林、熱帯雨林。疾走感に身を任せて、シダ植物にダイブしたい。 (memeru)[投票]
★3東南アジアを旅すると思う,あの日本にない感覚。或る種自身が透明なような,汗ばんでいるのに乾いているような,異邦人感覚。これは向こうの普遍なのか,監督の感性なのか。 (死ぬまでシネマ)[投票]
★2クリストファー・ドイルのカメラワークと写真を楽しむべきなんだろうが、いかんせんストーリーがつまらん。キャラの描き込みもいまいちでは? (ころ阿弥)[投票]
★2お前が何しようがお前の勝手だ。 (レノ)[投票]
★2王家衛映画の中ではあまり思い入れが強くないのです。 (tsuki)[投票]
★1分からない。ファンの方ごめんなさい、ウォン・カーウァイの作品は分からないのが多いんです。邦題の意味も分からないです。 (takamari)[投票]
Ratings
5点43人*********************.
4点71人***********************************.
3点80人****************************************
2点25人************.
1点5人**.
224人平均 ★3.5(* = 2)

[この映画が好きな人]

POV
アジアの片隅で…狂い酒飲み干せば… (けにろん)[投票(16)]極私的六つ星映画 (立秋)[投票(8)]
80年代〜90年代、アート系とか単館系とかミニシアター系とか。 (立秋)[投票(4)]この監督の一番好きな作品 (tomcot)[投票(3)]
映像美・美・美 (kazya-f)[投票(3)]私的中華圏の映画(アクションもの以外) (ハイズ)[投票(3)]
旅―、銀幕にダイブしたい時。 (memeru)[投票(2)]香港の街の魅力を感じた映画 (ぷり)[投票(2)]
映画にあらわれたムカつく人々 (にゃんこ)[投票(1)]センスが磨ける映画 (にゃんこ)[投票(1)]
北京話が使われている映画 (ハイズ)[投票(1)]ウォン・カーウァイ(監督・脚本・製作) (ハイズ)[投票(1)]
クリストファー・ドイル(撮影・監督) (ハイズ)[投票(1)]シビれる原題・英題 (evergreen)[投票]
イカしたチャイナ (ゆの)[投票]
Links
IMDBThe Internet Movie Database
検索「欲望の翼」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「A Fei jing juen」[Google|Yahoo!]