コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

秋津温泉 (1962/)

[Drama]
製作白井昌夫 / 岡田茉莉子
監督吉田喜重
脚本吉田喜重
原作藤原審爾
撮影成島東一郎
美術浜田辰雄
音楽林光
衣装岡田茉莉子
出演岡田茉莉子 / 長門裕之 / 日高澄子 / 殿山泰司 / 宇野重吉 / 神山繁 / 小池朝雄 / 東野英治郎 / 吉川満子 / 山村聰
あらすじ戦時中、山奥の温泉宿で出会った旅館の娘・新子(岡田)の許へ、戦後も都合の悪いことが起きる度に逃避する作家志望の青年・周作(長門裕之)。女将として旅館を切り盛りしながら、いつしか周作の訪れを待ち望む新子・・・。男の煮え切らない無責任が作る悲劇を、辺境の美しい自然を背景に描く。岡田茉莉子出演百本記念作、だそうだ。113分 (G31)[投票]
Comments
全23 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5女が変転していく様とそれを冷厳に捉えるカメラの眼差しに心揺さぶられずにはいられない。これは成瀬『浮雲』と双璧の寂寥。さらに全編に亘って極めて美しい、しかし冷たいスペクタキュラーな画が溢れており『浮雲』よりも私の好み。ラストの俯瞰ぎみの横移動も凄いが津山の散歩シーンの桜が見える縦構図なんかも本当に素晴らしい。 (ゑぎ)[投票(5)]
★5この映画が描いているのは男女の機微と時代の機微。そして岡田茉莉子の凄さ。ゾクゾクするほどメロドラマ! [review] (ペペロンチーノ)[投票(2)]
★4あまりに文学的。また仏映画の心理映画風。映像はこの時から既に秀逸。やはり、長門の役は彼以外だったらもっと引き締まったと思う。それでもこの時の日本映画の勢いを感じる。 (セント)[投票(5)]
★4女という器から男という器へ注がれる生気。女の器が徐々に空になっていく過程が恐ろしいほどよく描かれています。 [review] (づん)[投票(4)]
★4ラストとそれにいたる過程。岡田茉莉子、うまいなあ。 [review] (セネダ)[投票(3)]
★4何と言っても岡田茉莉子に尽きる。ちゃんと老けも心理の変化も表現出来てた。独特の迫力を持った女優だ。['03.3.6高槻松竹セントラル] (直人)[投票(3)]
★4基本的には、当時流行のメロドラマ風を装っているが、一人の女がどうしようもなくなっていく過程が、岡田の渾身の演技により表現されている。 じりじりと終わっていく感じが、手に汗を握らせる。長門はミスキャスト。当初の芥川で頑張って欲しかった。←病気により降板。 (入江たか男)[投票(3)]
★4日本の変化を長門裕之に表象させてしまう凝ったつくりですが、男女の物語としても楽しめました。成島東一郎の撮影もいいですね。 (動物園のクマ)[投票(3)]
★4世の中がどんどん変わっていくのに忘れられない男と女の情。 林光のブラームス3番っぽいメランコリック弦楽はいい曲だが 使いすぎの感が。 [review] (マグダラの阿闍世王)[投票(1)]
★4岡田茉莉子の美しさが哀しさと比例しているようで胸を打つ。秋津の四季にも酔いしれる、静かで熱い重厚なメロドラマ。 (picolax)[投票(1)]
★4メロドラマとしては増村清作の妻』や成瀬浮雲』、溝口近松物語』と並んで代表作だろう。奇抜な位置ながら照明をきちんと当て、下らない「作家性」などとは無縁の見事なショットの数々。鏡・窓・水・傘といった装置が印象的だ。オーヴァーラップでの時間の省略がまた美しい。岡田茉莉子のうなじが実にエロティック。 (赤い戦車)[投票]
★4長門裕之じゃダメだ。芥川比呂志じゃなきゃ、ダメだ。 [review] (ぐるぐる)[投票]
★4終戦の日に男は死と生を同時に見つめ、生を選択する。女は男に生を与え死を嘲笑する。これはまさに敗戦の屈辱を味わった日本人の姿そのものではないかと思う。 [review] (TOMIMORI)[投票]
★4上手い。なんて上手い映画なんだろう。秋津の自然とのコントラストも美しい。抽象的な言い方だけど、映画的な空間が詰まった作品。 (リヤン)[投票]
★3メロドラマも松竹ヌーベルバーグの吉田喜重が撮るとモダンアートになる。冷たいエロティシズムを匂わす岡田茉莉子を引き立たせた「水」「雪」「ガラス」「鏡」「桜」。撮影成島東一郎の本領発揮である。 (sawa:38)[投票(2)]
★3翌朝の岡田茉莉子の可愛さといったらなかったが、 [review] (G31)[投票(2)]
★3冒頭からのカメラは素晴らしい。恋物語を突き放しきって撮ったと思しき冷徹な風景描写は大したものだ。しかし恋愛のカタチの変遷は気の利いたガジェットにすらなり得ず、底冷たい空気が始終漂う。観念的な会話劇に無理矢理捻じ込まれたエロスの何と窮屈なことだろうか。 (水那岐)[投票(1)]
★3浮雲』の富岡(森雅之)とゆき子(高峰秀子)には、惰性といえど惹かれ合う関係性を感じるが、周作(長門裕之)と新子(岡田茉莉子)には関わり自体の否定を感じる。それが作者の世代差なのだろうが、恋愛物語としての説得力は今ひとつ。 (ぽんしゅう)[投票(1)]
★3成島東一郎の映像はやはり素晴らしいが、音楽が前に出すぎてぶち壊し。岡田茉莉子の心の動きにあまり説得力が感じられなかった。 (檸檬)[投票]
★3映画と映画ファンには中身ばかりでなく「見た目」も大事だ。小汚い格好をして腕組みして哄笑してけつかる自称映画マニアなぞ死んだ方がよいとさえ思っている。喜重先生は、自身の結構渋目の風貌に反して、ときどき無茶をなされる。 [review] (町田)[投票]
★3最初、桑田さんかと思った。男の甘えって描くと嫌らしくなると思うが最後まで見ることができました。 (ジェリー)[投票]
★3主役の岡田茉莉子は後に本作品の監督夫人となるが、日本の女優には珍しく若い時から独特の色気を放っていた。 (丹下左膳)[投票]
★2期待しすぎたか?様式を守らないのは吉田喜重の嫌いな部分で、音楽がうるさいしカメラが甘い。「木綿のような女」という形容あたりは、好きな部分です。 (オノエル)[投票]
Ratings
5点7人*******
4点21人*********************
3点18人******************
2点1人*
1点0人
47人平均 ★3.7(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
四方田犬彦が選ぶ、「世界映画史の113本」 (バーボンボンバー)[投票(18)]双葉十三郎が選ぶ日本映画100本 (AONI)[投票(10)]
さくら、桜、櫻 (chilidog)[投票(8)]監督とその妻−出会いあるいは最初の仕事 (ペペロンチーノ)[投票(7)]
松竹ヌーヴェル・ヴァーグ三羽烏 (町田)[投票(6)]むかし殿山、いま柄本。 (ぽんしゅう)[投票(4)]
十年愛 (セネダ)[投票]生涯メロドラマ (ペペロンチーノ)[投票]
Links
検索「秋津温泉」[Google|Yahoo!(J)|goo]