コメンテータ
ランキング
HELP

月魚さんのお気に入りコメント(6/10)

サマーウォーズ(2009/日)★3 都合良すぎる設定が巧く絡んでない。ていうか、巧く絡んでないから伏線にならずに都合が良すぎるだけに見える。「高校生」「夏休み」という設定さえ無ければ4点付けてもいいほど楽しんだんだけどね。 [review] (ペペロンチーノ)[投票(19)]
Dr.パルナサスの鏡(2009/英=カナダ)★3 相変わらずコストパフォーマンスの悪い「無駄な巨大感」などの満載ギリアム節は楽しいのだが、イマイチ面白くないのはなぜだろう? [review] (ペペロンチーノ)[投票(3)]
Dr.パルナサスの鏡(2009/英=カナダ)★3 やはりジュード・ロウ登場パート周辺以降、映画が混乱を抱えている印象を受ける。作風が作風でもあるし混乱そのものは大いに結構だが、それが必ずしも生産的な混乱だと思えないのは、映画と観客が物語のルールを共有できていないからではないか。物語展開および観客の感情に楔を打つべき描写が漫然と流れている。 [review] (3819695)[投票(7)]
Dr.パルナサスの鏡(2009/英=カナダ)★4 テリー・ギリアムも老いたかと感じさせられるのは否めないが、どっこい確実に奮闘を続けている。ビターテイストのエンディングには昔ながらのギリアム流の毒気が健在なのだ。これはトニーの物語ではなく、あくまでパルナサス博士の魂の遍歴の物語だとよく判る。悪魔のトム・ウェイツは好演。 [review] (水那岐)[投票(7)]
Dr.パルナサスの鏡(2009/英=カナダ)★4 何か見かけはフェリーニ的な要素がたっぷりなんだけれど、全然違いますね。僕は『未来世紀ブラジル』の不思議な世界を高く評価しているいわゆるギリアムファンですが、この映画は奥が深いのかどうか、ちょっと分からん映画でしたね。 [review] (セント)[投票(6)]
GOEMON(2009/日)★3CASSHERN』を断固支持する僕のような人間が喜べる作品かどうかは別にして、紀里谷和明がその場所から一歩たりとも動いていないことは判った。 [review] (Myurakz)[投票(11)]
GOEMON(2009/日)★4 テンポがアップしております。テンポが! [review] (林田乃丞)[投票(7)]
GOEMON(2009/日)★2 服装デザインの奇抜さは自分の足を上映館に運ばせるに充分だったのだが、おい、これは何だ?これと『キャシャーン』と何処が違うんだ?というのが正直な感想である。 [review] (水那岐)[投票(9)]
めがね(2007/日)★1 そこに集う男女の意思と行動が、漠然たる心地よさという根拠なき暗黙の了解を前提とした、有無を言わさぬ強固な掟に縛られているかのようで不快。特に首謀者と目されるサクラ(もたいまさこ)の不気味さに、エセ宗教者的胡散臭さを感じ猛烈な拒絶をもよおす。 [review] (ぽんしゅう)[投票(8)]
めがね(2007/日)★2 実に気味の悪い“竜宮城”の物語。妖怪カキ氷ババァとその手下どもから、何としても逃げ切らねばならん。 [review] (林田乃丞)[投票(11)]
007 慰めの報酬(2008/英)★4 アクション映画としては大層面白かったが、従来の007らしさが殆ど無くて寂しい。なんかジェイソン・ボーンのシリーズの一つみたい。 [review] (ノビ)[投票(3)]
スカイ・クロラ(2008/日)★2 押井家ほとんど一見さんの自分にとって、この映画はあまりにも敷居が高かった……。 [review] (林田乃丞)[投票(4)]
ダークナイト(2008/米)★5 ジョーカーさん、最近はガソリン高いんですよ・・・ [review] (炭酸飲料)[投票(18)]
崖の上のポニョ(2008/日)★5 30年ぶりに宮崎駿が「子供のために」作った漫画映画。 [review] (てれぐのしす)[投票(7)]
崖の上のポニョ(2008/日)★2 御大には、そのアクション演出家としての卓越した技術とセンスを、可能な限り後身のクリエイターに叩き込んでほしいと思った。今回、切実に。 [review] (林田乃丞)[投票(25)]
崖の上のポニョ(2008/日)★3 乱暴運転のリサの車が事故った末の、意識不明のリサか宗介が見ている夢だと考えると一番すっきりする。 [review] (月刊ムー)[投票(19)]
崖の上のポニョ(2008/日)★4 星4つというより髑髏4つ。 [review] (ドド)[投票(11)]
崖の上のポニョ(2008/日)★1 辻褄は意味不明なくせにやりたいことや言いたいことだけは手に取るように分かるのが腹立たしい。小賢しい。全く小賢しい映画。 [review] (ペペロンチーノ)[投票(19)]
崖の上のポニョ(2008/日)★4 幾らでも深読みができるからこそ、第一印象を大切にしたい映画。「ちょっとおかしな、憎めないボーイ・ミーツ・ガール映画」とだけ日記には書いておきたい。(2008.8.某日福島フォーラムにて) (ユリノキマリ)[投票(2)]
崖の上のポニョ(2008/日)★5 最低レベルを突き抜けてしまった、“最強”作品。これ完璧に狂ってる。 [review] (甘崎庵)[投票(20)]