コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] ココニイルコト(2001/日)
- 更新順 (1/1) -

★5この作品を高く評価する人は、1大阪弁に違和感のない人或いは好意を持っている人、2都会で一人暮らしをしたことのある人或いは似た経験のある人、だと思う。 [review] (KEI)[投票]
★5日常“ココニイ《きていられ》ルコト” の幸せに気づかなくなる自分を、戒めるときに、思い出したい作品。 [review] (ありたかずひろ)[投票]
★4肩の力が抜けていることを、ふと実感出来ればそれは一つ賢くなったということなのでしょう。 [review] (Soul Driver)[投票]
★4日々を謳歌し充実している人にとっては地味な映画と映るかもしれない。けれど職場や学校で悩んだり、恋や人生にちょっと傷付いている人には、フッと心の隙間に入り込んでくる、そんな映画。この監督の描き出す背伸びし過ぎない距離感がいい。 [review] (TOBBY)[投票(2)]
★3前野のキャラはどっかで見たことあると思った。 [review] (TOMIMORI)[投票]
★4どこかで観たような展開ではあるけど、前野君の魅力が補って余りあるくらい。そやけど前野君、通天閣と空中庭園はだいぶちゃうで! [review] (キノ)[投票]
★3つかみ所がない感じ。でも前野君みたいな人が自分の側にもいて欲しいと思った。 (紅麗)[投票(1)]
★4緩さが心地いい。世の中、「ええんとちゃいますか」で済まされるほど甘くはないが、それでもそばにそういってくれる人がいたらどれほど人生助かるだろう。あえてアクの少ない二人を主役に持ってきたのは物語を見せるためには正解。ただそれだけにちょっとした良い話で終っており、ぐっと心をつかんでくれるわけではない。 (tkcrows)[投票]
★2「ま、ええんとちゃいますか」使いたかっただけやん。 (ユウジ)[投票]
★3静かな再生の物語。奇をてらわず、愚直なほど真っすぐな展開。読み飛ばすことなく、丁寧にページは繰られていく。それがやや物足りなくもあるのだけれど、それがこの作品の良さでもあるのだろう。真中瞳堺雅人のコンビは、恋愛関係でもなく、むしろ友情ともいえる不思議な関係が、新鮮で心地いい。2人の演技にぎこちなさも残るが、見終わった後、優しげな余韻が、淡くではあるが、この胸に広がった。 (ことは)[投票(4)]
★3「このカット綺麗だろ」「このカット撮りたかったの」のオンパレード。百歩譲ってそれはいいとしても、観客にそれを悟られちゃいかんよ。脚本が素直なだけに結果盛り上がりが散漫になり、ここ一番のカタルシスがないのが残念。特に… [review] (ごう)[投票]
★4ゆったりと流れる時間 温かい環境 初めて大阪をほのぼのと見ることができた。前を向いて生きること 夢を描くこと 生きること 活きること。真中瞳の役者ズレしていない演技が新鮮。ありがとう。 (なをふみ)[投票(2)]
★2全体に漂う胡散くささは、主人公の勤務先が広告代理店ということだけに起因するものではない。 [review] (グラント・リー・バッファロー)[投票(2)]
★5天使の口癖か、悪魔のささやきだったのか? [review] (sawa:38)[投票(4)]
★3やや、これは、理想にかなり近い男性像かも、と途中まで思っていたのだけど、 [review] (mal)[投票(1)]
★3主人公は会社に恵まれている。 [review] (地球発)[投票(1)]
★5ご推薦で見ました。日本映画では細部まできりりと行き届いた秀作。あの「空」。あれが見たかったんだよね。あれが僕たちは見たいんだよ。いつまでも見続けていたい「心の空」、、、。 (セント)[投票(1)]
★3悪くはないのですが…。大阪弁が気になって仕方なかったのと、働くことってもっと厳しいよと言いたくなってしまうのです。 (メイシー)[投票(1)]
