コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

博奕打ち 総長賭博 (1968/)

[Drama]
製作俊藤浩滋
監督山下耕作
脚本笠原和夫
撮影山岸長樹
美術富田次郎
音楽津島利章
出演鶴田浩二 / 若山富三郎 / 藤純子 / 桜町弘子 / 名和宏 / 曽根晴美 / 佐々木孝丸 / 三上真一郎 / 沼田曜一 / 香川良介 / 曾我廼家明蝶 / 金子信雄
あらすじ昭和の初期。東京の博徒、天龍一家の初代総長の荒川(香川良介)は兄弟分の仙波(金子信雄)が画策する右翼と組んで大陸進出の手先となることを拒否していたが、突如、脳溢血で倒れ再起不能となった。衆目の一致するところ跡目は一家六人衆の中井(鶴田浩二)が継ぐと思われたが関西からの流れ者であることを理由に辞退し、仙波はおとなしい石田(名和宏)を据えて傀儡化を謀る。中井は刑務所にいる弟分の松田(若山富三郎)が当然、跡目になるものと思ってたが仙波の巧みな工作で石田がとうとう襲名することになってしまった…。シリーズ第4作。 (けにろん)[投票(1)]
Comments
全26 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5三島由紀夫がギリシャ悲劇になぞらえて評したという…言い得て妙だ。のっぴきならないところに追い込まれて行くロジカルすぎる構成とため息の出るほどの折り目正しき格調。 (けにろん)[投票(7)]
★5任侠道の彼方へ突き抜ける、アッチョンブリケ〜な最後の任侠映画。 [review] (G31)[投票(5)]
★5うっとりするほどの物語の厚み、そして人間の厚み。 [review] (Myurakz)[投票(4)]
★5眼と唇で男の色気を語る鶴田浩二。舞踏のように殺陣をこなす若山富三郎。名脇役、名和宏一世一代の襲名披露。艶やかに匂う藤純子。名台詞と名場面のオンパレードに、ただただ唸り、号泣するのみ! [review] (フランコ)[投票(3)]
★5「ひとごろし…」仁侠映画においてこの言葉がかくも重く響くとは!(02.04.28@梅田東映) (movableinferno)[投票(3)]
★5主要な登場人物たちが下す一生に一回あるかないかの人生の決断のつるべ打ちによって予測不可能な展開を見せる奇跡のように精妙なストーリーの流れ。鶴田浩二の黒紋付の肩の線が例えようもなく美しい。練達の照明技術に支えられた画面の彫りの深さに驚倒させられる。 (ジェリー)[投票(2)]
★5Master of entertainment [review] (たかやまひろふみ)[投票(2)]
★5生きざまを捧げた論理の中に、コツコツと築いてきたはずの道理が、その最大の美徳とされる閉鎖性の壁に阻まれて、ガラガラと音を立てるように崩れ去るさまが恐ろしくもあり、美しくもある。笠原和夫の緻密さと山下耕作の品位により立ち表れる敗北の美学。 (ぽんしゅう)[投票(2)]
★4所詮部外者には理解し難い社会のしがらみ。にも関わらず徹底的にスキなく構築することで、有無を言わせぬ説得力を持たせてしまう。これはもう、ひとつの美学。 [review] (くたー)[投票(9)]
★4鶴田浩二が跡目を継げば簡単に収まった話と思う私は、どうも渡世人にはなれそうにない。 裏で糸引く金子信雄の狸ぶりは、『仁義なき戦い』シリーズへと受け継がれたのであろうか。 [review] (青二才)[投票(4)]
★4人の生きる指針となる「道」は絶対的なものではなく人それぞれが心に抱え、さらにそれらの「道」は決して平行ではない。各人の信じる「道」が徐々に交差し、もつれて崩壊するまでの過程が描かれている。 (パグのしっぽ)[投票(3)]
★4終焉に向かって悲劇としてのテンションが高まっていくその加速度が比類無い。 [review] (ゑぎ)[投票(3)]
★4傷の舐めあい啜り合いだけが友情じゃない。馬鹿な自分を死ぬ気で諌めてくれる親友がいれば人生の負けの半分くらいは取り戻せるんじゃないか。 [review] (町田)[投票(3)]
★4文句を言えばキリがないが鶴田浩二がかっこよすぎるので許す。 [review] (ハム)[投票(1)]
★4「女のあたしが口を出しても仕方がないんですもの」 (レディ・スターダスト)[投票(1)]
★4どいつもこいつも明後日の方を向いた行動を取るので鶴田浩二が不憫。 (パピヨン)[投票]
★4なんと濃密な人間関係であろうか。 後でよくよく考えると「なんでそうするねん」と思ってしまうが、見ている時はそうせざるを得ないと思えるから不思議だ。 [review] (TOMIMORI)[投票]
★3確かにこの脚本は悲劇としてよく出来ている。ただ、この徹底して美化された世界にいささか抵抗を感じるのも事実で、自分としては泥臭くてダーティーな実録路線の方が好み。 (赤い戦車)[投票]
★3名作と名高いだけあって起承転結がしっかりしていてよく出来ているとは思うが、取り立てて興奮しないのは仁侠映画というジャンル自体が別段好きな訳でも、思い入れも無いからだろうか?鶴田浩二は男前だし上手いが、若山富三郎の方が役者としては上だし役得。['07.1.22浅草名画座] (直人)[投票]
★2これが現代の会社の話なら、誰も見向きもしないだろう。 [review] (寒山)[投票(1)]
Ratings
5点17人*****************
4点18人******************
3点7人*******
2点1人*
1点0人
43人平均 ★4.2(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
四方田犬彦が選ぶ、「世界映画史の113本」 (バーボンボンバー)[投票(18)]バイブル2 (けにろん)[投票(13)]
破滅のメカニズム 脚本家・笠原和夫の世界 (町田)[投票(6)]年代別ベストの不思議 (けにろん)[投票(4)]
ジャンルを超えた名作映画 (movableinferno)[投票(4)]801 State (たかやまひろふみ)[投票(3)]
<極私的POV>実は見た目と違うんです (くたー)[投票(3)]logical 3 Japanesque (けにろん)[投票(1)]
Links
検索「博奕打ち 総長賭博」[Google|Yahoo!(J)|goo]