★2学生映画レベル [review] (トシ)[投票]
★3真中瞳という旬な女優の放つ「アタシ、売れてるのよ〜」光線が、画面からビシバシ放たれて眩しい。 僕は「ココデハナイドコカヘ」と思って生きている。それがこの映画に高い点数を付けない理由かな。 [review] (立秋)[投票(3)]
★3方言の正確さのみで、映画の良し悪しなど決まろうはずはない。しかし“陽気な亡霊・前野”のその言葉が志乃の喪失感を回復へと導く呪文として、ここまで繰り返し発せられるのであれば話は別。その関西弁の不正確さが、致命傷に思えてならない。・・関係ないけど [review] (ぽんしゅう)[投票(3)]
★4決して派手ではないけれど、しっとり、じっくり、じんわりと感動 [review] (ぱんな)[投票(1)]
★4前野くん、いい人すぎる。いつも画面の中心にいるんだもん。岩井俊二系の映画だなこりゃ。まあええんとちゃいまっか。 [review] (chokobo)[投票(4)]
★4休暇を簡単に取らせてくれるいい上司、ベタな話の展開、物足りない真中の演技・・・どうにも現実感がない。でもそんなのはどうでも良いんです。観終えてとても幸せな気分になれました。素敵なファンタジーをありがとう。2002.5.6 (鵜 白 舞)[投票(4)]
★4ココニイルと言う感傷的ながらもつたなく優しい感覚。 [review] (あき♪)[投票(4)]
★4カビリアの夜』の如く唐突な開き直りと笑顔。「そうか、好きに生きよ。」と、応援したい。 [review] (ピロちゃんきゅ〜)[投票(2)]
★3「コトバダケトイウコト」 [review] (ina)[投票(12)]
★4表通りから外れた、あたたかい小料理屋のようなかんじ。。 [review] (クリープ)[投票(4)]
★5ああ、関西弁の天使だ……。心の中でしとしと泣いてしまうような静かな味わいがある愛しい映画。 [review] (なつめ)[投票(6)]
★4「時」の預金通帳 [review] (アルシュ)[投票(8)]
★4身勝手な男。 [review] (kazya-f)[投票(2)]
★5今の日本でリアリティのある映画って、こういう作品しかないと思う。退屈な日常生活を現実として受け止めて前向きに生きていく個人を描くこと以上に重要なことがあるだろうか。 (ハム)[投票(2)]
★5オレの人生にも前野のような存在が欲しい。切実に。[下高井戸シネマ] [review] (Yasu)[投票(8)]
★3長澤監督に期待し過ぎてしまった。真中瞳のこれからに、期待します。 (moki)[投票]
★3映像・音楽ともに透明感があって好みだが、人物造形はリアリティに乏しく妙な気取りが鼻につく。不自然な大阪弁が胡散臭さに拍車を掛けている。中途半端なコメディ風の味付けにもズレを感じた。 [review] ()[投票(3)]
★5同じ空の下にアル「赤い観覧車、淀屋橋、じゃんじゃん横丁、通天閣、くいだおれ、住之江ボート、明石天文台」はチト遠いけど、「ま、ええんとちゃいますか」な人がイル。肩凝りみたいに頑な心の結び目がジンワリほどけてゆき、ジンワリ笑い、ジンワリ泣いた。 [review] (muffler&silencer[消音装置])[投票(15)]
★4本当に「ま、ええんとちゃいますか」でよかったんだろうか・・・。 (ゆーこ and One thing)[投票]
★5この映画忘れられない・・・笑ったり泣かされたり・・・ううぅ・・ (ロココ)[投票]
★4「ま、ええんとちゃいますか」程度の映画と思ったら大間違い。 [review] (ペペロンチーノ)[投票(16)]
★3少々トウの立ったアイドル映画 [review] (FRAGILE)[投票(3)]
★4「ま、ええんとちゃいますか」堺演じる前野のこの台詞が良いです。 (Yasuki)[投票]